TLC for Kids塾長ブログ さん プロフィール

  •  
TLC for Kids塾長ブログさん: ハワイ・ロサンゼルスのTLC for Kids塾長ブログです!
ハンドル名TLC for Kids塾長ブログ さん
ブログタイトルハワイ・ロサンゼルスのTLC for Kids塾長ブログです!
ブログURLhttps://ameblo.jp/tlcforkids/
サイト紹介文ハワイとロサンゼルスでバイリンガル教室を運営するTLC for Kids塾長の教育ブログです。
自由文ハワイとロサンゼルスのTLC for Kidsの塾長です。2011年の開校以来、4000名以上のバイリンガルキッズの教育に関わってきた経験を余すことなく皆様にお伝えします。
アメリカのバイリンガルキッズの奮闘記から、海外子育てに関わるさまざまな悩み相談まで、幅広いトピックをお届けします!
海外子育て中の父兄、バイリンガル教育に携わっている方は必見です!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/10/31 06:27

TLC for Kids塾長ブログ さんのブログ記事

  • 外国で働けますか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 韓国でグローバル就活が広がっている!という記事を読みました。 http://college.nikkei.co.jp/article/79280111.html グローバル化が進んだ韓国は就職競争が激化。韓国のトップ大学を出ても就職できない!という事態になっています。 韓国で就職できないなら外国で就職だ!という理由で日本の大手企業に関心が集まっているのです。 日本で就職を希望する韓国人の多 [続きを読む]
  • 子育ては母親の役割!ですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for KIds代表、船津です。 日本では「子育ては母親の仕事」という認識が一般的ですね。 でも、肝心の母親が育児ストレスでいつもイライラ、眉間にしわを寄せて、目を三角にしているようでは、良い子育てなどできません。 母親が余裕を持って、愛情いっぱいで子どもと接するためには「父親のサポート」が不可欠です。 と言っても、父親が四六時中子どもの面倒を見るというのは現実的ではありま [続きを読む]
  • アジア人は表情が乏しい?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。アジア人俳優は表情が乏しくハリウッドで使えない!という記事を読みました。確かに、西洋人に比べるとアジア人は喜怒哀楽を表情に出さないですね。 儒教(礼儀や上下関係を重んじる)の影響が強い文化では、人前でヘラヘラするのはダメです。 日本人は相手の気持ちを尊重しますから、感情を露わにするよりも、自分の気持ちを抑えることを優先しますね。 だから嬉しく [続きを読む]
  • 英語ペラペラな親は子どもの英語に冷淡?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 バイリンガルの親ほど、子どもの英語教育に熱心ではない!そんな記事を読みました。↓ http://president.jp/articles/-/22069 その理由は 1)忘れてしまう 2)ダブルリミテッドになってしまう 3)やる気になればいつでも習得できる 私はアメリカで4000名超のバイリンガルを指導してきましたから、彼らの気持ちがよーく分かります。 バイリンガルの人は誰もが [続きを読む]
  • 英語で何を話しますか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。ハワイに住む私の知人で「アメリカ人と何を話していいのか分からない!」という人がいます。子どもの誕生会や習い事などでアメリカ人と接する時、何を話していいのか分からず、距離を置いてしまうというのです。その方は日本のトップ大学を卒業し、滞米生活も長いですから、英語はそこそこできるはずなのですが・・・。 ハワイで暮らす日本人の子どもにも同様のケース [続きを読む]
  • 子どもに自立してもらいたいですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 世界中の親に共通する願いが「経済的にも精神的も自立した子どもを育てたい」です。 我が子が独り立ちして、家を出て行くのは寂しいですが、親としての役割はひとまず無事終了ですね。 ところが、グローバル化が進行した現代社会において、自立した子どもを育てることは簡単ではありません。 実際に、親と同居して経済支援を受けている「パラサイト・シングル」が急 [続きを読む]
  • 子育ての目標は何ですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 突然ですが、皆さんは「子育ての目標」をお持ちですか? それぞれの家庭には、それぞれの教育方針や子育ての哲学があると思います。 「元気ならいいです!多くを望みません。」 元気に育てるという目標は素晴らしいです! 子どもが健康で、明るく、楽しく生きてくれれば、親としてはこの上ない幸せです。 でも、具体的にどんな資質を育てたら「元気に生きていけるの [続きを読む]
