福家金蔵 さん プロフィール

  •  
福家金蔵さん: お金学
ハンドル名福家金蔵 さん
ブログタイトルお金学
ブログURLhttp://okanejuku.blog92.fc2.com/
サイト紹介文お金と人生がテーマの論評、書評
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2008/11/26 09:29

福家金蔵 さんのブログ記事

  • 仕事とは
  • 1.仕事とは、「お金を稼ぐためにするもの」です。お金をいっぱい稼げた人にしか、好きな仕事はなかなかできないものです2.仕事とは、「『カネのために働く』から始まり、『誰かのために働く』ようになり、最後は『自分のために働く』ことで終わるのが理想」です3.仕事とは、「お金が目的でいいもの」です。仕事にお金以外の価値を求めさせるのは、経営者側の常套手段です4.仕事とは、「やりがいがなくなったら、続けること [続きを読む]
  • 会社とは
  • 1.会社とは、「社員を利用しようとするもの」です。社員とは、「会社を利用しようとするもの」です。両者の関係は、フィフティフィフティです2.会社とは、「利潤を最大化しようとするもの」です。労働組合が機能していないと、従業員の給料を下げようとしてくるものです3.会社とは、「赤字になれば、従業員の幸せなど、これっぽっちも考えてくれないもの」です。儲けあっての、きれい事です4.会社とは、「儲からなくなって [続きを読む]
  • 組織とは
  • 1.組織とは、「自分に厳しい人が、自分に甘い人をマネジメントすることで、機能するもの」です2.組織とは、「やるべきことをやっていない人が、みんなをリードし始めたら、崩壊していくもの」です3.組織とは、「自信に充ちたリーダーを必要とするもの」です。自信をなくしたリーダーのクビは早く切ることです4.組織とは、「上が命令した失敗を、上が責任をとらなければ、どんどん腐っていくもの」です5.組織とは、「真面 [続きを読む]
  • 出世とは
  • 1.出世とは、「上司や会社に貸しをいっぱいつくれた人ができるもの」です2.出世とは、「泥をかぶってきた人が有利になっていくもの」です3.出世とは、「会社のカネ儲けのための奴隷になったことを、その交換条件とするもの」です4.出世とは、「給料以上の仕事をしてきたものだけが、できるもの」です。出世によって、今までの給料の不足分が補われるものです5.出世とは、「みんなが嫌がることを、黙ってやっていると、自 [続きを読む]
  • 商品とは
  • 1.商品とは、「何度もすすめてくるものは、買ってはいけないもの」です。儲けの少ないものであれば、そんなにすすめてはこないものです2.商品とは、「売り手がカネをかけて大きく宣伝しているものは、買ってはいけないもの」です3.商品とは、「『それを使ったら、どんなにいいことがあるのか』『それ利用したら、楽しいことがあるのか』に答えてくれないものは、買ってはいけないもの」です4.商品とは、「『売れ筋』だけで [続きを読む]
  • 商売とは
  • 1.商売とは、「『差』のあるところに、ネタがあるもの」です。その『差』(価格差、時間差、品質差)を発見し、機を見て敏に行動した人が成功するものです2.商売とは、「『客のニーズがあって』『競争相手がなかった』とき、大儲けできるもの」です3.商売とは、「市場規模の割に、競争の少ないときが一番儲かるもの」です。伸びそうな産業を見つけ、みんなが参入をためらう間にさっさと稼ぐことです4.商売とは、「上りのエ [続きを読む]
  • 老舗とは
  • 1.老舗とは、「売ろうとする商売ではなくて、売ってくれと言われるまで売らない商売をしているところ」です2.老舗とは、「時間や労力を売らないで、技術や能力をずっと売ってきたところ」です3.老舗とは、「事業を大きく拡げるよりも、事業がずっと続くことに、重きを置いてきたところ」です4.老舗とは、「小規模なもの」です。大規模の組織を管理できる優秀な子孫が滅多に現れないことを見越した、先代たちの知恵です5. [続きを読む]
  • 儲かっている会社とは
  • 1.儲かっている会社とは、「いいように見せる必要がないので、案外地味な会社」です。会社は見かけによらないものです2.儲かっている会社とは、「税金をとられるのが嫌だから、広告でも入れようかと考えている会社」です3.儲かっている会社とは、「寒い時、暑い時、暗い時に働いていない会社」です。冬と夏の長期休暇、退社時間の早さが、そういう会社の特徴です4.儲かっている会社とは、「その裏に、必ず画期的なシステム [続きを読む]
