四十路 さん プロフィール

  •  
四十路さん: 四十路直前日記?
ハンドル名四十路 さん
ブログタイトル四十路直前日記?
ブログURLhttp://mn98.blog50.fc2.com/
サイト紹介文四十路直前男の、くだらない日記
自由文城跡巡りやドライブがメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2008/10/26 01:23

四十路 さんのブログ記事

  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(5) 〜高楯城〜
  •  続いては高楯城です。 上の写真の五所川原市妙龍寺が城の入口になります。 城を見る前に、立派な仁王門を見ていきましょう! …って、仁王様がいないじゃないか〜 と思ったら… こんなマンガチックな仁王様が扉に張り付いていました(笑) さて、先ほどの妙龍寺の前の道を登っていくと、怪しい城郭建築が見えてきます。 これは公民館らしいのですが、草がボウボウで近づくことが出来ませんでした。 こちらは切岸っぽい遺構 [続きを読む]
  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(6) 〜中里城〜
  •  高楯城の後は中里城です。 中泊町営中里墓地へ向かう途中に、上の写真の駐車場があります。 高楯城からは北へ20キロほどでした。 階段を登るとすぐ遺構が見えますが、ここも高楯城同様に草が生い茂り、自由に散策することが出来ませんでした。 私が訪れたのは5月中旬だったのですが、色々あるでしょうが、せめて観光シーズンのゴールデンウイークには草刈をしてほしいですよね… この中里城は、築城時期や城主もわかってい [続きを読む]
  • 鹿行遠征記 (4) 〜塚原卜伝の墓〜
  •  続いては塚原卜伝の墓です。 鹿島城からは北東に4キロほどの場所にあります。 とても分かりにくいですが、google map やゼンリンの地図にも載っているので(ナビなら)迷う事はないでしょう。  塚原卜伝は、戦国時代に生きた剣豪です。 足利義輝や山本勘助、そして今川氏真にも剣術を指南したといいます。 2011年には堺雅人さん主演でドラマにもなりました。 ところで、堺さんは剣豪とか猛将とかを演じるのはあまり似合 [続きを読む]
  • 鹿行遠征記 (3) 〜根本寺〜
  •  鹿島城の後は、その城主の墓がある根本寺に行きましたS。 場所は鹿島城のすぐ西側です。 この根本寺は、聖徳太子が開いたとされています。 いったい聖徳太子はいくつの寺を開いたんでしょうかね(笑) 17世紀には松尾芭蕉も訪れ、一句読んだそうな。 そしてこちらが鹿島氏の墓です。 佐竹氏の『南方三十三館仕置き』によって武家としての鹿島氏は滅びてしまいましたが、徳川家康が再興して鹿島惣大行司職として明治維新を迎 [続きを読む]
  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(4) 〜高照神社〜
  •  続いては岩木山神社から東へ1.5キロほどの場所にある、高照神社です。   創建は18世紀初め、津軽藩三代藩主・津軽信政を祀ったことが始まりとされます。 色使いが岩木山神社の随身門と似ているから、同時代のものなのかもしれません。 先ほどの拝殿もこの本殿も国の重要文化財です。 というわけで、ここには津軽信政の墓があります。 本殿の裏の道をまっすぐ行けば、突き当りにあります。 大名墓で神道式なのは珍しいで [続きを読む]
  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(3) 〜岩木山神社〜
  • サッカー日本代表W杯出場おめでとう! さて弘前城の後は、岩木山神社に行きました。 奥に隠れていて雪をかぶっている山が岩木山です。 創建は八世紀頃とされ、参堂は奥宮がある岩木山山頂へと繋がる登山道になっています。 登山道になっているだけあって、山頂に向かってダラダラ登る感じで社殿に向かっています。 こちらの随身門は元々どこかの寺の山門だったそう。 そう言われれば、寺の山門っぽいですね。 そしてこの神 [続きを読む]
  • 鹿行遠征記 (2) 〜鹿島城〜
  •  鹿島神宮の後は鹿島城へ行きました。 鹿島神宮からは西へ1キロほどの場所にあります。 上の写真は堀跡なのですが、やっぱり写真にするとわかりずらいなぁ… 平山城ですが、頂上まで車で登っていくことができて、公園として整備さsれています。 土塁の上は遊歩道になっていて、主郭と思われる部分を一周することができます。 これは虎口かな? 鹿島城は平安時代末期に鹿島氏によって築かれたとされます。 戦国時代には佐 [続きを読む]
  • 鹿行遠征記 (1) 〜鹿島神宮〜
  •  さて今日からは、7月に行った鹿行地方の史跡めぐりのレポートです。 鹿行とは、茨城県の鹿島郡と行方郡のことです。 大体、霞ヶ浦の南東部辺りですね。 まずは鹿島神宮です。 神武天皇元年創建といわれる、常陸国一宮ですね。 上の写真は徳川頼房奉納の楼門で、日本三大楼門の一つとされます。 あとの二つは熊本の阿蘇神社と福岡の筥崎宮でした。 ところで阿蘇神社の復旧工事は進んでいるのかなぁ… 心配です。 楼門を潜 [続きを読む]
