VIN さん プロフィール

  •  
VINさん: VINのらんどくダイアリー
ハンドル名VIN さん
ブログタイトルVINのらんどくダイアリー
ブログURLhttp://yaplog.jp/ashy_ashy/
サイト紹介文年間200冊以上乱読、そのうち130冊ほどをご紹介しています。読んでいただけたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/11/02 13:51

VIN さんのブログ記事

  • 『八重子のハミング』陽信孝 小学館文庫   〈肩たたき券ほか〉
  • 以前歌会のメンバーの方が提出された歌にこんなのがありました。抽斗に見つけし肩揉み券今もまだ使へるだらうか子の帰省待つ  後神千代子80歳のこの方の息子さんは想像するに40歳は超えられているのでは。笑いを誘う微笑ましい短歌ですが、子育てをされた方ならどなたも経験があるのではないでしょうか。母の日や誕生日に子どもたちからプレゼントされた「肩たたき券」や「お皿洗い券」などなど。子どもたちが小さい頃のお金で買 [続きを読む]
  • 『ミストレス』篠田節子 光文社   〈Hさんとの一日〉
  • さみどりの葉陰に生(あ)れしうすべにのもみぢの翼果いのち育むこの日曜日、UAEから横浜にお里帰りされていたブロ友のHさんが私に会いに当地に来てくださいました。前回のときは私の体調不良でお会いできなかったので今回を首を長くして待っていました。駅直結のホテルのロビーでドキドキしながら待ち合わせ。お互い初めてお会いするのでわかるかな、と心配していたのは杞憂でした。何だか感無量(^.^)私よりちょうど10歳若いHさんは [続きを読む]
  • 『売国』真山仁 文藝春秋   〈若葉の季節〉
  • 急に夏のような気温になりましたね。歩いているとうっすら汗ばんできます。写真は散歩中見つけた母子草の群生、近くのお家の低い塀の上に咲いていました。ゴギョウと呼ばれる春の七草の中のひとつ。現在の草餅はヨモギで作られますが、平安時代までは母子草が原料だったそうです。また咳止めや利尿作用があるといわれて漢方の生薬としても用いられている薬草。今は木々の若葉のさまざまな緑がとてもやわらかく美しく生まれたての赤 [続きを読む]
  • 『とりつくしま』東直子 ちくま文庫    〈ひなげし〉
  • 買い物がてら歩いているとこぼれ種が飛んできたのかあちこちにポピーが咲いています。当地の南に位置する笠岡のベイファームの1000万本のポピーももうすぐ盛りを迎えるそうです。世界中で愛されている花。フランス語からコクリコ(coquelicot)スペイン語からアマポーラ(amapola)英語からポピー(poppy)中国語から虞美人草古代中国の項羽と劉邦の最後の戦いのとき、項羽と彼の寵愛する虞妃が劉邦の大軍に包囲され、項羽は出撃し [続きを読む]
  • 『神の値段』一色さゆり 宝島社  〈さくらばな〉
  • 年年歳歳花相似たり  歳歳年年人同じからず毎年毎年ただ咲いて散る・・・日本津々浦々の束の間の騒乱も終わりを告げようとしています。先日散歩の途中の公園で拾った花びらを水に浮かべてしばらく楽しみました(^.^)拾ひこし桜いくひらガラス器に浮かべてほんのり二人の夕餉写真は県下一の巨木と伝えられる醍醐桜。のどかな山里の原風景の中にあって、ただ1本だけ空に向かってそびえ立つ圧倒的な存在感。日本名木百選にも選ばれる [続きを読む]
  • 『そう書いてあった』益田ミリ ミシマ社  〈観桜〉
  • お花見目当てで高松の友人Sさんが当地に来ました。久しぶりということで、中学時代の友人Oさんの家に4人で集まって。Oさんが用意してくれたお昼ご飯を囲んでおしゃべり。私たちが通っていた中学校は中高一貫の女子高で、特に中学校は2クラスしかなかったので、ほとんどのクラスメートの家庭事情など知っていて親しくしていました。私と同様、Oさんもずっと当地を離れていて、ご主人のリタイア後に帰ってきて、地域になじんで暮らし [続きを読む]
  • 『床下仙人』原宏一 祥伝社文庫  〈友からのプレゼント〉
