トムトム さん プロフィール

  •  
トムトムさん: インターネット日記
ハンドル名トムトム さん
ブログタイトルインターネット日記
ブログURLhttp://tomzakki.blog117.fc2.com/
サイト紹介文日々気になったこと、身の回りの体験など、様々なことを書き綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/11/22 01:12

トムトム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • テレビ東京「ソレダメ!食欲の春!」、美味しいハンバーグのレシピ
  • 4月5日のテレビ東京「ソレダメ!食欲の春!」で、家庭でも作れる”美味しいハンバーグのレシピ”というのを紹介していました。人気店の美味いハンバーグに近い、ふんわりして肉汁のあふれるものが作れるらしいので、是非参考にして作ってみてください。【レシピ】1、ひき肉に混ぜる具材として、乾燥パン粉の代わりに生の食パンを使う。割と大きめに千切ったものを混ぜる。他には、普通に使う玉ねぎや卵も一緒に入れる。そして、 [続きを読む]
  • エンゲル係数が再上昇!あなたの家計のエンゲル係数は適正か?
  • 今朝の日テレ情報番組「スッキリ」内で、”エンゲル係数の異変”について報告がありました。2000年頃からずっと下降線をたどっていたエンゲル係数が、2010年頃から上昇に転じ、2016年は25,8%になり、1987年以来29年ぶりの高水準になったということでした。一般論として、エンゲル係数が高いと、消費支出に占める食費が大きいということを意味し、生活に余裕がなくて貧乏の状態を示すとされています。特に適 [続きを読む]
  • 神奈川県「津久井やまゆり園」、19人殺害犯行の真相は?
  • 神奈川県相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で多くの人が刺され、19人が死亡した事件で、徐々に犯人の動機が明らかになってきた。身体に刺青を入れていたこと、施設内で暴力を振るったことがあったことなどで施設を首になり、恨みを持っていた等、犯行にいたる理由が報道されているが、一方で、障害者を安楽死させるように働きかけをしたり、知人に「障害者を600人殺して回る」など、異常性もあったようだ。確 [続きを読む]
  • 格安スマホ、クレカなしで申し込めるのは○○だ!
  • 政府の要請もあり、スマホの通信費が格安になるサービスが相次いで登場していますね。ドコモやソフトバンクなどの、いわゆるキャリアだけでなく、インターネット接続会社(プロバイダ)や、新手の通信会社などもその時流に乗り、”格安スマホ”に参入してきています。私もこの機会にようやくガラケーからスマホに乗りかえようと、格安スマホのサービス会社を色々調べ、比較検討してみました。便利なスマホが、これまでのガラケー並 [続きを読む]
  • XP使用者にお勧めの無料ウィルスソフトはコレ
  • 私は未だにパソコンのOSは「WindowsXP 」を使用しています。その理由は、新しいパソコンに買い換える余裕がないのと、買い替え時のデータの移行の手間などが億劫だからです。マイクロソフトのフォローがなくなり、XPを使い続けることは危険であることは承知しており、またツイッターはXPからだと自分のアカウントにアクセスできなくなってしまっています。ヤフーも、一部の機能はXPからだと使えないらしいです。このように [続きを読む]
  • ノンフライヤーはアイリスオオヤマが良さそうでおすすめ
  • 私の叔父が先日、すい臓ガンの手術を行いました。8時間以上の大手術で、すい臓を半分、十二指腸、胆管を切除してしまいました。その後めでたく退院となったのですが、自宅へ戻ってからは食事の制限などで大変なようです。胃腸の機能も弱っているために、油物、塩気の強いもの、食物繊維の多いもの、など制限される食材が案外多く、メニュー選びと共に調理法も研究しなければならず、苦労しているようすでした。叔父本人は、手術前 [続きを読む]
  • サンドイッチの本、「沼サン」が人気
  • 今、あるサンドイッチの本が人気らしいですね。その本の名は、『沼サン』(宝島社、980円+税)。妙な名前の本ですが、作者のお名前が「沼夫さん」といい、沼夫さんのサンドイッチなので、『沼サン』らしいです。この本の存在を知ったのは新聞広告なのですが、そこには、”おしゃれ・おいしくて・ボリューミー”というキャッチコピーが付いていました。どうやらキャベツの千切り+具財が基本のサンドイッチがメインのようで、それ [続きを読む]
  • ピース又吉、芥川賞受賞で気になる今後
  • <ピース又吉直樹「火花」が芥川賞 お笑いタレント初>日刊スポーツ 7月16日(木)19時25分配信  お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(35)が書いた小説「火花」と羽田圭介氏(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」が16日、第153回芥川賞(日本文学振興会主催)を受賞した。都内で選考会が行われ、6候補の中から受賞を射止めた。これまで、芸能界からはミュージシャン、辻仁成が「海峡の光」(97年)、同じく町田康が「 [続きを読む]
  • 過去の記事 …