にくまん堂 さん プロフィール

  •  
にくまん堂さん: にくまん堂の極楽日記
ハンドル名にくまん堂 さん
ブログタイトルにくまん堂の極楽日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nikumando/
サイト紹介文フロンターレを愛するおっさんの独り言
自由文川崎フロンターレを中心としたサッカーの話や、好きなゲームのことなどを日々雑記しているずら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 114日(平均3.9回/週) - 参加 2008/10/22 03:56

にくまん堂 さんのブログ記事

  • 引き出しの鍵はキミたちの勇気
  • U-20日本代表の試合を先ほど見終えましたずら。2試合連続で。時間が取れなくて後回しにしていた南アフリカ戦の直後にウルグアイ戦も見たんずらけど、日本代表の勝ち負けにこだわった試合というより、試合を通して成長していく若い世代を見て楽しんだ試合といった感じでしたずら。良く”引き出しを増やす”なんて言葉で、プレーの幅を広げることを例えるずらけど、練習の中ではなく、試合中にそれが増えて行く瞬間を見れるのはそう [続きを読む]
  • コンディション調整で相手を上回る
  • 【2017 ACLラウンド16 第1戦】ムアントンU 1−3 川崎なぜ森本!な感じで始まったラウンド16第1戦目ずらけど、終わりよければ全て良しという最高の結果で第2戦目に繋げる事に成功しましたずら。気温30℃を越えるコンディションの中、川崎の選手が相手より動けている感じがあったのは、何よりもチームスタッフのおかげだと思っていますずら。その尽力には頭が下がるところずら。それでも選手たちの足が止まるのは避けようも [続きを読む]
  • 東南アジアのイメージを変えるムアントン
  • 世間ではU20の試合で活躍した久保の話で持ちきりみたいずらけど、オラはとりあえずそれは脇に置いておき、ACL予選の鹿島vsムアントンUの録画放送を見る事にしてみましたずら。明日行われるACLラウンド16、第1戦目となるムアントンUvs川崎の試合に向けて勝手にスカウティングしていたんずらけど、思った以上にムアントンが強いという印象を受け、何となく不安要素が胸の片隅に刻み込まれたといった感じずらかね。先日のJリーグ [続きを読む]
  • 球際の厳しさがもたらす作用副作用
  • 【2017 J1 第12節】鹿島 0−3 川崎「球際での厳しさを」鬼木監督となってチームに与えた命題のひとつずらけど、それが如実に結果に結びついた試合がこの鹿島戦となりましたずら。風間さんの時代には、ただ単に大事な試合で気持ちを出すだけだったものが、継続的に毎試合徹底してやり続けた結果が徐々に出始めた感じずらかね。序盤はそれによって怪我人が多く出てしまったという副作用はあったずらけど、レフェリーのジャッジをう [続きを読む]
  • 自己満足ゲームが始まる
  • 鹿島戦を前にして、今年の鹿島はどんなサッカーをしているのかチェックしようと思い、せっかくだからACLを見るために日テレG+と契約しているのだから、先日行われた鹿島vsムアントンUの試合を録画して見ることにしました。しかし…いざ見ようと思ったら、なんと録画が失敗しているじゃないずらか!録画項目にタイトルはあるものの、『録画時間 0分』って、どういうことずら。このおあずけ感、いや、登ったハシゴを外される感。 [続きを読む]
  • 作戦開始
  • ビールが美味しい季節になってきましたずら。オラが良く飲んでいるのはアサヒのスーパードライ。…残念ながらサントリー様のプレミアムモルツではありませんずら。できればアサヒがドリンクサプライヤーになってくれると良いんずらけどね。ひと昔前、フロンターレのユニフォームサプライヤーがアシックスからプーマになった時は、普段から愛用しているメーカーに切り替わった事に歓喜したものずらけど、ローソンからセブンイレブン [続きを読む]
  • “褒めろよ”
  • 【2017 J1 第11節】磐田 0−2 川崎リーグ戦での連勝というのが地味に嬉しい本節の勝利でしたずら。磐田もけっして調子が悪いわけでは無かったずらけど、川崎が自分たちの形をしっかり出して勝ち切ったという試合だったずらかね。序盤は相手にボールを持たれて自分たちのリズムが出来ていなかったずらけど、そこでディフェンス陣が踏ん張って失点しなかったのが大きかったずら。先制点を奪われても、後半の相手の足が止まってくる [続きを読む]
  • 心のガソリン、ハイオク満タンで
