melon3799 さん プロフィール

  •  
melon3799さん: アジアの片隅で・・・・今日も一日
ハンドル名melon3799 さん
ブログタイトルアジアの片隅で・・・・今日も一日
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/melon3799
サイト紹介文こころ折れそうで折れない一人旅、アジアじゃ朝からビールだってかまわない。 週末はどこへ?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2008/11/02 13:54

melon3799 さんのブログ記事

  • DAO VEGAN CAFE
  • ※この記事はロン島書庫からの続きですフェリーターミナルを通りぬけると真っ先に目立つのは海に向かって見晴らしの良さそうな角っこのレストラン当然、スピードボートで何事もなく降りられたのならこのへんで心の休憩も必要じゃないかと思うわけでシアヌークビルにある七つのビーチ巡りに行く前に入ったのはYASMINEっていうレストラン&バーでしたそれでも海が見渡せる2階がいいに決まってまして窓なんかない風も吹き抜けてゆく席 [続きを読む]
  • ロン島からシアヌークビルへ
  • ハーフデイトリップのロン島滞在時間はあっという間に過ぎてまたいつか、きっといつかの想いを残してシアヌークビルまでG.T.V.C.社のスピードボートはここに来る時より小柄になって45分の所要時間でさえ狭くて息苦しくならないかが不安でしたそれでもボートに乗って動き出してしまえば、いい気なものでいつの時代になっても酔っ払いに理由や理屈なんて通じない気がついた時にはビーチに咲いたパラソルの花が目の前でいつのまにかロ [続きを読む]
  • Beer at Koh Rong 三連発
  • パタヤからラン島に行く時のように定期的にジャンピングするような高速船がそんな波を乗り越えることもなく揺れないとわかったから帰りのお昼出航の時間まではただただ海を見ながら過ごすしかないそんなことでビールを飲む場所も3カ所になったっていうことですまあ、どのお店も簡素な造りの建物であってもビーチには似合う、水着なんかでうろちょろする場所に気取った店などあるわけもなくそりゃ〜、やっぱり白い砂浜とその向こう [続きを読む]
  • ロン島情景Vol.2
  • トーイビーチにあるフェリーターミナルの右側を散策したらとりあえず何もなくても反転して左側のはずれまで歩きます隙間なくビーチに向かって建つレストランやバーの裏には山に向かってコテージ風のゲストハウスも並んでいましたもちろん、島である以上中央部は高くなっていきますから細い路地裏?らしい道があっても坂を上らなきゃいけない生活圏として使える土地の有効利用は当然のことですがアジア野郎の忙しない旅では、わかり [続きを読む]
  • ロン島情景
  • トーイビーチ沿いの宿泊施設やレストランが並ぶ範囲は短くてもとりあえずフェリーターミナルの桟橋から降りた右側へ歩きますがレストランやゲストハウスも全てが簡素なつくりになっていましてそれが勝手なアイランドリゾートらしさの冒険心さえくすぐるようです白い砂浜に降りた瞬間からここで泊ってもいいって直感したくらいアジアで求めているものは素朴さってことを改めて感じましたがそれでも贅沢さに慣れきった今、最低限のも [続きを読む]
  • Koh Rong(ロン島)へ
  • この書庫はシアヌークビルからの続きです↓桟橋の高さから背の低いスピードボートに乗り込むのにはちょっと注意が必要になりますが全員無事に乗船できて乗り込む前の揺れの不安も何のその、快適な乗り心地でこれならオートリバースどころか誘われリバースもなさそう40〜50人乗りの席は満席で、あふれた人はデッキにいてカンボジアンにも週末のアイランドは人気があるようですもちろん、欧米人も乗客の半分を占めて日本人は私一人多 [続きを読む]
  • フェリーターミナル ロン島へ
  • 昨日買ったロン島へのスピードボート乗船チケットを持って朝も早くからフェリーターミナルへバイクタクシーで来ました8時出航のここにまた昼過ぎに帰港するハードスケジュールはどっちみちビーチで飲んで帰ってくるだけになりそうだから(笑)さすがにたぶん始発便のターミナルにはまだ乗客は少なくていつもなら桟橋のHAPPY BARでビールでも、って思いますが何せボートがどれほど縦揺れするか検討がつかない乗船前はおとなしく桟橋 [続きを読む]