  • 自信過剰はダメですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 アメリカの影響からでしょうか、日本でも「ほめる子育て」が一般化してきました。 確かにアメリカの親は「良くできたね!」「頑張ったね!」と子どもをよくほめます。 これには理由があって、競争社会で生き残るには、自尊心の強い子どもに育てておくことが必要だからです。 自尊感情が低いと、挫折や失敗の度に心が折れてしまい「自分は無理」と社会から脱落してし [続きを読む]
  • 人は違って当たり前!ですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 アメリカで暮らす日本人の子どもが現地校に通い始めた時、最初に戸惑うのが「Participation(授業参加)」です。日本の学校では生徒が授業中に質問したり、生徒同士で議論することはほとんどありません。生徒は黙って授業を聞いていればよいのです。 ところがアメリカでは授業参加・・質問したり、自分の意見を述べたり、反論したり・・が常に求められます。 授業中 [続きを読む]
  • コミュニケーション力を育てる秘訣
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 友だちが作れない、引っ込み思案など、人付き合いが苦手な子どもを「持って生まれた性格だから・・」と放っておいてはいけません。 人付き合いの技術である「コミュニケーションスキル」は、教えれば、誰でも身につけることができるのです。 まずは親子の信頼関係を大きくすることから始めましょう。 子どもを子ども扱いするのはやめて、一人の立派な人格者として向 [続きを読む]
  • コミュニケーションを教えてますか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 現代社会の子育てで重要なポイントが「コミュニケーションスキル」の育成です。 「コミュニケーションスキル」は集団社会で、まわりの人たちと良い人間関係を形成する力のことです。 子どもが成長し、自立し、社会に出て行く過程で「コミュニケーションスキル」は環境適応を促し、日々の生活を楽しく、快適にしてくれる大切な役割を持ちます。 最近、友だち作りや人 [続きを読む]
  • 天才は育てられるか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 教育で「天才を作れるか?」という問いには「できません」と答えざるを得ません。 でも教育で「勉強ができる子に育てられるか?」という問いには「100%できます!」と答えることができます。 「自分はできる!」と信じて、コツコツと努力を継続すれば、才能に関わらず、誰でも勉強ができるようになります。 あきらめずに継続すれば、何事も平均以上のレベルに到 [続きを読む]
  • たくましい子を育てるには?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 競争が激化するグローバル社会では、子どもを「たくましく育てる」ことが必要です。 でもどうしたら「たくましい子」が育つのでしょうか? それは、幼児期にとことん甘えさせることです! 「そんなことをしたら、わがままになってしまう!」と思われる方もいるかもしれません。 しかし「甘え」とは、裏返せば「愛されたい」「受け入れてもらいたい」という人間の基本 [続きを読む]
  • 夏休み明けは要注意!
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 そろそろ長い夏休みも終わりですね。学校が始まると、両親もホッと一息つけます。 その一方で、多くの子どもが学校不適応を起こす時期でもあるので注意が必要です! 夏休み明けによいスタートを切るには、何と言っても生活リズムを安定させておくことが一番です。 早寝早起きは基本中の基本 でも、良い生活習慣ができている子が本当に少ない! これは子どもの問題と [続きを読む]
  • ハワイのお受験といえば!
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 ハワイといえば温暖な気候と青い空と海ですね! そんな楽園ハワイにも、日本に負けず劣らず熾烈な受験戦争があることはあまり知られていません。 アメリカのオバマ前大統領は、高校卒業までハワイで育った事はご存知でしょうか?若きオバマ氏が通っていたのがプナホウスクールです。↑プナホウバスケ部時代のオバマ青年。カッコいいですね!プナホウスクールは創立1 [続きを読む]
  • 日本人は英語の読み書きが得意!
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。『日本人は英語の読み書きは得意だけど、英会話が苦手!』とよく聞きます。英会話が苦手なことはその通りですが、果たして、「読み書きが得意」なのでしょうか?多くの日本人は10年勉強しても、英語で書かれた新聞、雑誌、ウェブサイト、本などを読みこなすことができません。 辞書を片手に、何時間もかけて短いニュース記事を読んでいるようでは「英語が読める」と [続きを読む]
  • 英語教育の適正年齢はいつ?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 お子さんの英語教育は早ければ早いほどよい! そう思ってますか? 私は早期教育に長らく携わっていますが、幼い子どもに英語を教えたのに身につかなった!というケースを嫌というほど見てきました。 外国語教育の適正年齢については、6歳だ!、9歳だ!、12歳だ!など様々な意見があります。 私の経験から申し上げますと、英語教育を成功させるポイントは、始める [続きを読む]
  • 英語習得に近道なし!
