zen さん プロフィール

  •  
zenさん: zenちゃんのブログ
ハンドル名zen さん
ブログタイトルzenちゃんのブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/zengoodhistory
サイト紹介文あちこち歩き回ってデジカメ写真を撮っては投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/11/01 23:58

zen さんのブログ記事

  • 生駒山 その4 神津嶽コース
  • 2017.3.18奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある生駒山(標高642m)は大阪側、奈良側のどちらからでも登れる沢山のハイキングコースのある山です。4回に分けて報告します。今日のコース      近鉄生駒駅〜宝山寺〜生駒山上〜暗峠〜ぼくらの広場〜神津嶽〜近鉄枚岡駅神津嶽の方に向かいます。かなり急な下りをどんどん下って行きます。途中に掲げられた板には「胸突き八丁 休んで」と彫られています。登 [続きを読む]
  • 生駒山 その3 暗峠・ぼくらの広場
  • 2017.3.18奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある生駒山(標高642m)は大阪側、奈良側のどちらからでも登れる沢山のハイキングコースのある山です。4回に分けて報告します。今日のコース      近鉄生駒駅〜宝山寺〜生駒山上〜暗峠〜ぼくらの広場〜神津嶽〜近鉄枚岡駅スカイラインには時々出合います。笹薮の道を抜けて行きます。少し開けたスカイラインに隣接する広場に出ました。髪切山慈光寺この下と彫 [続きを読む]
  • 生駒山 その2 山頂へ
  • 2017.3.18奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある生駒山(標高642m)は大阪側、奈良側のどちらからでも登れる沢山のハイキングコースのある山です。4回に分けて報告します。今日のコース      近鉄生駒駅〜宝山寺〜生駒山上〜暗峠〜ぼくらの広場〜神津嶽〜近鉄枚岡駅奥の院が上の方だったため、下り道です。分岐に来ました。写真に写っていない左側から大師堂手前かららしき道と合流。写真の左右どちらを [続きを読む]
  • 生駒山 その1 宝山寺
  • 2017.3.18奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある生駒山(標高642m)は大阪側、奈良側のどちらからでも登れる沢山のハイキングコースのある山です。4回に分けて報告します。今日のコース      近鉄生駒駅〜宝山寺〜生駒山上〜暗峠〜ぼくらの広場〜神津嶽〜近鉄枚岡駅近鉄生駒駅中央改札を出て南駅前広場のケーブル鳥居前駅寄りに宝山寺の参道に通じる参道筋があります。車道と別れて石段の参道を登ります [続きを読む]
  • 泉南の山田家住宅と海会寺跡
  • 2017.3.12地元の歴史ウォッチングに参加しました。何度も訪れる所ですが都度、再発見があります。今回のコース      新家山田家住宅〜樫井古戦場跡〜海会寺跡〜埋蔵文化財センターJR新家駅の近くに江戸時代の旧庄屋屋敷・山田家住宅が建っています。代々、庄屋職を務めた豪農で村高1600石を誇り、泉南地域の数少ない豪農屋敷構えの構造が良く保存されており、国の登録有形文化財です。約840坪の敷地に、江 [続きを読む]
  • 海南黒江・温山荘散策 後半
  • 2017.3.111月2月と天候不順で流れた当会の今年最初のハイキングは天気晴朗なれど風寒しの一日。和歌山市の南隣り海南市の黒江や和歌山市の南端にある和歌山マリーナシティ付近を散策しました。紀州漆器は、会津、越前、山中と並ぶ日本の漆器四大産地のひとつとして、400年以上の歴史がある地域です。黒江の漆器は室町時代に始まり、江戸時代には藩の保護を受けて大きく栄えました。紀州ではここ以外に根来塗りも知ら [続きを読む]
  • 海南黒江・温山荘散策 前半
  • 2017.3.111月2月と天候不順で流れた当会の今年最初のハイキングは天気晴朗なれど風寒しの一日。和歌山市の南隣り海南市の黒江や和歌山市の南端にある和歌山マリーナシティ付近を散策しました。紀州漆器は、会津、越前、山中と並ぶ日本の漆器四大産地のひとつとして、400年以上の歴史がある地域です。黒江の漆器は室町時代に始まり、江戸時代には藩の保護を受けて大きく栄えました。紀州ではここ以外に根来塗りも知ら [続きを読む]
  • 笠山への道
