門絵門(もんえもん) さん プロフィール

  •  
門絵門(もんえもん)さん: The Day's Angel(ザ・デイズ・エンジェル)
ハンドル名門絵門(もんえもん) さん
ブログタイトルThe Day's Angel(ザ・デイズ・エンジェル)
ブログURLhttp://takamohri.blogspot.jp/
サイト紹介文適応障害経験者が綴るプログ&CG風味な喜怒哀楽奮闘雑記
自由文教員生活20年で力尽き病休→休職中→退職。現在はフリーでCG、プログレブログ、翻訳等で活動中。趣味はウクレレ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2008/11/16 22:49

門絵門(もんえもん) さんのブログ記事

  • カラオケでウクレレ練習
  • 今日は、火曜ウクレレのメンバー有志でカラオケにてウクレレの初練習。 カラオケでウクレレの練習をするとは耳にはしたことがあったが、実際に体験するのは初めてだ。 それより以前に、カラオケに行くこと自体がおそらく人生で2度目か……。1度目は20年以上昔のことである。 しかし、実際に行ってみると、クラリネットやらサックスの練習を1人黙々とやっている人がいたりして、楽器練習の場としても役割を果たしていることを実 [続きを読む]
  • 10万円超えのウクレレがわが家にゴロゴロ
  • ピンクの弦をネットでゲットし、みなさんのウクレレをお預かりして4本のウクレレをピンク弦に交換をしたのだ。オルカスのレッド弦である。というわけでわが家にはKamakaのコンサートが2本、Kamakaのソプラノが1本、そしてKoAlohaのソプラノが1本、バッグに入った状態で集結していたのだ。どれもが10万円を超える機種ばかりで、正直、預かっているだけでも緊張するのである。 でも良い音をいろいろ聞かせていただくことになり、一 [続きを読む]
  • iPhoneのバッテリーを交換したのだ!
  • 今のiPhoneも、今年の秋で購入して丸3年である。さすがにバッテリーの持ちが悪くなってきて、予備バッテリーを持ち歩くようになった。昨年Appleが、iPhoneの使用期間を3年と発表したが、本体はともかく、バッテリーはもっと短い。聞くところによると目安は充電回数500回とか。つまり1年半くらいで、かなり劣化してしまうのだ。その倍近く使っているということは、けっこう物持ちが良いというか、忍耐力があるというか、かな。でも [続きを読む]
  • 弦交換にビーズが大活躍!
  • 水曜ウクレレのみなさんが、揃ってオルカスの赤弦にすることになり、ワタシが交換作業を一手に引き受けたのだが、今日のレッスン後にさっそく2本持ち帰ったのだ。どちらもKamakaだったので、結び目をスリットに引っ掛けるタイプなのだが、なぜか片方だけ1弦が固定できなかったのだ。あれ〜? Kamaka弦は太めなのだが、それに合わせてサドルのスリット幅が決められているのだろう。オルカス弦は明らかにKamaka弦より細いから、がん [続きを読む]
  • 江ノ島の裏道を歩く
  • 昨日は真夏のような天気の中、江ノ島まで散歩に行ってきた。昔はけっこう遠い印象があったのだが、実際には1時間20分くらいで行けてしまうことをわりと最近知ったのである。なんと、実家の母さまのところへ行くよりも近いのだ。もちろん、できれば二人で行きたいが、そう思うようにもいかないのだ。ふらっと気の向くままに行ってきたというお気楽な感じも、それはそれで良いのであった。 と言いながら、一緒に歩いた道を歩くと、 [続きを読む]
  • ?はしはし?は方言だったのか!
  • 「もっとはしはし歩け」みたいに使う、?はしはし?という言葉。当たり前のように使っていたのだが、な〜こに「初めて聞いた」と言われてああ、これは一般的ではないのか、と気づいた。実際、国語辞典やネット検索しても?はしはし?だとヒットしないのでびっくり。そこで?はしはし 方言?で検索したら、「群馬の方言」としてやっとヒットしたのだ。「はきはき、さっさと、動作がキビキビしている様子」と説明があったが、まさに [続きを読む]
  • 横浜裏道散歩
  • ?裏道?とは言っても、ワタシ的に、ほとんど知らない、行ったことのない場所ということなのだが、実際に歩いてみたところ、「みなとみらい」周辺が?ハレ?で?陽?で?観光用?だとすれば今日歩いたJRから山側にあたるあたりは、?ケ?で?陰?で?地元用?な感じであった。そういう意味では、?裏道?と言っても、それほど間違ってはいないかもしれない。「桜木町」駅で降りて、いつもの「みなとみらい」方面とは逆の「野毛山」 [続きを読む]
  • 「シン・ゴジラ」で丸子橋はなぜ飛んだ?
