yosi0544 さん プロフィール

  •  
yosi0544さん: いなかの240
ハンドル名yosi0544 さん
ブログタイトルいなかの240
ブログURLhttp://nasu240.blog103.fc2.com/
サイト紹介文北関東のいなかで、20年物のボルボ240をフツーの足に使って、山歩き大好き!
自由文ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/11/03 22:57

yosi0544 さんのブログ記事

  • 2017-07-10 裏那須 大峠〜三倉山
  • 【裏那須 大峠〜三倉山】 2017-07-10大峠--流石山--大倉山--三倉山 (往復)大峠のキスゲ、ここしばらく行ってないしなあ、と出かけてみました。観音沼の奥、林道をたどることしばらく。平日なんで3、4台かな、と行ってみればワゴン車含め自分で9台め。この季節は人気大です。大峠までは 2017.07.16 に三倉山の山開きあるので、笹の下刈り整備済み。大峠、お地蔵さんが動いた! 違うよ、人でした。まずは大峠山。ヤマオダマ [続きを読む]
  • 2017-06-26〜27 尾瀬 山・沼・原・滝-2
  • 【尾瀬 山・沼・原・滝-2】 2017-06-26〜276/26 御池P―燧ケ岳―長英新道―尾瀬沼東岸/泊6/27 尾瀬沼―沼尻―見晴―竜宮―東電小屋―見晴―三条の滝--御池尾瀬沼テント場の朝。とりあえずコーヒー、残ったお湯はフリーズドライのパックへ。朝ごはんの仕込み完了。薄い雲が掛かってるが、梅雨の合間にしては悪くはなさそう。ナデッ窪は残雪ありで通行禁止。「管理者がいないため」と表示されていたが、公式の登山道とされてな [続きを読む]
  • 2017-06-26〜27 尾瀬 山・沼・原・滝-1
  • 【尾瀬 山・沼・原・滝-1】 2017-06-26〜276/26 御池P―燧ケ岳―長英新道―尾瀬沼東岸/泊6/27 尾瀬沼―沼尻―見晴―竜宮―東電小屋―見晴―三条の滝--御池ミズバショウが終盤、キスゲはまだ、梅雨のど真ん中。しかも平日、こんな時の尾瀬は穴場かも。実は9月に行きたい山域がありまして、そこは標準的には行程2泊でテント泊。テントは持ってますが、学生の時にこつこつバイトで買ったものだから40年ほど前のもの。一応ジュラ [続きを読む]
  • 2017-06-20 雄国沼
  • 【雄国沼】 2017-06-20雄子沢口--休憩舎--雄国沼(往復)職場の山の会。まあハイキングレベルですが。会員のちびっ子4歳男児の山デビュー。雄子沢登山口からは元気いっぱい。左側が沢なのでひやひやでスタート。ほほえましい絵。   実は飽き始まってるともいうか。こんなところがあると夢中なったりするのがかわいい。まあまあいい調子で休憩舎に到着、沼に乾杯!さっそく昼ごはん、少々早いけど。のんびりしてたら中学生バス3 [続きを読む]
  • 2017-06-12 浅草岳
  • 【浅草岳】 2017-06-12ネズモチ平P--前岳--浅草岳--桜曽根--ネズモチ平那須の自宅を出るときは雲ひとつない青空に朝日。甲子トンネルを越えると青空は消え、どんより空。只見あたりではより降り出しそうな空。田子倉ダムの縁を通り、六十里越トンネルを出るとパラパラと雨が。今日は六十里越から往復しようと思ったんだが。。このコース長いしなあ、雨の中もしんどいなあ、とあっさり変更。大白川までクルマを進め、ネズモチ平か [続きを読む]
  • 娘2号、婚姻届け提出
  • 先週は娘1号の引っ越しで、今週は娘2号の両家会食会。なんともまあ、このところ忙しくて。娘2号は昨年7月より彼と同居、北区の賃貸マンション。遡ること中学校からの付き合い、ええ同級生です。もっと遡れば小学生の時、小学校は違いますが那須町の陸上競技会の常連で時折り顔を合わせており、この辺から意識が始まったらしい。昔から逃げ足は速かった。高校はうちの娘が滑って別々に。でも方向が同じ電車通だったから良かったとか [続きを読む]
  • 娘1号移住作戦
  • 栃木から千葉県は習志野市まで荷物と娘本人の移動です。軽ワゴンのレンタカー、満載。写真は那須の自宅を出発時。佐野SAで休憩。都内に入ると食事にありつけないので、少々早めの佐野ラーメン。 葛西で湾岸線に出て、谷津船橋IC。なんか見たことある風景だな、と住所から記憶をたどってみると来たことあるな、この辺り。伊藤ハムの船橋工場があって、仕事で何度か新商品のプレゼンや見学で来たことありました。今は工場も閉鎖され [続きを読む]
  • 2017-05-22 燧ケ岳
