福家金蔵 さん プロフィール

  •  
福家金蔵さん: お金学
ハンドル名福家金蔵 さん
ブログタイトルお金学
ブログURLhttp://okanejuku.blog92.fc2.com/
サイト紹介文お金と人生がテーマの論評、書評
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2008/11/26 09:29

福家金蔵 さんのブログ記事

  • 気遣いとは
  • 1.気遣いとは、「気を遣うことよりも、気を遣わせないことのほうが大事なもの」です2.気遣いとは、「その気持ちがバレないようにするもの」です。後でバレるくらいがちょうどいいものです3.気遣いとは、「さり気なく、目立たないようにするもの」です。仰々しい気遣いは気を害するものです4.気遣いとは、「見破られないようにするもの」です。見破られたら、それは、おべんちゃら、ヨイショになってしまうものです5.気遣 [続きを読む]
  • 笑顔とは
  • 1.笑顔とは、「万国共通言語」です。ニコニコしていれば、世界中どこに行っても、誰かが助けてくれるものです2.笑顔とは、「人間関係の入口」です。感謝とは、「人間関係の出口」です。入と出をきっちり押さえておけば、人間関係は大抵うまくいくものです3.笑顔とは、「伝染するもの」です。つくり笑顔でも、周りのみんなを笑顔にできるのです4.笑顔とは、「暗い気持ちを吹き飛ばしてしまうもの」です。人気者への入り口で [続きを読む]
  • 孤独とは
  • 1.孤独とは、「自分をごまかすことのできない人が選んでしまう道」です2.孤独とは、「自ら求めて、そうなるもの」です。ひとりぼっちとは、「求めていないのに、そうなってしまうもの」です3.孤独とは、「他人に過剰な期待をかけなかった善良な人たちの行き先、行く末」です4.孤独とは、「心の内なる声に忠実に従った人が感じるもの」です。意志を貫くには必要なものです5.孤独とは、「何でもカネで買える時代になってき [続きを読む]
  • 信用とは
  • 1.信用とは、「ウソをつかなければいけない立場の人は、得られないもの」です2.信用とは、「約束の時間や期限を守ったかどうかで、判断されてしまうもの」です3.信用とは、「人の見ていないところで何をするかで判断されてしまうもの」です。みんなのいるところで、立派なことをしても、まだまだ信用できないものです4.信用とは、「浪費しない人に集まるもの」です。浪費する人には、誰もカネを貸したりしないからです5. [続きを読む]
  • 言葉とは
  • 1.言葉とは、「短ければ短いほど、濃縮して、伝わるスピードとパワーが増すもの」です2.言葉とは、「数少ないほうが、一言の重みが増すもの」です。特に、説教するときは、言葉を絞ることです3.言葉とは、「言い切るもの」です。さらに、極論を勢いよく示せたら、マスコミに登場するような評論家になれるものです4.言葉とは、「相手を納得させてナンボのもの」です。つぶやいただけでは、相手を納得させられないものです5 [続きを読む]
  • 差別とは
  • 1.差別とは、「怖いと感じる相手にするもの」です。いじめとは、「弱いと感じる相手にするもの」です2.差別とは、「恐怖心が生み出す意識」です。自分が強い人間になれば、差別なんかしなくなるものです3.差別とは、「先にいて利益を得ている人が、後から来て利益を得ようとする人に持つ卑しい感情」です4.差別とは、「恥ずべき意識」です。なぜならば、本人の努力では変えられない『出自』や『身体的特徴』を材料にするか [続きを読む]
  • 批判とは
  • 1.批判とは、「自分のことを棚に上げないとできないもの」です。批判する人は、人格者ではなく、二重人格者です2.批判とは、「自分の愚かさに気づいていない人でないと、できないもの」です。批判する人は、ナルシストです3.批判とは、「地に足が着いている人には、できないもの」です。批判する人は、青二才です4.批判とは、「自分のほうが偉いんだと、暗に言っていること」です。大人げないものです5.批判とは、「共通 [続きを読む]
