門絵門(もんえもん) さん プロフィール

  •  
門絵門(もんえもん)さん: The Day's Angel(ザ・デイズ・エンジェル)
ハンドル名門絵門(もんえもん) さん
ブログタイトルThe Day's Angel(ザ・デイズ・エンジェル)
ブログURLhttp://takamohri.blogspot.jp/
サイト紹介文適応障害経験者が綴るプログ&CG風味な喜怒哀楽奮闘雑記
自由文教員生活20年で力尽き病休→休職中→退職。現在はフリーでCG、プログレブログ、翻訳等で活動中。趣味はウクレレ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2008/11/16 22:49

門絵門(もんえもん) さんのブログ記事

  • パンフレット悪戦苦闘中〜
  • 依頼者からの要望は全部入れである。表紙一枚にアレもコレも詰め込みたい。でもアレやコレを説明するのがパンフレットの中味だ。だから表紙はインパクト優先で良い気がするのだ。じゃあ、どうするか?イメージ優先だと、お固い研究所のパンフとしてはOKが出ない気がする。依頼者の要望を無視してもダメだろう。などと考えながら、オブジェクトが増えるごとに重くなってゆくデータと昨日1日格闘していたら、今日は朝から頭痛である [続きを読む]
  • パンフレット表紙制作準備
  • 表紙画像に使用するかどうかはともかく、その特徴的な世界を描けるかどうかがこの仕事を受ける上でのけっこう大事な、自分なりのハードルだったのでまずはその世界を作ってみた。 球を4つ作り、板状の立方体にめり込ませ、それを並べて、長い縦列を作り、その縦列を3度ずつ角度を曲げて横に並べ曲面にし、全体として円柱状の空間を作ってみた。底部には水がたまっている。いかにもSF的な世界だが、これがこの場所のイ [続きを読む]
  • ウクレレ養成ギブス?
  • KALAのブラック・コンサートを鍛えて、鳴りを良くしようと思い、ここしばらく水曜ウクレレに持っていっていたのだ。 でも今日は久しぶりにKamakaウクレレにしたら、何だかとっても弾きやすかったのであった。あら不思議。 ブラック・コンサートは若干弦高が高いせいか、全体的に、フレットをきちんと押さえないと音がビビるのである。ちょっと?じゃじゃ馬?な感じの機種なのだ。これがあの星飛雄馬にとって [続きを読む]
  • パンフレット表紙作成本格始動!
  • デザイン会社さんからクライアントの研究施設に提案があり、広報担当者のOKが出たということで正式にパンフレット表紙作成をすることになった。 最終的に採用されるかどうかは上層部の教授の方々だということなので、広報担当者とは、ちょっとまた視点が違うのかもしれないが、そのあたりまで汲み取ったデザインが作れるかが課題だな。施設自体がSFっぽいので、その写真だけでも十分に幻想的なのだが、だからと言って幻 [続きを読む]
  • 今日は超良い天気だが……
  • このあたりの今日の最高気温は、24〜25度らしい。春を通し越して夏じゃないの。ああ、大好きな夏の一瞬の幻だな。ちょっと買い物に出てみたら、暑い!半袖でも良いくらいだ。ついこの間、最高気温10度で冬に逆戻りしたのに。まったくカラダにとっては試練かもしれないな。いや、それより今は花粉症なのだ。スギの時期が収束しつつ、ヒノキの時期が到来。そのせいかどうかわからないのだが、今日は、もしかすると今季一番かと言うく [続きを読む]
  • 「Ukulele Mania」訪問
  • 池袋にあるウクレレ専門店「Ukulele Mania(ウクレレ・マニア)」に先日行ってきたのだ。それほど大きなお店ではないのだが、向かい合わせの壁二面にウクレレがズラ〜っと展示されている。お店には男性の外人さんスタッフが一人、女性のスタッフが一人、お客さんらしい人が一人。 少ししゃべったあと外人さんが少し「アローン・アゲイン」を弾き出した。 「ギルバート・オサリバン!」 と言った [続きを読む]
  • 八幡山公園の巨大満開桜
  • いつも散策するセンター北で降りたら、遠くの山の上に満開の桜が見えた。それもかなりの規模である。そこで大まかに方向を定め、歩いていってみることにした。小高い山の上なので、かなり近づいても見失わない。相当大きな木である。そこは「八幡山公園」という場所であった。山というよりは丘、丘というよりは円墳に近いような、どこかしら人工的な感じがする場所だ。実際、公園敷地内で縄文時代から弥生時代にかけての遺跡も発見 [続きを読む]
