Archangel さん プロフィール

  •  
Archangelさん: ヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ハンドル名Archangel さん
ブログタイトルヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ブログURLhttp://spiritualife2012.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーを通じて魂の世界を探求し、本質に回帰する覚醒ための気づきやヒントをご提供していきます。
自由文自己探求の過程で出会ったヒプノセラピー。深い意識と繋がって、本当の自分に出会えます。魂の故郷を探り、今生の目的を知る。過去からの心の傷を癒し、自分の未来からモチベートされます。ビジュアルタッチの豊富なスピリチュアルコンテンツ。誰もが新鮮な清浄感を味わえる軽快な筆致と真理の追求から知り得た経験に基 づくロジック。優しい語りで、清々しいスピリチュアルな癒しと気づきの世界へ、あなたを誘います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2008/11/23 11:58

Archangel さんのブログ記事

  • 「闇の役割の宇宙人グレイが光に還る」
  • 「闇のグレイの仕事は、人間の遺伝子を取って自分たちの遺伝子を入れる。過酷なものに変えないと過酷なものが生まれない。契約で仕事をしている。契約の相手は、上の人。アークとトカゲが多い。闇のグレイの総人数は地球の1/10。地球での仕事は何千年と続いている。」欧州在住のエミさんは、2月に体調不良で1週間程、入院したといいます。今回のセッションは、エミさんの病気の意味を知ることが目的でした。しかし、過去のヒプノセ [続きを読む]
  • 「光のものと闇のものが見分けられる」
  • 「自分を見つける。自分の愛を見つける。第三の目で見る。第三の目を使えるから使って欲しい。光が見えるから、それを使って欲しい。今は、まだ無理。三角マークの封印を取る。そうすれば使えるようになる。光のものと闇のものが見分けられる。光のものだけを食べる。」ヒプノセラピーの中で智恵さんは、蛇がついている母親を光に導く役割があると伝えられました。山形の前世で蛇使いの母親と一緒だったといいます。高尾山で龍が胸 [続きを読む]
  • 「4月光の自分クラス(札幌)」開催のご案内
  • 思考で生きるという暗闇から出て、感覚で生きる本来の自分に目覚める、光の道を歩むことを目指す「4月光の自分クラス(札幌)」の受講者募集のお知らせ 2017年4月27日(木)、「4月光の自分クラス(札幌)」を開催いたします。地球も人も本来の輝く姿になる時です。自分が覚醒して、闇から光へ変わる段階を迎えています。暗闇から光の道を歩んで行くために、闇を解除して、経験に基づいた気づきをお伝えしていきます。 [続きを読む]
  • 「龍が日本の波動を上げる」
  • 「プレアデスから地球を助けるために来た。地球を明るくする。野菜や豆を作って広げる。豆が大事。湧水の所で食べ物を作る。日本に生まれたのは、龍がいるから。龍の所に来た。龍の所で生きる。龍の遣いで来た。龍を守る。龍が日本を守る。龍が日本の波動を上げる。」クライアントの智恵さんは、八王子に暮らすのは、八王子の土地の波動を上げるためだと伝えられました。高尾山の湧水の所で、野菜や果物を作って人々に分け与えてい [続きを読む]
  • 「今を光に生きる」
  • 「空海との縁を感じるのは封じていたから。過去世で僧侶として四国の地を封印していた。四国の山、川、自然を封じていた。光と龍を封じていた。これから、四国の縁ある地の封印を解除していく。過去世の私は今の私と共にいる。土地を開くために力を貸してくれる。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美智子さんは、闇として留まっている5人の過去世の自分が光に還って行きました。過去世の闇を認めて、今を光に生きることが大事 [続きを読む]
  • 「4月光の自分クラス(葉山)」開催のご案内