  • 鹿島3連戦が無くなりましたずら。ACLラウンド16の対戦相手はタイの”SCG ムアントン・ユナイテッドFC”となり、日程は5月23日(火)にアウェイ戦、5月30日(火)がホーム等々力での開催となりますずら。アウェイゴールも含めた得失点差が同じ場合だったら、そのまま15分ハーフの延長戦に突入するということで、若干ずらけど1位で突破した川崎の方が有利な条件となっていますずら。とりあえず鹿島アレルギーを持ってい [続きを読む]
  • 1位はやっぱり気分が良い
  • まさかのグループリーグ1位突破。引き分け続きの悩めるチームが手にした法外な結果。…そんなこと言ったら選手たちに怒られるずらか。怪我人続きの中でもJリーグとACLをなんとか両立しようと奮闘したスタッフと選手には、本当にお疲れ様でしたと言いたいずら。ACL予選の2節目は、本日対戦したイースタンSCとのアウェイマッチだったずらけど、こちらはリーグ戦優先のガチンコなターンノーバー感溢れるメンバーだったずら。相手を [続きを読む]
  • もうひとつのドリブル対策
  • 【2017 J1 第10節】川崎 3−0 新潟DAZNの映像を見ながら記事を書いているずらけど、前半の早い時間帯では、新潟も前線からプレッシャーをかけて川崎を押し込んでるシーンが見られていたずらね。どのタイミングか定かではないずらけど、川崎がボールを持つと、いったんリトリートして守備をセットし直すのが印象に残っていましたずら。監督のコメントからも、今年は堅守速攻を目指しているらしいずらし、まずは自分の守備位置に [続きを読む]
  • 日差しも選手も笑顔も輝いたゴールデンな金曜日
  • ゴールデンウィーク中盤に訪れた幸せな1日。降り注ぐ日差しも、選手たちのプレーも、観客たちの笑顔も、全てが輝いていましたずら。まさに黄金色の金曜日。アゲアゲフライデーの面目躍如なテンションが上がる等々力競技場でしたずら。では、そんなスタジアムの風景を写真と共に振り返って見るとしますずら。キックオフ40分前くらいにスタジアムに着いたんずらけど、フロンパークはこの時間でもご覧の様な混雑でしたずら。祝日の [続きを読む]
  • 平ちゃんは新しい道を切り開くのか
  • 喋るという事を生業としている人は数少ないずら。不特定多数の人に聞き取りやすく、そして伝わりやすく言葉を紡いでいく作業は、それなりの技術と知識が必要ですずら。そして、その中でも実況やニュースキャスターなどの、その場に応じた対応力を求められる人たちには尊敬の念を抱くところであるんずらけど、日本がW杯に出場する様になったこの時代、サッカー中継もいろんなメディアで日々流されていて、実況者も多種多様、数多く [続きを読む]
  • 反省して歩を進め続けよ
  • 同じグループに同じ苗字のやつがいたら、まず下の名前で呼び方に差別化を図るずらよね。現在の川崎フロンターレにはエドゥアルドという名の選手が2名在籍していて、それぞれに「エドゥ」と「ネット」と呼び分けていますずら。そんなことは川崎サポーターなら常識。彼らの名前を呼び間違えることなんてありえない。ましてや、どちらが試合に出ているかなんて間違えるはずもないずら。…しかし、ベンチメンバーだったとはいえ、オラ [続きを読む]
  • 昇格組に勝てる気がしないタイトルを狙うチーム
  • 【2017 J1 第9節】C大阪 2−0 川崎点が取れる気がしない。いや、それどころか勝てる気がしない。試合開始時の問題点を修正するのに精一杯で、選手交代で流れを変えることもできずに試合は終わりましたずら。これがホームゲームじゃなくて本当に良かったずらよ。前節の清水戦ではちらほらブーイングが起きていたずらけど、この内容をスタジアムで見せられたら、オラは試合終了を待たずに帰ってたかもしれないずらね。しかし、憲 [続きを読む]
  • 今年は忙しくてもやるぞ!(仮)
  • ファン感謝デーのお知らせが出ていたずらね。7/23「2017ファン感謝デー」開催のお知らせ(フロンターレホームページ)http://www.frontale.co.jp/info/2017/0424_7.html去年はファン感が中止になった経緯があって2年ぶりの開催となるずらけど、川崎フロンターレといえばファン感の豪華さが売りだった部分もあるので、復活してくれたのはうれしいところずらね。まあ、選手の負担はもっと軽くすべきとは思うずらけど。しかし、去年 [続きを読む]
  • 後味の良し悪しはオランジーナグミに学べ
  • Jリーグ第9節を前に、どうにも後味の悪い話題が続いているずらね。我らが川崎フロンターレもその当事者のひとりで、サポーターによる政治的な意味合いを持つ側の持ち込み、その掲示に関してのトラブルがニュースになってしまっていますずら。川崎はACL予選のアウェイ韓国にて旭日旗を。G大阪はナチス親衛隊を連想させる横断幕を使ってしまっていたらしいずらね。本人たちはファッションのひとつみたいな感覚でやっていたのかもし [続きを読む]
  • 負ける時は負ける、勝てる時は勝てる