  • Pub street at Sihanoukville
  • ビーチ沿いには砂浜にもパラソルを出したバーが並んで今更Pub streetなんて名前も薄いな〜なんて思いながらそれでも行っちゃおうなんて気にさせる魅力は充分あって思うつぼの思いどおりのジャパニーズはここに来てましたオーチティル・ビーチへと続く道沿いのことなのでしょうが供給過大の延々とある砂浜のバーのインパクトが強すぎるこの辺のまわりがもうPub streetというよりもPub townで日が暮れてしまえば、きっとまた違う顔を [続きを読む]
  • フェリーターミナル
  • どうしたってここにまた集められてしまうロータリーにはシアヌークビルのシンボル、ゴールデンライオンが輝いてそれぞれの車両が6本の道からごちゃ混ぜになりながら左回りに目的地へと向かう通りへ吸い込まれていきます観光地のメインストリートはセレンディピティ・ビーチSt.で海に向かう、その先端にはフェリーターミナルがあってとりあえず翌日のデイトリップ、ロン島への乗船チケットを本日買っておいた方がいいという判断もあ [続きを読む]
  • プサールー市場〜アジアンの今日
  • 高台から降りてくるとシアヌークビルの街が広がってやっぱり、ここにもダウンタウンには市場があるらしいリアルな生活の習慣と独特の匂いが積み込まれたアジアのキングオブショッピングモールってやつですまあ、どこでもそんなのもありか〜?が基本ですが市場のど真ん中、物売りの横に物乞いさんは普通ここ、シアヌークビルでちょっと物珍しく思ったのは理容店が数軒の小間に分れて営業してたことでした何でもありがいろんな匂いを [続きを読む]
  • Wat Leu〜Sihanoukville
  • まあシアヌークビルのお寺がどうのこうってわけじゃない短い時間を割いても寄らなきゃいけない理由があるだけカンボジアらしくない!って誉め言葉に聞こえそうですがリゾートタウンを高台の上から見ておかなきゃってことです地形上、この街はちょっと離れればどこだって眺めが良くて旅の始まりに全体像をそれとなくてもイメージできるのなら、それぞれに違う顔を持つ7つのビーチと島が浮かぶ方向と遠いな〜これはって思うくらいの [続きを読む]
  • Sihanoukville Railway Station〜旅はここから
  • ハッピータイム前のホテルのバーでビールを飲んだら一瞬の爽快感だったとしてもちょっと落ち着きましてさあ、やるぞ〜!って観光の意気込みを口にしながらホテルのレセプションでタウンマップをもらい出かけますアジアの軽車両では一番好きなシート配置になってるカンボジアントゥクトゥクを3時間ばかりチャーターして廃れ気味だとしてもここにだって鉄道の駅があるのならとりあえず見ておかなきゃいけないと思うのがアジア魂トゥ [続きを読む]
  • シアヌークビル国際空港からホテルへ
  • 空港到着フロアーはもちろん殺風景でほぼ何もなくてとりあえず乗り合いのタクシーチケットを購入しました一応、しばらくは外で人員が揃うまで待っていましたが時間が惜しくてプライベートタクシーに代えちゃいました待てない男でいいわけはないけれど、やっぱり待てず時間最優先の旅はこんなふうに始まってしまいますがこんな青空にポツン、ポツンって浮かぶ雲の下にいたら取り残されるようで急がなきゃって思ったのも事実です(笑 [続きを読む]
  • シアヌークビル プロローグ
  • マニラを後回しにしても尚、一度くらいは行ってみなくちゃってカンボジアであってもカンボジアらしくなんかないビーチリゾートこんなにも心だけ豊かにさせてどうするの!?って思わせてもやっぱり、その為だけに来たカンボジア・シアヌークビルでしたいつもようにまだ明けきらぬバンコクの空の下突っ走るタクシーはやる気持ちをスピードに代えて流れてゆく窓の外の街灯り旅の始まりのモチベーションはこのシチュエーションが支えて [続きを読む]
  • Loei空港からDong Mueang空港へ
