なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttp://usiuri.blog60.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • 北浜駅展望台
  • JR北浜駅は網走にあるJR北海道釧網本線の駅で、日本で一番オホーツク海に近い駅として有名です。駅舎横に高さ5mほどの木製の展望台が設けられています。斜里方面の景色です。遠くに知床連山を臨むことができます。網走方面の景色です。ホームからオホーツク海まで50mほどしかないのがわかります。それこそ流氷が着岸すると陸と海の境目がまったく区別がつかなくなりそうな場所ですね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 藻岩山からの夜景
  • 札幌の藻岩山です。夕焼けの時間も過ぎて、ようやく夜景になってきました。円山周辺です。中でも一段と明るいのJR札幌駅から大通公園、すすきのあたりですね。それでも西の空はまだうっすら明るいです。気が付けば三日月と金星(?)が輝いていました。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 藻岩山からの夕景
  • 札幌の藻岩山です。山頂でしばらく眺めていると、日も暮れてきて夕焼けがきれいな時間になってきました。ここから見ると石狩湾の方向が北になります。写真の半島のように見えるのは石狩市浜益地区あたりでしょうか。また隣の小さな山は円山です。周辺は高級住宅地です。石狩湾の海上にはモヤがかかっているようです。モヤが街の灯りと夕焼け空にサンドイッチされている状態ですね。完全な夜景になるまでもう少しです。にほんブログ [続きを読む]
  • 夜景を待つ人
  • 札幌の藻岩山の山頂に着いたのは午後7時半頃。夏でしたのでまだ明るい時間です。それでも展望台には暗くなるのを待つ人でいっぱいです。流行りの自撮り棒で撮影する人もいます。プロの写真屋さんもいて撮影を呼びかけますが、自分たちで撮る人が多いのでなかなか依頼する人はいないようです。そうこうしているうちにだんだん暗くなってきました。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北海道から台風の近畿に帰りました
  • 7月末より北海道へ行ってまして、昨夜帰ってきました。往復は新日本海フェリーの敦賀-苫小牧航路でした。つまり台風5号が近畿・北陸を直撃する最悪のタイミングで帰ってきたわけです。帰りは夜に滋賀県の長浜・米原あたりを通りましたが風雨が強烈でした。通常なら午後8時半に敦賀に着く予定でしたが、荒れる前にということで午後7時20分に着きました。フェリーって本気を出すと1時間以上も早く着くのですね。それならいつも [続きを読む]
  • 藻岩山への交通
  • 札幌の藻岩山に公共の交通手段で行くときはまず市電で「ロープウェイ下」まで行きます。そこからロープウェイの山麓駅まで徒歩10分ほどですが、坂道ですので無料シャトルバスに乗るのもありです。そこからロープウェイに乗ります。2011年の藻岩山関連施設のリニューアルに伴い、ロープウェイのゴンドラも最新型へ変更されました。定員66名で山麓駅から中腹駅まで5分で上がります。中腹駅に着いたら今度は「もーりすカー」に乗 [続きを読む]
  • ノースサファリアドベンチャー
  • 札幌の動物園ノースサファリサッポロにはいくつかのエリアがあり、前回は「デンジャラスゾーン」を紹介しましたが、さらに動物園のマイクロバスに乗って移動する先に「ノースサファリアドベンチャー」というエリアがありました。昨夏はここに期間限定の「ジュラシックランド」というアトラクションがありました。写真のような自動運転のカートに乗ってコースを巡ります。途中にいろいろな恐竜がいて水をかけてきたり、襲ってきたり [続きを読む]
  • デンジャラスの森
  • 札幌の動物園ノースサファリサッポロにはいくつかのエリアがあり、前回紹介したメインの場所から歩いて数分のところに「デンジャラスゾーン」というエリアがあります。ここに入る前には自己責任のサインをしないといけません。これも演出の一つだと思います。そこそこ危険そうな動物に触ることができます。写真はヒメコンドルですが、こいつには触れることはできまません。ピラニアの水槽の上を渡してある平均台を歩くというのもあ [続きを読む]
  • 全て自己責任です
