しゅう さん プロフィール

  •  
しゅうさん: いわき百景〜未来へ贈る誇りの情景
ハンドル名しゅう さん
ブログタイトルいわき百景〜未来へ贈る誇りの情景
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/danjiki1975
サイト紹介文いわきWEBアワードGPエントリー中です! いわき人誇りの絶景を要チェック!!
自由文映画「フラガール」で有名な、スパリゾートハワイアンズがある、福島県いわき市の魅力あふれる風景を、ほぼ週刊で掲載しています。このブログでの「百景」とは、たくさんの景色という解釈で、四季折々の観光名所から、古寺名刹、隠れたスポット、地域のお祭りやイベントに至るまで、各エリア書庫の掲載場所充実を目指してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/11/01 14:38

しゅう さんのブログ記事

  • 祭田のサクラ
  • 祭田のサクラ二本松市太田字祭田62樹齢350年樹高18.3m幹周6.5m市指定天然記念物とにかく太かったです。祭田のサクラ。噂には聞いてましたが、素晴らしいロケーションでした。菜の花も綺麗でした。撮影 2016年4月16日※個人宅の桜にてマナーある鑑賞を [続きを読む]
  • 中島の地蔵桜
  • 中島の地蔵桜二本松市針道字中島紅枝垂桜樹齢150年樹高10m2012年から見たいと思っていた桜。やっと訪問することができました。花は終わりかけでしたが、すばらしいロケーションに感動しました。撮影 2016年4月16日 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆46】平成二十八年春場所
  • 【桜随筆46】平成二十八年春場所番付の制作も今回で3度目となりました。当初、平成二十八年春場所ではなくて「平成春場所」として、今回の番付を集大成として最後の発表にしようと決めていました。しかし昨年の冬にまだまだ茨城には、私が未訪問の桜がたくさんあることを知り、そうもいかなくなりました。今回の番付に掲載した一本桜の数は合計147箇所。しかし茨城にはまだまだ番付上位を揺るがす名木が存在しているのです。今回の [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆45】番付表の改編
  • 【桜随筆45】番付表の改編茨城一本桜番付の平成二十八年春場所を制作するにあたって、番付表の雛型を改編しました。写真左が前年の番付表です。茨城県一千年の歴史と平成までの桜観の推移。これを表現したくて、岩瀬桜川の山桜を最大限にリスペクトする構成としました。そのために「遠山桜」、「桜群」「昔日の名桜」という新しい項目を設けました。また、前年まで「別格」としていた項目を「名誉横綱」に。「審判員」も配置して、 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆44】昔日の名桜
  • 【桜随筆44】昔日の名桜2013年から本格的に始めた茨城県内の一本桜巡り。これまでに何本もの倒木に出会いました。写真の桜もその内の一本で、奇しくも訪問した前年に倒木となっていました。次回の一本桜番付では歴史観を重要視すると決めていました。茨城の歴史を見てきたであろう桜の古木達。昭和58年に発表された「茨城桜見立番付」に、かつて茨城県内で咲いていた桜の巨樹が「昔日の名巨樹」として記載されていることを思い出し [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆43】遠山桜
  • 【桜随筆43】遠山桜水戸桜川千本桜プロジェクトは、歴史、由来を明確にして、それらを大事にする植樹プロジェクトです。代表の稲葉氏より教えていただいた桜を楽しむ手法のひとつに「遠山桜」という観点があります。かの水戸光圀公も、和歌で吉野の桜を想い、遠山桜として歌を詠んだそうで、この観点は昔の人々の桜の楽しみ方なのだそうです。「遠山桜」とは文字通り遠景で眺める桜。これこそが茨城県、いや日本における桜観の原点 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆42】水戸桜川千本桜プロジェクト
  • 【桜随筆42】水戸桜川千本桜プロジェクト2015年6月、一本桜のスライド講演をさせていただいた水戸桜川千本桜プロジェクトに、会員として参加させていただくことになりました。自分は水戸市民ではありません。しかし、高校が水戸の千波町だったこともあって、千本桜プロジェクト活動の舞台である桜川や見川町は体に染みついた身近な地域ということがあります。なによりも茨城の一本桜、美しい桜を追いかけていたら出会った常陸国の [続きを読む]
  • [転載]落花流水 第001号
  • 常磐百景新聞 落花流水 第1号(創刊号)試作版 掲載一本桜番付と一緒に格納しました。ご自由にダウンロードください。※PDF版、JPG版があります。格納先https://www.dropbox.com/sh/xvcs8d7r0s0tmyz/AACudZKcSeV0ORPOZsiXk5cva?dl=0転載元: 茨城一本桜番付 平成二十八年春場所 [続きを読む]
