おんちゃん さん プロフィール

  •  
おんちゃんさん: 土佐のおんちゃんの田舎暮らし
ハンドル名おんちゃん さん
ブログタイトル土佐のおんちゃんの田舎暮らし
ブログURLhttp://silver.ap.teacup.com/onchan/
サイト紹介文平成15年に退職後、約40年ぶりに生まれ故郷に帰り、集落の人々と交流し、農業などに試行錯誤で挑戦中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2008/10/23 10:52

おんちゃん さんのブログ記事

  • 驚きのど根性スミレ
  •  おんちゃんの家から500mぐらい下った通称「シイノ」という場所ではこの時期になると、スミレの花が見られる。  おんちゃんがこのスミレに気付いたのは3年前だったが、地区の人が言うのに、ずっと前からスミレが群生していたという。  このスミレは道路脇のセメントの継ぎ目の部分に群生している。(写真下) [画像]  わずか数ミリの隙間に群生している「ど根性スミレ」でその生命力には感心す [続きを読む]
  • ゼンマイのアクを早く抜く方法
  •  3月21日のブログの「ゼンマイの出始め」で述べたように、ゼンマイが少し出ているのを確認した。 その後、少し収穫できるぐらいゼンマイが出ている。(写真下)[画像] 収穫してみると、1回食べられるぐらいのゼンマイが集まった。(写真左下) まず、ゼンマイのワタを取らなければならない。 全体をぬらしておくと滑るのでワタが取れやすい。(写真右下)[画像][画像] このゼンマイのアク抜きの方法は、重曹か木灰を使う [続きを読む]
  • フキノトウの茎もうまい!
  •  ふきのとうの成長は早いので、収穫するタイミングが難しい。  今の時期はすぐ茎が伸びてしまう。(写真下) [画像]  貧乏性のおんちゃんはこのように伸びたふきのとうも無駄にはしない。  立派な食材になるからだ。(写真下) [画像]  いくらかフキノトウを集め、葉っぱと花の部分を取り除き、茎だけを集める。(写真左下)  そして、鍋にたっぷりの湯を沸かし、ひとつま [続きを読む]
  • 野焼きは田舎の風物詩
  •  原則、野焼きは禁止されているが、農業を営むためにやむを得ない作物残渣などの焼却行為は、例外的な行為に位置づけられ、おんちゃんの住んでいる地域では、野焼きの煙が所々に立ち上がり、言ってみれば田舎の風物詩だ。  おんちゃんは基本的には刈り取った雑草は果樹の根元に集めて堆肥にするが、ハブ草、鷹の爪などの固い茎の部分、古くなったネットなどは焼くことにしている。  23日は曇りで時々小雨が降り、 [続きを読む]
  • ゼンマイの出始め
  •  21日に少し雨が降ったためか、山菜が生えるように雑草を刈り取った山を丹念に見て回ったら、やっと2箇所にゼンマイが生えているのを見つけた。[画像][画像] 極端な小雨のため、山菜の出始めがおくれることを心配していたが、時期が来れば山菜も生えて来てくれる。 もう、3月の終わりが近づいたが、いまだに草刈りが出来ていないところがあり、雑草がボウボウと生えている。(写真下)[画像] 毎年、2月末には草刈りが完了し [続きを読む]
  • 鏡地区の桜まつりの予定
  •  すっかり春めいてきて、桜のつぼみも膨らみ始めた。 鏡地区では毎年「かがみ桜まつり」が開かれることになっている。 今年は4月2日(日)が桜まつりの日だ。(下のチラシ参照)[画像][画像] 会場となる土佐鏡湖公園ではすでに関係者によって横断幕もかけて、今年新調されたぼんぼりも吊されている。(写真下)[画像] この会場には、さくらマーケットと言って、鏡のうまい物が売られることになっている。 ソメイヨシノはまだ [続きを読む]
  • 異常な小雨にお手上げ!
