コージーアンティーク さん プロフィール

  •  
コージーアンティークさん: アールデコ&モダン『コージーアンティーク』
ハンドル名コージーアンティーク さん
ブログタイトルアールデコ&モダン『コージーアンティーク』
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/masayuki1125_1967
サイト紹介文家具/照明/陶芸/ガラス工芸など西洋アンティーク一般♪無料見積!無料出張買取!
自由文アンティークや日々の情報に加えてたまにニャンコ(愛猫)のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/11/25 10:31

コージーアンティーク さんのブログ記事

  • 海外輸出向け陶器と薩摩焼
  • 文献調査の為、国会図書館へ出かけた際、国会周辺の警備がかなり増強されていた気がします。何も起きなければそれはそれでよいのですが、警備されている方はご苦労さまです。それにしても、図書館では海外文献なども用意されているのでありがたい。さて、薩... [続きを読む]
  • 或る日の宿坊・・・文化財編
  • 宿坊のつづき。鎌倉時代に創建されたというふるーいお寺。3つある禅宗のひとつ、臨済宗のお寺でした。お寺へ向かう途中の立て看板に、冬場は道を上るのが修行になるそう。夏場でも麓と10度くらい温度差があるらしく、冬場は2メートルの雪に閉ざされる... [続きを読む]
  • 或る日の宿坊
  • ここ数日、初夏を思わせる気候続きの東京。いやぁ、このちょっと汗ばむ感じが良い♪さて、先日、秩父にある宿坊に行ってきました。宿坊体験は以前にもありますが、今回も満喫しました。オマケに、人生初のSLにも乗車でき、久しぶりにテンションが上がりまし... [続きを読む]
  • 春が来た♪
  • 毎朝のランニングで植物園のすぐわきを走る際の定点観測。2月上旬ごろから梅の花を眺めながら、桜はもうちょっと・・・と、気持ちを整える。そして、さ・く・ら。日本人で良かった、と実感するひととき。一昨日、お花見に出かけた際、割と年配(60代... [続きを読む]
  • 伊藤悌三の水彩ペン画
  • 伊藤悌三1907年-1998年 東京生まれ。東京美術学校卒業。元光風会会員。帝文展に入選。岡田賞、佐分賞受賞。岡田三郎助に師事。こよなくスペインを愛した画家としても知られる。若い頃は抑えた色調の風景がを描き、晩年は裸婦や薔薇などの色鮮やかな作品を描... [続きを読む]
  • 春の気配・・・
  • 前回のブログから早1ヵ月。さぼり癖というわけではないのだが、2月第三週は、PCと格闘しておりました。少し前にメモリを追加してデュアルチャネルにし、サクサク動いていた矢先の出来事。いろいろな修復の手立てを試すも頻繁に発生するエラー取れない。イ... [続きを読む]
  • ワンコとの別れ
  • 今まで何度かブログでも取り上げてきた、我が家の高齢のワンコが、今月10日に亡くなった。なんとか新年のお正月を迎えられたものの年明けから異常な激やせと食欲不振でもうダメかと思っていた矢先のことだった。過去にも、もうダメかなと思ったときは数回あっ... [続きを読む]
  • 今さら聞けない国宝のこと
  • 昨日も寒かった。。。肌を刺すような寒さ。寒さには弱いのだが、師走のこの何とも言えない空気感は好き(笑)さて、先月末まで東京国立博物館で「禅〜心をかたちに」と銘された特別展が開催されていました。行かれた方もいらっしゃるのではないかと思うの... [続きを読む]
  • 油彩作品の修理:その5
  • さて修復作業も大詰め。だいぶ綺麗になりました。当初、夕暮れの景色か・・・と思われた油彩でしたが、どちらかというと空気の澄んだ秋口から初冬の昼下がりの景色、といったところでしょうか。ところで、この絵画の修復という作業を本職にしている方... [続きを読む]
  • 照明器具いろいろ
  • 延長された国会では、IR法案(通称カジノ法案)がなにやら騒がしいことになってますね〜もう何年も前から話題になっては立ち消えの繰り返し。。。大概にしろーって思います。個人的には賛成ですよーカジノ大好きだし。雰囲気が良い!台場あたりに出来て... [続きを読む]
  • 油彩作品の修理:その4
  • 11月下旬とは、まさかの雪模様の東京。。。このような気象は半世紀以上ぶりだそうです。気象のみならずですが、今年はいろいろと想定外のことが起こりますなぁ・・・。雨や曇りに比べ雪は大好きなので、基本的には歓迎したいところ。あとは、こころとからだ... [続きを読む]
  • 油彩作品の修理:その2
  • 額縁の部分に目立つ小さい洞穴のような隙間。どうしてこのようになるのか・・・まあコンクリートだって四半世紀もすれば劣化するでしょうし、煉瓦積みの壁も崩れることもあるでしょう。まあ、原因を追求するのもなんですので、対処療法を施すことに。まず、直... [続きを読む]
  • 油彩作品の修理:その1
  • 久しぶりの修復。過去には、家具や照明、そして思い出深いピンボール(アーケード・ゲーム機)の修復の様子を掲載したことがありました。まあ、古いものを扱うの当たって、クリーニングなどは全品目が対象となるわけですし、その何割かは程度の差こそあれ、修復... [続きを読む]
  • 諸行無常
  • 8月中旬の猛暑の残る頃より、16歳♂の愛犬の様子が一変。もはや散歩どころではなく、食事や水飲みに際して、自らの体重を支えることにも支障が。そして白内障の悪化による角膜の損傷。飽くなき食への欲求だけは取柄だったのが、最近では完食したり残したり... [続きを読む]
  • 9月もおわり・・・
  • 9月も今日でおわり。。。毎年思うことですが、この時期は物悲しい。理由は、とりわけ夏が大好きだからにほかなりませんが・・・そういったちょっとおセンチな気分を忘れさせてくれるようにいろいろな出来事があるわけです。上記は、9月の第1週の週末... [続きを読む]