  • 悪口とは
  • 1.悪口とは、「相手を妬むがゆえに、思わず口にしてしまったもの」です。悪口を言った時点で、相手に負けたことになるのです2.悪口とは、「嫉妬心が原因のもの」です。まるで自分の卑しさを言いふらしているようなものです。恥ずかしいことです3.悪口とは、「人生の目標を失った人の戯言」です。愚痴とは、「人生の目標を失いつつある人の戯言」です4.悪口とは、「自分にとって都合の悪いことを口走っているだけのもの」で [続きを読む]
  • ウソとは
  • 1.ウソとは、「劣等感の強い人、勝ち目のなくなった人がつくもの」です2.ウソとは、「貧しい環境で育った人が成功しようとして、思わずついてしまうもの」です3.ウソとは、「身を滅ぼすよりも、身を護る効果のほうが大きいもの」です。成功しようと思ったら、上手にウソを使うことです4.ウソとは、「力の弱いものが強いものに対して使う護身術」です5.ウソとは、「ついているとき、具体的な表現が減り、抽象的な表現が増 [続きを読む]
  • やる気とは
  • 1.やる気とは、「『できそうだ』と思わないと、起きてこないもの」です。さらに、「『もっといいことがありそうだ』と思わないと、続かないもの」です2.やる気とは、「『夢・目標』『金銭欲』『評価・認知欲求』『プライド』『危機感・競争意識』『責任感』から生まれてくるもの」です3.やる気とは、「怒りがもとになっているもの」です。社会への怒り、自分への怒りをバネにしてみんな成長していくものです4.やる気とは、 [続きを読む]
  • 自信とは
  • 1.自信とは、「カラ元気とデカい声とニコニコ顔があれば、あるように見えるもの」です2.自信とは、「顔に出るもの」です。信念とは、「目に表れるもの」です。勇気とは、「言葉に出るもの」です3.自信とは、「理念や目的を空想することで、実力以上のものを生ませるもの」です4.自信とは、「自惚れの一歩手前のもの」です。近くに自惚れを忠告してくれる人が必要です5.自信とは、「成長していたら、それが自惚れであって [続きを読む]
  • 人生とは
  • 1.人生とは、「お金があるから、考えられるもの」です。お金のない人の人生観は歪むものです2.人生とは、「お金を稼ぐために、大半の時間を使ってしまうもの」です。大金持ちの家に生まれた人は、お金を稼ぐ時間が不要なので、人生を得するものです3.人生とは、「『衣食住』を確保できた後は、暇をつぶしていたらいいもの」です4.人生とは、「『健康』と『少々のお金』と『知的探求時間』があれば、それだけで十分」です5 [続きを読む]
  • 幸福とは
  • 1.幸福とは、「自由のない人にはないもの」です。自由とは、「お金のない人にはないもの」です2.幸福とは、「したくないことをしたくないと言える状況」です。したいことをしたいと言えても、まだまだ幸福とは言えないものです3.幸福とは、「好きなときに、好きなことを、好きなだけできること」です。『好きなとき』を選べない忙しい人は、お金があっても、幸福ではないのです4.幸福とは、「自分のやりたいことを、何の障 [続きを読む]
  • 哲学とは
  • 1.哲学とは、「『常識』と『標準』と『普通』と『平均』を疑うことからスタートするもの」です2.哲学とは、「存在しているものには必ず意味があると考えることから、スタートするもの」です3.哲学とは、「インチキを見破るために必要な学問」です4.哲学とは、「理想に敗れ、現実的になって初めて、考えられるもの」です5.哲学とは、「自分の行いにも疑いの目を持たなければいけない学問」です。他人や社会に疑いの目を持 [続きを読む]
  • 勉強とは