  • 2017.3.9家内たちがシダを刈り込んでとりあえず笠山山頂までの別道を整備したので、仕上げを兼ねてまたまた行ってきました。やっと刈った草を取り除いたりして地道が現れました。すぐ伸びて元に戻るかもしれませんが当面これで良しとします。畔の谷地蔵尊にお参りして、作業場の道へ。畔の谷側からの登り口です。シダが茂ったところ以外はこのようなザレバと岩が現れた道です。振返るとザレバが白く剥げた状態にポツンポツ [続きを読む]
  • また笠山 後半
  • 2017.3.52週間前に別道のブッシュ刈りに登った笠山。頂上までの道が通じたというので確認のため、また行ってきました。今日は種河神社側から笠山、白山神社参道から登ってできた道を降りてくることに。2週間前に登った時の報告はここにあります。刈り込んだシダの道を歩いて、先日刈った道までやって来ました。先日登った道よりもう少し左に登って行ったらよかったようです。足場の悪いザレバに出ました。景色は相変わら [続きを読む]
  • また笠山 前半
  • 2017.3.52週間前に別道のブッシュ刈りに登った笠山。頂上までの道が通じたというので確認のため、また行ってきました。今日は種河神社側から笠山、白山神社参道から登ってできた道を降りてくることに。2週間前に登った時の報告はここにあります。氏神さんの種河神社から笠山、白山神社へ参道を登ります。ルナりんくう団地の隅に参拝道があります。いつも栗拾いをする栗林の辺りを通り抜けて行きます。丁石道もあります。 [続きを読む]
  • 綾部山梅林
  • 2017.2.25綾部山梅林は兵庫県たつの市にあり、播磨工業地帯や瀬戸内の家島諸島等を望む梅林で園内には多くの古墳があるようです。2月も下旬と言うことで行ってきました。24haの広大な梅林は、ひと目二万本、海の見える梅林として西日本一といわれています。天気晴朗なれど早咲きの紅梅は満開でしたが白梅の満開には少し早かったようです。JR網干駅からバスで20分ほど綾部山梅林に到着です。甘酒一杯サービス付き [続きを読む]
  • 笠山 新家
  • 2017.2.18あまりに近すぎて御無沙汰していた笠山に登ったことのない道があるので、確認を兼ねて登りました。家内が先日、仲間たちと登って見て頂上近くがブッシュでたどり着かずに戻ってきたのですが・・・笠山はこのページなどで以前に紹介していますのでご参考ください。お昼までには帰ってこようと言うことで10時半ごろ家を出て普段登るコースをやめて畔の谷地蔵尊から。泉南市戦没者忠霊堂の右横から笠山に登れます [続きを読む]
  • 俎石山・旗立山 その3
  • 2017.1.29久しぶりに紀泉アルプス、俎石山に登り、今回初めて旗立山まで足を延ばしてきました。4年前の報告がここにあります。今回コース    阪南スカイタウン登山口〜俎石山北展望所〜旗立山391m〜俎石山420m〜大福山427m    〜俎石山〜東の谷山288m〜阪南スカイタウン登山口始めてきた旗立山から俎石山の方に戻ってきました。先ほど左の北展望台側から下りてきた地点を今度はまっすぐ俎石山の [続きを読む]
  • 俎石山・旗立山 その2
  • 2017.1.29久しぶりに紀泉アルプス、俎石山に登り、今回初めて旗立山まで足を延ばしてきました。4年前の報告がここにあります。今回コース    阪南スカイタウン登山口〜俎石山北展望所〜旗立山391m〜俎石山420m〜大福山427m    〜俎石山〜東の谷山288m〜阪南スカイタウン登山口ハンガーコースへの分岐を過ぎ、尾根道がまだ続きます。ここも鳥取池(ダム池)の方へ下りる分岐があります。池の奥側 [続きを読む]
  • 俎石山・旗立山 その1
  • 2017.1.29久しぶりに紀泉アルプス、俎石山に登り、今回初めて旗立山まで足を延ばしてきました。今回コース    阪南スカイタウン登山口〜俎石山北展望所〜旗立山391m〜俎石山420m〜大福山427m    〜俎石山〜東の谷山288m〜阪南スカイタウン登山口今日のアクセスは阪南スカイタウンの桃の木台住宅地を通り抜けて介護施設のサンヒル都まで上り詰めると奥に駐車スペースがあります。ここに駐車して俎 [続きを読む]
  • 紀三井寺から和歌浦へ その4
  • 2017.1.23桜の季節に先駆けて下見を兼ねた紀三井寺詣でと和歌浦・章魚頭姿山に登ってきました。多数の写真がある為、4回に分けて報告します。その3は章魚頭姿山から降りて和歌浦天満宮の方へ。今回のコース  JR紀三井寺駅〜紀三井寺〜観海閣〜玉津島神社〜万葉館〜和歌浦観光遊歩道〜章魚頭姿山〜  和歌浦天満宮〜紀州東照宮〜和歌浦口バス停・・・JR和歌山駅一昨年の春このコースを逆に歩いた時の報告がここに [続きを読む]
  • 紀三井寺から和歌浦へ その3