  •  今年に入っての降水量の少なさは異常だ。  今まで、農薬散布や野菜への散水に利用してきた池が干上がってしまった。  おんちゃんが田舎に帰って以来、初めてカラカラに干上がっているのを経験した。(写真下) [画像]  この時期になるとゼンマイなどの山菜が出始めるのに、まったくその気配がない。  山菜の生長が遅いのは小雨に原因があるものと推測している。  また、昨年初め [続きを読む]
  • 昔から続く地区の祈年祭
  •  おんちゃんの住んでいる地区では大昔から、毎年3月15日に、新宮神社で「祈年祭」が行われる。  この祈年祭を執り行うに当たっては、5名の当人が朝9時から準備に取りかかり、午後1時から本殿で、宮司さんを迎え、4名の地区班長、地区三役、神社総代4名が集まり祈年祭の儀式が行われる。  当人は順番制で、おんちゃんも今回の当人だ。  この日は強風で寒い中、しめ縄などの準備に取りかかる。(写真下 [続きを読む]
  • 花があふれる早春の田舎の風景
  •  梅の花もほぼ終わりに近づいた。  そうした中、長く咲くのが、菜の花で、おんちゃんの畑のそばでは黄色にあふれている。(写真下) [画像]  また、この近くでは、サクランボも花を咲かし始めた。(写真下) [画像]  数年前に小さい実がついた時点で寒波に襲われ、実が氷ってしまい全滅したこともある。  無事に実をつけて欲しいものだ。青空に浮き上がるサクランボの花も実にきれ [続きを読む]
  • うまいフキノトウの佃煮の作り方
  •  春の訪れとともに、おんちゃんの山にはフキノトウが足の踏み場もないぐらい、ニョキニョキと顔を出すようになってきた。(写真下) [画像]  このフキノトウを使った定番料理「フキノトウの佃煮」を作ろうと、ドカッと取ってきた。(写真下) [画像]  このように少し開いてきたフキノトウは天ぷらより佃煮に向いている。  大鍋にこのフキノトウを入れて、たっぷりの水を入れて、10分ほど沸 [続きを読む]
  • ケータイをなくし、ギクッ!!
  •  おんちゃんはガラケーは常に身に付けている。  あまり、ケータイを使う機会は少ないが、イノシシに襲われたり、怪我をしたりするとも限らないので、言ってみれば、おんちゃんのような年寄りは非常用のお守りみたいな存在だ。  11日に、柿、栗畑の草刈りを行い、すっきりした状態を見てホッとした。(写真下) [画像]  このとき、ベルトに取り付けているケータイのケースに手をやってみると、「ケ [続きを読む]
  • 新ニンニクの出始め
  •  ニンニク大好きのおんちゃんは、新ニンニクがいつ出るか心待ちにしており、市場や直販店の野菜コーナーを注意してみていた。  「よさこいふるさと広場」に寄ると、ついに新ニンニクが出ていた。 [画像]  まずまずの大きさのニンニクが2個で200円だから、高くはない。  古いニンニクは芽が出始めており(左)、香り味ともにほとんど抜けているが、新ニンニクは最高だ。(右) [画像] [続きを読む]
  • 今が旬の「ヤケド」
  •  おんちゃんがよく寄る「とさのさと」で滅多に手に入らない「ヤケド」が出ていた。(下の写真)[画像][画像] この魚の名前の由来は、捕獲すると体の鱗がなくなって、まるでヤケドしたように見えることから、この名前が付いたという。 三重県では「ストリップ」とも言うそうだ。 本名?は「ハダカイワシ」だという。 高知では土佐湾の深海100m以上の深いところに住んでいるそうだ。 おんちゃんは地区の人から教えられて、3年 [続きを読む]
  • 真空の干し柿は2年経ってもうまい!
  •  干し柿を保存するのに、冷凍とか色々方法はあるが、おんちゃんは真空パックで干し柿を保存する。 このブログでも、2017年1月14日に「干し柿の保存は真空がベスト!」で紹介したように、常温で保存できるため、冷凍のように保存場所の確保の心配がない。 食べ頃の柔らかさになった干し柿を真空パックして常温保存するようにしており、食べたい時にパックを開けると、1年経っても、食べ頃のままだ。 ところが、一昨年真空パッ [続きを読む]
  • ハクモクレンの咲き始め
  •  おんちゃんの家の近くには、色々な花が楽しめる。  まず、梅の白と菜の花の黄色が混在した景色が今見ごろだ。(写真下) [画像]  この白と黄色のコントラストを写真に納めるアマチュアカメラマンも見受けられる。  菜の花の黄色は華やかな雰囲気を醸し出す。(写真下) [画像]  またこの近くには巨木のハクモクレンがあり、ぼつぼつ花を咲かし始めた。  例年より少し早い [続きを読む]
  • 地区恒例の溝掃除・総会・懇親会
  •  おんちゃんの住んでいる地区も高齢化、人口減などにより、限界集落の足音が近づいているものの、今のところ、自治活動はどうにか保たれている。  6日は、朝8時から4つの班に分けて、地区内の市道のみぞ掃除、午後2時から集会所で年度末総会、総会終了後、懇親会と続く。  まず、溝掃除は、おんちゃん達の班は、新宮の森公園入り口の分岐点に集合する手はずだ。  それぞれ軽四で集まる。(写真下) [続きを読む]
  • パクチー料理に初トライ!