  • 成功とは
  • 1.成功とは、「できた人はそれを『必然』だと思い、できなかった人はそれを『偶然』だと思ってしまうもの」です2.成功とは、「たまたま出会った人、たまたま命令された仕事など、『たまたま』がもたらしてくれるもの」です3.成功とは、「ギャンブルに勝った証のもの」です。人生もギャンブル、商売もギャンブル、投資もギャンブルです4.成功とは、「宝くじのようなもの」です。できた人の自慢は話題になるが、できなかった [続きを読む]
  • 資本主義とは
  • 1.資本主義とは、「新たな夢を与え続ければ、発展するもの」です。それができなくなれば、破綻するものです。つまり、ネズミ講と同じ構造です2.資本主義とは、「アメリカを頂点に拡大する持続型巨大ネズミ講のようなもの」です。人口減少とデフレ下では、ネズミ講を維持できないのです3.資本主義とは、「浪費奨励主義ということ」です。倹約や節約は、資本主義社会においては、危険思想です4.資本主義とは、「他人との差を [続きを読む]
  • 欲望とは
  • 1.欲望とは、「吉にも凶にもなるもの」です。さらに、「薬にも毒にもなるもの」です2.欲望とは、「人が持つパワーのこと」です。そのパワーが向かう先によって、幸福の道を進むか、苦痛の道を進むかに分かれるものです3.欲望とは、「軽く見てはいけないもの」です。「重く見すぎてもいけないもの」です4.欲望とは、「持ちすぎてもいけないし、なくしてもいけないもの」です。八分目に持つことです5.欲望とは、「肯定すれ [続きを読む]
  • 家とは
  • 1.家とは、「家族の通勤、通学、通院に、時間とカネがかからないところに構えるもの」です2.家とは、「『修繕積立金』『管理費』『空調費光熱費』『家族の総交通費』といった、ランニングコストまで考えて買うもの」です3.家とは、「維持費と解体費を計算し、売却価格を予測して、買うもの」です4.家とは、「標準的なものを買うこと」です。建築家は、個性的な家を建てるのが好きです。そんな自己主張と自己満足につき合っ [続きを読む]
  • モノとは
  • 1.モノとは、「買う前に『1年当たり価格』『1回当たり価格』を計算するもの」です。この1年1回の計算が、倹約家と浪費家を分けるのです2.モノとは、「大きなものほど、買う時に、『何回使うか』『長年使うか』『転売できるか』を考えなければ、後々、家の粗大ゴミになるもの」です3.モノとは、「最後はすべてゴミとなるもの」です。それがわかってくれば、空しくなって、物欲はなくなるものです4.モノとは、「原材料費 [続きを読む]
  • 買い物とは
  • 1.買い物とは、「生活のための仕入れ作業」です。いいものを安く買いたいものです2.買い物とは、「会社で言うところの仕入」です。買った物は、減価償却できない流動資産がほとんどです3.買い物とは、「モノの原価を知れば知るほど、馬鹿らしくなってしまうもの」です4.買い物とは、「自分のスタイル、自分の哲学に相応しいものだけを買えばいいもの」です5.買い物とは、「お金を稼ぐのがつらい人は、必要以上にしなくな [続きを読む]
  • 勝負とは
  • 1.勝負とは、「欲張りな人、気の強い人、冷たい人が勝つもの」です。つまり、闘争本能に長けた人です2.勝負とは、「相手を絶対に倒してやるという『強い欲』か、勝ち負けを気にしていない『無欲』か、でないと勝てないもの」です3.勝負とは、「調子に乗ったほうが勝つもの」です。相手を調子に乗せたら、受け身一辺倒になって、苦しむことになるのです4.勝負とは、「自信たっぷりのほうが勝つもの」です。自信をつけるため [続きを読む]
  • 貧しさとは
  • 1.貧しさとは、「理想を追い求めている人の背後に、徐々に迫ってきているもの」です2.貧しさとは、「悪への抵抗を徐々に弱め、悪になびく危険性を徐々に強めるもの」です3.貧しさとは、「暴力を増やすもの」です。豊かさとは、「暴力を減らすもの」です4.貧しさとは、「誇ってはいけないもの」です。貧しさの原因を、自分ではないものに責任転嫁しているからです5.貧しさとは、「その救いを政治や宗教に求めても解決しな [続きを読む]
  • 投資とは