  • 【燧ケ岳】 2017-05-22御池--燧ケ岳(往復)御池田代 ミズバショウやっと出始め。高度が上がってなく、燧ケ岳の形と方向が違うな。スマホの地図アプリで見てみると、ぬぁんとここは上田代、三条の滝に向かう裏燧林道じゃね、と。やっちまった。御池の燧ケ岳分岐をちょいすぎて御池田代を見に行っちまったのがミスの始まり。複数の新しいトレース、ピンクリボン、湿原にはガイドのポールとロープ。な〜んも考えなく歩いちまった結 [続きを読む]
  • 2017-05-13〜14 会津駒ヶ岳
  • 【会津駒ヶ岳】 2017-12〜13計画は↓あずき温泉==駒口--滝沢口--駒の小屋(泊)--会津駒ケ岳--三岩岳--あずき温泉で、実際は↓あずき温泉==駒口--滝沢口--駒の小屋(泊) 往復今年も 三岩〜駒 をやろうと。雪が多そうなんで楽しみ。昨年は三岩>>駒をワンディで、ソロ。 2016-05-16一昨年は三岩>>駒(泊)>>滝沢口、駒ノ小屋泊で、naoさんと。 2015-05-15〜162017は滝沢口>>駒(泊)>>三岩>>あずき温泉で、と [続きを読む]
  • 2017-05-08 会津・大仏山
  • 【会津・大仏山】 2017-05-08実は、この日も懲りずに西会津の鏡山へ。先週は入山口からルートミスをしたので、そこのところは気をつけたい。弥平四郎登山口。ここは左へ。右は下山予定の祓川からの林道。すぐのところの分岐。右に鳥居が見えるので、ここを進んじまったんだな。杉林に囲まれた畑で歩行終了。正しい道は左に伸びてるんだが、大きな残雪塊があり道には見えませんでした。。。春を感じさせる芽吹きと沢の流れ。四ツ沢 [続きを読む]
  • 2017-05-01 西会津・鳥屋山
  • 【西会津・鳥屋山】 2017-05-01 軽沢登山口--鳥屋山(往復)鳥屋山頂から飯豊の山々。ぐだぐだの1日でした。この日は西会津の鏡山1338mに向かったのでありました。が、しかし、1)登山口の弥平四郎集落で登り口のルートミス→登る気失う2)時間切れ確実→別の山へ行こう3)デジカメ、一眼ともSDカード入ってない→セブンに無くてコメリで8GBを見つける4)ナビで「鳥屋山」を入力したら高速を案内されトンネルの真ん中で「着 [続きを読む]
  • 2017-04-25 越後・坂戸山
  • 【越後・坂戸山】 2017-24-25六日町駅--坂戸城址--城坂コース--坂戸山--尾根--六日町駅橋上駅の六日町駅から見る坂戸山登山口まで20分程とのこと六日町の中心通り商店街雪対策か、頑丈アーケード山頂で予定していた冷却缶飲料を仕入れそこない登山口へ着いちまいました神社の駐車場は満車この時間だと下りてくる人、登る人、カタクリ見物手ぶらの人、ごっつい三脚担いだカメラ人など神社周辺にぽつりぽつりとカタクリ登りにかかる [続きを読む]
  • 2017-04-25 越後・坂戸山〜序章
  • 【越後・坂戸山〜序章】 2017-04-25只見駅--(只見線)--小出駅--(上越線)--六日町駅越後魚沼の坂戸山。よく訪問するブログでその存在を知ってから、ぜひ出かけてみたいと。マップやガイドで調べたらなんと六日町の市街地、しゃくなげ湖(三国川ダム)、五十沢温泉の入口ではないですか。越後駒や八海山、中ノ岳界隈に目が行っていて今まで見落としです。この辺、何度も通ってます。さて、那須からこのあたりに行くには南会津か [続きを読む]
  • 2017-04-17 焼森山〜鶏足山
  • 【焼森山〜鶏足山】 2017-04-17いい里さかがわ館--焼森山--鶏足山南峰--鶏足山北峰--鶏足山南峰--ミツマタ群生地--P--新道--さかがわ館ここ半月くらい足首に違和感、内側のくるぶしに痛みを感じます。野山を歩いたら治るかな、と軽く近場へ。(治るわけないだろが!)栃木県茂木町と茨城県城里町の境に位置し、それぞれに登山口がありです。調べもせず、現地に行けばマップでもあるかな、と茂木の「いい里さかがわ館」へ。イラス [続きを読む]
  • 2017-04-03 角田山
  • 【角田山】2017-04-03角田岬P--灯台コース--角田山--小浜コース--角田岬春の花はここは避けらえないでしょう。で、平日に新潟へ。角田山は 2012年4月に初めて出かけて、この日は2回目。前回は桜尾根尾根を登り、灯台コースで下山。で、この日は別コースで灯台から登り、小浜コースを下るという選択。ちなみにこの小浜コースってのは公式ルートではないようで、案内には載っておりません。たまたま記録を調べていたら、山頂下で分 [続きを読む]
  • 2017-04-02 那須岳
  • 【那須岳】 2017-04-02ロープウェイ下山麓駅--峰の茶屋跡--茶臼岳 往復雪崩の事故から一週間。ファミリースキー場に寄り、献花と手を合わせて。献花台に訪れる人は多く、救助隊関係者や報道関係も多数。若い命が犠牲になったこの事故、発言できる立場ではありませんが、ご冥福をお祈りするとともに、このような事故が起きないよう原因の究明を望むところです。この日の那須岳は快晴。日差しはありますが風はまだまだ冷たく感じま [続きを読む]
