小だぬき さん プロフィール

  •  
小だぬきさん: 小だぬきのつれづれ日記
ハンドル名小だぬき さん
ブログタイトル小だぬきのつれづれ日記
ブログURLhttp://hoteiharatanuki.seesaa.net/
サイト紹介文明るく元気に病にと毎日感じたこと、思ったことを「自分なら」の視点で書いています。
自由文H20年度末に「うつ病と共存」するために32年間の小学校教員を退職し、2009/4/1からは「自由人(無職」になりました。毎日をボーッとしても長く感じない生活になっています。障害年金・手帳2級認定だなぁと自分で自覚するのは身の周りの整理整頓と衛生に無頓着な部屋と身体に気づく時。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供459回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2008/11/23 23:06

小だぬき さんのブログ記事

  • 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
  • 『そこまで言って委員会』に出れば講演で稼げる! 辛坊治郎が漏らした安倍応援団・保守文化人の醜悪ビジネス 2017.04.23 LITERA(宮島みつや) 辛坊治郎の講演ビジネス暴露に、竹田恒泰が「それはタブー」  保守系タレントや御用ジャーナリストが一同に会すネトウヨ御用達番組『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)で、なかなか興味深い光景があった。「ニッポンに報道の自由はあるのか」と題した4月2日の放送のなかで、この極 [続きを読む]
  • 連休明け強行採決 共謀罪成立でもう後戻りはできなくなる
  • 連休明け強行採決 共謀罪成立でもう後戻りはできなくなる 2017年4月21日 日刊ゲンダイ  希代の悪法案「共謀罪」の実質審議が始まった。そのやりとりは予想通りヒドイに尽きる。安倍政権は2020年東京五輪に向けた「テロ対策」を前面に打ち出し、ウソと詭弁を弄して乗り切る戦略で、野党の質問にマトモに答えない。  保安林でキノコを採る森林法違反が共謀罪の対象犯罪に含まれているが、「これがテロ対策になるのか」と迫る野 [続きを読む]
  • 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体をポロリ
  • テレ朝・玉川徹のツッコミに自民党が共謀罪の正体をポロリ「目的はテロ対策じゃない」「市民の座り込み抗議にも適用」 2017.04.21 LITERA編集部 共謀罪の目的はやっぱりテロ対策じゃなかった!  ついに国会審議がはじまった共謀罪。19日の衆院法務委員会で安倍首相は、「我が国がテロ組織による犯罪を含む国際的な組織犯罪の抜け穴になることを防ぐ上において極めて重要」などと“テロ対策”であることを強調したが、もはやこん [続きを読む]
  • 自殺者の7割は男性! 男のメンタルリスク管理術
  • 自殺者の7割は男性! 男のメンタルリスク管理術 2017年04月19日 22時55分 All About ■「男はつらいよ!?」 ストレスを自覚しにくい男性たち 私が幼い頃、「男は黙って……」という言い回しが流行りました。これは、あるテレビCMをきっかけに流行した言葉。「四の五の言わずに黙ってやれ」「泣きごとを言わずに腹に収めろ」といったメッセージですが、そんな男らしさをまぶしく感じる一方で、女の私は「男の人生ってタイヘンそう… [続きを読む]
  • 性犯罪厳罰化「後回し」懸念 「共謀罪」本格審議入り
  • 性犯罪厳罰化「後回し」懸念 「共謀罪」本格審議入り 2017年4月19日 東京新聞夕刊  性犯罪を厳罰化する刑法改正案の今国会での成立が危ぶまれている。十九日に本格審議が始まった、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を与党が優先したためだ。性犯罪に関する刑法の大幅な見直しは明治時代の制定以来。被害者は「現代に即した早期の改正が必要だ」と訴える。   「非常にショックを受けている。今国会で必ず成立 [続きを読む]
  • 桜を見る会 大メディアが伏せた昭恵夫人の異常テンション<br />
  • 桜を見る会 大メディアが伏せた昭恵夫人の異常テンション 2017年4月17日 日刊ゲンダイ  今泣いたカラスがもう笑うとは聞くが、「知命」の齢に達したご婦人が泣いたり笑ったり、わずかな間に表情をくるくる変えるのは、マトモな精神状態と思えない。それも公の場で、である。15日に新宿御苑で開かれた安倍首相主催の「桜を見る会」。夫に同行し、10日ぶりに姿を見せた昭恵夫人は異彩を放っていた。 ■反省ゼロの大ハシャギ 「 [続きを読む]
  • 4・5月は自殺死亡者数がピーク
  • 4・5月は自殺死亡者数がピーク〜自傷行為の経験者は「1年以内の自殺リスク」も高い 2017.04.14 ヘルスプレス  「4月8日」と「4月11日」という日付から何を連想なさるだろうか?  実は新学期が始まる時期のこの両日は、例年、夏休み明けの「9月1日」に次いで「自殺する児童生徒」が多いことで、教育関係者のあいだでは知られる日付なのだ。  『自殺死亡統計の概況』(厚生労働省大臣官房統計情報部)から1日平均自殺死亡数を月別 [続きを読む]
  • 自主避難者 住宅提供打ち切り=大久保昂(大阪科学環境部)
  • 記者の目 自主避難者 住宅提供打ち切り=大久保昂(大阪科学環境部) 毎日新聞2017年4月13日 東京朝刊 再建支える体制、不十分  東京電力福島第1原発事故で、福島県内の避難指示が出ていない区域から避難した「自主避難者」への住宅の無償提供が、3月末で打ち切られた。昨秋からこの問題の取材を続けてきたが、困窮し、自立した生活ができる見通しが立たないまま打ち切りを迎えた避難者に数多く出会った。事故から6年。この [続きを読む]
  • イメルダと同じ…国家公務員を召し使い扱いする昭恵夫人
