なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttp://usiuri.blog60.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • 道後温泉本館もか・・
  • 松山市にある道後温泉本館です。戦前に建築された歴史ある建物で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財として指定されました。「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルの一つといわれています。20年以上前に一度訪れましたが、その時と比べて大きく違うのは人の数です。チケットを求める長い列があり、私が入ろうと思っていた「霊の湯 二階席」は満員でした。結局、入場は断念・・道後温泉側にすればありがたい状況で [続きを読む]
  • ロイズふと美工場へ行く目的
  • ロイズのふと美工場です。あくまで見学不可の工場ですが小さな直売店があります。前回紹介したあいの里公園店のすぐ近くです。あいの里公園店のイートインコーナーで昼食も済ませたのに、わざわざ行った目的はたまに出る「安い規格外商品」です。つまり製造過程で割れてしまった商品が激安で直売店に並ぶことがあるのです。タイミングによって出ていないこともありますが、ラッキーなことにこのときは出てました。自分自身や身内の [続きを読む]
  • ロイズ「あいの里公園店」
  • 札幌のロイズあいの里公園店です。ここへ行くのは2回目です。ロイズといってもここではチョコレート以外にたくさんの種類のパンも販売されています。チョコレートパンも中にチョコレートクリームが入っているおなじみのチョコレートパンではなく、正味板チョコがパンに挟まれています。「グテ」という名前のこのパンはこの前日にテレビで紹介されたこともあって、普通のビターチョコの方は完売でした。店内にはイートインコーナー [続きを読む]
  • 春ど真ん中
  • 関西は春のど真ん中です。万博記念公園で春の花を楽しんできました。まずはチューリップです。毎年この時期に「チューリップフェスタ」が開催されています。今年も4月末まで開催中です。31品種10万本の色とりどりのチューリップが楽しめます。ちなみにチューリップは背の低い花なので空と一緒に撮ろうとしたら低い位置にカメラを構えねばなりません。その点、昨秋に買ったカメラはチルト液晶なのでカメラを地面に付けても撮影 [続きを読む]
  • 霧多布湿原を歩く
  • 前回紹介したように琵琶瀬展望台は霧に包まれて何も見えませんでしたが、標高が下がってくると視界が開けてきました。そこで霧多布湿原の中を歩くことのできる琵琶瀬木道を歩きました。片道500mの木道が先の湿原の中を流れる川まで続いています。訪れたときには2匹のタンチョウヅルが川でエサをついばんでいました。晴れていればもっと眺望が開けますが、これはこれで雰囲気があるので良しとしましょう。にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • 濃霧の琵琶瀬展望台
  • 琵琶瀬展望台です。霧多布湿原の南に位置する高台にあります。訪れたときはごらんのような濃霧でしたが、本来は北は霧多布湿原、南は太平洋が広がる絶景ポイントです。海岸側を見ると窓岩が望めるはずです。この窓岩は、浜中町の奇岩のひとつで、何年か前までは二つの窓がありメガネのような形をしていましたが、平成5年と6年の大きな地震により、片側が崩れてしまいました。その解説を書いた案内板はありましたが、肝心な窓岩は [続きを読む]
  • 万人受けの味「焼豚玉子飯」
  • 愛媛今治の焼豚玉子飯はB-1グランプリで10大会連続入賞という有名なB級グルメです。ごはんの上に焼豚とこしょうをたっぷりかけた半熟の目玉焼きをのせ、生姜やにんにくを効かせた濃い目の甘辛い特製たれで食べるという簡単なものです。先日、テレビの「ケンミンショー」でも紹介されていました。そもそも今治のお店の「まかない飯」だったのを初めてメニューとして出したのが「白楽天」だと言われています。私はここで食べま [続きを読む]
  • 新たな帆立バーガー
  • 前回紹介した北勝水産に行くもうひとつの目的は店で食べる帆立バーガーです。以前とメニューが少し変わったようです。以前は1種類だったですが、新たにホタテの数やサイズが選べるようになりました。せっかくですので一番豪華に「BIG帆立バーガー」を食べました。2Lサイズのホタテが3個も入っています。写真ではよくわかりませんが、下の写真の右が「BIG帆立バーガー」です。2Lサイズのホタテというのはとても大きなサ [続きを読む]