  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(2) 〜弘前城・その2〜
  •  弘前城の続きです。 写真は本丸入口の石垣。 こちらは本丸内部から見た石垣工事の様子です。 そういえば最近、天守台の石垣から、イカの形をした“いかすみ石”が発見されたというニュースがありましたね。 上の写真だとどの部分にあったのだろう? そしてここから真後ろを振り返ると… こんな光景が! 岩木山と天守のツーショットは、今しか見られない光景です。 別角度から… 裏に回ると地味なんですよね(笑) 天守 [続きを読む]
  • 奥津軽と秋田沿岸部の旅(1) 〜弘前城・その1〜
  •  さて、今日からは、5月に行った東北旅行のレポートです。 弘前城と久保田城のスタンプをメインに、その周辺の城と寺などを回ってきました。 まずは弘前です。 埼玉を昼前に出て、到着したのは20時頃だったかな? 昨年に新しい(以前より大きい)車に変えてから、長距離ドライブが楽になったように感じます。 とはいえ、700キロ弱のドライブはさすがに疲れました… ホテルで十分に疲れを取ったら朝一で弘前城です。 い [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(最終回) 〜会津若松城〜
  •  高玉城を攻略した後は、100名城のスタンプを押すだけのために会津若松城に向かいました。 スタンプが置いてある天守の最終入城時間は16:30。 その時間に合わせて時間の余裕を持って出発したはずだったのに、駐車場に到着して上の写真を撮ったのは16:25。 そう、二本松の桜はもう終わっていたのに、会津の桜はこの時が最盛期だったのです。 すっかり、『花見渋滞』というものを忘れていました。 結局は間に合っ [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(11) 〜高玉城〜
  •  続いては高玉城です。 場所は磐越自動車道の磐梯熱海IC付近で、県道24号線を北に向かっていると上の写真の看板が出ているので、そこに車を停めましょう。  案内に沿って歩くと鳥居があるので、そこが登山口です。 この日三回目の山城は、キツイよね〜 たどり着いた場所は平場になっていて、社殿が鎮座しています。 当時はここが主郭かと思っていたのですが、社殿の裏側に主郭があったようです。  この高玉城の築城時期は [続きを読む]
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (最終回) 〜長篠城と馬場信房の墓〜
  •  最終回は長篠城です。 野田城からは、東へ車で20分ほどの場所にあります。 超有名な城だけあって、駐車場も資料館も完備です。 でも土の城ということで、建物や石垣なんてありませんよ〜 でも、それがいい! この土塁の“折れ”なんて、いい眺めでしょ? 私は二回目の訪問ですが、前回行かなかった線路の向こう側にも行ってみました。 一応、平場があったです。 そして長篠城を攻略したら、長篠の戦で亡くなった武将の墓 [続きを読む]
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (32) 〜野田城〜
  •  続いては、野田城へとやってきました。 近くまで行けば、案内が出ているので迷う事は無いでしょう。 でも駐車場が無いので路駐するしかないです。 野田城といえば、武田信玄が最後に攻め落とした城として、そして信玄が鉄砲で狙撃されたという伝説の残る城ですね。 というわけで、狙撃されたとされる場所も残っています。 遺構も残っているとの事でしたが、雨上がりで足元がぬかるんでいた為に、主郭だけ見学して退散しま [続きを読む]
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (31) 〜砥鹿神社〜
  •  続いては三河国一の宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)です。 上の写真は駐車場にいちばん近い鳥居を何気なく撮ったのですが、これは空襲に耐えたものなんだそうです。 デコボコしている所が空襲の跡らしいです。 あとは表に回り境内へ… 鳥居以外は戦後の再建だそうだす。。 拝殿です。 昭和37年再建。 次はお城です。[三河国] ブログ村キーワード [続きを読む]
  • 安中で、『おんな城主 直虎』
  •  時間があったので、高崎市から安中市に移動しました。 市街地の東部にある大泉寺です。 こちらにも井伊家の史跡があります。 上の写真は井伊直政の正室・唐梅院の墓です。 長男の直勝を生んだのですが、直勝は彦根藩を継ぐことが出来ずに、安中藩の初代藩主になりました。 ということで、この安中市に墓があるのですね。 こちらは二代安中藩主・直好を生んだ、側室・隆崇院の墓です。    安中藩主の奥様たちの墓参りを [続きを読む]
  • 高崎で、『おんな城主 直虎』