  • 2017-03-28 三毳山
  • 【三毳山】 2017-03-28かたくりの里--青竜ヶ岳--中岳--東口--かたくりの里前日の雪荒れ模様がウソのような春のような日。すでに春ですが。那須岳の予定でしたが、春のドカ雪と雪崩の事故。今、行くべきではない、と判断し県内を南下。三毳山へ。かたくりの里三毳山(青竜ヶ岳)中岳から東入口へにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017-02-26 雄国沼・雄国山
  • 【雄国沼〜雄国山】 2017-02-26雄子沢口P---雄国沼休憩舎---雄国山---北東尾根---雄子沢口雪の裏磐梯、雄国沼から雄国山へ。今年も福島の山を歩きたいというFBのグループでイベント企画。今年で3回目、自分は昨年から参加です。今年の参加は14名。ほとんど昨年のメンバーにお初の方が数名。裏磐梯ビジターセンター集合で、乗り合わせにて雄子沢口のPへ。 雄子沢口〜雄国沼雄国沼休憩舎みんなの持ち寄りでランチタイム。ここで [続きを読む]
  • 2017-03-05 裏磐梯の黄滝
  • 【裏磐梯の黄滝】 2017-03-05裏磐梯スキー場(リフト利用)--銅沼―イエローフォール―森のコース―裏磐梯スキー場(リフト利用)白い!イエローフォール。日曜なんでリフトで楽ちん。今日はこの道具のテストも兼ねてです。昨年、110の板に取り付け。裏磐梯と奥日光で履いてみましたが、ラチェットベルトの固定位置の具合がうまく行かず踵がわずかに上がるだけ状態。今年は改良して踵全開にしております。小雪のリフト中、naoさん [続きを読む]
  • 2017-02-11〜12 美ヶ原高原
  • 【美ヶ原高原】 2017-02-11〜12 一昨年の2月にnaoさん友達つながりで美ヶ原高原へ。 >2015-02美ヶ原高原これがまたでっかいスケールで、また出かけたいなと思っておりました。今シーズン、いつものお仲間に声をかけたところ7人の参加表明。が、数日前に2名がインフルエンザで、1名が前日にインフルエンザの疑い。(シロでしたが)トレッキングさん、モモクリさん、naoさん、自分の4人での美ヶ原となりました。先に到着のトレッ [続きを読む]
  • 2017-02-05 雲竜渓谷
  • 【雲竜渓谷】 2017-02-05今年もまた雲竜渓谷へ。FBの「福島の山を歩きたい」というグループに所属させていただいてますが、昨年、雲竜渓谷をアップしたらグループの一部からぜひとも行きましょうと。ではでは栃木にいらっしゃい!とこの日の実現となりました。福島、郡山、いわきから乗り合わせで6名。自分も含めて7名編成。日光集合7時の予定を混むだろうからと、早めて6時の集合。市内のPで2台にまとめて稲荷川の林道へ向かいま [続きを読む]
  • 2016-01-21 安達太良山
  • 【安達太良山】 2017-01-21奥岳口--くろがね小屋(往復)前日たっぷり降ったようなので安達太良山へ。最近はスノーシューの出番が多いですが、やっぱ雪山の基本はワカンだと思います。軽い、小回りlが効く、下りが楽、アイゼン併用。この辺がスノーシューではカバーしきれないかな。naoさんもぶら下げていくが、出番なしで使ったことがないわけで。では、雪シーズンに備えてワカン訓練、歩きの基本を学びましょ。スキー場からワカ [続きを読む]
  • 2017-01-14 八方ヶ原XC
  • 【八方ヶ原XC】 2017-01-14雪がたっぷりありそうなんで、八方ヶ原へ。さて、道具は何にしようかと迷いつつ。シール張りスキー+山靴は前日の赤面山で要修理、スノーシューかあ、いや今日はクロカンで。八方ヶ原はすでにそこそこの積雪。山の駅で営業時間の確認。こんな天気なんで戻ってきたらあったいもの食べたいからね。八方湖方面へ行ってみましょ。久しぶりのクロカン、2年前に美ヶ原で履いて以来かな。古い道具ですが、カザ [続きを読む]
  • 2017-01-13 赤面山スキー遊び
  • 【赤面山スキー遊び】 2017-01-13寒波で関東地方にまで大雪の恐れがあるこの週末。今日くらいなら大丈夫でしょ、と近くの赤面山へ。昨年、今の山靴(つま先コバのないタイプ)で装着できるようにした130板+ジルブレッタ300。出来上がったのがシーズン終りに近く、屋外テストは1回のみ。仕上がりに納得できないので、改良点を洗い出すべくフィールドに持ち出しました。よって今日は山頂まで行かなくとも、ゲレンデトップまで行き [続きを読む]