  • 1.投資とは、「勇気あるひねくれ者が勝つゲーム」です。「度胸なしの素直な人間がやってはいけないゲーム」です2.投資とは、「昔の仲間から『お前、変わったぞ』と言われるぐらいになって、やっと儲けられるもの」です。友だちが減るくらいでないと、儲からないものです3.投資とは、「不安や恐怖を克服できた人でないと、儲けられないもの」です4.投資とは、「他人の意見を素直に聞くような人がやってはいけないもの」です [続きを読む]
  • 貯金とは
  • 1.貯金とは、「お金の心配をしなくても生きていけるくらいの額が目標になるもの」です2.貯金とは、「その額が増えていけば、人を自由にさせるもの」です。束縛を嫌う人ほど、いっぱい貯金をするものです3.貯金とは、「ゆとりと安心を与えるもの」です。借金とは、「緊張と不安を与えるもの」です4.貯金とは、「不安の大きい人が増やすもの」です。不安の少ない人は、そんなに貯めなくてもいいものです5.貯金とは、「高い [続きを読む]
  • 給料とは
  • 1.給料とは、「マニュアル化された仕事ほど安くて、マニュアル化されにくい仕事ほど高いもの」です2.給料とは、「虚業(非生産的職業)ほど高くて、実業(生産的職業)は安いもの」です。実業で働いている人が、虚業で働いている人に支配されているからです3.給料とは、「代替可能になれば下がるもの」です。人だけでなく機械やロボットもライバルです4.給料とは、「需要と供給で決まるもの」です。慢性的な供給不足や供給 [続きを読む]
  • お金儲けとは
  • 1.お金儲けとは、「『自分よりバカな人』か『自分よりカネのない人』を相手にするもの」です2.お金儲けとは、「真面目に働かない奴のほうがうまいもの」です。真面目さが邪魔するのです3.お金儲けとは、「カッコをつけなければ、誰でもできるもの」です4.お金儲けとは、「わがままな客に自分を合わせること」です。給料も、社長という『わがままな人』に合わさないともらえないのです5.お金儲けとは、「世の中の弱点を探 [続きを読む]
  • お金とは
  • 1.お金とは、「自由にさせてくれるもの」です。だから、束縛を嫌う人たちは、お金が大好きです2.お金とは、「他人に管理されたくない人、依存したくない人が貯めるもの」です3.お金とは、「自由国へのパスポート」です。このパスポートは高額です4.お金とは、「世間の地獄から抜け出せる通行手形のようなもの」です5.お金とは、「義理や負い目など、心の『借り』を清算するために必要なもの」です6.お金とは、「意志を [続きを読む]
  • トップとは
  • 1.トップとは、「『何人管理できるか』ではなくて、『何人メシを食わせられるか』で、その能力が量られるもの」です2.トップとは、「カネから逃がれられないもの」です。組織は、カネによって構成されているからです3.トップとは、「ギャンブラーのようなもの」です。どちらに賭けるかを常に求められているのです4.トップとは、「死や破産を怖れる人が、なってはいけないもの」です。腹をくくらないトップなど追い出すこと [続きを読む]
  • 権力者とは
  • 1.権力者とは、「自分を頼ってくる人たちをかわいがるもの」です2.権力者とは、「自分のサジ加減一つで、世の中を動かせることが、楽しくてしょうがない人たち」です3.権力者とは、「自分のために働いた人の身分を高くするもの」です。「自分の役に立たなかった人の身分を低くするもの」です4.権力者とは、「自分に都合のいいことを言ってくれる知識人を雇うもの」です。権力側にいる知識人の言うことを鵜呑みにしてはいけ [続きを読む]
  • 大物とは
  • 1.大物とは、「大金を動かしている人」です。小物とは、「小金しか動かしたことがない人」です2.大物とは、「批判されても動じない人」です。小物とは、「批判を気にしている人」です。大衆とは、「批判するのが好きな人」です3.大物とは、「異質のもの、対立するもの、矛盾するものを包み込む度量のある人」です4.大物とは、「ゆっくり歩き、静かにしゃべり、どっしり構えているもの」です5.大物とは、「注意されても、 [続きを読む]
  • 日本人とは
  • 1.日本人とは、「内には甘く、外には厳しい民族」です。それが、『非正社員』『いじめ』『系列・下請け』『派閥・同窓、同郷、同族意識』を生むのです2.日本人とは、「自分の知らない人、得体の知れない人を敵とみなす民族」です3.日本人とは、「一人では、弱い人間でも、いったん集団に入ると、偉そうに振る舞い、攻撃的になる人たち」です4.日本人とは、「みんなが見ていないところで、弱いものいじめをする人たち」です [続きを読む]