  • 新しい北勝水産へ
  • 2015年2月に火災にあったサロマ湖畔にある北勝水産。その年の8月に再建されて以来、初めて訪れました。新しくなった店内のレイアウトも変わり、売り場面積も広くなったように思います。カニ、ホタテ、ホッケ開きなど品揃えは以前と変わらず豊富で安い!奥の見学自由の水槽にはこれでもかというほどの毛ガニ。ホタテ、ホッケ、鮭などをいっぱい買って自宅に送りました。復活してよかったです。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 道の駅サロマ湖「みのり」
  • 道の駅サロマ湖です。何だかんだ言いながら毎年のように寄っています。このブログでも何度目かの登場です。前回ここの物産館みのりを紹介したのは、いろいろな酒のつまみ類が3袋千円で安いという情報でした。ところがその後はあちこちの店で同じように3袋千円の商品が目につくようになってきました。で、また改めてここに行くと今度は6袋千円がありました。お店も競争で大変ですね。次に行くときはどうなっているのでしょう。次 [続きを読む]
  • 徒歩圏の桜
  • 阪神間は8・9日の土日に桜が見頃となりました。ただ自分は風邪をひいてしまったことと天気が今ひとつつだったので、家から歩いて10分圏内で桜見物をしました。場所は尼崎市の庄下川です。両岸には遊歩道が整備してあります。尼崎を流れる淀川水系の一級河川といえば聞こえはいいですが、お世辞にもきれいな川ではありません。それでも数十年前はヘドロの臭いがひどく近づくのも嫌な川でしたから、魚がすむ今の状態は当時に比べ [続きを読む]
  • 皮肉にもここで快晴・・
  • 北海道旅行は雨続きでしたが、皮肉なことに帰りのフェリーでは快晴でした。フォワードサロンからの風景です。本当なら北海道の大地をこの青空を背景に撮りたかったのですが・・これは後方のオープンデッキからの風景です。同じ航路を運航している姉妹船「すずらん」とすれ違う風景です。夕景もきれいでした。最近の北海道旅行はどうも天候に恵まれません。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • すいせん船内施設
  • 前回に紹介した新日本海フェリー苫小牧-敦賀航路の「すいせん」の船内施設です。船内イベントが行われる小さなステージです。縦長に座席が並んでいます。船の一番前にあるフォワードサロンです。高速船なので基本的に外へは出られませんが、唯一外気に触れることのできる後方オープンデッキです。ここでジンギスカンもできるみたいです。レストランです。舞鶴-小樽航路のあかしあやはまなすに比べて1人席が多いようです。ちょうど [続きを読む]
  • すいせん初乗船
  • このたび初めて乗船した新日本海フェリー苫小牧-敦賀航路の「すいせん」です。この「すいせん」は2012年就航の新しい船です。いつも利用していた舞鶴-小樽航路の「あかしや」「はまなす」の個室のカギは普通のカギですが、「すいせん」はカードキーをしかも2枚渡されました。「あかしや」「はまなす」のツインルームはステートBでステートAの部屋はありません。ですからステートAは初めてですが、部屋の面積が少し広いですね。 [続きを読む]
  • 桜まだ早い、でも・・・
  • 大阪や京都ではようやく桜の開花宣言がされ、週末には見頃とのことです。ただ天気予報では金曜日から雨模様ということなので、一足早く京都へ行ってみました。ちなみに下の写真は円山公園の桜のアップです。平安神宮の庭園「神苑」の紅枝垂桜は有名です。ところが残念ながら見頃はまだのようでした・・そして京都御苑へ。向こうまで歩いていくのが気が遠くなるほどの広さ。ここも全体的にはまだでしたが、部分的に枝垂桜が見頃です [続きを読む]
  • 早春快晴の運河
  • ここ数年は連続して小樽には立ち寄っていますが、ここまで快晴だったのは初めてかもしれません。これぐらい晴れると写真を撮っていても楽しくなります。ただ3月でも人は多かったです。しかもほとんどはアジア系の外国人観光客です。同じ小樽運河でも北運河と呼ばれるエリアはまだ人は少ないです。人が多すぎてうんざりするときはぜひ北運河方面へ行ってみてください。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドロドロ大通公園
