kaimin-plus さん プロフィール

  •  
kaimin-plusさん: Welcome to 快眠プラス整体院
ハンドル名kaimin-plus さん
ブログタイトルWelcome to 快眠プラス整体院
ブログURLhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/kaimin_plus/
サイト紹介文静岡県袋井市のカイロ整体院(0538-42-4990)から、ちょっとカタくてタメになる情報発信です。
自由文『カイロ整体って、どんなことやるの?』『よくある肩コリや腰痛は何が原因?』『この重苦しさや不快感は、姿勢の悪さからって本当?』『骨盤ダイエットって?』・・・etc、体や健康についてのちょっとしたヒントを、不定期に掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/10/31 13:38

kaimin-plus さんのブログ記事

  • ■院長閑話 −せっせと足慣らし− ■
  • 今年から地元の「山の会」に入り、山に親しみたいと思っている今日この頃。今月中旬の例会(鈴鹿山脈の山)に行きたかったのですが、リーダーが調べたところ、あちらではまだ雪が残っているとのこと。念のため本格的なアイゼン(登山靴の底につける金属製の爪)が必要と言われたので、山の専門店で聞いてみたら、私の軽登山靴には装着が難しいと言われました。コンパクトな軽アイゼン(爪の数が少ない)なら装着できるが、急な斜面 [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −枕の歴史 (2)人類と枕の出会い− ■
  • 人類と枕の歴史についてはほとんど詳しいことはわかっていません。本やネットからの受け売りと、自分なりの想像をめぐらすと・・・◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇まだ猿人や原人であったころ(数百万年前から数十万年前)の人類にとって、寝姿勢は横向き中心で、体をまるめて表面積を小さくして体温の放散を防ぐ、そんな防御の寝姿勢が多かったようです。仰向けに大の字になって寝るほどの余裕がなかったかも知れません。また、その横向 [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −枕の歴史 (1)必要性− ■
  • 多くの人たちが枕を当たり前のものとして使っていますが、世の中には枕を必要としない人もいることはいます。●まだ生まれたばかりの乳幼児乳幼児は肩と首のすき間がまだないため、枕がなくても困りません。自分で立ち上がって歩き出して、首のすき間ができはじめるまでは、汗取りのタオルを敷いておけば十分です。●ふかふかの敷き布団に寝ている人肩も頭も沈みこむようなふかふかの布団に寝ていれば、肩と首のすき間にも布団があ [続きを読む]
  • ■院長閑話 −今年も簡易版雛飾り− ■
  • 2月中旬ころから、今年も雛人形を飾りました。簡易版として、一番上のおふたりだけを飾っています。もう10年以上も本式の飾りは出していませんので、思い切って組み立て式の階段は去年の末に捨てました。他の人形やお飾りはゴミとして捨てるのはためらわれますので、お寺で供養してもらって廃棄しなければ、と考えています。しかし、こうやって飾ると、多少なりとも茶の間が華やかになりますねえ。娘が運良く結婚しても、これだけ [続きを読む]
  • □ サプリ+健康/おすすめ情報 −冷え性 (2)体の元から− □
  • 運動不足、低血圧、精神的なストレスとそれに伴う自律神経の機能低下などから引き起こされる血行不良が原因とされる「冷え性」。東洋医学では「冷えこそ万病の元」と考えられています。■冷えない環境作りまずは対症療法として、体を温めることから始めてみてください。●手足をお湯に入れて温める。●大きな筋肉を動かして(スクワットなどで)熱を発生させる。●手のひらのグーパー運動、足首回し、青竹踏みなどで、手足の末端ま [続きを読む]
  • □ サプリ+健康/おすすめ情報 −冷え性 (1)万病の元− □
  • ■冷え=元凶「冷え性」という病名は西洋医学にはないそうですが、東洋医学では「冷えこそ万病の元」と考えられています。宇宙のすべての物体は冷えると硬くもろくなることから、人間の体にとっても「冷え」は大敵です。単なる「手足の冷え」や「体のコリ」だけでなく、「がん」や「動脈硬化」といった病気まで引き起こします。■血行不良が原因人間には体温を一定に保つ機能が備わっていますが、それと関わる血流が、何らかの原因 [続きを読む]
  • ■院長閑話 −足慣らし/その後− ■
  • 去年11月、夫婦で「市民トレッキング」というものに参加して以来、今年から「山の会」に入ることにしました。そして、いつ山に行ってもいいように、足慣らしの山歩きを習慣づけることにしました。平地のウォーキングだけではなく、アップダウンのあるところを歩くように心がけることにしたのです。いざ山に行って、皆さんについて行けず、あえなく落伍・・・というのは避けたいですからね。3月からは、かみさんも参加するので、お [続きを読む]
  • ◆ カイロ/おすすめ情報 −好転反応− ◆
  • カイロ整体を受けられると、そのあと体がだるくなったり、眠気を感じたりすることがあります。また、施術中にお腹が鳴ったり、尿意を催したりすることがあります。さらに、マッサージの「もみ返し」のように、翌日くらいに筋肉痛などを感じたりすることもあります。これらは、おおまかに「好転反応」と言ったりします。よい方向へ向かう一過性の現象のことです。ですから、いつまでもだらだらと続くことはありません。****** [続きを読む]
  • 院長閑話 −1年の始まり−
  • 今年は喪中ということもあって、しめ飾りもなく、おせちもない、静かな幕開けとなりました。それでも、元旦の日の出は、家から歩いてすぐの橋の上から拝みました。雲ひとつなく、こころなしか例年より勢いのあるお日様に見えました。・・・とにかく家族が健康でいられますように、とだけお願いいたしました。ほかに大きく望むこともない、というか、こういう時には、あまり大したことを望んでもしようがない、という気になるもので [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −実感 <疲れをリセット>− ■