  • 【2017 ACLグループリーグ 第5節】水原 0−1 川崎優先すべきはJリーグ。今シーズンはそう言い続け、自分にも言い聞かせる様にしてきたずらけど、それでも勝負事となると目の前の一戦に一喜一憂してしまうものずら。それも、政治的に不安定のアウェイに乗り込んで、選手たちがあれだけの気迫を見せて戦っているとなればなおさらずら。試合終了間際に見せたソンリョンのビッグセーブには涙が出そうになったくらいずら。で、ほと [続きを読む]
  • 刻まれ続けるブラックメモリアル
  • 【2017 J1 第8節】川崎 2−2 清水勝てたと思った時、目の前から勝ち点2が消えた瞬間。リアクションは人それぞれずらけど、オラは久しぶりに俯いて顔を両手で覆うという、なんともステレオタイプなアクションをしてしまいましたずら。それも無意識に…ゴールした瞬間に思わず握りしめた拳でガッスポーズしたり、外れた時は、振り上げた両手の行き場を求めて頭を抱えたりと、とっさにとってしまうアクションというものは多々ある [続きを読む]
  • 恋人からの届け物は忘れた頃に
  • 本日は金曜日ずらけどJリーグ第8節、清水戦がありますずら。天気は曇りずらけど、午前中は少しパラパラと降っていたずらし、先々週みたいにピンポイントで降る可能性もあるので客足がちょっと心配ではあるずらね。ニュースサイトでは何やらJ1通算2万ゴールのことことさら取り上げていたずらけど、得点力不足な現在の川崎では役不足な感じもありますずら。対戦相手にテセがいるというのも、何となく役者と舞台が整っているんじ [続きを読む]
  • 等々力でその時を迎えたならあなたはどうする
  • ACLで韓国に遠征に行くのは危険を伴うと何日か前の記事で書いたずらけど、北朝鮮は各国の警告も聞き入れずにミサイルの発射実験を再び行い、朝鮮半島の火種はもう爆発寸前まで来ていますずら。日本の主要メディアはワザとなのか、それとも無能なのか、この場に至っても有事の際にどう行動すればいいのか発表も指南もする気は無いようですずら。国会ではくだらない議論が毎日行われ、そのことが逆に危機感を増幅させていたりする皮 [続きを読む]
  • 漂う危機感
  • 【2017 J1 第7節】札幌 1−1 川崎得点の匂いがしないずら。ここ最近の川崎はずっとこんな感じずらけど、この札幌戦は特にその思いが強かったずらね。怪我人が少しずつ戻って来ているのは嬉しいんずらけど、やはり点を取ってくれるストライカーがいない状況は変わらないままずら。この試合で唯一の得点だったPKも、細かいパス回しでゴール付近まで侵入していく形でのものだったずらし、揃えている選手の特性を考えたらそうやって [続きを読む]
  • 我々に花見をさせない何か /(C)2005 関塚隆
  • 雨風の影響があり、引き分けに終わったACL予選広州戦は、寒さと若干の悔しさを残して終わりましたずら。オラの計画では、散り始めた桜を見ながら、ビールの一杯でも飲みながらスタジアムインしようかと思っていたんずらけど、いつ降り出してもおかしくない空模様を恨みながら、そそくさとフロンパークを通り過ぎることにしましたずら。と、フロンパークを素通りしようとしたんだけど、あまりに場違いな看板が目に入ってきたので、 [続きを読む]
  • 狙いは当たるも期待は外れる
  • 【2017 ACL予選 第4節】川崎 0−0 広州勝てるチャンスはあったずらね。でも、引き分けは妥当な結果だったのかもしれないずら。鬼木監督はこの試合を捨てる事はせず、されども力を入れすぎず、いろんな要素を加味して多角的に戦略を練って臨んできましたずら。まずは憲剛のベンチスタート。これには2つの意味が込められていて、1つ目は連戦の疲れを考慮してのもの、2つ目は広州が後半にパフォーマンスがガクンと落ちる事を想 [続きを読む]
  • 八方美人は大きな一歩を踏み出せない
  • 本日はACLグループステージ第4節の広州恒大戦がホーム等々力で開催されますずら。アウェイ中国に乗り込んだ前節は、鬼木監督の大胆で相手を臆さない采配が功を奏し、1−1のドローで貴重な勝ち点1を持って帰ることに成功しましたずら。そして今回はホームに広州を迎えて、勝ち点3を取らないといけない1戦となりますずら。グループ内で頭一つ抜けている感がある広州相手に勝ち点3を奪うのは難しいミッションずらけど、ここで [続きを読む]
  • 奈良の表情に救われる
  • 【2017 J1 第6節】川崎 1−1 甲府やっと試合を見終えて記事を書いているずらけど、残念な結果のはずが、なんとなく追いついて勝ち点1を取れてホッとしているといったところずら。2ステージ制が無くなって、まだまだ先があるからこんな心持ちになるんだと思うずらけど、奈良の試合直後のインタビューで見せていた残念さが滲み出る表情に安心感を覚えるずらね。とりあえずホームゲームだし残念がっておくかって感じではなく、本 [続きを読む]