  • 札幌の動物園ノースサファリサッポロの園内には下のような看板が出ています。これも演出だとは思いますが、確かに普通の動物園ではやっていない体験がオプションでできます。オリの上から肉を垂らす「ライオンのつりぼり」「ライオンのえさやり体験」大きなヘビの「首巻き体験」それぞれ有料のものもありますので、私としては誰かがやっているのを見ればそれで十分満足です(笑)にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 話題の動物園
  • ユニークな動物園として話題のノースサファリサッポロに行きました。普通の動物園以上に動物に触れることのできる動物園です。カピバラも見たことはありますが触ったのは初めてです。意外と毛が固いのですね。コモンリスザルとグリーンイグアナの組み合わせもおもしろい。触れることもできます。コモンマーモセットがフタユビナマケモノの毛づくろいをしているのもおかしい。ほかにもウサギやワラビー、カンガルーなどたくさんの動 [続きを読む]
  • 久々のホテル大平原
  • 十勝川温泉にあるホテル大平原に宿泊しました。ここには10年ほど前に泊まったことがあります。部屋は一番安い和室に泊まりました。夕食はバイキング料理でした。正直なところこれといった目玉はなく、いわゆる普通の料理が並んでいました。まあ十勝川温泉の目玉は世界でも珍しいモール温泉ですから良しとしましょう。またホテル大平原では申し込めば朝に気球体験ができます。以前は下の写真の広場で上げていましたが、今では少し [続きを読む]
  • 真鍋庭園を歩く
  • 真鍋庭園のノウサギコースを進みます。距離1500m所要時間60分のコースです。写真はニジマスの池です。周りの木々の緑と空の青が映ってきれいです。途中に展望デッキがあり、やや高い目線で庭園を見ることもできます。ここはドワーフガーデンといって成長の遅い植物を集めてデザインされた庭園です。十勝を中心として8カ所の庭園が「北海道ガーデン街道」として運営されていますが、ここは回遊しながら庭園を楽しむことがで [続きを読む]
  • 真鍋庭園を訪れる
  • 帯広にある真鍋庭園です。ここは樹木を中心としたいろいろなモチーフの庭園が作られています。庭園を周るモデルコースはエゾリスコース30分・キタキツネコース45分・ノウサギコース60分の3つあり、各コースの順路もわかりやすく表示されています。ここは日本庭園です。中心の池は地下350mから自噴する14℃の地下水で冬でも凍りません。こちらはヨーロッパガーデンです。赤屋根の家は先代の庭園オーナーの住居だったそうで [続きを読む]
  • 屈指の海城
  • 今治城は築城の名手である藤堂高虎によって作られました。明治になって解体されましたが、城の中心部の石垣と内堀は完全に残っています。現在の天守は昭和55年に再建された模擬天守です。下の写真は正門にあたる鉄御門です。手前の石垣に使われている白い石は大理石で、石垣に使われるのは珍しいことです。三重の堀に海水を引き入れ、当時は海から堀へ直接船で入ることができたそうです。堀にはボラやチヌなどの海水魚がいる一方、 [続きを読む]
  • 六花亭 西三条店
  • 六花亭西三条店です。帯広本店よりも少し北にあります。本店の駐車場は狭いので、車の場合はこちらの方が利用しやすいと思います。吹き抜けの店内は本店よりも開放感があります。喫茶室は2階にあります。ここも本店と同じようにサクサクパイがあります。サクサクパイがある店ではつい定番のようについ注文してしまいます。合わせて食べたのは「とかち帯広発」という本店・西三条店・とかち帯広空港店限定の商品です。ラズベリーチ [続きを読む]
  • 六花亭 西帯店
  • 六花亭西帯店です。JR西帯広駅近くにあります。店は白樺通りという幹線道路に面していますが、うまく目隠しがしてあり店内からは車の往来が見えません。ここは帯広にある3つの直営店の中のひとつで、貴重なサクサクパイがあります。喫茶室でいただきました。ホットコーヒーはたまったポイントで飲めます。あとはチーズケーキも注文し軽く昼食としました。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 道の駅「花ロードえにわ」
  • 道の駅花ロードえにわです。写真は恵庭のマスコットキャラクターすずらんの妖精かりんちゃん。吹き抜けのレストランは休憩所も兼ねています。大きな窓からは季節ごとの風景が楽しめます。ベーカリーもありますので、ここで庭を眺めながら昼食というのもいいと思います。敷地内には「花ロード」の名前通り花のガーデンがあります。奥にはウォーターガーデンがあります。とくに夏場は寄っておきたい道の駅です。にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • こぐま屋のメロン
