恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さん プロフィール

  •  
恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵さん: 恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室*Hoan's Works*
ハンドル名恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さん
ブログタイトル恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室*Hoan's Works*
ブログURLhttps://ameblo.jp/hoansan/
サイト紹介文和も洋も欲張りに学べる数少ないお花の教室〜いけばな(池坊)・フラワーアレンジ・プリザーブド・アート
自由文いけばな(池坊)・アレンジ・プリザーブドから毎回自由にレッスン内容をお選びいただけるお花の教室です。
◎いけばなは、池坊家元よりのお免状取得が可能(希望者のみ)
◎アレンジメントは、ブーケレッスンやNFD準拠の内容が含まれます。
◎プリザーブドは、フェアリーブルーミングで綺麗に開花するテクニックを含みます。
◎AFC(青山フラワーコンシェルジュ)メンバーになると色々なオリジナル資材を使うことも♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/10/27 18:01

恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さんのブログ記事

  • オリジナルお道具が到着しました!【華道いけばな池坊】
  • 永らくお待たせしたおりました、オリジナルお道具が届きました。 ご予約済みの方は、次回レッスン時にお受け取り下さい。柄ものは、先着順にてお選びいただけます。お教室関係者のみ、販売を承りますので、ご了承くださいませ。ご予約・お問い合わせフォーム → ◆◆  ◆オリジナル花袋 ・南フランスのブランド『SOULREADO(ソレイアード)』のコーティング生地使用・一般的に市販されているものより長く、バケツ(小)がそのま [続きを読む]
  • 帰省で、福井めぐり 
  •  北陸は富山に帰省してまいりました。 2日間、同級生達とそれぞれに、たくさん食べて、騒いでまいりました(笑)ありがたいですね、お嫁に行ってバラバラになっても、皆んな集合すれば、不思議と、すぐにパワー充電できます。 そして、お墓参りや親せきのご挨拶を済ませて、家族との時間。黒部峡谷にでかける予定が、お天気不順で、急遽、福井県めぐりとなりました。 東尋坊は、子供の頃は、とてもおっかないところと思っていまし [続きを読む]
  • 二株にチャレンジ〜野山の夏景色【華道いけばな池坊】
  •  いけばな池坊家元資格取得コースの生徒さんの作品より。 『剣山を2つ使って、やってみたいです。』 と初めてのチャレンジです。 夏休みに野山のある田舎に遊びに出かけたような、そんな雰囲気に仕上がりました。 都会生まれ、都会育ちの平成生まれさんも、こんな、どこかほっとする景色に憧れるのでしょうね。 皆さん、それぞれに元気で怪我の無いように楽しいお盆休みをお過ごしくださいね。 ←いつも応援ポチッとあ [続きを読む]
  • みんなで強化月間〜一種生け【華道いけばな池坊】
  •  熱心な生徒さん達から、自然と声があがりました。 『集中的に、"生花(しょうか)"をやりたいです。』 月例で開催される、いけばな所属支部の研究会(プチ実技試験)は、8月はお休み。 研究会で、いつも自由花の花型を出題されているメンバーさんは、今のうちに生花(しょうか)しっかり学んでおきたい、との意向です。 いけばなの花型は、大きく分類すると、 立花(りっか)・・・ 室町時代に成立生花(しょうか)・・・ 江戸町時代 [続きを読む]
  • 撮影で大ハプニング!が、一転。。。【華道いけばな池坊】
  •  昨日は、企業さまの依頼で、撮影でした。 撮影場所は、自由が丘教室の『彩花』。 30分前入りで準備万全!カメラマンさん到着!ライターさん到着! しかし、待てども、待てども、モデルさんが来ない。いけばなレッスンの様子を撮影されるはずなのですが。。。 なんと! モデルさんが駅の階段で落ちて、ケガをされてしまったのでした! 急遽、自由が丘教室の『彩花』の女将にモデルさんになってもらうこととなりました。 実 [続きを読む]
  • カキツバタ二重いけ【華道いけばな池坊】
  •  自主練。 何回やっても、満足いかないものだなあ (みつお風) 材料、時間、体力、最低限、どれも必要。 あと一生に何回お稽古できるのかと考えてしまいました。。。 『今、一番欲しいお友達は?』と訊かれたら、 『カキツバタ生産者さん!』と答えてしまいそうです(笑) ←いつも応援ポチッとありがとうございます 最新レッスン案内(体験レッスン有り) → ◆◆ご予約・お問い合わせフォーム → ◆◆  "お花で和 [続きを読む]
  • 4回目でも現れる個性〜よくあるご質問【華道いけばな池坊】
