ドクガク さん プロフィール

  •  
ドクガクさん: 弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-
ハンドル名ドクガク さん
ブログタイトル弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-
ブログURLhttp://benrishikoza.blog24.fc2.com/
サイト紹介文知財業務を行う方、弁理士試験の受験生・独学者に、各種ノウハウ提供をします(独学の弁理士講座別室)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/11/24 16:43

ドクガク さんのブログ記事

  • 弁理士試験-H21問2枝4
  • H21問2枝4 PCT、H21-2-4について - Lets'Go! 2017/03/11 (Sat) 13:01:09PCTですが、1問が分かると多くが分かる問題の一つとして、回答いただけると幸いです。この問題ですが、私は、「指定官庁の」と出て来た時点で、「何で、予備審査報告に指定官庁がでてくるのか?」で「?」としました(誤答)。しかし、LECの解説を読んでもしっくりしなかったのですが、前に講師が言っていた「予備審査報告には、一章と二章がある。審査請求さ [続きを読む]
  • 弁理士試験-商標法上の商品
  • 商標法上の商品 H20-32-1、商標法上の商品 - Lets'Go! 2017/03/10 (Fri) 17:36:29「電気、熱及びエネルギーそのものは商標法上の商品ではない」についてですが、これを?にしてしまいました。 確かに有体物ではなく、無体物ですが、電池にはいった電気は売り物です。これは、ペットボトルに入っている水が商品であり、灯油が缶で販売されるのと、変わりないと考えます。 電気がなくなった電池と電気が保持された電池では、違います [続きを読む]
  • 弁理士試験-商標を使用する権利について
  • 商標を使用する権利について 商標を使用する権利について - Lets'Go! 2017/03/09 (Thu) 22:24:24論文知識と考えますが、よろしくお願いします。 商標の場合、通常使用権だけでなく、「商標を使用する権利」という構成が取られます。特許の場合に法定通常実施権に相当するものと考えますが、「なぜ、商標の場合に「法定通常使用権」という構成がとれないのか?」に関して、青本のどこかに書いてないでしょうか?または、教示いただ [続きを読む]
  • 弁理士試験-H24問16枝5
  • H24問16枝5 PCT,H24-16-4,5 - Lets'Go! 2017/03/09 (Thu) 18:04:304.は、指定官庁が出願人に要求できる書類は、①発明者の特定に関する書類②出願人の資格に関する書類を含む。で、〇が正解です。5.では、出願人が優先日から16月以内に願書の補充又は追加でできる申立ては「①発明者の特定に関する申立て」のみがあげられています。しかし、これは、PCT27条から引く場合と、規則4.17から引く場合の両方なので、どちらの場合も①② [続きを読む]
  • 弁理士試験-H27問58枝ハ
  • H27問58枝ハ 意匠、関連意匠、過去問H27-58-ハ - Lets'Go! 2017/03/08 (Wed) 20:42:52本問は、3個の類似意匠(イ、ロ、ハ)があり(イとハは非類似)、出願時点が異なっているときに、真ん中のロを本意匠として「3個とも意匠登録できる場合があるか?」という問題です。 答えは、?ですが、考えますところ、イ、ロが広報発行前ならば、イの出願を一旦取り下げて、ハの後になりますが、出願のし直しをすればできると考えますが、こ [続きを読む]
  • 弁理士試験-PCT19条補正の公開
  • PCT19条補正の公開 PCT19条関係、国際出願の補正 - Lets'Go! 2017/03/08 (Wed) 17:32:34同条(2)(3)で、指定国の国内法令が認めている場合は、出願時の開示の範囲を超えてした補正は、指定国に関しては有効ですが、この場合、その補正は、国際公開で併記された再公開がされたりするということでしょうか? Re: PCT19条関係、国際出願の補正 - 管理人 2017/03/09 (Thu) 14:51:50請求の範囲についてPCT19条補正がされた場合には、補正 [続きを読む]
  • 青本20版の公開開始
  • 青本20版の公開開始青本20版が公開されました。この時期だと、勉強に響きますね。手を出すか悩むところです。・「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第20版〕」(特許庁)【関連記事】「青本19版がAmazonで販売開始」↓ ありがとうございます。本ブログは独学の弁理士講座の別室です。なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。 [続きを読む]
  • PlatPat停止中に役立つ無料サイトのまとめ
