はなこ さん プロフィール

  •  
はなこさん: はなこの暮らし工房
ハンドル名はなこ さん
ブログタイトルはなこの暮らし工房
ブログURLhttp://hana2526.blog77.fc2.com/
サイト紹介文毎日を元気でかけぬける主婦の暮らし日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/10/19 10:31

はなこ さんのブログ記事

  • タカサゴユリ(高砂百合)
  •  F68月2回目の水彩画サークルで描いた、庭のタカサゴユリです。(PCの画像処理はしていません。)白い花は、画用紙も白なのでちょっと難しいです。先生のアドバイスをよく思い出しながら、家で仕上げました。先生もこのモチーフは描いたことが無いとおっしゃるので、終わってから差し上げました。 「嬉しい・・・。」と、おっしゃって、娘くらいにお若い可愛い先生です。この日の朝、庭のあちらこちらで♪タカサゴユリ、が [続きを読む]
  • 終戦記念日の晩御飯
  • 8月15日の晩御飯は、取りあえずこれだけ「すいとん」でした。今時「すいとん」を食べる機会もありませんが、私が小学生の時は、お味噌汁が残った時のお昼などに母が作って、ときに食べていたと記憶があります。小麦粉が好きな私は結構これが好きなのですが、今どきに作ると、具をなんかかんかと入れてしまうので、懐かしいあの頃の美味しいお味は出ないです・・・。息子がまだ家に居た頃の終戦記念日には、この「すいとん」だけ [続きを読む]
  • お盆花
  • お盆でお墓参りに行くのに用意した花束の中にホオズキが入っていました。翌日には、お墓に生けてしまうので、描くにはもってこいの素材だと思いさっさっとスケッチしました。帰って来た息子夫婦らと一緒に、お墓参りに行きました。お盆の入りのその日は、いつにない人出で賑わっていました。お墓の前で、古い時間と新しい時間とが交差して、古い時間はいつの間にか脱皮を繰り返して、私達も前を向いて歩いていることを明るく笑って [続きを読む]
  • しぐれ煮 二品
  •   暑いけれどこの日は、料理がやる気になったので、鶏レバーのしぐれ煮と秋刀魚の梅・酢煮を作りました。秋刀魚、今年ももう何日かすると初物が出てきますね。その前にスーパーが売ってしまおうと、冷凍秋刀魚を放出だったのでしょう、嬉しいお値段でしたのでこれは、骨まで軟らかくして食べれるように料理しました。酢ももちろん入れました。暑いので、保存性も高まるのではないと。私のところでも経験したことのない気温37度 [続きを読む]
  • ルドベキア・カプチーノを描く
  • 大きな雨台風6号がゆっくりしたスピードで、抜けていきました。皆さまのところでは、ご無事でしたでしょうか。不快指数なんていうもの、突き抜けて、これからの毎年、夏はこんな気候になって行くのではないかと戸惑いを感じます・・・・。 F68月の1回目のスケッチサークルで、ルドベキア・カプチーノを描きました。この絵は実物のままを描きましたが、ちょっと冒険をして、花の数を増やして描いてみたい気持ちもあったのですが [続きを読む]
  • 白馬へ
  • 長野県北西部に位置する北安曇郡の白馬村に出かけてきました。 宿泊地北アルプスの麓にあり、夏は登山、冬はスキーの観光客が訪れ、避暑地として知られます。東京との気温差は5度。季節は1カ月くらい前で紫陽花が美しく咲いていました。ここ何年か、毎年訪れています。今年は姫川源流と、そんなに大きくは無い大出の吊橋などに寄ってから宿泊地に向かいました。姫川源流の涌き水を源とする姫川は、国道148号線と並行して流れ、 [続きを読む]
  • 自習スケッチ ピーナッツカボチャ
  •  F4ピーナッツカボチャの半分を自習スケッチしました。ピーナッツカボチャは、スープに向くとあります。何度もは使ったことがありませんが、私もビシソワーズの南瓜版をこの後、作ります。オレンジ色はまさに夏の色ですね。ユーモラスな形・・・・夏ならばこそです。多分写真の具合で、モデルと色合いが違って出ましたね。なにか…くり抜いて楽器なんかができそうな形です。晩御飯 鯵のフライ 夏野菜煮(残り物) 胡瓜とジャ [続きを読む]
  • 「川端 龍子展」 を見に行く
  • 灼熱の夏日が少し隠れた雨の日に、川端龍子(1885〜1966)展に出かけてきました。パンフレット。 いささかなスケッチを自分ではじめると俄然、現代日本絵画が面白くなってきました。川端龍子は、今年2月に見に行った展覧会の、「青龍社の女性画家 小畠鼎子」の師匠です。龍子は既存の絵画の集団から離れて、健剛なる芸術の創造を唱え「青龍社」という画家の集団を立ち上げました。この画家名になったわけとか、作品に何 [続きを読む]