  •  昨年、最も日本の世相を反映を象徴する料理に、パクチーが「2016 今年の一皿」に選ばれた。 その話題になっているパクチーの種を昨年播いて、苗を作り、2016年12月10日に、このブログの「今話題のパクチーの栽培に挑戦!」で紹介したように畑に植えていた。 その後、順調に大きく育ってきた。 パクチー独特の臭いのせいか、無農薬栽培だのに、まったく虫に食われていない。(写真下)[画像] 最近では、スーパーでも売られる [続きを読む]
  • 食の祭典第49回皿鉢祭
  •  高知では、毎年3月に入ると「食の祭典皿鉢祭」が開かれる。今年は5日だ。(下のチラシ参照)[画像] 高知で言う「皿鉢」とは直径40センチを超える大皿に色々な料理を盛って、お互いに好きな料理を取って食べると言う土佐独特の食文化だ。 今回は49回と言うことですっかりと根付いたイベントとなった。 会場は最近では高知市大橋通商店街であるが、昔は、高知大丸で開催されていたこともある。 おんちゃんは、ほぼ毎回に近い [続きを読む]
  • 大根のビール漬けに挑戦!
  •  2月28日のブログ「うまい!大根の即席漬け」を紹介したところ、読者の方から「大根のビール漬け」もおいしいとコメントいただいた。 その方によると、クックパッドで検索してみて!とのこと。 早速検索してみると「家で一番売れています!大根のビール漬け」として、紹介されている。 ビールとは想定外で、早速挑戦してみたくなるのがおんちゃんの性分だ。 今、我が家の畑では赤大根がかなり残っており、何に使おうか迷って [続きを読む]
  • 爺ポップ第二弾!
  •  爺ポップ第一弾が発表されて、大好評を得ていたが、ついに第二弾が2月23日にアップロードされるや、もうすでに視聴回数が18万を超えている。 ご存じの高知に住む5人のお爺ちゃんによるポップだ。 題して「I Was Young」で、今度は英語バージョンでなんだか、ピコ太郎を彷彿させる。[画像] 何はともあれ、元気づけてくれる「I Was Young」を動画でどうぞ!  日本一の健康長寿県構想を推進するなど、課題解決の先進県を目指 [続きを読む]
  • うまい!大根の即席漬け
  •  おんちゃんは色々な漬け物を作ることに興味があり、試行錯誤の連続だ。 身近な大根を例に取ってみると、料理レシピサイト・クックパッドで「大根の漬け物」で検索すると、2,749品も出てくるほどで、あまりにも多くのレシピがありすぎて迷ってしまう。 ここ最近おんちゃんが行っている大根の即席漬けは結構うまいと思っているので紹介しよう! 今回は大きめの大根3本を使う。(合計3.8kg) まず皮をむき、4等分ぐらいに切っ [続きを読む]
  • 草刈りでのチン体験
  •  今年は腰に痛みがあり、草刈りはスローテンポで、まだ完了していない。  一年も草刈りをしていないと、草ぼうぼうだ。(写真下) [画像]  左に見えるのは柿の木で、右側の斜面には多くのゼンマイやイタドリが生えてくる。  主に茅が生い茂っていおり、このままだとゼンマイなどが生える状況ではない。  草刈り終了後のAfter が下の写真。 [画像]  これで、すっきりとした [続きを読む]
  • 春の足音が一歩近づく
  •  おんちゃんが栽培している梅の花を見に行くと、八分咲きと言ったところで、そこら中に甘い香りを放っている。(写真下) [画像]  この梅はほとんどが南高梅で、おんちゃんが退職後に植えていたが、ここまで育ってくれた。  なお、梅の名所として有名な土佐山の嫁石では「第27回土佐山嫁石の梅まつり」も18日から開かれている。  また、おんちゃんの畑では、水たまりにはオタマジャクシが元気 [続きを読む]
  • ヒヨドリよ!喰わないでくれー!
  •  おんちゃんの家の前の畑を覗いてみると、ブロッコリーの状態がおかしい!  近づいて見ると、ブロッコリーの葉っぱが喰われてボロボロになっている。(写真下) [画像]  近くでは、ピーピーとヒヨドリが鳴いている。  多分ヒヨドリの仕業だろう!  まだ、ブロッコリーを収穫するには早く、葉っぱが喰われるとブロッコリーそのものの生長を妨げる。(写真下) [画像]  今年 [続きを読む]
  • 椎茸のタタキはうまい!
  •  数年前に、四万十で食べた「椎茸のタタキ」にすっかりはまって、時々、これを作っている。 直販店に寄ってみたら、うまそうな肉厚の椎茸が売られていたので買ってきた。[画像] これは菌床椎茸で、一袋180円だから、結構安い。 まず、椎茸は食べやすい大きさに切り(写真左下)、塩コショウを振って軽く揉んでやると汁気が出てくる。(写真右下)[画像][画像] 次に、かたくり粉を全体にまぶす。(写真下)[画像] あとは、180 [続きを読む]