  • PlatPat停止中に役立つ無料サイトのまとめ外部からの攻撃を検知したとかで、J-PlatPatが停止しています。セキュリティ対策を行ってからの再開のようですので、まだかかりそうですね・・・・特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)サービスの再開の予定について(INPIT)こんなときの備忘録として、無料サイトをまとめておきます。・公報取得・閲覧に利用できるサイト PATENTSCOPE 公報PDFは「書類(Documents)」タグ。フォント埋 [続きを読む]
  • 弁理士試験-内国民待遇について
  • 内国民待遇について パリ条約、内国民待遇について - Lets'Go! 2017/03/06 (Mon) 13:41:03特25条1号は、我が国を基点として「平等主義」で、2号は「相互主義」と習ってますが、パリ条約の内国民待遇は、日本以外の加盟国に対して、一律適用ということなので、「平等主義」と理解しますが、それでよいでしょうか? 同様に、TRIPS・4条の「最恵国待遇」も「平等主義」と考えてよいでしょうか? 結局、「無条件の一律適用」事項は、 [続きを読む]
  • 弁理士試験-取消審判に参加できる時期
  • 取消審判に参加できる時期 取消審判に参加できる時期 - 初心者 2017/03/05 (Sun) 00:16:16商標における取消審判において、参加できるのは、「審理終結通知まで」で正しいでしょうか?ご教示宜しくお願いします。 Re: 取消審判に参加できる時期 - Lets'Go! 2017/03/05 (Sun) 10:02:19管理人様から正式回答があると思いますが、商56条で、特148条(参加の規定)が準用されており、1項、3項で、「審理の終結に至るまで」参加できる。 [続きを読む]
  • 弁理士試験-特27条、特98条の変更とは
  • 特27条、特98条の変更とは 特27条、98条の「変更」について - Lets'Go! 2017/03/04 (Sat) 18:57:10お世話になります。「変更」とあります。「信託の変更」は、具体的な説明があり、「所有権の移転とは違う」という感じで、意味がなんとなく分かりますが、「変更」というと、「出願の変更」でないのは明らかであり、「権利の変更」というと、意味が?です。教示下さい。 Re: 特27条、98条の「変更」について - 初心者 2017/03/06 (M [続きを読む]
  • 弁理士試験-拒絶通報12月通告可能国
  • 拒絶通報12月通告可能国 意匠、ジュネーブ改正、拒絶通報12月 - Lets'Go! 2017/03/03 (Fri) 12:53:00実態審査国は、拒絶通報期間を12月にできますが、その場合、異議申立制度がないといけないとのことですが(特許庁パンフ)、これは、無効審判があるからそれでよいということでしょうか? Re: 意匠、ジュネーブ改正、拒絶通報12月 - 管理人 2017/03/06 (Mon) 14:44:08文章を読み間違えているだけです。ハーグ協定のジュネーブ改正協 [続きを読む]
  • 弁理士試験-商9条で出願日遡及の理由
  • 商9条で出願日遡及の理由 商9条①とパリ11条(1)(2) - Lets'Go! 2017/03/02 (Thu) 23:08:56パリの仮保護は、優先権の基礎出願と同じで、出願日の遡及ではないですが、商9条は出願日遡及で、保護が厚いですが、これはどういう理由からでしょうか? 青本にもありませんが、なぜ、青本で、この点を言及していないのでしょうか? Re: 商9条①とパリ11条(1)(2) - 管理人 2017/03/06 (Mon) 14:42:15パリ条約11条(1)では「同盟国は,いずれ [続きを読む]
  • 弁理士試験-防護への変更要件
  • 防護への変更要件 商65条、出願の変更 - Lets'Go! 2017/03/02 (Thu) 22:53:25出願の変更で、商標から防御に変更できます。ここで、登録商標の場合、指定商品又は指定役務を後から増やす場合、その商標出願ができますが(5条)、その商標出願を防護標章出願に変える場合に、64条の要件によることなく、防護に変更できるということでしょうか? Re: 商65条、出願の変更 - 管理人 2017/03/06 (Mon) 12:28:06登録商標と同一の商標につ [続きを読む]
  • 弁理士試験-商標8条1項が拒絶理由でない理由
  • 商標8条1項が拒絶理由でない理由 商標8条1項が拒絶理由でない理由 - Lets'Go! 2017/02/25 (Sat) 20:43:58もし8条1項が拒絶理由ならば、審査時点で「登録になってない先願があるかないか」まで調べる必要があると考えます。しかし、これは実際上で困難ではないでしょうか? よって、審査実務としては、4条1項11号で商標登録を調べて、処理するという事になっているということはないか?と考えますが、こういうような理解も可能 [続きを読む]
  • 最高裁判決の紹介
