糸田十八 さん プロフィール

  •  
糸田十八さん: 糸田十八文庫
ハンドル名糸田十八 さん
ブログタイトル糸田十八文庫
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/barzillai21c
サイト紹介文キリシタン忍者、糸田十八が、仲間に残す電子巻物の保管場所。キリスト教ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/10/23 14:48

糸田十八 さんのブログ記事

  • 神の恵みについて
  •  近隣の里で懇意にしている大忍の説教に触れる機会が有りました。心に留まったことが有りましたので、ここに残しておこうと思います。1)神が見えないことの恵み  「神がいるならどうして見えないのか。」というような考えが有ります。奥義書は、神は霊であっ... [続きを読む]
  • 結婚に関する第一ペテロ書三章七節の記述
  •  奥義書は結婚に関しては男性に対する要求が責任の重いものになっている部分があります。その詳細は次回に譲ることにしまして、今回は一点だけポイントを絞って確認したいと思います。 『夫たる者よ。あなたがたも同じように、女は自分よりも弱い器であることを... [続きを読む]
  • 結婚に関する創世記三章の記述 付録
  •  創世記三章には神からエバに次のような言葉が語られています。 『つぎに女に言われた、「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」。』 ここで、「治める」と訳... [続きを読む]
  • 結婚に関する創世記三章の記述
  •  創世記三章には人類の堕落の様子が記されています。(私、糸田十八は、所謂福音派の改家に属する忍者でございます。立場を異にする方々はその点は目をつぶっていただきたいと思います。) 堕落につながった心の姿勢は「神にいただいた状態よりもっと良くなりた... [続きを読む]
  • 結婚に関する創世記一章と二章の記述
  •  一章二十六節に人間の創造に関する記述がなされ、二十七節に最初から人間は男と女に創造されたことが記述されています。ですから、二章の記述を、女性が後付けで創造されたと考えることはできません。 では、どうして女性の創造は同時ではなかったのかということ... [続きを読む]
  • 献花 5
  •  現在お仕えしている単里の忍者が、献花のプロジェクトをしてくださいました。生花を用いることがあまりできない状況ですので、造花のアレンジメントとなりました。感謝をすると共に、礼拝の後に献花からどのように賛美の心を読み取るかの説明をさせていただきまし... [続きを読む]
  • 「腹の虫が治まらない」の思索
  •  「腹の虫が治まらない」という表現に関係して思いついたことが有りました。忍者的思考においては、この表現は二つのことを思い起させるように感じられるなと思ったのです。 第一に、この表現は「怒り」を「腹の虫」という表現で客体化していると思います。そし... [続きを読む]
  • 天使に羽は有りません
  •  ブログ巡りをいたしましたところ、天使の羽を手に入れただとか、アメリカの友人から天使の羽を送ってもらったとかいう複数の記事に行き当たりました。しかも、幾つかは写真付きなのですが、私の見たものは皆茶色っぽいものでした。どう見ても、普通の鳥の羽なので... [続きを読む]