  • ウクレレ教室あるある
  • 先生「じゃあ次は『小さな竹の橋』をやりましょう!   いきますよ〜、   いちにいさん、ハイ!」生徒「小さな竹の♪、橋の竹の♪、あれ? (一同爆笑)   小さな橋の、竹の橋よね〜(爆笑)   いつも間違えちゃうのよね〜」 [続きを読む]
  • 夜桜で今年の桜は見納め
  • 毎年恒例、な〜ことの夜桜見物。でも寒かったので、近くの小学校前の桜だけ見た。とは言っても、大きな桜が並んでいて天蓋のように枝が広がっているなかなか壮観な場所なのだ。 今年もまた夜桜見物できたなぁ。散り始めたり、緑の葉っぱが出始めたりしている桜も場所によっては出てきているが、ここの桜は今が?完熟?という感じ。 枝の先まで?たわわに実った?桜が重そうだ。街灯に照らされたこの妖しい感 [続きを読む]
  • ついにダウン……
  • 気持ちが暗くなっていたのは、カラダの疲れがかなり溜まっていたからなのだろう。ついにダウンである。昨日の夜に、少し頭痛がすると思い始めて、それがけっこう短時間で悪化した上に吐き気までしてきたので、冷えピタを貼って早寝したのだ。でも頭痛で眠りが浅く何度も目が覚め、夜中にダメ元で痛み止めを飲んだのだが、やっぱりダメで、朝起きたらお腹もこわしていた……。吐き気こそなくなったものの、お腹は痛いは、頭は痛いわ [続きを読む]
  • 某大学研究所のパンフのお仕事
  • PIXTAのCGを見て、あるデザイン関係の会社から某大学研究所のパンフレット表紙を描いてもらえないかという相談があった。正式にはクライアントである研究所に企画の提案をして了解されてからのことになるが、デザイン会社の社長さんがワタシのCGを気に入ってくださったのである。確かにうれしいことである。でも不安もある。3D-CADのような、データに基づいた正確なモデルとか、特定の体型や服装をした人物などを求められてもワタ [続きを読む]
  • ダルダルで低空飛行な日々
  • な〜こと一緒にいる時は元気なのだ。だからあちこちに桜を見に行ける。そのことだけ見ていると、何だか超元気で、超リア充っぽいかもしれないが、普段は相変わらずの低空飛行なのである。もう本当に相変わらずだなぁ、いつからそんなことを言い続けているんだろう。 気圧がどうのとか、鼻炎薬がどうのとか、その時時に、いろいろ理由をくっつけてはみるものの、結局、カラダがひどくダルく、気力がわかず、翻訳作業も遅 [続きを読む]
  • 修善寺旅行のフォトブック完成!
  • 一冊約598円(税抜)でウェブでデータ入稿・レイアウト調整をしてわずか数日でもう手元に届くというおなじみ「しまうまプリント」のフォトブック。 今回の「修善寺春旅」も作ってみました!表紙は「菊屋」。な〜こが撮った写真だ。こうやって楽しい思い出が増えるのがうれしい。な〜こがスマホ(iPhone)になって、二人で写真を撮れるようになったので、これは二人で作る記念写真集なのだ。昔の旅行の写真もたくさんあ [続きを読む]
  • 石神井公園・桜散歩
  • 多分初めて訪れたのだと思う。乗換駅というイメージばかりが大きくて実際に公園があることを忘れていた石神井公園に、きのうな〜こと桜見物に行ってきたのだ。仕事帰りのな〜こに合わせて、黄昏時の桜見物散歩である。かなり満開の桜も目につく。 そして澄んだ空気にオレンジ色の夕日。ほのかに赤みが増す桜の花。水面に映る太陽も幻想的だ。静かで、広々とした二つの池を中心に、ここは山か?どこかの湿地帯か?と思わ [続きを読む]
  • 「桜満開」の東京なれども……
  • 「桜満開」と気象庁が発表された昨日4/2。な〜こと、千鳥ヶ淵に花見に出かけたのだが、こちらはまだまだ満開には程遠かった。 実際「どこが満開なのさ?」っていう印象だ。 それでも桜の種類か、日当たり具合いのせいか、ところどころに満開になっている木もあって、春が来た雰囲気は十分感じられた。 お隣の「北の丸公園」にも行ってみた。公園側からお堀の桜を見下ろしたり、公園内の桜を見て回った [続きを読む]
  • ウクレレ初の2ndパート作成に挑戦!
