へちまこ さん プロフィール

  •  
へちまこさん: LIDDELL  THE  DOG
ハンドル名へちまこ さん
ブログタイトルLIDDELL THE DOG
ブログURLhttp://living-wan.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文動物愛護センターで親のいない子犬たちのためにティーチングドッグとして活動する、リデルのお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/11/17 00:18

へちまこ さんのブログ記事

  • すれちがわない!
  • 新たに企画した《ハーネスとリーシュスキル、回避スキル、スプリンクルズ(犬のストレス軽減ツール)》は、5月10日の雨で次週に延期になった以外は、順調に終了しました。ご参加いただいたみなさんの中には、夜行バスでこの地に向かってくださる方も゚゚(´O`)°゚カンゲキ…少数精鋭?での開催にしたのは、大勢だと正確に伝わらないのではないかという懸念があったから。おかげさまで、短い期間でありましたがゴールデンのTちゃんが自 [続きを読む]
  • 犬と私と社会的学習
  • 【犬の社会的学習に基づく新しいトレーニング法 Do As I Do】満席のお知らせ。早々と、満席となりましたありがとうございます昨夜FBページでアップしました上記のイベントお知らせですが、募集開始とともに2時間ほどで満席となり、スタッフ一同、驚きとうれしさで沸いております。これは、私たちの催行するイベントに普段から注目されている利用者がおられること思い、感慨深く思っております。ただ、キャンセル待ちの方々のため [続きを読む]
  • 2017年 5月の田舎家
  • 今年のゴールデンウィークはよく晴れましたね〜〜。へちまこ一家も、もうもう、田舎の散歩三昧、新鮮な海山の幸、食べ放題でした。ちょっと人間!記念写真ばかりじゃなくっ!あーはいはい、ギャラお支払いするから良いお顔くださいませ^^3頭も、毎日海で遊び、好きな時に土や草や砂利や砂の感触を堪能。身も心も洗われるというのも月並みですが、本当にのんびりとした連休を過ごさせていただきました。田舎や近所の人の話では、 [続きを読む]
  • 犬たちにエンパワーメントを!BATは相手も救う
  • 前回の続きになります。BATは都会では無理、非現実的、といわれる人も多いのですが、そんなことはないと思います。都会こそ、至る所に回避行動や過剰な反応を起こさせない工夫ができます。BAT環境のコツさえつかめば、人の介入の多い過剰な無理やり回避させるような刺激は必要なくなります。BATがうまくいく、環境を整えるのが、黒子(飼い主またはハンドラーのこと)の役目なんです。BATは、実験室を作るようなものとお伝えしまし [続きを読む]
  • リードスキル、回避スキル、スプリンクルズのワークショップやります
  • 昨日は、「犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう講座」にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。 狭いお部屋でしたが、その分、密着した座談会風になり充実した午後ではなかったでしょうか? この講座にご参加いただいたみなさんには、犬の毎日に、より低ストレスの暮らしを提供する必要性をお伝えできたと思います。また、犬語の真実を知ると、より良い、保護と譲渡までのケアやマネジメントを知ることができ [続きを読む]
  • ≪アンジェラ・ストックディエルによる犬の行動を知る2日間≫
  • 去る、3月4日、5日と犬の情報三昧の、犬好きにはたまらないセミナーとワークショップを催行しました。4日が、犬のボディ・ランゲッジ初級〜中級編5日が、Prey drive(犬における捕食行動について)アンジェラの初来日は10年も前、一番最後は7年前。ここ数年は、犬のトレーニングに特化したイベント催行が多かったのですが、行動分析学も応用行動分析学も犬という生き物の、行動や習性や本能を知っておかなければうまく使い [続きを読む]
  • 講座「犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう」
