たむ さん プロフィール

  •  
たむさん: TAMの家づくり
ハンドル名たむ さん
ブログタイトルTAMの家づくり
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tamworkroom
サイト紹介文家づくりで思うこと、自宅のセルフメンテナンスなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/11/19 19:25

たむ さんのブログ記事

  • スマートメーターに変更
  • わが家は電気の自由化にともない「まとめてお得」というシュミレーションを行ない、事業者をガス会社に変更した。住まいにスマートメーターという情報発信装置を取付、メーターにつながるサーバーから各事業者が受取るという仕組み。現在都市ガスを使用しているので、まとめた方が得であるが、近くガスの自由化があるのでそこでまた検討。スマートメーターが家庭内のHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)機器と製品と [続きを読む]
  • 親家の隣に建つ住まい
  • 都内の駅に近く親家の隣の祖父母の住まいがあった敷地に建てた住まいです。駐車場、門廻りは既存共有です。近住2世帯は、共に支え合える形として理想に近いものがあります。クライアントはレンガ色がお好きで親家のポーチや既存駐車場床にも使われていたので、外観のイメージはレンガ色とテーマであるシンプル。玄関ドアは木製防火戸。行き来する両親のための手摺を付けました。ご家族の希望で、2階テラスと屋上テラスがあります。 [続きを読む]
  • アルミ複層サッシ
  • YKKのアルミ複層サッシのエイピアJが3月末で販売終了となり、アルミ樹脂複層サッシのエピソードNEOとなります。アルミ複層はフレミングJとなります。防火指定のある地域では防火サッシと非防火サッシの使い分けを行っていますが、防火サッシのアルミ複層の非防火対応としてエイピアJは枠、建具共類似性が多く採用しておりましたが、フレミングJとなると類似性は乏しく、他社サッシの方がより近くなります。エイピアJよりフレミング [続きを読む]
  • 冬の山小屋
  • 今年始めての十里木は雪景色です。昨年は雪で煙突の支えが緩みました。今年は、鹿に樹皮を食べられた木の倒木による電線への干渉がありました。注意と覚悟をしていれば対応も問題ありません。春の芽吹きにも出会えます。 [続きを読む]
  • 筆文字ロートアイアンの表札
  • 数日前に竣工した住まいの表札が出来上がりました。私どものHPをご覧になってのクライアントさんなので、表札はタカシカワタさんのロートアイアンご希望です。今回は、漢字という以外はカワタさんへのお任せです。ロートアイアンで筆文字に挑戦されるということで期待一杯、お見事です。出来上がりが明日朝届きます。明日午後はブライトさんのカーテン取付けなので早速お持ちします。これから、家具の相談、造園の相談、デッキの塗 [続きを読む]
  • 規制がいいのかなあ
  • 規制に近頃???本業である住まいの規制であるが、ここでは夏に家族で旅行したスペインのお話。マドリードより電車で30分ほどのアルコルコンという街の道路。航空写真でよく分かるが、幹線道路のいたるところの交差点がロータリーとなっている。昔旅したインドのニューデリー、多摩墓地にもあるロータリー。信号のかわりにロータリーなのだ。ホテル近くのショッピングセンターへの買い物でこのロータリーの渡らなくてはならない。時は夜。車はビュンビュン。しかしながら道路を渡ろうとロー [続きを読む]
  • そして地区計画
  • O区の住宅計画。景観条例に引き続き地区計画。地域の住民が望む「まちづくり」です。そこにある境界からの築造物の制限。問題は隣地境界から一定距離は何もつくれないというところ。道路面の新設塀は隣地境界から一定距離離して止めなくてはならず。そこから境界までは植栽の垣根しかつくれないというお話。隣地境界はもちろん植栽の垣根。素通しのフェンスも駄目。セキュリティを大いに気にする地域とおもいきや、何とおおらか、安全・安心 [続きを読む]
  • 景観条例
  • O区の高級住宅地、区割りが大きく緑あふれる住まいが立ち並んでいます。この景観を守るため行政では景観条例が設けられています。計画の住まいは50年ほど前に建てられた和モダンのいかにも****という住まいの建替え。伝統あるS工務店の施工でこの辺りでも、数件同じような様式、ディテールの住まいがあります。相続の関係でやむなく建替えることになったクライアントのご要望は、この住まいのイメージの継承です。瓦屋根、白漆喰の壁、褐色の [続きを読む]
  • こんなことってまだあるの?
