yosi0544 さん プロフィール

  •  
yosi0544さん: いなかの240
ハンドル名yosi0544 さん
ブログタイトルいなかの240
ブログURLhttp://nasu240.blog103.fc2.com/
サイト紹介文北関東のいなかで、20年物のボルボ240をフツーの足に使って、山歩き大好き!
自由文ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/11/03 22:57

yosi0544 さんのブログ記事

  • 2017-02-11〜12 美ヶ原高原
  • 【美ヶ原高原】 2017-02-11〜12 一昨年の2月にnaoさん友達つながりで美ヶ原高原へ。 >2015-02美ヶ原高原これがまたでっかいスケールで、また出かけたいなと思っておりました。今シーズン、いつものお仲間に声をかけたところ7人の参加表明。が、数日前に2名がインフルエンザで、1名が前日にインフルエンザの疑い。(シロでしたが)トレッキングさん、モモクリさん、naoさん、自分の4人での美ヶ原となりました。先に到着のトレッ [続きを読む]
  • 2017-02-05 雲竜渓谷
  • 【雲竜渓谷】 2017-02-05今年もまた雲竜渓谷へ。FBの「福島の山を歩きたい」というグループに所属させていただいてますが、昨年、雲竜渓谷をアップしたらグループの一部からぜひとも行きましょうと。ではでは栃木にいらっしゃい!とこの日の実現となりました。福島、郡山、いわきから乗り合わせで6名。自分も含めて7名編成。日光集合7時の予定を混むだろうからと、早めて6時の集合。市内のPで2台にまとめて稲荷川の林道へ向かいま [続きを読む]
  • 2016-01-21 安達太良山
  • 【安達太良山】 2017-01-21奥岳口--くろがね小屋(往復)前日たっぷり降ったようなので安達太良山へ。最近はスノーシューの出番が多いですが、やっぱ雪山の基本はワカンだと思います。軽い、小回りlが効く、下りが楽、アイゼン併用。この辺がスノーシューではカバーしきれないかな。naoさんもぶら下げていくが、出番なしで使ったことがないわけで。では、雪シーズンに備えてワカン訓練、歩きの基本を学びましょ。スキー場からワカ [続きを読む]
  • 2017-01-14 八方ヶ原XC
  • 【八方ヶ原XC】 2017-01-14雪がたっぷりありそうなんで、八方ヶ原へ。さて、道具は何にしようかと迷いつつ。シール張りスキー+山靴は前日の赤面山で要修理、スノーシューかあ、いや今日はクロカンで。八方ヶ原はすでにそこそこの積雪。山の駅で営業時間の確認。こんな天気なんで戻ってきたらあったいもの食べたいからね。八方湖方面へ行ってみましょ。久しぶりのクロカン、2年前に美ヶ原で履いて以来かな。古い道具ですが、カザ [続きを読む]
  • 2017-01-13 赤面山スキー遊び
  • 【赤面山スキー遊び】 2017-01-13寒波で関東地方にまで大雪の恐れがあるこの週末。今日くらいなら大丈夫でしょ、と近くの赤面山へ。昨年、今の山靴(つま先コバのないタイプ)で装着できるようにした130板+ジルブレッタ300。出来上がったのがシーズン終りに近く、屋外テストは1回のみ。仕上がりに納得できないので、改良点を洗い出すべくフィールドに持ち出しました。よって今日は山頂まで行かなくとも、ゲレンデトップまで行き [続きを読む]
  • ジルブレッタ300