  • 武蔵小杉の高層ビル群を抜けてやってくるゴジラに多摩川を首都防衛ラインとして集結した自衛隊がヘリコプター隊(フェイズ1)、戦車隊(フェイズ2)、そして戦闘機(フェイズ3)と段階的に火力を増しながら集中攻撃を行う。しかし効果なし。それどころか、JDAM弾の爆煙の中からちぎれたような丸子橋が宙を舞い、結果的に戦車隊や前線指揮所が被害を受ける。どんな攻撃にも動じないばかりか、少しカラダを動かしただけでこちらに [続きを読む]
  • 夢うつつな時間
  • な〜こにカラダをさすってもらいながらウトウトしつつ見た夢。目の前のテーブルの上にコップに入ったアイスコーヒーが置かれている。カラダをさするな〜この手に合わせて昔の紙芝居のように、アイスコーヒーが横に引き抜かれて後ろから出てきたのが生ビール。あ、美味しそう。「生ビール〜!」と言って目を覚ます。薄暗くて良くわからないが、かなり広い場所らしい。背もたれの高い革製のアームチェアに男の人が足を組んで座ってい [続きを読む]
  • 「イラスト風にしてください」ですと!
  • ある施設の見取り図である。表紙を作った勢いで、地形データまで利用してリアル感を活かして作ってみたのだ。ところが、大元のクライアントから「あまり詳細なものは表に出したくないので、リアルなものではなく、イラスト風で」と言われてしまったのだ。参考資料としてもらったカンプデータはけっこう詳細&リアルだったのに……。そんな!急に!どうしよう!それならillustratorは無理にしても何かドロー系のソフトを用意しない [続きを読む]
  • 請求書用押印に「Web認印」
  • CG図版のお仕事をして「請求書はメールでお願いします」と言われた。そうか、今はそんな感じなのだな、と思ったが、請求書自体書いたことがないので困ってしまった。 そこでネットから情報を得たり、いただいたことのある請求書を探し出したりして、ようやく何とか形になったのだが、押印をどうしよう、と思ったのだ。 紙に押印したものをスキャンするとか、押印した実物の請求書自体をスキャンするとか、こ [続きを読む]
  • パンフレット表紙ついに完成!
  • 3食そうめん生活を経て、わずかに取り戻したエネルギーを総動員して、昨日再び猛烈な集中力を発揮し、表紙を完成させたのである。「A4縦+左に1/3程度の裏面への折り返し」画像だ。 ブルー、ブラック、イエロー(ゴールド)の3色から、それなら残りはレッドしかないでしょうと、施設・団体名を入れる帯部分を赤にした。ここに白抜きで文字を入れてもらう。われながら超かっちょええと思う(自画自賛劇場! [続きを読む]
  • 三食そうめん二日目
  • 朝方、少し頭痛が残っていて、午前中はどうなることかとヒヤヒヤしていたが、無心にウクレレを弾いていたら、痛みが消えていた。ああ、ありがたや。 となれば、あとは胃の復活である。一昨日、痛みに耐えきれずリバースして以来、ずっと素うどんかそうめんが続いている。少しでも脂っこいものは、今は食べたくない。大好きなラーメンもチキンも、今は無理なのだ。 大分落ち着いた感じで、もう発作的な胃痛に [続きを読む]
  • 地形データを3D化してvueで使う!