  • 闇を解除して光の道の扉を開き、覚醒した本来の輝く自分になることを目指すクラス、「4月光の自分クラス(葉山)」の受講者募集のお知らせ2017年4月14日(金)、4月光の自分クラス(葉山)を開催いたします。地球も人も全てが本来の輝く姿になる時です。自分が闇から光へ変わる段階を迎えています。暗闇から光の道を歩んで行くために闇を解除し、経験と気づきに基づく覚醒するためのお話をして行きます。 [続きを読む]
  • 「プレアデスのために闇の帝王と呼ばれる人を母親に選んで来た」
  • 「体調を崩したのは生まれ変わるため。動けるようになる。浄化するためだった。コーヒーがやめられなかった。ストレスのために毎日、コーヒーを飲んでいた。でも、もうコーヒーはやめられる。光になるためには、リンゴ、みかんや柑橘類を食べる。動物性の物は避ける。」クライアントの美智子さんがやるべきことは、母親のことを一番にしていくことだと伝えられました。母親は闇の帝王と呼ばれた影響力の大きな人といいます。プレア [続きを読む]
  • 「第三の目を開いて光を広げる」
  • 「UFOを見たのは、第三の目を使って灯りを広げることをアークトゥルスから伝えるため。目の付いたピラミッドの夢は、良い秘密を持つ人を探して捕まえて闇を広げようとしているから。それを止めるためには、自分が第三の目を開いて、農業をする。稲作をして土に触れていく。」ヒプノセラピーの中でクライアントの智恵さんは、UFOを見たり、目の付いたピラミッドの夢を見たのは、第三の目を使って能力を発揮して、光を広げていくこと [続きを読む]
  • 「自分を大切にして欲しい」
  • 「祖父が息を引き取る際、私の名をしきりに呼んでいたのは、私を助けたかったから。明るい方に行かせたかった。とにかく明るくなって欲しかった。夢で見た久遠寺は、日蓮さんが悲しくて胸を痛めていることを伝えて来た。日蓮さんの教えを汲む人たちがいなくなったから。」クライアントの智恵さんは、他界した祖父が自分の名前を呼んだのは、暗闇から出て明るくなって欲しかったからとヒプノセラピーで分かりました。久遠寺の夢は、 [続きを読む]
  • 「地球の緑がなくなる悲しさを伝えて来た高尾山の天狗」
  • 「イメージが浮かばないのは、闇の人がいたから。闇の人は、カラスのような、くちばしのある仮面をかぶった人。天狗。槍を持っている。高尾山にいる天狗。天狗の仕事は緑を閉ざすこと。胸に溢れる気持ちがある。悲しい気持ち。地球が危ない。緑がなくなる。」ヒプノセラピーの中でクライアントの智恵さんは、イメージが浮かばないのは、闇の存在がいたからだと分かりました。頭に帽子をかぶり、緑の顔に、黄色のくちばしの高尾山の [続きを読む]
  • 丹生氏の守り神である水銀の闇のエネルギー体の解除 〜闇が光に還るとき〜
  • 「水銀の闇の存在は、丹生氏の守り神であり、テントを張ったように高野山を覆っていた。海洋生物のウニのエネルギー体でもあり、赤の闇を広げる役割だった。ウニのエネルギー体、丹生氏の先祖の天野祝と氏祖に光を降ろすと、水銀に関連した闇が光に還って行った。」水銀についての情報を収集して整理した翌日、実際に解除すべきポイントに遠隔で光を降ろして行くことにしました。まず最初に、マーキュロクロム液(赤チン)の発明者 [続きを読む]
  • 人と自然を封じる闇の役割としての水銀 〜闇が光に還るとき〜
  • 「水銀を含む赤チンと呼ばれるマーキュロクロム液は、現在も使用されている。地の底の石を守る精霊たちは、水銀によって苦しめられて、光を封じられて来た。水銀は人と自然を封印する根源的な闇の役割だと感じる。大元にいる闇のエネルギー体を解除する必要があった。」2月18日(土)、翌日に北九州出張を控えた前夜、知人からメールが届きました。「今朝、夢を見て内容は余り覚えていないのですが、1953だけ。その後、沢山の人が苦 [続きを読む]
  • 3月お話会(葉山)開催のご案内
  • 「光を広げるための感謝と祈り」についてのお話、必要なアドバイスをお伝えする「対話の時間」、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のご案内 2017年3月24日(金)13時〜葉山町にてお話会を開催いたします。ヒプノセラピーと巡礼の旅の経験を含め、本質になる覚醒ついてのお話、参加者の方々からのご質問に対して助言をする対話の時間とヒプノセラピー・グループセッションを予定しております。 [続きを読む]
  • 「肉体は人に進化するものとして創られた」