  • ジルブレッタ300うまく落とせたオークション、届いたのが先週。無理かな、と思っていたら居酒屋1回分ほどで落札。バインディングだけ欲しかったのですが、板付き(なんと北海道の秀山荘!)なのでそのまま送ってもらうことに。北海道からだったので着まで時間があると思い、naoさんに言い忘れていたら翌日着。「なんか届いてるよぉ、長いやつ、スキー? また、んなもん買って」しまった、手順を間違えた。梱包を解くと、これ。40 [続きを読む]
  • 2016-12-17 雨巻山
  • 【雨巻山】 2016-12-17大川戸P--尾根コース--雨巻山--メインコース--林道--P--雨巻茶屋12月の雪なし山行、奥久慈、古賀志山に続いての第3弾。天気もいいし、そこそこ混んでるだろうなと思いつつ益子に入ったのは11時少し前。駐車場についてみると満車。うまい具合に、すでに下山しお帰りのクルマが出た直後に駐車。11時過ぎと遅い登りはじめ。足尾山尾根コースから稜線へ。御岳山、足尾山は何となくパス。このエリア唯一の難所。 [続きを読む]
  • 2016-12-05 奥久慈・生瀬富士〜月居山 
  • 【奥久慈・生瀬富士〜月居山】 2016-12-05袋田町営P--生瀬富士--立神山--渡渉点(渡渉できず)--農道国道歩き--月居山--袋田の滝--P 袋田の滝、上から見た図。12月は奥久慈の季節。自宅からは大子まで1時間ほどで行けるし、短時間で遊べる割には高度感と適度な緊張感が味わえるし。まあ、味わい過ぎて落ちてるから気を付けないとね。>>2011.01さて、この日は袋田の滝周遊ルート。生瀬富士に登り、袋田の滝上流部に下りて、月居 [続きを読む]
  • 2016-12-10 古賀志山/赤岩山〜古賀志山
  • 【古賀志山/赤岩山〜古賀志山】 2016-12-10南駐車場--赤岩山--御岳--古賀志山--御岳−滝神社--南P紅葉が終わり、雪が落ち着くまでのこの時期、出かけたくなるのが先週の奥久慈だったり、この古賀志山だったり。この山塊、中心はやはり古賀志山であり、森林公園Pからの周遊が人気で人も多いわけ。何度か通ってると古賀志山以外の周辺の山が気になるところで、通い始めたころは古賀志山〜鞍掛山縦走にのめり込み、最近は赤岩山がお [続きを読む]
  • 2016-11-26 那須岳
  • 【那須岳】 2016-11-26峠の茶屋P--峰の茶屋跡--剣ヶ峰--朝日岳--峰の茶屋跡--P前日の25日、知り合い(FB友)のFBに、高校同級生で裏磐梯で釣ガイドをしている友が翌26日那須行きを予告。で、奥久慈行こかの予定を那須にシフト。計画的バッタリでもあったらいいな、と「晴れ」の那須へ向かいます。11月末まではロープウェイも営業につき、クルマは峠の茶屋Pまで可。一部圧雪がありましたが、冬タイヤなので問題なく。峠の茶屋P。彼 [続きを読む]
  • 2016-11-12〜13 雲取山〜石尾根 ②
  • 【雲取山〜石尾根 ②】 2016-11-12〜1311/12 鴨沢--七ツ石小屋--雲取山--七ツ石小屋(泊)11/13 七ツ石小屋--七ツ石山--鷹ノ巣山--六ツ石山--水根--小河内ダム朝、小屋から見える富士山。暖かい布団ときれいなリネン。ぐっすりと、ぬくぬくと眠りについていたら、外で大勢の話し声。小屋のとなりべったりに張った高校生か。こんな夜遅くにうるせぇな、と時計を見たら5時、朝かあ。外は暗いがテント撤収か。えらい。急ぐことは [続きを読む]
  • 2016-11-12〜13 雲取山〜石尾根
  • 【雲取山〜石尾根 ①】 2016-11-12〜1311/12 鴨沢--七ツ石小屋--雲取山--七ツ石小屋(泊)11/13 七ツ石小屋--七ツ石山--鷹ノ巣山--六ツ石山--水根--小河内ダム雲取山 七ツ石山から学生時代に歩いていた奥多摩。栃木に移ってからはご無沙汰でした。実に35年ぶり、naoさんは初。この季節、栃木や福島の山々の紅葉も終わり、上のほうでは降雪も。雪は落ち着くまで出かける気はしないし、雪なしでどこかと。幸いにもnaoさんと同じ [続きを読む]