  • 東京23区の今現在の話です。以前息子を通してのお付き合いがあり、年賀状を頼りにご質問がありました。ご自宅の少し下がった南側の駐車場跡地に6棟の戸建て住宅が新築されるようで目の前の日照について戸建て業者の営業より説明があったのだが、地面を盛って3階が建つようなのでどのように対処すればよいかとのことでした。地面を盛るということが気になったので、地面を盛った場合、開発がどうなっているか、工作物がどうなってい [続きを読む]
  • 木製引戸の不具合
  • 新年早々に、築2年半経つ住まいの木製玄関引戸の具合がここ半年以上とても悪く、今では開けるのも閉めるのも一苦労という状態で、戸車が壊れているような感じがしているとの連絡がありました。半年もご不便をお掛けしてしまったと申しわけない思いですが、この建具を嫌にならない気持ちには感謝です。1年前のちょうど木が安定してきた頃合いに、建具屋さんの調整をおこなっていたのでどこの不具合かと施工者と確認する段取りとなっ [続きを読む]
  • インスペクター登録証
  • 事務所を初めて30年に近くなってきました。(29年目です。)設計した住まいのメンテナンスも、前事務所担当のものでは35年以上過ぎたものもあります。間取りの改修、設備の改修、構造の改修、断熱性の改修など大きなものから、模様替えなどまで色々と行っています。35年の住まいは浴室を2度つくり変えています。最初は石風呂、次は檜風呂、現在は娘さん夫妻の好みとなっています。何か役立つかと考えインスペクターの講習を受けて見ましたが、 [続きを読む]
  • グローエ水栓の不具合
  • 我が家は主にグローエの水栓を使っています。数年前に浄水器水栓の水の締りが悪くなりカートリッジをDIYで交換しましたが、今回はバス水栓のレバーの接続部が壊れて取り替えることになりました。グローエの場合は、グローエ営業に連絡して部品図をとり近くの住設店でその部品を注文して手に入れています。10年目になるので部品があるか心配しましたが、新年早々の連絡で1個だけあり、それを逃すと約1ヶ月から1.5ヶ月とのこと。取置をお願いしました [続きを読む]
  • 木製ブラインド昇降コードの取替
  • 昨年の暮も押し詰まって、木製ブラインドの昇降コードの被覆部がついに切れてしまい取替えなくてはならなくなりました。10年目の住まいで今回で3ヶ所目の取替になります。木製ブラインドをおすすめして取付けている住まいもあり、取替作業は簡単だと思いますのでご説明します。タチカワ製を使用しているので、その場合ですが他も同じだと考えます。まずは、ブラインドの底面に貼られている仕様と寸法からタチカワの代理店より昇降コードを注文して下さい [続きを読む]
  • アメリカカンザイシロアリ
  • 住宅の防蟻処理はメンテナンスも含めていつも悩みのタネです。普通のシロアリは地中侵入、床下被害が主なので、防蟻処理と換気、早期発見は気にかけています。ここにきて、南関東ではアメリカカンザイシロアリが発生しています。アメリカカンザイシロアリは乾燥した木を好みます。また、飛んできます。家具や造作材、構造材なんでも食べます。被害の広がりは、住宅の建材の化学物質の発散を抑制するシックハウス法にも関わっていま [続きを読む]
  • 浴室の木製品につく黒カビ処理
  • 設計で浴室壁、天井、窓、ドア、浴槽・・・を木製にすることが多い、なんと言っても安らぎがある。木材保護、防汚剤処理をするが十分とは言えない。換気を十分に行ってもらい、黒カビを見つけたら繁殖しないように消毒剤で退治してもらう。それでも、5年、10年ともなると黒カビの気になるところが多くなる。いつもはここで大工さんの出番である。黒カビ部を削りとってもらう。かなりの改善である。我が家も10年目に入る、天井の木 [続きを読む]
  • 玄関ドアの定規縁をつくる
