akko さん プロフィール

  •  
akkoさん: Salad Party サラダ・パーティー
ハンドル名akko さん
ブログタイトルSalad Party サラダ・パーティー
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/saladparty
サイト紹介文食べることと旅が人生のテーマというマガジンライター。インドのレアな旅情報もエネルギッシュに更新中
自由文ブルーベア家のakkoことおおくにあきこです。本や映画、旅、料理、人物インタビューなど、暮らしに関わる記事を女性雑誌で執筆しているライター。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/10/28 14:39

akko さんのブログ記事

  • へむへむ
  • 尾鷲ヒノキを薄ーくはぎ、経木のリボンのようにして編んだタワシ。その名は「へむへむ」。うちでは、食後の皿洗いは料理を作らなかった人の当番なのですが、手荒れのリスクを考え、無難な選択としてヤシの実洗剤を選んでいた息子たち。なくなると困るから、結構... [続きを読む]
  • 旅のツォモリリ
  • ウェストゴムの白のワイドパンツは旅に欠かせません。昨夏、人気だったキルトのワイドパンツを今年も作りました。下にレギンスを履いて出発し、クーラーの激しいデリーではそのまま過ごし、南インドのケーララに着いたら一枚で過ごす。そんな計画です。薄手... [続きを読む]
  • ノコプロジェクトのおさらい
  • 今日からインドです。久しぶりに南へまいります。久しぶりにPCフリーです。つまり今回はパソコンを持たずに行きます。でも、発信は性分なので、搭乗待ちの間にひとつ、ブログをアップしてみようか、と。せっかくの南の旅なので、万が一、ネット環境が整えば、旅日... [続きを読む]
  • 玉川大学・博物館教育論にて。
  • WAF2016の招聘アーティスト、ツツミエミコさんと高橋愛先生に招いていただいて、玉川大学の博物館教育論でレクチャーをさせていただいた。昨年10月に一度、WAPの概要を映像を交えながら聞いてもらっていた。このとき授業に集まっている大学2〜4年生にとって、おかずく... [続きを読む]
  • MY Way 2017 Shonandai MY Gallery
  • 脱稿して終わったと思ったインタビュー仕事に直しが入って(ライターの宿命)そちらにとりかかっていたため、展覧会が終わってしまってからのアップになってしまった。。。「MY Way 2017」は3人の女性たちの展示。志賀絵梨子、ナム・チョイ、藤田夢香。ナム・チョイと... [続きを読む]
  • 1.16 WAP実行委員会
  • 2017年。今年はウォールアートプロジェクトにとってどんな年になるでしょうか。今年は「日印文化協定」発効60年、日印友好交流年。そんな年についについに!!ウォールアートプロジェクトメンバーによるインドの現地法人「ART+BLUE Foundation」(アートプラスブルーファ... [続きを読む]
  • ひろしま。
  • アニメ映画「この世界の片隅に」を観た後、「おばあちゃんといっしょにもう一度この映画を観てみたい」と言った息子1。おばあちゃんというのは、すなわち私の母83歳。広島の江田島で生まれ、戦後は市内へ移り住んだ。原爆の話。実は、娘の私は折り入って聞いたことがな... [続きを読む]
  • 日だまりの日に
  • きょうほど日だまりが優しい日はない。ジブラルタルという猫がいた日だまりだ。この宇宙の暦に、永遠に刻んでおこう。7年間と3ヶ月。家族の中でも世話なしで、空気みたいだった。旅から帰ると「あら、帰ってきたわね」とこっちを見た。今日のあたたかなひだまりを永... [続きを読む]
  • 繕う。
  • 去年から冬になると毎日のように履いているツォモリリ・アンゴラソックス。足の裏側の固い部分に穴があいてしまった。でもこの暖かさと肌触りは他のソックスで代用できなくて、ついに針を手にした。実は針仕事は苦手。家庭科のエプロンやパジャマはほとんど母に縫っても... [続きを読む]
  • 森をまとう
  • 久しぶりに上野の東京都美術館へ。Facebookのタイムラインで見かけて、予備知識ゼロで「想いアラタに」展へ。時間と想いの積み重ねという工芸の宇宙に包まれた。幸せというのはこういうことか。森を纏うという作品を発表されていた加藤富喜さんがご自身の作... [続きを読む]
  • 生成りのパシュミナ
  • 手つむぎ手織りの生成りのパシュミナを見つけたのは、インドに行き始めて3年目だったろうか。これまでパシュミナのストールというと、薄手でいろいろな色から選べる製品だった。気持ちいい肌触りなのだけど、薄手のふんわりとしたものだった。ラダックの女性たちが手でつ... [続きを読む]
  • 世界森会議!
  • 世界森会議のインド行きまであと一週間。日本から参加する「チーム世界森会議」は総勢24人。2歳児から学生、留学生、社会人まで幅広いジャンルの人々が集まった。5ヶ月間、計11回の勉強会。そのうちの1回は福島県須賀川市の「銀河のほとり」で、福島で土とともに生き... [続きを読む]