  • 2016-11-05 茨城・宝篋山
  • 【宝篋山】 2016-11-06小田休憩所P--極楽寺コース--宝篋山--小田城コース--小田口P宝篋山、って読めないし(今は読めるけど)、書けない。茨城人のブログに時々登場するが、んな山あったっけ?18歳まで土浦にいた自分としては、筑波山は何度も登っているが、宝篋山は知らなかった。そしたら筑波山と土浦の間にある、いわゆる小田山ではないか。当時は山歩きの対象にはなってなかったなあ、とあちこち見てみると、どうもコースを整 [続きを読む]
  • 2016-10-29 会津・大戸岳
  • 【会津・大戸岳】 2016-10-29闇川(くらかわ)口--大戸岳 (往復)「豊かなブナに覆われた奥深く静かな山」「訪れる人も少なく静かな山旅が味わえる」「会津若松市の最高峰」とうたっているが、マイナー系の山だろうな、と会津へ。那須を出るときは晴れてたが、甲子トンネルを越えると真っ白、雨こそ降ってないが。登山口駐車場には先行1台。朝ごはんを食べながら、しばし様子見。「どーすかなあ」と思っていた矢先、1台到着。準 [続きを読む]
  • 2016-10-21 南会津・窓明山〜三岩岳
  • 【南会津・窓明山〜三岩岳】2016-10-21三岩岳旧道口--巽沢山--家向山--窓明山--三岩岳--旧道口三岩岳、今年になって3回目。2016-04-16 三岩岳の残雪と三岩小屋の偵察2016-05-06 三岩岳〜会津駒縦走本番と、まあ残雪期ですが、この季節もいいもんで、2年前 2014-10-30 は三岩岳>>窓明山でしたが、この日は窓明山からの反時計回りで。三岩山旧道口(国体コース)と窓明山口の中間地点、国道沿いの路肩、すでに2台の駐車。秋色 [続きを読む]
  • 2016-10-07 越後駒ヶ岳
  • 【越後駒ヶ岳】 2016−10−07枝折峠--小倉山--駒ノ小屋--越後駒ヶ岳 (往復)荒沢岳、八海山、中ノ岳・丹後山と魚沼を立て続けに歩き、今シーズンはここで締めくくり。会津は只見から田子倉ダムで仮眠。翌朝、大白川を経て小出へ。ナビに騙されロング&ワインディングロードを駆け上り、枝折峠。平日なのに空き枠が二つのみ。一般的な枝折峠から、北側の駒の湯から、東側の森林公園からと3本ありますが、まあ初だし無難なところ [続きを読む]
  • 2016-09-30〜10-01 中ノ岳〜丹後山②
  • 【中ノ岳〜丹後山②】 2016-09-30〜10-01 9/30 十字峡P--日向山--中ノ岳--兎岳--大水上山--丹後山--避難小屋(泊)10/1 丹後山避難小屋--十字峡中ノ岳山頂を後に、9合目から見る兎岳、大水上山の稜線。小兎岳、兎岳と続くピーク。道筋はついてるように見えるが、実際は腰から胸あたりまで。荒沢岳への分岐。巻倉山、灰ノ又山、荒沢岳。来年はここを歩きたいね。兎岳 1925m大水上山、丹後山。続く稜線上に本谷山。こちらは平ヶ [続きを読む]
  • 2016-09-30〜10-01 中ノ岳〜丹後山①
  • 【中ノ岳〜丹後山①】 2016-09-30〜10-01 9/30 十字峡P--日向山--中ノ岳--兎岳--大水上山--丹後山--避難小屋(泊)10/1 丹後山避難小屋--十字峡9月29日と30日の2日間で中ノ岳〜丹後山を歩こうと計画。実はこれ、9月15日〜16日にも計画しこの地まで出かけましたが、登り口が雨で八海山にシフト。んで、リトライです。10月1日まで含め3日間を確保できたので、中ノ岳〜丹後山を2日間で歩いて下場の温泉にでも泊まり、3日目は帰り [続きを読む]