  • やはり一度は作ったブラックベリージャム
  •  ブラックベリーの木が、エコカーテンで2面と、東側のフェンスにツルが伸びています。山ほど収穫できるのですが、この実を収穫し、処理していくのは結構手間がかかります。昨年までは、ジャムにしたり、ブランデーやウォッカ酒、また酢に漬けたりといろいろしてみましたがいささか、消費もしていかないし飽きてきました。今年は全部、料理好きの友人たちに差し上げて処理してもらいましたが、最後の最後の収穫で、一度だけは作っ [続きを読む]
  • 文化人形を縫う
  • 大きさは 大・32センチ 小・24センチ通っているカルチャーで縫った課題作品の文化人形です。この時期少々、暑苦しい色合いです。文化人形とは・・・ネットから。大正から昭和初期にかけて作られた、多くは赤い服を着た洋装の布製の人形のこと。また、それらを模して作られた人形のこと。文化人形の「文化」とは、文化住宅、文化包丁など様々な派生語を生んだ、当時の流行語。東洋人にはないぱっちりとした大きな目、しかし西洋人 [続きを読む]
  • 南瓜スケッチ 他
  • コリンキーと坊ちゃんかぼちゃをスケッチしました。 F2サイズこちらはモデルもう一枚。(コリンキー、小玉スイカ、水ナス) F6モデルはこちら。オレンジ色のかぼちゃは、生でも食べられるコリンキーという名前のかぼちゃです。最近はよく漬けものに使われています。坊ちゃんかぼちゃは1個500G以下の大きさのかぼちゃだそうですが一般的な栗カボチャに比べ栄養価が高く、タンパク質やβカロテン、糖質などは3倍以上も含 [続きを読む]
  • カサブランカ咲く
  • ♪カサブランカが香り高く咲いてきました。昨年もひょろひょろで、植え変えなくては・・・と思いつつ、また今年もひょろひょろです。こちらはしっかり!とても清い感じのする花ですね。♪サルスベリ百日紅ももう、花は散り始めています・・・・。夏の代表的な花ですね。♪フロックス(オイランソウ)の白白は、うどんこ病にかかりやすいです(まぁ、フロックスはどれもかかりやすいけど。)最後は赤が咲いてきます。ゼフィランス( [続きを読む]
  • エァプランツ(ティランジア ウスネオイデス)の花
  • エァプランツというものが、ひとつだけあります。名前は、ティランジア ・ウスネオイデス。その花が咲きました。小さな小さな花ですから、見過ごしてしまいそうです・・・・ふたつ咲いているのを発見しました。直径2ミリ程度の小さな小さな花でした。遠い以前にもエアプランツは育てたことはありましたがその時にも花は咲いたことはありました。その時は、赤紫色の小さな花でした。原産地は南米、アメリカ南部など。木に着生し、 [続きを読む]
  • 梅雨明け
  • 7月19日、昨年より2日早く梅雨明けが宣言されました。これからが本格的な夏!と思うと・・・・厳しいです。毎年梅雨明け宣言を聞くとすぐに梅干しの仕上げに入ります。天日に早速広げました。今年は15キロ。白梅漬けだけです。赤シソを入れませんでしたが、なんか楽だったような気持ち。陽が強いので2日干して終わるだろうと考えています。こちらは夫が仲間とボランティアしている、多摩市の古文書を解読してまとめた資料本 [続きを読む]
  • 夏花リース
  • 夏のドライ花で、いつもと変わらずのリースを作りました。入っている花は、アナベル(白・ピンク)、オレガノ・ケントビューティ、リモニュウム 、紫陽花クレナイのガクの5種。大きさは直径25センチ。ドライにする花は、花の一番美しい時に切るのが良い。庭で咲かせるをモットウのようにしていては、ドライにするには遅くなって、美しいドライの花は出来ない。そんな訳で、アナベルも、ピンクも、オレガノも、みな、少々遅かり [続きを読む]
  • 梅干し塩抜き・・・ほか
  • 加工梅干しの出来上がり。これは昨年頂いた、和歌山の小梅です。友人の田舎の少年野球の監督をしているボーイフレンドが昨年漬けた、和歌山の塩漬け小梅でした。少年野球の子供たちへ、塩分補給にと、目に浮かびますね。が、塩の量がただならぬ量で、容器の底は塩でいっぱいでした。食べても塩っぱい。さてさて、どうしよう・・・・このままでは多分、頂かないで終わってしまう・・・・梅を水につけるなど、考えただけでも嫌だと思 [続きを読む]
  • 連日夏日の庭花
  • 九州の度重なる、自然災害にあわれた方たちの心痛は如何なるものかと毎日の報道から目が離せません。地を滑って来た大木の姿も、痛々しく思えます。この暑さで、よくもまぁ・・・と思いながら、今の時期の花が咲いていっています。すでに花を切ったものもありますが、ヤマユリを筆頭にして。♪ヤマユリこの辺り、エアコンの室外機の熱風にさらされて可哀そうな限りですが、どうすることも出来ません。家の庭は、陽が良く当たって一 [続きを読む]