  • ≪犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう≫?? 人と暮らす犬たちには多かれ少なかれストレスがかかってきます。人間が困る多くの犬の行動はストレスの蓄積が原因とも??その犬たちのために手軽にできるストレス軽減方や快適お散歩の工夫、ストレスシグナル見極め方の情報を提供いたします。 対象   一般飼い主、一時預りボランティア、かわさき犬猫愛護ボランティア会員 日時 3月20日(月) 春分の日?? [続きを読む]
  • なるべく殺さないセンターで生きるシロの正の強化の歴史
  • 飼育放棄犬のシロちゃんを担当してから、4年が経ちました。 4年前、心を病んだ犬を見てほしいと、センターから依頼されて、試行錯誤の日々。 職員のSさんが言うように、本当に心病んでたなあ、シロちゃんは(^-^;ごく普通に散歩で歩くことすらできなかったシロちゃんですが、本日、なんとフセをしてくれるようになりました\(^-^)/ 犬がフセするぐらい、珍しくもない、と思われる人もいるとは思いますが、一度人間不信になった犬 [続きを読む]
  • 誰が育てたのかわからない保護犬と暮らすということ
  • 都会の川岸も乙なものでしょ!(゚▽゚*)我が家には大型犬1、中型犬1、小型犬1が暮らしています。 大と中は、ブリーダーから私たちが望みお金を出して迎えた犬ですが、小型で大柄なポメラニアンらしいコメットは、某市動物愛護センターから公示が切れてから迎えた犬です。私はセンターで、犬の再社会化や様々なトレーニングをフォローする協力と活動をしています。 迎えてもらう保護犬の、このままでは迎えた先もその犬も幸福になれな [続きを読む]
  • 犬を介在に使うということ。
  • えへへ〜、チーちゃんだよ、チーちゃん出番なの・・・(v^ー゜)ヤッタネ!!≪この活動の記事は昨年12月の活動のものです≫ 某市動物愛護センターとの協働活動のひとつである「動物介在活動」。 以前は、保護された犬の適性を選別し、「動物ふれ合い教室」に利用していました。 そうなると、譲渡適性が(介在にむく犬なら当然)あっても、この教室のため長期に渡りセンターでの暮らしになります。この保護犬からということを行政側が数 [続きを読む]
  • 三再びアンジェラがやってくる!
  • みなさん、お元気でしたか!いや〜〜〜、月日の経つのは早いもんですね・・・更新サボっていたら、なんとすでに2月!もうびっくり通り越して、ああ、こちらでは忘れられたそんざいだろーなー・・・と。でも、こうして記事の更新をしているってことはそれなりに元気に過ごし、どの犬も鳥も無事に年を越し、新年を迎えたわけです。いまさらですが、今年もぼちぼちとつらつらと記事を更新していくつもりでいますので、よろしくお願い [続きを読む]
  • Liddell The Teaching Dog「衰えない感覚のために」
  • 2015年のクラスの様子。たくさんの情報が読み取れる。アンジェラの講義は画像の洪水。その講義がまた聴ける。犬が犬によるときに頭を下げるのは?偶然なのかどうか?行動は情報なのでその回数にも注目する。尾の左右の揺れの違い、背負い方、尾の位置。≪本文と画像は関係ありません≫15日は、久しぶりにティーチングドッグで活躍だったリデル。 若いハスキーのお嬢さんと野犬出身の6ヶ月と11ヶ月、元保護犬の小型犬さん。リードス [続きを読む]
  • アンジェラ先生による「犬の行動を知る2日間セミナー」のご案内
  • 2017年 特別公開セミナーのご案内 《アンジェラ・ストックディエルによる、犬の行動を知る2日間》2007年に初来日した犬の攻撃性行動のスペシャリスト、アンジェラによるセミナーです。 10年前、アンジェラは犬から犬への攻撃性行動の抑止にTeachingDogを使うというユニークな方法を日本に伝えた人です。そして、日本のトレーナーや犬飼に「犬にはハーネスを」を、伝えてくれた人でもあります。 そのアンジェラが再び来 [続きを読む]
  • 久しぶりに「Dog Language Class」開きます。
  • 本当に久しぶりですね。いやもう、忘れられているんじゃないかと思ったら、忘れられていないようで・・・うらしい限りです。一大イベントの「エミリー・ラーレムワークショップ2016」も無事に終わり、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。WSのご報告は後ほどゆっくりと(忘れるんじゃネ?(^-^;)させていただき、今年中に開催したかったイベントのお知らせです。《ドッグランゲッジ・クラス》犬同士のリアクティブ [続きを読む]
  • 「正の強化」の歴史は裏切らない!