  •  自由が丘『彩花』教室でのレッスンより。 ご自分のお好みのペースで学べる花材を極める6回チケットコースで学んでいらっしゃいます。4月よりスタートされて、この日、4回目のレッスンでした。  せっかくお花屋さんですから、お花選びから一緒に、『何をテーマにします?』と、ご相談しながら、進めてまいります。 季節の姫ガマ、そして、丹頂アリアム、ヘリコニア、レモンリーフ。 4回目でも、既に、生徒さんの個性がしっかり [続きを読む]
  • MBAといけばな〜ご縁がつながって【華道いけばな池坊】
  •  夏休みも始まり、さまざまな方がお越しで楽しい日々です。 そんな中、スクール卒業された生徒さん、そのMBAスクールの教授と3人で会食という素敵な時間も過ごしました。 その教授とは、二年前、上海よりの留学生向けにこの生徒さんが一日いけばな講師を務められた時からのご縁です→◆◆◆。 インターナショナルなお仕事に、MBAスクールに、いけばなにと、とても忙しい生徒さんとは、いけばなレッスン中、こんなお話も。。。 [続きを読む]
  • フトイとトクサの違いは?〜季節の自由花【華道いけばな池坊】
  •   フトイと間違えやすい、トクサ。 フトイは、水物(みずもの)。5月には、たくさんの方に手にしていただきました。 ご参考→◆◆◆ ◆◆◆ ちなみに、フトイのレッスンでは、こちらが合言葉でした(笑) ワタクシ 『これは、細いのに?』全員 『フトイ!』 一方、今月のレッスンで多用しているトクサは、陸物(おかもの)。作品の雰囲気も、やっぱり、野山の気配が合うようです。 平成女子も。。。 いけばな男子も [続きを読む]
  • ヴェネチアンクリスタル花器で〜立花新風体【華道いけばな池坊】
  •  立花新風体は、現代の空間に応じた立花として、いけばなの始まりである、池坊当代お家元、専永45世宗匠が1999年に発表されました。 18年目を迎えた今、花展でも一番多くみられる花型です。 型にとらわれず、草木の動きに注目するので、自由度がとても高いのが特徴です。 私の場合、昔から、花器でイメージして花材合わせすることが多いです。 こちらの花器は、形も色も、いかにも和テイスト。花材も、トクサやユリ、夏ハゼな [続きを読む]
  • 夏には夏のお楽しみ〜キウイつるを使って【華道いけばな池坊】
  • いけばなでは、特に夏場に、生花(せいか)以外の素材も使って、レッスンすることがあります。 今回は、"キウイのつる"です。漂白剤でさらしたものを使いました。 一本のみですが、一本ずつ表情が違うから、毎回違う面白い作品が出来上がります。 自然のつるの曲がりをみて、つるで、どのように空間を作るかがポイント。 初めてのドライ素材に、最初はとまどいながらも、2回、3回と繰り返していくうちに、力の加え方のコツが [続きを読む]
  • 蛍と戯れて〜瑠璃玉あざみ【華道いけばな池坊】
  • 真っ白なグラジオラスに合わせたのは、瑠璃玉あざみ。 神秘的な表情をいかして、自然に、無理なく、さらりといけています。 お選びいただいた、黒いガラス花器には、石を敷いて。。。 『瑠璃玉あざみが、夏の蛍のようですね。』 と、生徒さん。 奇をてらわずに、夏の夜の景色を思わせる、ナチュラルで素敵な作品です。 ←いつも応援ポチッとありがとうございます 最新レッスン案内(体験レッスン有り) → ◆◆ご予約・ [続きを読む]
  • ギボウシ一種のみでいける〜新しいオリジナル花器で【華道いけばな池坊】
  • 70cm以上の長さのある、立派なギボウシが入荷しました。 よく見かける斑入りのギボウシも、お洒落で素敵ですが、伝統文化の華道いけばなにおいては、格式を重んじる場合には、斑入りの花材は、好まれません。 なかなか手に入らない花材ゆえ、しっかりと活かすべく、一種のみで。"生花"と書いて、生花(しょうか)と呼ぶ花型で、江戸時代中期に確立したものです。 同じく入荷したばかり、今季発表された、いけばな池坊オリジナル [続きを読む]
  • ご注意! 夏に人気花材 "アンスリウム"【華道いけばな池坊】
  • 花持ちが悪いこの季節、いかにも"夏"を思わせる、人気のアンスリウム。 南国系のこの花材は、マレーシア、台湾、タイなどから輸入されてきます。暑いところからやってくるから、日持ちがいいものです。 お花の仕入れの際は、いつもどこから、誰の?が気になって仕方がありません。 個性的なフォルムで、敬遠される方もいらっしゃいますが、アンスリウムも品種を選べば、素敵に感じられると思います。 個人的におすすめの品種 [続きを読む]
  • 白いクルクマ&くるくる丹頂アリアムの自由花 【華道いけばな池坊】
  • 毎年、お中元、お盆の時期が近づくと、どうしてもクルクマを手にしたくなります。 そう、いつも夏に、クルクマ病患者になってしまうのです。 それは、一般的なピンク色のクルクマとは別に、白のクルクマに出会ってから、より重症に。。。(笑) その透明感は、とても神秘的。 初心者さんに、同じく、この時期ならではの丹頂アリアムと合わせていただきました。 この白いクルクマは、『乙女の祈り』という品種。 『クルクマ・ネ [続きを読む]
  • 浴衣、水引き、イタリアン★お教室納涼会 【華道いけばな池坊】
  • 週末は、お教室納涼会でした。 昨年のテーマは、『屋形船 みんなで 浴衣で はじけよう!』 今年のテーマは、『浴衣に 水引 和ヂカラ・アップ!』 生徒さんの中には、特技のある方がたくさんいらっしゃるのですが、今回は、着付けの先生にお願いして。。。 私自身も、水引ワークショップを担当させていただき、髪飾りや、帯飾りに応用していただきました。 その後、ご近所のイタリアンで、お食事会。 いつもは、いけ [続きを読む]