  • ヤマユリ、スケッチ
  •  F4大好きな山百合が咲きましたので、早速スケッチしました。こちらはモデル。 先、まだ咲いてきますので再びスケッチをしてみたいですね。という訳で2枚描きました。ヤマユリ NO.2 F6画用紙は白いので白い花を描く時は特に「メリハリよく描くように。」と、言われています。昨年植えたヤマユリの球根2個から5個の花が咲きました。ヤマユリはダイナミックで、野生味もあって好きなユリです。ミョウガ窓から見える外 [続きを読む]
  • ピクルス 作りました
  • ラッキョウ酢というものを買っていたのですが、いつの間にかとっくにラッキョウは姿を消してしまいましたので香辛料を足して、それでピクルスを作りました。(きゅうり、人参、ミニトマト、ミョウガ、小玉ネギ、生姜、レモンなどで。)酢のものは疲労回復にいいですね。たまった老廃物を分解します。酢の効能は、優秀すぎます。この頃では、血液サラサラ、血圧上昇を抑える、冷え症解消、ダイエットなどが話題かな。二日くらいで漬 [続きを読む]
  • 久々のスケッチサークルで
  • ①黄色い瓜と、プラム(赤と黄色)と原種のキュウリ。果物皿に盛って。家で仕上げました。 F6数えたら3カ月ぶりにサークルに出ました。が、家でもほどほどに描いていたので、感覚がすぐによみがえりました。高台つきの盛り皿に、失敗した〜思いましたが、何とか家で仕上げました。(黄色いプラムは マンチュリアンという品種。赤より甘い。)以下は、自習の作品。②ハナキリン(大輪系・サーモンピンク) F3ほんのひと枝にスポ [続きを読む]
  • 台風一過
  • 台風がいくつも去って行ったような気がします。将棋界での注目ごとも(29連勝でストップ)、東京都議会選挙も色々な物議を起こしながら・・・去りまた台風3号の凄まじい雨台風・・・明けて、我慢のならない偏西風の気温上昇で、我に戻った感じの昼です。♪アパガンサス庭の花もちょっと大荒れですが、台風前の撮ったアパガンサスが涼しげです。半夏生を過ぎたら、湿度がある日が続くようになり、いよいよあの夏が来たと思います [続きを読む]
  • ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」
  • ドキメンタリー映画でした。「風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば土が肥える。土が肥えれば果実が実る。。。。。」人間らしい暮らしを求めて実践したご夫婦のドキメンタリー映画で、人気の映画だそうです。近くのホールで、グローイングアップ映画祭というのが毎月1回上映されていて、そこで選ばれて上映された映画です。時々よさそうなのを見計らって見に行っています。毎回は午後に1回上映されるだけですが、この映 [続きを読む]
  • 夏至もあっという間に過ぎて・・・・
  • ♪ハンゲショウ(半夏生とも半夏粧とも)とっくに夏至も過ぎていきました。庭の花も少しづつ、真夏の花にバトンタッチしていきます。梅雨の季節の花です ♪レインリリー(ゼフィランサス)正式な名前はゼフィランサスという名前があるのに、今の季節まっただ中に咲くのでレインリリーと呼ぶ方が相応しい気もして、こちらの名前で覚えてしまっています。今年もよく咲いています。2日花で、終わるとすぐに種を作り始めよく増えるよ [続きを読む]
  • 野菜スケッチ 2点
  • 将棋界の明るいニュースが続きます。流石、コンピューター時代に生まれた棋士だと(PC相手に研鑽したという)、新しい時代の到来を感じます。頼もしい限りです。野菜スケッチをしました。☆南瓜とプラムとサクランボ昨日いつものファーマーズに行ったら、小ぶりですが超新鮮な南瓜に出会いました。新鮮さに感動して。頂いた☆とうもろこし 頂いたとうもろこしのスケッチをと思い、中々手掛ける時間が無くて、「あぁ、もう3日も [続きを読む]
  • 新しい刺繍(フリーステッチングニードル)習いました
  • フリーステッチングニードルという新しい方法でする刺繍を習い、作品を仕上げました。私はマットに仕上げましたが、仲間は巾着に仕上げたり、サロン?に仕上げたりしました。このフリーステッチングニードルは特殊な刺繍針を使って刺すだけの刺繍です。糸ばかり大量に使ってもこんな感じで、私はあまり面白くなかったです。刺繍は一針一針縫うものが好きかな〜。教室に飾った作品が帰ってきました。以前に作ったものばかりですが。 [続きを読む]