nemuri さん プロフィール

  •  
nemuriさん: 絵本とおじさんそして猫
ハンドル名nemuri さん
ブログタイトル絵本とおじさんそして猫
ブログURLhttp://91683049.at.webry.info/
サイト紹介文小学生を対象にした絵本の読み聞かせボランティアをしています。猫が好きです。
自由文家族そろって猫好きなのを猫達は知っているのでしょうか。拾って来たり転がり込んで来たりで今、4匹の猫と暮らしています。その内、猫をテーマのお話を書こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/10/27 22:18

nemuri さんのブログ記事

  • 町のトリさん
  •  朝、私たちの町にはトリさんが多くやって来ます。ところが私はトリにはうとくて、名前なんて全くわかりません。 [続きを読む]
  •  大阪は昨日の夜から夜明けにかけてすごい雨でした。「こりゃまた、古屋のもるが出るぞといつものもる受けを用意しましたがとうとう一滴も出ませんでした。全く雨漏りとはふしぎなもので、ショボショボの小雨でもポタポタと出る時もあれば、大嵐のような雨なのに全く出ないこともあります。 やっぱり古屋のもるって妖怪なのでしょうか? [続きを読む]
  • 紙芝居 うばすてやま
  • 題名で損をしている紙芝居があります。「うばすてやま」です。年寄りを大切にすると言う感動的なお話なのにこの題名がじゃまをしてどうしても老人施設で語ることができません。「先に説明をしてから語ろう」と決めて今回持参しましたが、やっぱり勇気がなくて出せませんでした。それは考えすぎだと言われるかも知れませんが、デイサービスの利用者さんには色々な人がいるわけで、その中の一人でも不愉快な思いをされるのであれば私 [続きを読む]
  • 上二診療所 公演
  •  ポカポカといい陽気になりました。猫たちもベランダでのんびりと日向ぼっこのどかだなあと眺めているnemuriでしたがこの時期、一つだけ心配事を抱えていました。♪こんな小春びよりの穏やかな日はあなたの眠さが気にかかる♪そう、こんな日の公演って、みなさん眠ってしまわれるのです。 公演の日は予め、紙芝居&歌メニューを作って行くのですがその場の状況判断で演目を替えることがあるのです。今日も今日とて始めてみるとあ [続きを読む]
  • 楓くんは図書委員
  •  新学期です。わが孫、風兄弟も1年上がって、楓5年生、颯2年生になりました。 そして楓くんは図書委員になり、定期的なお仕事も賜りました。そのお仕事とは毎週水曜日、1年生に紙芝居を読み聞かせること。そのことをジージが聞いたのはこないだの月曜日でした。水曜の本番まで2日しかありません。練習はちゃんとしたのか?との問いに1回読んだだけと言うお答え。当然ジージは「そんなんあかんやろ」とお説教いたしました。 そし [続きを読む]
  • 暮らしのワンポイント
  •  主婦の皆さんには「とっくにやってるよ」なんて言われそうで今まで載せずにいましたが、ちょっとだけ勇気を出して、nemuriの発見したアイデアを披露します。 あのね、洗濯物をハンガーにかけていくつも物干しにぶら下げている場合、1mほどの棒で「?」の内側に差し込んで持ち上げればワンタッチで確保でき、にわか雨の時なんかすぐ取り込めて便利ですよと言うおはなしです。とりあえず、孫の楓くんは「じーじ、すごい!」と感心 [続きを読む]
  • 映画 ジャック リーチャー
  •  最近ツタヤさんに入ってもあまりこれと言った物はなくて、ついパッケージにほだされてB級借りてはなんじゃこりゃなんて生活が続いておりましたが、今回久しぶりに面白い映画に出会いました 「ジャック リーチャー」トム・クルーズ主演。この人「ミッション・インポッシブル」をはじめとして、はでなアクションをウリにして来ましたが、そろそろお歳なのではとの声もなんのその、この映画でも暴れまくっております。なにせ、や [続きを読む]
  • 上二デイサービス
  •  昨日は上二デイサービスで公演でした。実は11日の約束をコロッと忘れていまして、そこで働いている風ママからの電話で初めて知り、ごめんなさいの電話で12日にしていただきました。頭を低くしてリビングに入るとすっかり準備ができていて、皆さん拍手で迎えてくださいました。恐縮の至りでありました。歌いながらのセッティングを終え、落語紙芝居の「七度ぎつね」から始めました。いつものように紙芝居3作と歌2曲を2クールで約1 [続きを読む]