  •  先日は野暮用があって、群馬県は高崎市に行ってきました。 写真は高崎市役所です。立派ですね〜 その高崎市役所は、高崎城址に建っています。 遺構は土塁や濠とこちらの建物。 通用門として使われていた東門と… 隅櫓です。 東門も隅櫓も、明治になって民間に払い下げられたことから、取り壊されずに奇跡的に残ったのだそうです。 高崎城から少し歩くと… 龍広寺があります。 この寺は、井伊直政が高崎に移封されたとき [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(10) 〜人取橋古戦場〜
  •  続いては人取橋古戦場です。 国道4号の238?ポスト付近にありますが、車を停める場所は無いに等しいといってもいいでしょう。 私は脇道に路駐しました。 伊達政宗が畠山氏を滅ぼそうと、二本松城を囲っていました。 すると、佐竹・蘆名他の連合軍が畠山氏を助けようと、3万の軍勢で北上してきたのです。 それを伊達軍7000で迎え撃ったのが、人取橋の戦いです。 鬼庭左月が討死するなど伊達軍が劣勢でしたが、佐竹氏の本 [続きを読む]
  • 江戸城を歩く2017 〜日比谷見附〜
  •  先日は仕事で有楽町に行きました。 そして昼休みには、散歩に行って来ると皆に告げて、日比谷公園に行きました。 なぜかというとt、日比谷公園には江戸城の石垣が残っているのですよ。 まさか同僚は、私が日比谷公園の石垣を見に行っているとは知るまいの(笑) 石垣の上には登ることができるのですが、ベンチでは同じく昼休みのサラリーマンが休んでいました。 ちなみに上の写真の池は、江戸城の濠の名残です。 日比谷公 [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(9) 〜玉泉寺〜
  •  続いては玉泉寺です。 本宮城からは北西に車で10分ほどの場所にあります。  もちろん有名人の墓があるのですが、玉泉寺の境内にあるのではなく、ちょっと外れの霊園内にあいました。 右がこの寺の開基の大河内光盛の墓。 真ん中が戦国時代にこのあたりを治めた玉井日向守の墓です。 玉井は伊達政宗に攻め滅ぼされたようです。 その他に、この寺は幕末の会津戦争の時には野戦病院の役割を果たしていたそうで、その時亡くな [続きを読む]
  • 東京で、『おんな城主 直虎』
  •  さて、今日放送された『おんな城主 寿桂尼』最終回、いかがだったでしょうか? 今日死ぬのかと思ったら、そうではなかったですね(笑)  冗談はさておき、先日は江戸東京博物館に行ってきましたよ。 江戸東京博物館には何度も行っているのですが、家康像があるとは知りませんでした。 目当てはこちら、毎年恒例の大河ドラマ展ですね。 さすがに直虎に関する資料は少なかったですが、直政やその他の徳川四天王に関する資料が [続きを読む]
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (30) 〜上ノ郷城〜
  •  大樹寺のあとは上ノ郷城です。 蒲郡市の赤日子神社が目印です。 車もそこに停めるのが良いでしょう。 あとは案内に従って歩いていけば、5分ほどで城址に着くことが出来ます。 遺構が残っているとの事だったのですが、どれが遺構なのかはよくわかりませんでした。 これは土塁なのかなぁ…? この上ノ郷城の築城時期は不明ですが、戦国時代には今川氏の家臣・鵜殿氏の居城だったようです。 今川義元が桶狭間で討たれると、 [続きを読む]
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (29) 〜大樹寺〜
  •  続いては大樹寺です。 ?川家の菩提寺として有名ですよね。 山門前に立って本堂と反対の方を向くと、むこうの門の奥に岡崎城の天守が見えます。 この大樹寺の本堂から岡崎城天守までのラインを『ビスタライン』といい、高い建物を建てることが禁止されているそうです。  雨が降っていましたが、かろうじてビスタライを望むことが出来て良かったです。 続いて境内です。 こちらは松平清康が建立した重要文化財の多宝塔。  [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(8) 〜本宮城〜
  •  続いては本宮城です。 本宮駅から北東に1キロほどの場所にある安達太良神社が城跡です。 最初の場所から5分も登れば、主郭と思われる神社の本殿に到着でsきます。 社殿の周りには土塁と思われる遺構が… 駐車場はこちら… 平場遺構かどうかはわかりません。 こちらは帯郭と切岸でしょうね。 この本宮城は畠山氏が15世紀に築いたとされます。 畠山氏が伊達氏に滅ぼされると、城は伊達氏の蘆名氏攻略の拠点の城となりま [続きを読む]
  • 雪解けを待って中通り(7) 〜岩角城〜
  •  続いては岩角寺であります。 ここは古くからある寺院ですが、人取橋の合戦の際に伊達政宗が陣を張ったとされることから『岩角城』としました。 まあでも城というより一時的な陣と言う事だったのでしょうね。 頂上に登るまでにも、城の遺構っぽい場所とかあったのですが、それが本当に遺構なのかは確証が持てません。 寺院を建てる際にできた平場だったりするのでしょう… やっと城っぽい場所がありました。 丹羽長重公遥拝 [続きを読む]