  • ルーイ空港までタクシーに乗って行くつもりでしたがどうやら、そんな気の利いたものなんかないようでここでは最初から送迎用の交通手段を確保しなきゃ1時間弱の距離のある空港までたどりつけないらしいってことでSuneta Hostelのおばさんに無理を言ってエアーアジアのシャトル便に割り込ませてもらって予約はないけれど、これに乗るしか帰れやしない、まさにキングオブ田舎の洗礼を受ける寸前でしたどこに行っても帰りの心配をしな [続きを読む]
  • 朝、ウォーキングストリート(チェンカーン)
  • まだ明けきらない色のメコン川は窓いっぱいに広がって身体を起こさずとも見える贅沢な風景だけが特別な部屋夜遊びなんかできやしないチェンカーンの夜は何事もなくただただ眠るしかなかった翌朝は早く起きるに決まってる確かここも托鉢があるんだってことを思い出して外へ出るとゴザの上に宿泊者用の托鉢セットなるものが用意されてそれぞれが次々と歩いてくるお坊さんに渡せられるようにそんな観光もセットになった全てのホテルが [続きを読む]
  • 夜、ウォーキングストリート(チェンカーン)
  • 周りはすっかり暗闇に包まれて、ここだけ取り残されているようなただただ、ウォーキングストリートの灯りだけがメコン川に映えて約1?しかない通りだけを行ったり来たりしても時間はかからず国境の街の田舎だからの限られた空間はとってもわかりやすいでもまあ、それなりに個性的にいろいろなお店が軒を並べながら奥行きがある建物の構造上、入り込んで見ると決して飽きさせないもちろん、名物川海老串を買ってお店の入り口でビー [続きを読む]
  • 夕方、ウォーキングストリート(チェンカーン)
  • 5?の道のりを半べそをかきながらも歩き切る事しかなくチェンカーンの街並みに着いた頃は汗だくになってましたとりあえずホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びましたがすぐに街並みの中に飛び出したのはここがメインだからウォーキングストリートは5時〜9時と17時〜22時まで名前のとおり屋台も出て歩行者優先の通りになるらしいかつて毎週いたパタヤのウォーキングストリートとは違う裸電球が照らすような優しい色に包まれた [続きを読む]
  • 5kmくらいなら歩いて帰れる!・・・と思う
  • 何もすき好んでそんな選択をしたわけじゃないけれど浅はかな決定はそんな結末になってしまったわけで近くて遠い対岸のラオスの大地までの距離のように考えれば考える程いい年して泣きそうになってしまうトゥクトゥクのおやじも帰るまでここで待ってるか?って一応は商売熱心な決まり文句を残していきましたがメコン川の観光船にも乗ってしまう可能性もありそうで不確かな行動につい大丈夫って言ってしまいましたここは観光地である [続きを読む]
  • Kaeng Khut Khu(ケンクック―)
  • ウォーキングストリートの終わりからトゥクトゥクを呼び止めメコン川下流の川が蛇行したケンクック―という観光地へ走った方が早いぞって、ついツッコミたくなるスピードでも約20分で着いたくらいそんなに遠くない距離にありました(乗り物に乗って来れば・・・ってことです)観光シーズンでもなく、まして雨が上がったばかりのせいでたくさん並んだお土産屋のまわりにも人影はあまり見えないそれでも奥に入ったメコン川沿いに作ら [続きを読む]
  • 50th Anniversary Celebrations of His Majesty's Public Park
  • 遊歩道のメコン川、下流側の終わりには公園がありましてここがその内側のウォーキングSt.の終わりでもありました約1?の長さがあると聞いているウォーキングSt.と同じ位チェンカーンっ子の散歩道はしっかり整備されていました天気が良ければ夕陽が乱反射して綺麗そうなメコン川を風に吹かれながら見つめられるオープンデッキもあってついでっていうわけではありませんが将来をお願いするタイランダーのデート場所、お寺も公園の前 [続きを読む]
  • もう少しメコン川沿いを
  • メコン川沿いの遊歩道はChai Khong Rd.のSoi.1まででそこからは向きを変えて下流方向へと歩いて行きます土砂降りの雨の後のわりには水の流れの激しさはなくどこまでも落ち着いた田舎町の様相を保っていました(チェンカーン地図は前ページで確認ください)メコン川の下流側にある町も今までもこれからだってやっぱりまだまだどこかで触れてしまうことに違いなくラオスとの国境線をウボンラチャターニーまで流れてそこからはカンボ [続きを読む]