塚本道場 さん プロフィール

  •  
塚本道場さん: 一器水瀉一器
ハンドル名塚本道場 さん
ブログタイトル一器水瀉一器
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sugurutsukamoto/
サイト紹介文神奈川県川崎市で沖縄空手少林寺流を稽古するアットホームな道場・塚本道場の稽古日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2008/11/05 17:39

塚本道場 さんのブログ記事

  • ミット稽古。
  • ミットを使ったMAKIWARA風稽古。いつものようにバスン!バスン!と皆さん大きく突きこみます。そういえば先日の研修で宗家が「(突きは)内臓を突くつもりで」と仰っていました。ミットを突いているが、突くのはミットに非ず。さあ、ミットを... [続きを読む]
  • 沖縄研修 本編 二日目。
  • 5・与那原求道館での稽古道着を洗濯し乾燥機から回収したのが午前2時頃。二日酔いと寝不足でバッドコンディションの稽古は午前10時開始。ま、二日目はいつもこうなのですが(笑)沖縄で仕事をしている室井初段に約ひと月ぶりに再会。真っ黒に日焼けを... [続きを読む]
  • 沖縄研修 本編 初日。
  • お待たせしました。沖縄研修本編です。今回の沖縄研修はこんな感じですね。1・流祖道場での稽古2・流祖道場での昇段審査3・宗家直伝と流祖道場の草刈り4・お楽しみ懇親会5・与那原求道館での稽古6・昇段審査7・まとめ1... [続きを読む]
  • 研修帰り。
  • 沖縄より東京の方が暑いという事実…。(笑)。日差しは確かに沖縄の方が強いですけど、雨が降らずに湿度が低めで爽やかでした。 でもね、やはり備えあれば憂いなし!日頃から暑くしておいた方が良いはず!!で、今夜もエアコンスタートの... [続きを読む]
  • 6月の稽古について。
  • ホームページに6月の稽古の日程をアップしました。下記注意点が幾つかあります。お間違いの無いようにお願いいたします。①6月6日火曜日にすくらむ21で稽古があります。※6月7日水曜日はお休みになります。他の水曜日は通常通りになりました。②6月3... [続きを読む]
  • 少しずつ成長中。
  • 沖縄が梅雨入りか〜。と呟きながらエアコンを設定。だからね〜、今日も暑かったね〜。今年小学生になったN君が今日から正式入門。これで日曜日・宮前平教室に体験入門の小学生はいなくなった。また、初めての昇級審査を終えたH君は今日から... [続きを読む]
  • ブレを正す。
  • 定位置、移動の稽古を見ながら今日は一つアドバイス。道場で一緒に稽古をしている皆さんは何回か聞いた事があるかもしれないけれど、大切な事の一つとして、受けでも突きでも、技を等速度で出さない、ということ。「有効な技とは瞬間的に全身の力を一... [続きを読む]
  • Are You Ready?
  • およそ市とか区とかの公共施設の空調は、ある時期を境に冷房や暖房に切り替えるところが多い。冷房だったら5月末、暖房は10月初旬からとか。だからそれまではどんなに夏日でも冷房は入らないし、逆もそう。水曜教室の会場は川崎市の公共施設なので、... [続きを読む]
  • あとは結果を出すだけ。
  • あまり大きな声では言いたくないけれど、小さい声では聞こえないのでボソボソと…。塚本道場のローカルルールとして、昇級審査に限って、特別な事情がある場合は試験日の当日でなくても受験できるように配慮している。(もちろん、本当の審査日か... [続きを読む]
  • GWが終ると…。
  • GWが終ると、いよいよ沖縄研修のカウントダウンが始まる。ここ数年は5月と11月と年2回沖縄で研修稽古を実施している。5月と11月。稽古の内容はどちらもハードであることに間違いない。「5月と11月、どちらが暑いですか?」とたまに聞かれるのだが、... [続きを読む]
  • 沖縄チャージ。
  • 昨日は沖縄研修前の沖縄チャージを兼ねて、川崎駅の商業施設で開催されていた「はいさいFesta」に行ってきた。昨年は水曜日の稽古にぶつかったので、泣く泣く沖縄そばを食べるだけに留めたが、今年は夜の稽古も無いので、まだ明るい内から思う存分オリ... [続きを読む]
  • 改めて基本を見つめなおす。
  • 沖縄からのチハルタイフーンが過ぎ、静寂を取り戻すかに見えた塚本道場。しかしその爪痕はしっかりと稽古生の心に跡を残していったようです。(笑)何を言いたいかと言えば、稽古はやはり基本が大切だということをしっかりと再認識させてもらったことで... [続きを読む]
  • チバリヨ!
  • 先週の予告通り、沖縄から高里千春五段が土曜日・人形町教室に参加。今回は木曜日に東京に入り、明日の日曜日まで都内3カ所の少林寺流の道場を巡る旅。実は高里五段は来月15日から与那原町で新しく高里道場を開催する予定。長年の夢だった自分の空手... [続きを読む]
  • 型へのこだわり。
  • 鍛錬型「セーサン」の終わりの方に両手を使った、いわゆる回し受けのような形がある。いつも道場で「右手はまっすぐ(に引く)。左手は回しながら(引く)。」と説明している箇所だ。有段者の稽古生の動きが小さくなっていたので、「ここがこう... [続きを読む]
  • 写真も良いけど。
  • 学生時代に沖縄で稽古をする際には毎回ビデオカメラを持参して行った。本場の沖縄空手は、あまりにも動きが違い過ぎるので、1週間やそこいらの現地での稽古では、到底修正は追いつかない事を痛感したからだ。当時の先生、先輩方の動きを納めたビデオテープ... [続きを読む]
  • 軍曹殿の稽古日記 アゲイン。
  • 日曜日の稽古の様子です。みなさまいつもご協力ありがとうございます。日曜教室は塚本先生が急遽お仕事となりオープンクラスとなりました。筒井二段と檜山初段もいらっしゃるので、いつも通り稽古は進みます。型稽古では中学生以上は筒井二段と... [続きを読む]
  • 印度的古代武術。
  • 昨夜、九段下のインド大使館の中でインドの伝統武術「カラリパヤットゥ」の演武を見てきた。南インドに伝わる「カラリパヤットゥ」は中国の少林拳や沖縄空手のルーツとも言われ、日本では20年以上前にドリンク剤「アリ〇ミンA」のCMがTVで放送されて... [続きを読む]
  • いつでもどこでも。
  • 本土の空手では、例えば下段払いや手刀受けの際には身体が半身になるほど大きく腰を切って技を出す。また、それがいかにも空手の動きだとして広く認知されている。しかし、少林寺流では相手に正対しながら技を出すことが多い。そういう稽古を繰り返す。... [続きを読む]
  • お互い気負わずに。
  • 桜の後は春の嵐。気温も一気に上昇してすっかり初夏の関東地方。春を楽しむ余裕はありませんでした…。先日も書きましたが、審査前はそれを意識しながら稽古に臨む稽古生の皆さん。特に初めての昇級審査となると緊張もあるでしょう。先ずは「普及... [続きを読む]