  • パンフレットのCGグラフィックで、表紙の後で追加になったのが、山の地中にある巨大施設の大まかな見取り図を3Dで描くというものだ。その際、山は雰囲気で描いても良かったのだが、やはりできるのなら実際にある山の3Dデータが欲しかった。でもあれこれ試してみたものの、中々上手くゆかず、不調に苦しみつつ、手がかりを掴もうとしていたのだ。そして今日、ついに3Dデータ化に成功した。手順は以下の通りだ。1 国土地理院のペー [続きを読む]
  • 三日目は頭痛でダウン……
  • 自律神経が狂いまくっているのであろうなぁ……。2日続けて胃痛に苦しんだあと、やっとお腹が回復したかと思ったら頭痛である。 でもいつもみたいな吐き気を伴う苦しいものとは違う。いや、きっと同じなんだろうけど、そこまで程度はひどくない。でもしつこい。 結局今日は一日寝たり起きたりであった。頭痛薬も飲んだ。冷えピタも貼った。アイスノンも使った。でも、決定打は1つもないまま1日苦しみ続け [続きを読む]
  • 胃痛ダウン二日目……
  • 朝は少し回復したと思っていたのだが、作る気にも買いに出る気にもならなかったので、冷凍パスタを食べたのがいけなかったのか、それとも、そもそも何か食べてはいけなかったのか、昼頃から急速に胃痛がぶり返してきた。立っていようが座っていようが横になっていようが、どういう姿勢をしていても痛い。だからもがき苦しむ。感覚としては、胃がしっかりと自立できずにダランと食道からぶら下がってしまったみたいな感じだ。 [続きを読む]
  • 胃痛でダウン……
  • 2015年12月に3日連続で腹痛発作を起こして以来か。 お腹をこわした時みたいなシクシク痛む腹痛ではなく、みぞおちを殴られた時のような胃の痛みに突然襲われるあの胃痛がまたやって来たのだ。夕べ寝る時にちょっと違和感があったのだが、ベッドの上で膝を曲げてうつ伏せっていたらすうっと痛みが消えてくれた。ところが今朝起きてからしばらしくて、また突然痛みだしたのだ。今度はなかなか消えない。一応ダメ元でガス [続きを読む]
  • パンフレット表紙の方向性が決定
  • まずABCの3案を出したのが4月末のこと。 それを会社がクライアントに見てもらって、意見を得たのが5月中旬。Bのレイアウトでという返事があったので、Bと、新しいDとBのバリエーションのEの3案を返したのがその1週間後。そこから音沙汰がなくなった。これが、単に返事待ちなのか、それともこちらから追加のアクションをすべきなのか、良くわからなかったので、この間ずっと新たにF案を作ろうと悶々としていたのだ。その [続きを読む]
  • 「ORCAS red」ウクレレ弦を張る
  • ほっと一息するとウクレレの弦を交換したくなる。今回はKALAブラックコンサートをAquila redからORCAS redに張り替えることにした。フロロカーボン弦である。 Aquila redは文字通り深みのある赤。弦はカサカサした独特のタッチ。それが好きなんだけどね。 1弦と2弦を張り替えたところ。色の違いがわかる。 張り替え完了。redとあるがピンクに近いが、全部張り替えると赤っぽく見える [続きを読む]
  • 「Japão」小野リサ
  • 今朝のBGMは小野リサ。1960年代から1980年代あたりの歌謡曲をボサノバアレンジで歌うアルバム第一集。 歌はポルトガル語ではなく日本語。ポルトガル語のLisa Onoは素晴らしい。でも日本語の小野リサも良いのだ。やっぱり小野リサワールド全開。空気が変わる。too sweetだと言われたりすることもあるようだが、作ったようなウィスパーボイスではなく、自然でゆったりとしたハスキーボイスが良い。さらにリズム感が抜群な [続きを読む]
  • 時代的な偏見や差別表現をどうするか
  • 翻訳作業中は、楽しいながらも苦しい。きちんとしたものに仕上げたいと願いつつ、いつかはたどり着くことを信じて、遅々として進まない日々の作業に耐え続けるのだ。 でも翻訳が終わり、本が出版されると、また次の本を訳したくなってくるのである。貧乏性なんだろうか、ワタシ?ここ数日あれこれ検討したところで、今現在の候補として上がっているのは、「アラビアン・ナイト」「拝啓 敵さま(続あしながおじさん)」 [続きを読む]
  • いつものように出版開始後の低空飛行
  • 翻訳のラストスパートはいつもながらかなりの集中力を使う。とは言え、作業自体は数カ月に及ぶものだから、終わるとラストスパート以上の疲れがどっと押し寄せてくる気がするのだ。 今回も、もうさすがに花粉症はないだろうと思うが、突然鼻がムズムズして、鼻水やくしゃみが出たりする。風邪かとも思うのだが、熱が出ないワタシには何が何だか良くわからないまま、対処療法的に、風邪薬を飲んだりはたまた鼻炎薬を飲ん [続きを読む]
  • 「リンゴの丘のベッツィー」出版申請完了!
  • 第二稿も終わり、ついにKindleへの出版申請完了!長かった……。余裕を持って「桜の咲く頃」に出版する予定だったのに、さらに一ヶ月も遅れてしまった。 でもがんばったぞ!とても良い作品を、結構きちんと訳せた気がする!(自画自賛劇場!) 結果連絡が来るまで、ちょっと休憩だ……。今日は養生日だな。 [続きを読む]
  • Kindle PreviewerをMacできちんと動かす!
  • ようやく「ベッツィー」が一段落したので、「でんでんコンバーター」でepubファイルを作り、Kindle Previewerでmobiファイルに変換してみた。そこまでは問題なく進んだのだが、iOS用のakzファイル変換がうまくゆかないのだ。EpubCheckerではValid(問題なし)という結果だったので、これはKindle Previewer側の問題だと思われた。そこで最新版への「アップデート」を確認すると、アップデートファイルはダウンロードされているが、 [続きを読む]