  • 私が北海道へ行くのはだいたい夏です。流氷見学や各地の雪まつりに一度は行きたいと思いますが、仕事の都合もありなかなか実現しません。そしてやっと実現したのが3月下旬という中途半端な時期です。大通公園も雪が溶けかけた状態です。雪まつりのときにはここに立派な雪像が並んでいたのでしょうね。ドロドロの雪が残っているのを見て、ますます一度は雪まつりを見てみたいという気持ちが強くなったのでした。にほんブログ村にほ [続きを読む]
  • 絶品の出雲そば
  • 島根の出雲そばの特徴は、製粉のとき甘皮まで挽きこむため、色が濃く、香りの高いそばになることです。冷たいそばは、割子と呼ばれる器に盛られます。まず立ち寄ったのは松江城近くの「神代そば」昼前の11時すぎに行きましたが、すでに満席で10分ほど待ちました。割子は三段が一人前になっています。私は一段を追加して四段いただきました。つゆは濃い目です。少しだけかければ十分です。薬味は海苔・ネギ・鰹節です。そばはか [続きを読む]
  • 大湯沼まであと少し・・
  • 登別温泉の地獄谷から少し離れた場所に大湯沼があります。雪がない時期だと車ですぐの距離です。この日、大湯沼まで徒歩20分という表示をみて気合を入れて山道を歩きだしました。途中から道が雪で覆われ少し後悔・・「大湯沼5分」という案内板が出たものの普通の靴でしたのでやや限界・・そうこうしているうちに大湯沼が姿を現しました。大湯沼の畔までここから急坂を下っていくのですが、雪でじゅくじゅくの坂道を転んで泥まみ [続きを読む]
  • 春めく地獄谷
  • 登別温泉の地獄谷です。地獄谷は日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡です。直径は約450m、面積は約11haあるそうです。3月下旬でこんな湯気が立ち込める場所でも周囲にはまだ雪がありました。さすが北海道!ここから温泉が1日1万?も湧出されており、温泉街のホテルや旅館に給湯されています。とくに第一滝本館の大浴場からこの地獄谷の景色を楽しめるそうです。写真に写っている建物が第一滝本館です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 料理をジオラマで
  • 最近のデジカメには魚眼風やノスタルジックなどいろいろな風合いで撮ることのできるものもあります。その中で「ジオラマ風」は文字通り街の雑踏や駅などの風景をジオラマのように撮影できます。自分はこの機能はそれだけのことで理解していましたが、どこかで読んだ記事に「料理をジオラマで撮影すると味が出る」とありました。それで比較して試してみました。芽室コーン炒飯だと・・ノーマルジオラマ風北菓楼のシュークリームだと [続きを読む]
  • 望遠で感動倍増
  • 前回紹介した札幌のJRタワーです。展望室から風景を見る時に、望遠カメラがあれば感動が倍増します。このとき一眼レフカメラはありませんでしたが、20倍ズームのデジカメがありました。それで肉眼では確認しにくい風景も楽しめました。大倉山ジャンプ競技場北海道大学ポプラ並木遠くの山々 右手前は藻岩山でその奥が恵庭岳 さらには樽前山まで確認できました有料で双眼鏡は設置されていますが、いろいろな方向の風景を楽しむ [続きを読む]
  • JRタワーから絶景!
  • 快晴に恵まれた札幌滞在時、せっかくなので景色を楽しもうとJR札幌駅に隣接するJRタワーに上りました。高さは173mということで大阪のあべのハルカス300mの半分強の高さではありますが、風景はまったく引けを取りませんでした。下に東西南北4方向の写真を載せましす。(東)遠くに十勝連山が見える方向です(西)小樽方面で、手稲山や大倉山ジャンプ競技場などが見える方向です(南)藻岩山や遠くに恵庭岳が見え、近く [続きを読む]
  • 鳥居がなぜ!?
  • 京都一の繁華街新京極通と錦市場の交差地点にある「錦天満宮」です。そして、その鳥居の写真がこちらです。お気づきでしょうか。鳥居の両端がビルの中にめり込んでいます。この鳥居が建った明治の頃は一帯は繁華街ではなくすべて神社の境内でした。しかしその後、店が建ち並び、さらに2階建てになると鳥居の上部がつっかえることになるものの鳥居を切るわけにもいかずこのようなことになったそうです・・よくテレビでも紹介されて [続きを読む]
  • 駅近「三角市場」
  • 小樽の三角市場はJR小樽駅のすぐ近くにあります。駅前の左手の階段を上がったところです。三角形の敷地の中の通路は坂道です。私が行ったのは早朝でしたのでまだ開いていない店も多かったですが、食堂は開いていました。ここで小樽の朝食というのもありです。ちなみに三角市場を出るとさらに市場が続きます。JR小樽駅から小樽運河へ向かうとき、このような市場を通りながら海の方へ行くのもおもしろいと思います。にほんブログ [続きを読む]