  • [転載]プロフィール
  • 常磐百景PROJECT 坂野秀司2008年09月 ブログいわき百景 開設2009年06月 いわきWebアワード2009 ブログ賞受賞2010年02月 いわき観光コンシェルジェ 観光基礎講座修了証取得2010年05月 いわき市内一本桜番付 発表2010年07月 WEB RADIO「RADIO STRIKE」 第1回放送にて紹介2010年07月 Twitterアカウント 開設2010年07月 いわきWebアワード2010 ブログ賞受賞(2年連続)2010年08月 いわき彩発見ナビ2010年夏号 写真提供2010年08 [続きを読む]
  • [転載]【お知らせ】モンモ春号掲載
  • ふくしまを楽しむ大人の情報誌モンモ 春号いわき一本桜めぐり4ページを担当させていただきました。私は茨城人として、一番好きな桜は茨城の桜です。しかし、日本一の桜は福島県。これは毎年体感しているから間違いありません。その日本一の桜を垣間見ることができるモンモ春号の桜特集。たくさんの人に見ていただきたいと思います。震災から5年という節目の年でもある2016年春。とても意味のある特集に関わることができて本当に感 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆41】一本桜のスライド講演
  • 【桜随筆41】一本桜のスライド講演2015年6月、「水戸桜川千本桜プロジェクトミーティング(桜蕾会)」の会場にて、茨城県の一本桜写真をスライドで紹介する講演をやらせていただきました。【桜随筆40】で触れたプロジェクト代表の稲葉さんのご厚意で頂戴した機会でした。茨城一本桜番付 平成二十七年春場所で記載した桜を中心に、番付の下位から順に紹介しながら、桜にまつわるゆかりの話や撮影時のエピソードなどをつけ足して進め [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆40】桜野牧の山桜
  • 【桜随筆40】桜野牧の山桜2014年8月に、ウェブ検索で茨城県内の桜を探していたところ、水戸にヤマザクラの巨木があることを知りました。偕楽園を造成したことで知られる「徳川斉昭公お手植えの山桜」です。そちらを紹介されていたのが「水戸桜川千本桜プロジェクト」のウェブサイトでした。Facebookページもあると知って、早速コンタクトを取ってみましたところ、代表の方に桜の詳細を教えていただきまして、2015年4月にこうして撮 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆39】越代のサクラ
  • 【桜随筆39】越代のサクラ2010年から毎年かかさず撮影し続けている一本桜があります。それが、福島県古殿町の越代のサクラ。圧倒的幹周り、完璧な枝ぶりと花付き、そしてロケーションの良さ。これ以上のヤマザクラは日本に存在しません。そう断言できるほど別格です。旧いわき市民として、「田人の石割桜」や「新田の大山桜」といった、福島県中通りのベニシダレ「滝桜」の流れに沿わない形での、温暖なエリアならではのヤマザクラ [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆38】憧れの桜を巡る
  • 福島県本宮市、日輪寺の枝垂れ桜【桜随筆38】憧れの桜を巡る名のある名木だけでも数百本ある福島県の一本桜。2015年4月、かねてから撮影したいと思っていた二本松、本宮、三春エリアの桜巡りをしました。霧が立ち込める中、朝陽が照らす日輪寺の枝垂れ桜という劇的なロケーションから撮影開始。茶園のサクラ、円東寺、お城坂など計16ヶ所全てがほぼ満開見頃という結果で、ライフワークとなっている「福島県一本桜大全集」を充実さ [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆37】神生家の殿桜
  • 【桜随筆37】神生家の殿桜茨城県内の主要な一本桜の巨木は、前年まででおおよそ撮影できていると思っていましたが、それは間違いでした。2015年の桜巡りにおいて最大の出会いが、石岡市「神生家の殿桜」です。八郷に伝説の老木が存在している。情報はそれしかありませんでしたが、あらゆる手段を使って検索した結果、どうやら吉生地区ではないかと目星がつきました。あとは現場を歩き探索です。その結果辿り着いた時の興奮は、一本 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆36】よみうりタウンニュース
  • 【桜随筆36】よみうりタウンニュース2015年4月、よみうりタウンニュースに写真と一本桜番付制作について取り上げていただきました。前回のホテルでの写真展示に続いて、ひとつの手ごたえを感じた出来事です。茨城県において、桜と言えば桜並木名所という概念が一般的。しかし、茨城県にはこんなにも歴史を秘めた桜の名木が点在している。番付、いわゆるランキングという形で、すばらしい桜達に興味を持ってもらいたい。一本桜名所 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆35】一本桜番付写真展示