  • 道の駅「南ふらの」の敷地内にあるメロンの販売店「こぐま屋」昨夏の台風では被害を受けましたが再開しています。2年続いてここから知人にメロンを送りました。どこで買っても大差はないだろうと思いながらも、ここ数年このお店で買って当たりなので送っています。本来であれば自分たち用にも買って帰りたかったのですが、旅行前半だったのであきらめました。行程によっては買って帰ったこともあります。夏はラベンダー畑がきれい [続きを読む]
  • 野跡駅からフェリー埠頭
  • ごく限られた人への情報で恐縮すが太平洋フェリーの名古屋フェリー埠頭から徒歩で乗船する場合の話です。フェリー埠頭への最寄り駅は名古屋から出ているあおなみ線の野跡駅になります。ここからフェリー埠頭まで路線バスで10分程度で運賃は210円です。ところがバスは1時間に1本以下です。時間を調べずに行くと駅前で待つことになりますが、近くには何の店もないどころか、腰を掛けるベンチすらありません。タクシーだとフェ [続きを読む]
  • 仙台港で一時下船
  • 太平洋フェリーの名古屋〜苫小牧航路は途中仙台港に寄港します。目的地が仙台の人はもちろんですが、そうでない人も一時下船できます。といっても停泊時間は3時間弱しかないので仙台観光に行くことはやや困難です。それでも運動と食糧の調達を兼ねて下船してみました。最も近い買い物エリアであるイオンまで徒歩で片道20分です。イオンまでの途中に2011年の津波被害を記した建物もありました。あんな高さまで水がきたのですね。 [続きを読む]
  • 恒例ばんえい競馬
  • 帯広競馬場の「ばんえい競馬」です。前回紹介した「野間馬」とは正反対の巨大な「ばん馬」のレースです。一時は廃止の危機にありましたが、何とか復活の軌道に乗りつつあるようです。ここ数年、北海道へ行くとき必ず訪れています。ただ競馬開催日が土・日・月曜日なので、旅行日程を考えるのに少しネックになることもあります。スタンドの裏にはばん馬とふれあえるコーナーもあって、にんじんをあげたりもできます。ばん馬は大きい [続きを読む]
  • のまうまハイランド
  • 愛媛県今治市にある「のまうまハイランド」です。話題の「加計学園 獣医学部」の近くです。「野間馬」というのは体高110センチ以下の日本最小の在来馬です。江戸時代にこのあたりで育てられていた合戦用の馬でしたが、その中で合戦に不向きな小柄な馬が農家に無償で払い下げられて増えました。おとなしい性格で粗食に耐え丈夫で力持ちだったので、田畑を耕したり荷物を運んだりするのに役立ちました。その後、農作業の機械化に [続きを読む]
  • 大きなハト時計
  • 道の駅「おんねゆ温泉」にあるからくりハト時計塔「果夢林」です。見るのは2回目です。高さは約20mあります。定刻になると、鐘が鳴り響き、塔の中から木の妖精が出てきて演奏を始めます。その演奏の後半になると大きなハトが出てきます。ハトの翼長は2mあり、世界最大級だそうです。(「最大」でなく「最大級」)ここに着く時間にもよりますが、できれば定刻まで待って彼らが出てくるのを見てください。にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 北の大地の水族館
  • 北見の道の駅「おんねゆ温泉」にある「北の大地の水族館」です。以前来たときは「山の水族館」という名前でしたが、今は2つの名前が併記されています。日本初の「滝つぼ」の水槽です。ドーム状になった水槽で、頭上から大量に流れ落ちる滝を下から見上げる日本初の水槽です。前回に訪れたときは、ここがリニューアルオープンして話題になっていたことに加えてお盆中でしたのですごい人出でした。下の写真のように水槽にたどり着け [続きを読む]
  • 難攻不落の松山城
  • 伊予・松山城は愛媛県松山市の中心にある現存12天守の名城です。松山城は難攻不落の城として有名です。写真のような高石垣が巧みに配置され敵の侵入を阻みます。下の写真の場所は本来天守へは右に曲がるべき所を見学者が誤ってまっすぐ行かないようになっていますが、実際に侵入してきた足軽たちは目の前に見えている天守を目指して直進するでしょうね。これも罠です。このほかに石落とし(下の写真の石垣の上の飛び出している部 [続きを読む]