  • 水曜ウクレレの秋のホイケに向けて、そろそろ発表曲を決めねばならないのである。ハワイアンな先生は「Aloha O'afu」が暗黙の一押しで、これまでけっこう練習したきたのだが、同時並行で、「風になる」も練習しているのだ。 こちらは 「ハワイアンじゃない曲も演りたい」 というメンバーの要望に応えて用意していただいた曲だが、力の入れ具合いは「Aloha O'afu」が勝っている。でもやっぱりメン [続きを読む]
  • 六義園でお花見
  • まだ満開にはほど遠いけれど、なかなか一緒にお花見に行けそうにないので、咲き始めたばかりの六義園の枝垂れ桜をな〜こと見に行ってきた。その前にランチを銀座の「オザミ」でいただく。魚料理と肉料理が一つのプレートに並んでいてどちらもとても美味しかった。六義園は、紅葉の時期にライトアップを見に行ったことはあるが、昼間に、桜を見に行くのは初めてかな。満開の枝垂れ桜が、ライトアップで浮かび上がる様子は、美しくも [続きを読む]
  • 春の修善寺温泉旅
  • 今年もな〜こと春の温泉旅に行ってきたのだ。春旅はいつも天候が心配で、実際、雷雨に見舞われることも何度もあったが、今回も曇天に時折雨というあいにくな天気だった。でも二人で旅をすると、そんな天気でも楽しいのだ。「熱海」でちょこっと降りて、新駅ビル「ラスカ熱海」を見てから、「三島」でお昼。老舗のうなぎや「桜屋」に行ってみたら、昼前なのに三時まで待つことがわかりガックリ……。通りがかりの「高田屋」に入って [続きを読む]
  • 「シン・ゴジラ」は東日本大震災セラピーだ
  • 「シン・ゴジラ」の根幹は、東日本大震災で心に傷を負ってしまった多くの日本人、どちらかと言えば、直接の被災者ではないけれども、漠然と精神的に大きなショックを被った人々、とりわけ、実際に微量ながら放射能を浴び、計画停電なども味わった東京周辺に住む人々が、この日本に対して抱くことになった暗く落ち込んだ心の持って行き場を必死の思いで作り出してくれたことにある。それはある種のセラピーであり、そのために、絵空 [続きを読む]
  • 「シン・ゴジラ」ついにゲット!
  • やっぱり「シン・ゴジラ」は面白いなあ。 もちろん2014年のアメリカ版ゴジラとか公開目前のキングコングのtrailerとかと比較すると、ゴジラの動きが少ないとか、ダイナミックな格闘場面がないとか、物足りない部分も確かにあるけれど、だからこそ、この映画で描けた ストーリーの斬新さや異形なものの不気味な魅力があるのだ。 劇場で最初に見た時は、理由が良くわからない涙が出たものなあ。しばら [続きを読む]
  • お墓参りとケーキとラーメンと
  • 春のお彼岸である。さすがにお中日だけあって、実家の駅から霊園までタクシーに乗ろうとしたら、4台くらい順番が来るのを待たねばならなかった。平日にも行ける身としては、わざわざお中日に行くことはないなあと悟ったのであった。霊園で実家組(弟と母)と合流し、お榊と仏花(神道なので本当はいらない)を飾り、水をたくさん墓石にかけてあげた。タクシーがつかまらないのは困るが、まわりでも墓参りをしている人が多いのはお [続きを読む]
  • 改札でいきなりPASMOを放り出す
  • 仕事を辞めてから定期は使っていないが、PASMOをカードケースに入れて使っているのだ。昨年ようやくオートチャージの設定をしたので、もしお財布を忘れても、少なくともほとんどの移動に関しては残金を気にせずにPASMOでイケるのがうれしい。 それに今はコンビニもPASMO決済が効くので、これ一枚あればいろいろ買えるのである。缶コーヒーも、駅の自販機ならPASMOで買えるし。あとは飲食店とかでも使えるようになるとい [続きを読む]
  • 自律神経大失調でダウン!
  • スマホのアプリ「頭痛ーる」というアプリによると、一昨日の火曜日は、気圧が急降下した一日であった。アプリ的には頭痛警報が発令されていたのだが、ワタシの場合はどうも、自律神経が乱れるようなのだ。火曜ウクレレに行く前から頭痛気味で不調。ウクレレ教室は楽しんだのだが、やっぱりそれなりにストレスがあったせいか、終わったらグッタリしてしまい、体調悪化。夜にな〜こが癒やしてくれたおかげで、昨日の朝はかなり復調し [続きを読む]
  • メガネのくもり止めクロスをゲット!
  • 花粉症の身としてはマスクが欠かせない。ところがマスクをするとメガネがくもる。 不綿布タイプの使い捨てマスクを使っているのだが、鼻のところを折り曲げて顔にぴったり当てているつもりでも、息が漏れて、結局メガネがくもりだし、時には前が全然見えなくなったりするのだ。 ということで今日、ウクレレ教室に行くついでにくもり止めをゲットしたのだ。 メガネ屋さんに行って聞いてみたとこ [続きを読む]
  • 「屈折くん」和嶋慎治
  • 「屈折くん」は日本の最高峰ハードロックバンド?人間椅子?のギタリストである和嶋慎治の自叙伝だ。 20代前半でイカ天バンドブームに乗りデビューしながら、その後、苦節を重ね、50歳を間近にしてようやくバンドで生計を立てられるようになったという、波乱万丈の物語である。 バンドブームの到来とともに、音楽活動に身をやつす日々。バンドブームの終焉とともに、 肉体労働に明け暮れる日々。その [続きを読む]