  • 「過去世のネアンデルタール人は、宇宙から一番最初に地球に来た。地球を知り、自分を知るため。肉体は人に進化するものとして創られた。神聖なる計画に基づいている。そろそろ光に還らなければならない。地球にグラウンディングした体は光になっているので必要がない。」クライアントの奈津代さんは、今回のセッションの9人と前回のヒプノセラピーの時と合せて19人の過去世の闇の自分が光に還ったことになります。過去世の氷の女 [続きを読む]
  • 「麻が光のものだということを伝えていく」
  • 「プレアデスの時、麻を育てていた。麻を育てて出荷して地球に持って来た。麻は植物なので良いも悪いもない。お金と同じで、良いも悪いも使う人しだい。光も闇にする可能性がある。魂の中では知っているから、これから麻を使って、麻が光のものだということを伝えていく。」クライアントの奈津代さんは、1ヶ月にヒプノセラピーの中で10人の闇の過去世の自分を光に還すことをしていました。しかし、まだ、胸がつかえる違和感があっ [続きを読む]
  • 「4月ヒプノセラピスト養成講座」開催のご案内
  • 「癒す」「繋がる」「気づく」「学ぶ」をキーワードとし、魂が光り輝く本来の自分に目覚めるためのヒプノセラピーに携わる、少人数制のヒプノセラピスト養成講座のお知らせ2017年4月24日(月)、25日(火)の2日間、神奈川県葉山町にて、ヒプノセラピスト養成講座を開催いたします。自分と対話することを通じて、本質への回帰する覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学習する少人数制の講座です。皆様のお申込みを心よりお待ちしてお [続きを読む]
  • 「答えは1つじゃない」
  • 「嬉しさと苦しさの両方を感じたのは、そういう経験が初めてだったから。その人たちの気持ちも分かる。どうしょうもない気持ちもある。正しいことがあるんじゃない。答えは1つじゃない。今は経験している。今までは両親に従って来た。身を持って知るため。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美恵さんは、4年間に3人の家族を亡くしたのは、寂しさを味わうためだと伝えられました。人の寂しさを分かり、寂しいと思っている人に寄 [続きを読む]
  • 「3月光の自分クラス(葉山)」開催のご案内
  • 闇を解除して光の道の扉を開き、覚醒した本来の輝く自分になることを目指すクラス、「3月光の自分クラス(葉山)」の受講者募集のお知らせ2017年3月11日(土)、3月光の自分クラス(葉山)を開催いたします。地球も人も全てが本来の輝く姿になる時です。自分が闇から光へ変わる段階を迎えています。暗闇から光の道を歩んで行くために闇を解除し、経験と気づきに基づく覚醒するためのお話をして行きます。 [続きを読む]
  • 「新しい生き方の土台を作る」
  • 「周りの人たちに光を分け与える。自分が光になって周りにも光で満たす。新しい生き方をする。その手伝い。土台を作る。物に捉われないで自由に生きる。みんなで助け合って楽しく生きる。物中心ではなく心が通い合った昔の生き方。精神性を大事にして生きる。」クライアントの裕美さんは、大阪に生まれたのは闇を学ぶため、東京に暮らしているのは光を学ぶためとヒプノセラピーで教えられました。これから、言葉やヒーリングで人を [続きを読む]
  • 「犠牲を終わらせ支配を卒業する」
  • 「生まれて来たのは、愛のない人たちを助けるため。優しくして自分の愛を届ける。愛がないのは、愛を知らないから。愛されていないから。自分が助けるべき人は両親。両親に楽しさを伝えていく。そのためには、自分の心が思うままに生きる。やりたいことをやる。」ヒプノセラピーの中で裕美さんは、義父とは約束して来た関係だと伝えられました。自分が犠牲を終わらせて、義父が支配を卒業することだといいます。自分と同じように支 [続きを読む]
  • 「外だけではなく内の人たちも光に還す」
  • 「闇もあるけど光に還すことができる。闇を光に還すのも楽しんでやる。経験するためのなので楽しんで光に還せる。外だけではなく内の人たちも光に還す。中の人を味わうために、何がしたかったのか聞いて、その人と向き合う。見える世界と見えない世界の橋渡しもできる。」クライアントの奈津代さんは、前世のファラオから「日本の奴隷を解放して欲しい」と伝えられました。ストレス社会の中でお金に縛られている人たちを解放するこ [続きを読む]