  • 水戸第一ホテル別館様【桜随筆35】一本桜番付写真展示2015年、水戸の各ホテルで行われている「観光写真展」の一環として、「茨城一本桜番付 平成二十七年春場所」の番付と写真を展示いただきました。アマチュアカメラマンがホテルに写真を飾っていただけるということだけでも、どれほど光栄なことか。それが制作した番付とともにとなれば、これほどありがたいことはありません。一人でも多くの方に茨城の桜のすばらしさを伝えたい [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆34】平成二十七年春場所
  • 【桜随筆34】平成二十七年春場所2015年、二作目の番付が完成しました。東西合わせて百本の番付です。東の横綱に常陸太田市「泉福寺の枝垂れ桜」、西の横綱に龍ヶ崎市「般若院の枝垂れ桜」。前年に制作した試作版「平成二十六年春場所」から大きく変わる格付けとなりました。その理由として、2014年の撮影が非常に充実した内容で、2013年に撮影していた桜であっても、花のボリュームや天候が違うことで、存在感が増したり、受ける印 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆33】敷島舘
  • 那珂市、静神社のヤマザクラ【桜随筆33】敷島舘当ブログPC板トップページのリンク集にも掲載させていただいているウェブサイト敷島舘様。2014年の桜巡りにおいて、新たに辿り着いた大半の桜が、こちらに掲載されている情報によるものです。全国2000本の名桜を旅されている凄い方。こうして情報を出す方がいらっしゃるから見ることができた桜達。写真1枚目、静神社のヤマザクラも同様です。このような巨桜が茨城にはまだまだある。 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆32】夕陽と母校の桜
  • 【桜随筆32】夕陽と母校の桜2014年、母校にソメイヨシノの老木があったのを思い出しました。そして30年ぶりに訪れました。支柱によって枝が支えられ、柵が設けられて丁寧に管理されている様子が伺えました。学校のホームページによると、桜保存のため平成元年に掘り起こしたとあります。わざわざ掘り起こすぐらいですから、それなりに歴史がある桜だろうと、いつ植えられた桜なのか学校に訪ねましたが、返答がないまま2年が過ぎよ [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆31】圧巻の一本桜達
  • 龍ヶ崎市、般若院の枝垂れ桜【桜随筆31】圧巻の一本桜達前年2013年は全体的に花付きが悪い年だった。そう思ってしまうほど2014年は最高の年、茨城県の一本桜の底力を見せつけられた年でした。花のボリュームは天候による気温の変化や桜の体調によるものなので、いわゆるはずれの年もあると感じました。自分の場合はほとんどが土日に限定される桜巡りです。2014年は満開のタイミングと晴れの日が重なるという運にも恵まれました。朝 [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆30】神社と山桜を検証
  • 小美玉市西郷地石船神社のヤマザクラ【桜随筆30】神社と山桜を検証前年、2013年の茨城県桜巡りで感じたこと。お寺にはエドヒガン、シダレザクラが多く、神社にはヤマザクラが多い。一部例外はありますが、ほとんどがこの分布となっていて、これは茨城県、常陸国の歴史となにか関係があるのではないか。そんな漠然とした疑問がありました。そこで2014年4月、小美玉市合併前の旧美野里町エリアの神社全てを実験的にまわってヤマザク [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆29】桜愛好家Tさん
  • つくば市安食の地蔵桜【桜随筆29】桜愛好家Tさん2014年茨城一本桜巡り序盤でのこと。つくば市安食(あじき)にある「一乗院の枝垂れ桜」の撮影時に駐車場から見えた巨大な枝垂れ桜。それが「安食の地蔵桜」でした。桜というのは咲いていないとなかなか気がつかないものでこの発見は幸運でした。この日は早朝からこの近くの「宝蔵寺」と「一乗院」を撮影してきましたが、その二ヶ所ですれ違ったご夫婦もこちらにいらっしゃってまし [続きを読む]
  • [転載]【桜随筆28】いわき市一本「葉」桜巡り
  • いわき市田人の石割桜【桜随筆28】いわき市一本「葉」桜巡り満開ばかり追いかけてしまう桜。すばらしい枝ぶりの一本桜は青葉が茂る姿も美しいので、2013年にはいわき市内の桜約20本の「葉桜」を撮り歩きました。春爛漫の風景とはまったく異なる雰囲気、しかし一本桜の迫力は変わらないどころか、見た目のスケール感は満開時より増しているように感じました。昔は放牧地に桜がたくさん植えられたそうです。「日陰樹」として牛などを [続きを読む]