  • 山小屋の玄関ドアは杉の3層板である。戸当り部に防風パッキンを取付けているが、ドアに多少反りがでているために隙間が開き多少の風が入ってくる。そこで、冬になる前にドアの外側に定規縁を付け外側にも防風パッキンを取り付けるのが今回のDIYである。取付け前の写真取付け後の写真詳細の写真 [続きを読む]
  • 現場作業照明
  • 住宅現場での、第1回目の定例打ち合せである。木造住宅の現場で定例があることは珍しい部類に入る。現場担当に議事録を取らせて、しっかり会社全体で現場を管理することのようである。設計者としてはまことにありがたい。私どもは、工事に入るとクライアントとのコミュニケーション手段とより現場を理解してもらうために、工事監理記録と工事写真を現場確認のために作成しているが、議事録は私どもの記録の補完にもなる。ところで [続きを読む]
  • ベタ基礎一体打ち
  • 住宅の基礎は鋼製型枠が一般となっているため、底盤と立上りを分けてコンクリートを打設する。基礎は打ち放しと決めているため、ジョイント部の止水や基礎表面に出るセパレーターの処理、底盤と立上りの目違いなど気になるところが満載である。今回の現場は型枠大工さんが施工ということで、底盤と外周基礎の一体打ちを提案していただけたため全てが一気に解決した。隣のコンクリート打ち放しの建物を見ながら、打ち放しの壁コーナ [続きを読む]
  • シェカーの椅子を組み立る
  • 現在山小屋にはYチェア2脚と丸椅子2脚という組合せです。家族4人なのであと2脚小ぶりで安価なものをということで、シェカーの組み立て椅子にしました。テーブルを以前組み立てたのでなんとかなるさ程度の安易な気持ちです。まず、出来上がりから。荷を解くと。先ずは塗装。塗装前のサンドペーパー掛けは手触りを頼りに。塗装屋さんがいつもやっている感じに・・・ですね。仕上がりはここが重要です。サンプルのポリエステル断熱材 [続きを読む]
  • 天井物干
  • 山小屋の生活は湿気との戦いです。寝具など除湿機、扇風機を利用して乾いた風を通すのが一番。快適に過ごせる。そんなわけで寝室になるロフトには天井物干しを付けました。風を通した寝具は気持ちが良いと言うことで、自宅にも設置。子供室はロープでインテリア性重視です。 [続きを読む]
  • EP塗壁の補修
  • 住まいの壁、天井の仕上にEP塗りをおすすめすることが多い。経済的でなにより、DIYでメンテナンスが出来て塗り替えるだけで新しくなるという理想的な仕上げ。艶を入れれば水拭きも可能だ。我が事務所の打合せ室の仕上げであるが、最近はこの仕上げにする方はあまり多くはない。8年過ぎたそのものを見ていただいているわけだが、壁と天井のコーナーにある隙間、少しひび割れもあるのが悪い印象なのかもしれない。そこで、良い機会な [続きを読む]
  • 上棟酒
  • 30日は上棟式です。クライアントさん、職人さんに気持ちよく上棟を迎えていただくために、天気が気になります。さて、私どもの上棟酒は皆さまに運が開けるようにと「開運」と決めております。化粧紙も紅白のおめでたいデザインでとても気に入っております。味も好評です。ところが、のしで隠れてしまいとても残念に思っておりました。今回は、住まいの形をかたどったのしを作りました。如何でしょうか? [続きを読む]
  • 枝払
  • 梅雨明け直後に来た時はセミの合唱でしたが、8月になるとセミの鳴き声はほとんど聞こえません。懸案だった建物脇の大きなモミの木の枝払を知り合いの草譚馬渡さんにお願いしました。ずっと手入れのなかった大木の日の当たらない枝葉は大風の後に地面に落ちていました。ご夫妻で来ていただき、翌日は愛鷹山登山を予定されているとのことです。ボルダリングや沢登りがご趣味とのこと、安心して見ていられます。これからは台風の季節 [続きを読む]
  • 竣工
  • 温かさ、優しさを感じてもらえるような外観の住まいが完成しました。外構・造園が完成すると建物が落ち着きます。落ち葉の清掃や草取りが少なくて済むような仕様としました。毎日を楽しんでお住まいいただけることを願って居ります。 [続きを読む]