  • 私が10年以上使いつづけている健康寝具「姿勢伸展ウェーブマット」は、適度な固さと、適度な弾力を持った構造で、理想の寝姿勢を保ってくれる優れものです。ぐっと背中を伸展してくれて、ムリのない正常な背骨のカーブを保ってくれるからです。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇人間の眠りを考えた場合、一晩の眠りで、「脳の疲れ」と「体の疲れ」を、きれいさっぱりと解消することが理想です。体をきたえ心身ともに余力のある健康体の方 [続きを読む]
  • □ サプリ+健康/おすすめ情報 −ひゃっきん運動− □
  • 以前、新聞の投稿欄に載っていたお話です。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇「ひゃっきん、って何だか知ってる?」と、73歳の祖母に聞かれた17歳の孫娘。「100円均一、つまり100円ショップのことでしょ」と、“こんなことも知らないの?”といささかバカにして答えました。すると、祖母は「100歳まで筋力を維持することだよ」と、ちょっぴり悪戯っぽく教えてくれたとのこと。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇「メタボ健診」でひっかかっ [続きを読む]
  • ■院長閑話 −足慣らし− ■
  • 先月、夫婦で「市民トレッキング」というものに参加しました。それが存外楽しかったので、私ひとりですが、来年から、主催した「山の会」に入ることにしました。基本的に月に1回の山行きがあるのですが、自分が行けそうなときに参加すればよいので、気軽に入ってしまいました。◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ で、来年からの足慣らしということで、近くの山に登ってきました。秋葉山という800mぐらいの山です。山道はもともとは [続きを読む]
  • ◆ カイロ/おすすめ情報 −悪い姿勢のパターン− ◆
  • 自分で見てわかる姿勢は、鏡にうつった正面の姿です。「両肩の高さ」「頭の傾き」「顔の向き」その左右の高さや角度の差をチェックしてみてください。完全な左右対称、とういう人は、なかなかいないようです。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇一方、自分ではわかりにくいけど、他人が見てわかるのは、横から見た姿です。初診のとき、患者さんの姿勢検査をしますが、いちばん多いのが、背中をまるめた、いわゆる「猫背」です。人間の背 [続きを読む]
  • ■院長閑話 −山歩き− ■
  • 先日、富士山の南にある、愛鷹山系の越前岳という山に行ってきました。市の広報に載っていた「市民トレッキング」の募集に、夫婦で参加したのです。「山登り」ではなく、「トレッキング」、つまりは「山歩き」という感じで気軽に参加してみました。二人とも、普段は1時間程度の散策で、多少のアップダウンを歩くだけですから、無理は禁物でしょう。しかし、靴だけはちゃんとした方が良いと思い、手頃なトレッキングシューズを買い [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −寝相と性格分析− ■
  • ネットを何気なく見ていたら、こんな寝相に関する記事が目にとまりました。要約すると・・・「大の字で仰向けに眠るタイプ」すべてのことに開放的で自信がある人。精神的にも安定している人です。「うつ伏せで眠るタイプ」身近かな世界になるたけ多く接触しようとするタイプ。日中の生活に几帳面ですが、無理をすることが嫌いです。「横向きで眠るタイプ」内臓や心臓を守ろうとする姿勢です。病気のときとか、心配事があると、自然 [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −自然治癒力と眠り− ■
  • 西洋医学、東洋医学に限らず、病気を予防し、病気を治して健康な体を保つには、本人の「自然治癒力」を高めるしか方法がありません。なにも「気力で治す」といった精神論ではありません。風邪ひとつとっても、諸症状をおさえるのは薬でできたとしても、風邪自体を治していく(=体内のウィルスを退治する)のは、自分の「自然治癒力」「免疫力」です。そして、この「自然治癒力」を考えていく時、重要なのが「睡眠」との関係です。 [続きを読む]
  • ◆ カイロ/おすすめ情報 −動きを良くするリハビリ整体− ◆
  • 86歳の女性、ヒザの変形性関節症で、ヒザの曲げ伸ばしで痛みがあります。整形外科にも長く通っていたようですが、最近は杖をついてのヨチヨチ歩きしかできなくなりました。ヒザの曲げ伸ばしがきついので、すり足でしか足を動かせず、「歩くにも人の4倍もの時間がかかってしまう・・・」とあきらめ顔です。当院には、ご近所の知り合いにすすめられて、「少しでも楽になれば・・・」という気持ちでいらしたとのこと。◇◇◇◇◇◇◇ [続きを読む]
  • □ サプリ+健康/おすすめ情報 −健康と3つの“み”− □
  • 人間の体には、様々な痛みや不調をもたらす3つの“み”があります。「自力整体」を提唱する矢上裕さんという方の本に出ていて、印象に残りました。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇(1)ゆが“み” 体の屋台骨ともいうべき骨盤や背骨の「ゆがみ」(=悪い姿勢)(2)ちぢ“み” 酷使した筋肉の「ちぢみ」(=コリ)(3)ゆる“み” 使われていない筋肉の「ゆるみ」(=筋力低下)◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇「ゆがみ」はカイ [続きを読む]
  • ■ 快眠/おすすめ情報 −実感 <寝つきの良さ>− ■
  • 私は「姿勢伸展ウェーブマット」という特殊な健康寝具に寝て10年以上たちますが、「毎日、気持ちよく眠っているなあ!」と満足しています。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇健康のために良いこととして、「快食」「快便」「快眠」などということが言われます。この中の「快眠」について考えてみると・・・まず、「ぐっすり眠って、翌朝はぱっちり目がさめる」さらには「その日の疲れはその日に解消して、翌日に持ち越さない」ということ [続きを読む]