  • 最高裁判決の紹介.平成27年(受)第1876号『商標権侵害行為差止等請求反訴事件』電気瞬間湯沸器を独自に輸入して日本国内で販売していた上告人(商標権者)が、日本国内における独占的な販売代理店である被上告人から、不正競争防止法2条1項1号所定の不正競争に該当するなどとして、「エマックス」等の商標の使用差止め及び損害賠償等を求められた本訴に対して、当該登録商標に類似する商標の使用の差止め等を求めて反訴 [続きを読む]
  • ニュース-「マリカー」の商標登録が維持決定
  • 「マリカー」の商標登録が維持決定先日任天堂に提訴された「株式会社マリカー」ですが、実は、自動車の貸与などを指定役務とする、「マリカー」の商標権を所有しています。提訴に先駆けて任天堂が異議申し立てをしていましたが、平成29年1月26日付けで維持決定となっていたようです。.公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について(任天堂)ニュースリリースによると、訴訟の争点は、① [続きを読む]
  • 弁理士試験-特164条2項の補正却下
  • 特164条2項の補正却下 特164条2項の補正却下について - 超初心者 2017/02/12 (Sun) 15:38:29審判請求時の補正が17条の2第3項から6項までの規定に違反する時は、準用する53条1項の規定により補正却下されるという認識ですが、164条では、特許査定をする場合を除き、補正却下してはならないとされています。164条2項の規定は審判請求と同時の補正は除かれているのでしょうか。基礎的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。 Re: [続きを読む]
  • ニュース-『楽しく学べる「知財」入門』販売中
  • 『楽しく学べる「知財」入門』販売中.実は曖昧な「パクリと模倣の境界線」 知的財産権について解説(livedoor NEWS)『すばらしき特殊特許の世界』で有名な、稲森健市(稲穂健市)氏の、『楽しく学べる「知財」入門』が販売中です。今週末には購入してレビューしますが、待望の新作と言うことでわくわくしています。それにしても、2/15発売で、よくPPAPのネタを突っ込めましたね。やっぱりスゴイ!早速読ませて頂きました。従来の作 [続きを読む]
  • 珍しい知財判決集 平成27年
  • 珍しい知財判決集 平成27年平成27年(ネ)第10024号:平成27年10月29日判決言渡平成25年(ワ)第10151号:平成26年12月25日判決言渡「損害賠償請求控訴事件」原告及び被告(の従業者)以外の第三者が発明者である冒認出願を理由に無効な特許権の行使が否定された事例。原告(控訴人)の代表者は、被告(被控訴人)から再三にわたり発明の着想経緯を明らかにするよう求められていたにもかかわらず具体的な [続きを読む]
  • 弁理士試験-特29条の2における発明の同一
  • 特29条の2における発明の同一 特29の2における発明の同一について - 初心者 2017/02/11 (Sat) 18:16:07手持ちの参考資料に、『特29の2の適用では、先願の当初明細書に「断面が六角形の鉛筆」と記載されていれば、その記載から上位概念である「断面が多角形の筆記具」を引用発明として認定できる。』との記載があります。これは、特29の2では、先願発明と後願発明の両者の発明特定事項に相違点があっても、課題解決のための具体化手 [続きを読む]
  • 弁理士試験-異議再審での職権審理
  • 異議再審での職権審理 再審での職権審理について - 初心者 2017/02/04 (Sat) 11:04:41問題「特許異議申し立てにおける確定した取消決定に対する再審では、審判官は当事者・参加人の申立ない理由についても職権で審理できる。」この問題に対する回答資料では、正解は、「正しい」となっていましたが、職権審理できないのではないでしょうか? 理由は、特174①で、特153①を準用していないからです。 ご教示のほど宜しくお願いしま [続きを読む]
  • 弁理士試験-短答用レジュメ2017年版提供開始
  • 短答用レジュメ2017年版提供開始・オリジナルレジュメについて短答用レジュメ2017年版の提供を開始しました。平成28年(ネ)第10046号大合議判決、および環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律(平成28年12月16日法律第108号)に基づく法改正に対応しております。↓ ありがとうございます。本ブログは独学の弁理士講座の別室です。なお、直近の本室更新は「H28年 [続きを読む]
  • PPAP騒動で見た一見正しそうな話
  • PPAP騒動で見た一見正しそうな話.「PPAP等の大量勝手商標出願問題について整理してみる」(栗原潔の記事一蘭)PPAP騒動で見た、一見正しそうな話について解説します。全体的には、「PPAP」の文字(タイトル)と著作物としての楽曲との混同と、楽曲のタイトルと商標との混同が多かった気がします。①商29条があるので、仮に商標登録されてもピコ太郎さんは「PPAP」を自由に使用できるよ。→まず、「PPAP」というタイトルだけでは著作 [続きを読む]