  • イメルダと同じ…国家公務員を召し使い扱いする昭恵夫人 2017年04月13日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL  国家公務員を使用人のようにハワイ旅行や選挙応援に連れ回し、“口利き”すれば、すべてが実現する。「首相夫人」の肩書に吸い寄せられてくる人は皆、自身をチヤホヤしてくれるうえ、「公人」としての責任は一切問われない――。こんな人間は世界中、見回してもこの人しかいない。安倍首相の妻・昭恵氏だ。  10日の衆院決 [続きを読む]
  • 山本太郎参院議員の質問主意書は“ど直球”でスカッとする。
  • 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 山本太郎参院議員の質問主意書は“ど直球”でスカッとする 2017年4月13日 日刊ゲンダイ 「『総理大臣をやめる』との首相答弁に関する質問主意書」(提出者・山本太郎)  これは4月6日に自由党の山本太郎参議院議員が参議院の議長に提出し、4月10日に転送された文書のタイトルだ。インターネットで全文読めるから、みなさんぜひ読んでみて。ど直球で、スカッとするから。  2月17日、 [続きを読む]
  • <br />首相夫人の立場 「私人」には無理がある
  • 今日から64歳、退職してからの時間の経つのが早い。税務署に「相続」書類全てを持ち、控除範囲内であることを確認してもらいます。首相夫人の立場 「私人」には無理がある 2017年4月12日 東京新聞「社説」  首相夫人は「公人」か「私人」か。安倍内閣は、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる首相夫人への追及をかわすため「私人」との立場を貫きたいのだろうが、やはり無理がある。  「『首相夫人』は、公人ではな [続きを読む]
  • 緊急事態条項という罠
  • 週のはじめに考える 緊急事態条項という罠 2017年4月9日 東京新聞「社説」  「大災害で国会議員が不在になってもいいのか」。もっともな議論に聞こえますが、憲法改正の道を開く取っ掛かりにしようとの意図が透けて見えます。  先月開かれた衆院憲法審査会で「緊急事態条項」を新たに憲法に盛り込むべきか否かが議論になりました。緊急事態条項とは、大規模災害や外国からの武力攻撃などの緊急事態が起きた場合、政治空白をつく [続きを読む]
  • がん治療の“武器”はどう探す? 不安な患者の情報戦
  • 麻木久仁子の明日は明日の風が吹く がん治療の“武器”はどう探す? 不安な患者の情報戦 2017年3月22日 yomiDr. 意外と知られていないがんの知識  いまや国民の2人に1人が、生涯の間にがんに 罹かか るのだそうです。そんなにがんは身近なのかと思われるかもしれません。自分自身ががんになるばかりではなく、大切な家族や友人ががんになり、ともに手をとって立ち向かうこともあると思えば、一生がんと無縁で過ごせる人はよほ [続きを読む]
  • 「共謀罪、心の萎縮招く」「今抵抗しないと」 作家ら声上げる
  • 「共謀罪、心の萎縮招く」「今抵抗しないと」 作家ら声上げる 2017年4月8日 東京新聞  「平和のために言論、表現の自由を守る」「四度目の廃案を目指す」−。国会で審議が始まった「共謀罪」法案に七日、作家や若者らから相次いで「NO!」の声が上がった。  日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は七日夜、東京都文京区の文京シビックセンターで「共謀罪は私たちの表現を奪う」と題する集会を開いた。作家や漫画家、写真家ら十四人 [続きを読む]
  • 今村担当相の「自己責任」発言 復興を語る資格はない
  • 今村担当相の「自己責任」発言 復興を語る資格はない 毎日新聞「社説」2017年4月7日 東京朝刊  本音が出たと言うべきだ。  今村雅弘復興相が東京電力福島第1原発事故で自主避難した人たちの帰還問題について「本人の責任、判断だ」などと語った。  実情を理解しているとは思えない発言だ。抗議の声や辞任を求める声が広がっているのは当然である。  事故後、避難指示の対象区域以外から家を離れた自主避難者は福島県の集計 [続きを読む]
  • 復興相の発言 政府の本音が露呈か
  • 復興相の発言 政府の本音が露呈か 2017年4月7日 東京新聞「社説」  原発事故は国策が招いたという自覚はどこにある。今村雅弘復興相が避難指示区域外の自主避難者をめぐる対応について「裁判でも何でもやれば」と話した。政権の本音が露呈したのではないか。  被災者支援の要にある大臣として、その認識には疑問符がつく。  今村復興相は福島第一原発事故後、国の避難指示区域外から避難した「自主避難者」について「本人の責 [続きを読む]
  • 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
  • “現代の治安維持法”共謀罪が審議入り! 権力批判しただけで逮捕虐殺された小林多喜二の悲劇が再び現実に! 2017.04.06 LITERA編集部  本日6日より、いよいよ、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が衆院本会議で審議入りする。  与党は問題だらけのこの法案を、一部ではわずか30時間程度で審議を終わらせ5月中の成立を目指しているとも報じられ、おそらく与党は今回もいつもの通りまともな議論もしないまま強行 [続きを読む]
  • 自主避難者に「自己責任」とは何事、復興相辞任を
  • 自主避難者に「自己責任」とは何事 復興相辞任を 2017年4月6日(木) しんぶん赤旗  東京電力福島第1原発事故の自主避難者への住宅の無償提供の打ち切りをめぐり、「本人の責任」「裁判でも何でもやればいい」などと国の責任を放棄する発言をした今村雅弘復興相の辞任を求め、東京都千代田区の復興庁前で5日夕、緊急の抗議行動が取り組まれました。  今村氏は4日の会見で、帰還できない人は「自己責任か」と質問した記者に、「 [続きを読む]