  • エ〜〜〜〜〜ッ、もうかえるの?コメちゃん、ここは入りびたるところではありませんよ(笑)コメットを某市動物愛護センターから迎えた当初、獣医医療やトリミングなどは、コメットにとって命の危険を感じるほどの人間からの脅威でした。 元の飼い主がどんな育て方をしたのかは、もうわかる術はありませんが、人間社会でのいろいろな物事に、慣らしてこなったことは確実でした。 目薬→殺される...ブラッシング→殺されるか不快 爪 [続きを読む]
  • シリーズ!殺されないから幸せなのか?
  • 10月15日16日、駅前にてこの商店会が主催するイベントがありました。どこかのゆるキャラも参加。お祭りなので、そこそこの賑わいでした。このイベントで、ある団体が殺処分ゼロのために、セラピー犬をひきつれて街頭募金で参加するという情報があり、市公認ボランティアとして、仲間と視察に行ってまいりました。今や、殺処分をうたわない自治体は無いほど、殺処分ゼロの波は押し寄せてきています。へちまこが活動する自治体も、3 [続きを読む]
  • 自分ではどうしようもないことは犬にだってある。
  • グローネンダールのチェシアは概ね、安定した気質の犬です。イライラすることも少なく、極端に臆病であったりはありませんが、シェパード種特有のセンシティブな面もあります。 巷でよく聞く、グローネンダールって神経質で噛む子多いよね、気が小さい子多いよね。。。のイメージからは少し離れていて大雑把?と思えるような部分も(笑)そんなチェシアですが、この日は、朝の散歩からどーしたわけか、不安でたまらないというご様子 [続きを読む]
  • コメットとそこそこやさしいリデル。
  • チェシアが娘(チェシアは娘の犬)とキャンプに行っている間は、コメットとリデルでのお散歩になります。 向こう気の強いコメットは迎えた当初、リデルとうまく渡り合えず、また5年ほどは犬の社会を知らず、そしてお散歩もあまりしてもらえなかったような犬です。コメットが川崎市動物愛護センターから我が家に来て1年7ヶ月、まったくお互いがダメかというと、近頃はそうでもありません。どちからというと、コメットはリデルに認めて [続きを読む]
  • 人間の対応のまずさが問題行動の原因だってば。
  • すっかり秋でございますね・・・今日なんて、涼しいを通り越し、寒いぐらい・・・昨日までは半そでで大丈夫だったのに、気候とは不思議なものです。でも、秋物を買ったので、それに袖を通すことができてうれしいことと、やっと犬たちの元気になる季節が到来も、うれしいことの一つです。赤い秋の実はセンターの犬たちとお散歩をしていて見つけました。緑なす季節、花咲く季節も良いですが、赤い実をつけるこの季節も大好きな季節で [続きを読む]
  • BAT環境は双方を救う。
  • お散歩コースにある公園には、いつも他犬に激吠えするポメちゃんがいます。他犬がいなければ、緊張もなく、のびのび快活に動いているのですが、そこへ他犬が近づこうものなら、激しく吠えかかり突進します。たぶん、社会化期に良質な同族との社会化がなされず大人犬になってしまったんでしょう。だからと言って、このポメちゃんが同族と仲良くできないかわいそうな犬でも、吠えてダメな犬ではありません。飼い主さんの持っていた情 [続きを読む]
  • 2016年 8月の田舎家
  • 初日の夕日・・・涙がすぅーと(ノω・、)夏と言ったら、夏休み・・・大人になるとBon休みとなるわけですが、今回は少々長く、南房総の田舎家へ滞在しました。2週間以上、犬たちと(あ、旦那たまにいたっけな)ぐだぐだと過ごし、つらつらと毎日過ごしました。野には勝手に咲くユリの花・・・ここ数年、このユリ(高砂百合という種類)がところかまわず咲き誇ってました。今年はいろいろなことが動き出すようで、今までの毎年開催して [続きを読む]