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 子どもの英語学習の目標はズバリ!「リーディング力の育成」です。 受験英語や英会話を目標にすると、10年学習しても英語が身につきませんのでご注意ください。英語の本(ハリーポッターレベル)をスラスラ読めるようになれば、英語をマスターしたと言えます!外国人が電車で司馬遼太郎の小説を読んでいたら「この人すごい!」って思いませんか?子どもの英語学習 [続きを読む]
  • 夏休み明けは要注意!
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 私は「子育ては自信育て」だと考えています。 「自信」は人間の「やる気」の源だからです。 「自分はできる!」という自信がなければ、勉強、習い事、人間関係、何ごとにも消極的な子どもになってしまいます。 自信が小さいと、失敗、困難、環境の変化などを過剰に怖がるようになるのです。 この大切な「自信」なのですが、現代社会には、子どもから「自信」を奪う仕 [続きを読む]
  • 子どもの未来見えてますか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 子どもの未来、見えてますか? 私は教育の目的は、子どもが自分らしい人生を、自分で歩んでいくための技能を与えることだと考えています。 グローバル化の進行、テクノロジーの発達によって、地球は小さくなり、社会の構造は変わり、仕事のあり方が変わり、人の生き方が多様化しています。 世界中で価値観の大変動が起こっているのです。 学校教育も、国語、算数、理 [続きを読む]
  • 世界標準の子育てとは?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 グローバル化が進むと、どんな変化が起こるのか? 一つは競争の激化です。 ビジネス、スポーツ、芸能、あらゆる分野において、国内だけの競争から、国際的な競争に巻き込まれます。 相撲界を見ると分かりやすいですね。外国人の参入によって、日本人が三役になるのが難しくなってきています。 日本人がトップを取るには、これまで以上の努力と研鑽が必要になってきま [続きを読む]
  • 子育ての「終わり」はいつ?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 子育て真っ只中!という方は、長期的な視野で子育てを考える余裕があまりないと思います。 手のかかること、思い通りに行かないこと、迷うこと、不安になること、かくも子育ては面倒なものなのです。 でも子育ての面倒は一生続くわけではありません。子育てにはゴールがあります。 今子育て中の方は、日々が戦いですから、子育てに「終わり」があるなんて考えもしな [続きを読む]
  • 2つの「自信」を育てる
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。子育ては自信育て!なのですが、肝心な自信の育て方を知っている!という方は少ないですね。「自分を信じろ!自信を持て!」とハッパをかけるだけでは子どもの自信は育ちません。子どもの「自信」を育てるステップは二つあります。一つ目が「根拠のない自信」を育てること。これは0歳〜6歳の間に母親から愛情をたっぷりもらうことで育つ自信です。100%親から与 [続きを読む]
  • 自分のこと好きですか?
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のTLC for Kids代表、船津です。 拙著「世界標準の子育て」からの抜粋をご紹介します。(一部内容を加筆しています) ・・・ 財団法人日本青少年研究所が、日本、韓国、中国、アメリカの高校生を対象に行なった意識調査があります。 これは「私は価値のある人間である」という質問に「YES」と答えた割合を調べるもので、結果は日本7.5%、韓国20.2%、中国42.2%、米国57.2%でした。 日本人は [続きを読む]
  • 島国ハワイの白人社会
  • こんにちは。ハワイ、LA、上海のLC for Kid代表、船津です。 昨夜、私の参加する「おやじバンド」のライブがありました。 ↑ドラムのイアン宅に集合。曲順を決めるメンバー。 ↑ライブ会場に到着。機材は全部自前。ギターのジョンは音楽オタクなのでPAシステムも持ってます! 今回はカイルアの豪邸でのプライベートパーティー。主催者のお子さんが夏休みにハワイに戻ってきているので、友だちを呼んでパーティーをしよう!という [続きを読む]