  • 2017.1.23桜の季節に先駆けて下見を兼ねた紀三井寺詣でと和歌浦・章魚頭姿山に登ってきました。多数の写真がある為、4回に分けて報告します。その2からは新和歌浦・章魚頭姿山の報告です。和歌の浦観光協会のHPもご参考ください。一昨年の春このコースを逆に歩いた時の報告がここにあります。午後からは万葉公園の万葉館を後にして章魚頭姿山(高津子山)に向かいます。片男波海水浴場に沿って防波堤沿いコンクリート [続きを読む]
  • 紀三井寺から和歌浦へ その2
  • 2017.1.23桜の季節に先駆けて下見を兼ねた紀三井寺詣でと和歌浦・章魚頭姿山に登ってきました。多数の写真がある為、4回に分けて報告します。その2からは和歌浦の報告です。平成22年に玉津島神社と周辺約90万屬国指定名勝「和歌の浦」に指定されました。現在は妹背山だけが島ですが、万葉の時代の玉津島六山(妹背山、鏡山、奠(てん)供(ぐ)山、雲(うん)蓋(かい)山、妙見山、船頭山)は、潮が引くと陸続きになり、満 [続きを読む]
  • 紀三井寺から和歌浦へ その1
  • 2017.1.23桜の季節に先駆けて下見を兼ねた紀三井寺詣でと和歌浦・章魚頭姿山に登ってきました。多数の写真がある為、4回に分けて報告します。その1は紀三井寺の報告です。紀三井寺は正式には紀三井山金剛宝寺護国院とよばれる救世観音宗の寺院です。寺伝では、宝亀元年(770)に唐の僧為光上人が創建し、自作の十一面観音像を本尊としたそうです。一昨年の春このコースを逆に歩いた時の報告がここにあります。JR紀 [続きを読む]
  • お菊山・殿尾山 後半
  • 2017.1.17いつも登るお菊山。今日はインターネットで国土地理院が提供してくれている25000分の1の地図に標示されている道を確認しながら登ることにしました。道の分岐点を主に写真撮影したためいつもの報告とちょっと異質になりました。個人的な記録を目的としたローカルな報告ですのであしからず。通常の報告はこのページなどいくつも報告していますのでお手数ですが探してみてください。お菊山から殿尾山の方に尾 [続きを読む]
  • お菊山・殿尾山 前半
  • 2017.1.17いつも登るお菊山。今日はインターネットで国土地理院が提供してくれている25000分の1の地図に標示されている道を確認しながら登ることにしました。道の分岐点を主に写真撮影したためいつもの報告とちょっと異質になりました。個人的な記録を目的としたローカルな報告ですのであしからず。通常の報告はこのページなどいくつも報告していますのでお手数ですが探してみてください。いつも駐車する地点は工事 [続きを読む]
  • 金剛山耐寒登山 後半
  • 2017.1.14今年も1月は金剛山へ。二回に分けて報告します。昨年までの報告も「金剛生駒」の書庫にありますのでご笑覧ください。昨年1月の報告はここにあります。今回のコース  金剛登山口バス停〜千早本道〜山頂広場〜文殊尾〜金剛山ロープウェイ前バス停山頂直前の緩やかな道ここを登れば山頂広場です。山頂広場で昼食後、取りあえずおなじみの国見城跡へ。12時の時刻に合わせての記念撮影で満員。少し時刻をずらし [続きを読む]
  • 金剛山耐寒登山 前半
  • 2017.1.14今年も1月は金剛山へ。二回に分けて報告します。昨年までの報告も「金剛生駒」の書庫にありますのでご笑覧ください。昨年1月の報告はここにあります。今回のコース  金剛登山口バス停〜千早本道〜山頂広場〜文殊尾〜金剛山ロープウェイ前バス停金剛登山口バス停の傍から石段を登る千早神社(千早城址)への表参道はパス。山の豆腐のお店を過ぎ高城茶屋から去年行った黒栂谷(くろとがだに)とは反対に右へ千 [続きを読む]
  • またお菊山へ
  • 2017.1.3元旦に登ったお菊山へのコース。シダが茂っているのが気になって再びシダ刈りしながらの山登りでした。ここも昔はコースの一つだったようですが、今は使われていないようです。再開発?してみることに。お菊山は何度も登って「近隣・庭」の書庫に報告を沢山しています。最近はこれですが、昨年1月の報告はここにあります。新家・畔の谷からお菊山へ登るコース。山道の奥にあるこの分岐。左が本コースの沢登り。元 [続きを読む]
  • お菊山 後半
  • 2017.1.1元旦の遅めのお昼を食べて、さて、消化を助けるためにお菊山へ登ることにしました。種河神社で初詣を済ませてからと思ったけれど、参拝者の行列。順番待ちしていると山に登る時間が無くなるので初詣を延期。まだ登ったことのないコースを行ってみることにしました。昔はコースの一つだったようですが、今は使われていないようです。再開発?してみることに。お菊山は何度も登って「近隣・庭」の書庫に報告を沢山し [続きを読む]