  • 電子ろーそく
  •  筋肉年齢は私たちよりも若いわが母ですが、ちょっとぼんやりが多くなって来ました。先日、線香を倒し、仏壇の一部に焦げ跡を作ってしまいました。火はだめだなと言うことでこんなん買いました。電子LEDローソクが今日届きました。さっそくつけてみるとなるほどよくできてる。線香は本当に火がついているみたいだし、ろーそくは炎の部分がただ光るのではなく、ゆらめくと言う心憎い演出がほどこしてあって母よりも私がうっとりと [続きを読む]
  • グラート大今里
  •   特養老人ホーム「グラート大今里」で紙芝居公演をしてまいりました。今日は25人ほどのお客さんで、いつものように歌から始めました。紙芝居は「みいちゃんの春」「うなぎにきいて」「むかでのおつかい」を語りました。「うなぎにきいて」は大きい声の場面が多く、ついつい喉を枯らしてしまい、歌がつらくなりますが、こちらのみなさんは歌がお好きとみえて大きな声でご唱和くださるので、声をおさえ、喉をかばうことができてと [続きを読む]
  • P通信-200 筍亭
  •  こないだの木曜日はパンジーおはなし会の遠足でありました。今回もOkさんプロデュースによる昼食会でございました。会場は京都の「筍亭(じゅんてい)」、筍料理と広い庭園が魅力の料理屋です。パンジーのメンバー6人といつもおはなし会でお助けいただいてる語り部さん3人で地下鉄と阪急を乗り継いで桂まで行き、そこからマイクロバスでお迎えいただき、靴のまま入れる広い会場に通されました。竹で編まれた蓋つきのかごに入って [続きを読む]
  • P通信-199 パンジージュニア
  •  わあ、ナポさんの言う通り1週間も更新サボってました。 パンジージュニア、まとめて行きまーす。 3月20日は劇団ガチャガチャマシーンの舞台に客演。3組の兄弟姉妹と男子一人で詩の朗読をしました。私の心配は最近あまり言うことを聞かなくなった孫の風兄弟のこと。本番に強いですねえ、見事に息を合わせて朗読してました。もちろん他のメンバーも大きな声でみごとにやっていました。 [続きを読む]
  • 上二生協診療所
  •  21日は上二デイサービス、今日は上二生協診療所で公演してまいりました。いつものように「りんごの歌」から始まって紙芝居を5作語りました。こちらには私と同世代の男性利用者さんがいらっしゃって、私たちにとっての懐メロを楽しみにしてくれてます。紙芝居の合間にその人向けに準備して行った歌を歌おうと思ったらリハビリに行かれたところと言うことでした。でもせっかくなのでとGSの「バラ色の雲」と「長い髪の少女」を歌い [続きを読む]
  • 渡瀬さん
  •  渡瀬恒彦さんが亡くなりました。兄さんの渡哲也さんよりも役の巾が広く、二枚目も三枚目もこなせる人でしたがその全てに彼独特の存在感があって、私はファンでした。彼の代表作はやっぱり十津川警部でしょうか。高橋英樹を始め、いろんな役者さんが演じてますがこの人がぴったりはまっていたと思います。ご冥福をお祈りします。 [続きを読む]
  • 称揚苑にて紙芝居
  •  コーヒーサービスボランティアの「いろり座」からの要請で特養老人ホーム「称揚苑」と言う所で語って歌ってまいりました。いつも初めての所は大きな期待と少しの不安を抱えて臨みますがこちらでは皆さん明るい笑顔で迎えてくださり、あまり緊張することなく自然に始めることができました。 準備をしながら歌を歌い、紙芝居は「へっこきよめさま」や「なまけもののろば」などコメディタッチの作品を語りました。 帰り際、担当の [続きを読む]
  • 生駒で歌
  •  生駒市内の老人ホームで看護人として働いているいとこの依頼で公演をして来ました。公演と言っても今回は紙芝居は抜き、歌だけにしてくれとのことで愛用のCDプレイヤーと先日デビューしたばかりのA3歌詞パネルを車に積んで昼前に出発。早いですね、森ノ宮から高速に乗って、20分ほどで阪奈トンネル、あっと言うまに現地到着。広くて明るいリビングで35人ほどのじいちゃんばあちゃんを相手に約40分で11曲を歌いきりました。さすが [続きを読む]