  • ザックの改造
  • 45Lのザック、シュラフ持参の避難小屋1泊なんかに重宝しているサイズ。キスリング世代は若いころからの憧れのミレーだし、背負いやすくもあり気に入ってます。が、使っていてなんとかならぬか、と思い続けてるのが雨フタの取り付け方です。本体の口は巾着で2段式。1段目納めでは雨フタは余裕で被さり。 荷物が多くて2段目まで伸ばしすと、前(背中側)が縫い付け固定されており、後ろ側が持ち上がってしまう状態。、 つまり、こ [続きを読む]
  • 2016-09-15〜16 八海山②
  • 【八海山】2016-09-15〜169/15 ロープウェイ---薬師岳---八海山避難小屋---下道偵察---避難小屋(泊)9/16 避難小屋---下道---八ツ峰---避難小屋---ロープウェイ明るくなり始めてから二度寝して、刈払機のエンジン音で起きる。今日は朝のうちに八ツ峰を周って後は下山だけだから、まあのんびりと。軽い朝食後、荷をまとめて空身で出かけます。こんな予定はなかったからポケッタブルのサブも持ってこなかったし、水もおやつも無し [続きを読む]
  • 2016-09-15〜16 八海山①
  • 【八海山】2016-09-15〜169/15 ロープウェイ---薬師岳---八海山避難小屋---下道偵察---避難小屋(泊)9/16 下道---八ツ峰---避難小屋---ロープウェイ 南魚沼の二つの山を避難小屋1泊で周遊しようと、登山口に着いてみれば本降りの雨。クルマは4台が駐車中。今朝のものか、1泊で周って置きっぱなのかは不明。しばらく様子見するが誰も来る気配はなく、雨は本格的に降り続き、見上げれば厚い雲。今日の行程は小屋まで登りっぱなし [続きを読む]
  • ふたりのスタートに牛乳で乾杯!
  • 職場の同僚の結婚式。会場は那須山腹のキャンプ場、屋外で。プロローグは紹介のビデオから。花嫁登場!レッドカーペットならぬ緑の芝生で。花嫁は職場の山の会のメンバーで、尾瀬をいっしょに歩いたりhttp://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-883.html 、メンバーが自宅に集まりバーベキューをしたときには、生きのいい大振りサンマの差し入れをいただいたりhttp://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-899.html 。そんな彼女 [続きを読む]
  • 2016-09-02 越後・荒沢岳
  • 【越後・荒沢岳】2016-09-02銀山平(荒沢岳登山口)--前山--前?--荒沢岳(往復)8月4日の蓼科山からほぼ1か月ぶりの山歩き。まあ、もともと8月は休日数も少ないし、今年は親戚の新盆が複数あったり、天候不順だったり、娘2号のラパンが縁石乗り上げ事故で廃車手続きしたりで8月は終了。さて、9月。以前から気になっていた魚沼の荒沢岳へ。越後駒、中ノ岳、八海山の越後三山には入れてもらえないが、堂々たる山容で存在感がある山 [続きを読む]
  • 2016-08-04 蓼科山
  • 【蓼科山】 2016-08-04七合目登山口--蓼科山(往復)大河原峠から登って周遊しようと思いあまり考えずナビ設定。ナビは素直に案内してたが、案内先の鹿曲川林道ってのに入り込み、も少しのところで道崩壊に付き通行止め。で、戻って白樺湖方面に向かい女神湖先から七合目登山口へ。大河原峠からの気持ちは萎え、ここから登ろうかと。登山口や道沿いの駐車場は満車、細林道を見つけ突っ込み駐車。七合目登山口よく整備された石畳の [続きを読む]