  • 友人からこんなすてきなプレゼントをいただきました。私の拙い短歌が書かれたもの。友人がある書道家の方に依頼して揮毫してもらったものを京都の扇子屋さんに発注して扇子にしてくださったそうです。完全に扇子に位負けしている自分の歌、気恥ずかしいばかりですが、友人の温かい気持ちに感謝の言葉もありません。いい歌を詠みたいと思いながら日を過ごしていますが、苦心すればするほど「苦労してこれ?」というような歌ばかり( [続きを読む]
  • 『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』藤田孝典 朝日新書 〈頭の重さ〉
  • ずっと肩と首が痛くて頭が重いなぁと感じていて・・・。ネットで人間の頭の重さを検索してみると・・・体重比で8〜13%らしい・・・ということは・・・私の頭は大体4kg前後・・・重い(^^;)ときどき通っている鍼灸院で院長と話していると、ソフトコルセットがあるよ、ということで試してみました〜。いいような悪いような・・・微妙な着け具合。長時間装着すると離脱したときかえって痛みが増すような・・・というか長時間着け [続きを読む]
  • 『買おうかどうか』岸本葉子 双葉文庫   〈桜の歌〉
  • いよいよ桜の開花が間近かになりましたね。先日の歌会で桜にちなんだ有名歌人の歌を学びました。桜ばないのち一ぱい咲くからに生命をかけてわが眺めたり 岡本かの子夕光のなかにまぶしく花みちてしだれ桜は輝きを垂る 佐藤佐太郎ちる花はかずかぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも 上田三四二てのひらをくぼめて待てば青空の見えぬ傷より花こばれ来る 大西民子さくらばな陽に泡立つを見守りゐるこの冥き遊星に人と生まれ [続きを読む]
  • 『何者』朝井リョウ 新潮社  〈刑事さんとの出会い〉
  • 思いたってドライブがてら兵庫県の赤穂温泉に一泊してきました。何の予定もないシニア夫婦の2時間ほどのぶらりドライブ。高速を使わず、道の駅に寄ったり、赤穂海浜公園で白梅紅梅を見たり、牡蠣筏が浮かぶのどかな瀬戸内海を眺めたり・・・。行き先は赤穂御崎に立つ温泉宿。瀬戸内海の水平線に沈みゆく夕陽が見られるというオーシャンビューを謳った宿。当地を出発したときは快晴だったのに目的地に近づくにしたがって曇天に・・ [続きを読む]
  • 『カートに入れる』岸本葉子 双葉社   〈iPad&iphone〉
  • 次男が4年前プレゼントしてくれたiPad。毎日使っているうち皮のカバーがボロボロとなってかけらがそこら中に飛び散っている頃合を見計らったようにバージョンアップした新しいiPadを送ってくれることに。しかもキーボード付。申し訳なくて遠慮したいところですが最高に嬉しいプレゼント♪これで夫と共有のパソコンの前に座らなくてもブログやコメントを入れるのが煩わしくなくなると思うとすごく嬉しい!本当にありがとう!!時を [続きを読む]
  • 『カートに入れる?』岸本葉子 双葉文庫  〈新しいiPad&iphone〉
  • 次男が4年前プレゼントしてくれたiPad。毎日使っているうち皮のカバーがボロボロとなってかけらがそこら中に飛び散っている頃合を見計らったようにバージョンアップした新しいiPadを送ってくれることに。しかもキーボード付。申し訳なくて遠慮したいところですが最高に嬉しいプレゼント♪これで夫と共有のパソコンの前に座らなくてもブログやコメントを入れるのが煩わしくなくなると思うとすごく嬉しい!本当にありがとう!!時を [続きを読む]
  • 『あのひと 傑作随想41編』新潮文庫編集部 新潮文庫  〈SNSの友〉
  • いままで長い間softbankだった携帯電話のキャリアをauにしました。Auのiphone。でも検索はあまりしない・・・というか家でipadやパソコンを使って検索をするので外でまではほとんどしないので2GBのもの。ブログやSNSの書き込みやコメントもスマホやiphoneからという人が多いようですが、私はキーボードでの両手打ちが慣れているので、iphoneやipadはなかなかやりにくいのです。SNSといえば、ブログとともにSNSに参加しはじめて12年 [続きを読む]