  • 1.勉強とは、「将来あくせく働かなくても済むように、今しておくもの」です2.勉強とは、「これから幸せになっていくためにするもの」です。幸せになりそうでなければ、やめたほうがいいものです3.勉強とは、「欲望を充たすためにするもの」です。欲望には知識欲だけでなく、金銭欲もあって当然です4.勉強とは、「悪意のある人から身を守るためにするもの」です。勉強は、騙される確率を低くするものです5.勉強とは、「自 [続きを読む]
  • 読書とは
  • 1.読書とは、「著者の1万時間以上の体験を、たった3時間で体験できるもの」です。非常にお得です2.読書とは、「カネ儲けのための近道、成功するための近道」です。ノウハウをタダ同然で教えてくれるものです3.読書とは、「時間を超えていく行為」です。旅行とは、「空間を超えていく行為」です。この二つの行為は、人生観と価値観を変えるものです4.読書とは、「新しい世界を知り、新しい視点を養うためにするもの」です [続きを読む]
  • 教育とは
  • 1.教育とは、「お金に不自由しない人生を歩めるようにしてあげるのが、何よりのもの」です2.教育とは、「お金を稼ぐ力を養わせなければ、何を教えても、無意味に終わるもの」です3.教育とは、「生徒がメシを食えるようにしてあげるもの」です。メシが食えないと、品性も身につかないからです4.教育とは、「自由になれる力を身に付けさせること」です。自由になるには、高給安定の職業に就くことです。だから、職業教育が教 [続きを読む]
  • 成長とは
  • 1.成長とは、「過去の自分が恥ずかしく思えたとき、昔の自分が馬鹿に思えたときに、しているもの」です2.成長とは、「遅くてもいいもの」です。後退さえしていなければ、自然としているものです3.成長とは、「死にそうな体験、恐ろしい経験など、危ない橋をいっぱい渡りながら、していくもの」です4.成長とは、「貧困と無知が大きな障害となるもの」です5.成長とは、「変わらなければしかたがなかった人たちが、していく [続きを読む]
  • 個性とは
  • 1.個性とは、「田舎では『変な奴』、都会では『才能ある奴』として、見られるもの」です2.個性とは、「同調圧力社会、協調重視社会においては、好ましくないもの」です3.個性とは、「他人との差異」です。つまり、個性化とは、他人の意識下にあるということです4.個性とは、「数多くの人と交わりながら、自分でつくっていくもの」です5.個性とは、「中途半端でないこと」です。他人との違いを気にしすぎたら、個性なんて [続きを読む]
  • 才能とは
  • 1.才能とは、「世間が放っておかないもの」です。才能があれば、世間が勝手に売り出してくれるものです2.才能とは、「必要とされてこそ、輝くもの」です。世間に必要とされない才能は、才能とは言えないのです3.才能とは、「世間に評価されなければ無用の長物」です。才能をカネにするのは難しいものです4.才能とは、「カネの臭いのするところに集まってくるもの」です。才能のある人はカネで買われていくのです5.才能と [続きを読む]
  • 人気とは
  • 1.人気とは、「一過性で終わるもの」です。玄人筋からの評価を受ければ、長く続くものです。『違いのわかる』人が、大衆には少ないからです2.人気とは、「反響が大きいということ」です。賞賛が大きいということではないものです3.人気とは、「売上、拍手、ランキングなど、数で測ることができるもの」です。大衆相手の商売は、その数に一喜一憂する宿命にあるものです4.人気とは、「入場時ではなく、退場時で判断できるも [続きを読む]
  • 夢とは
  • 1.夢とは、「お金がなくなれば、消えてしまうもの」です。金の切れ目が、夢の切れ目です2.夢とは、「お金があるから実現できるもの」です。お金持ちの家に生まれたら、夢は実現しやすいものです3.夢とは、「稼ぎながら、分相応に少しずつ上げていくのがいいもの」です4.夢とは、「大人になるにつれ、『お金』に変わっていくもの」です5.夢とは、「宝くじのようなもの」です。夢を買う人のほとんどが損をするが、夢を売る [続きを読む]
  • 愛とは
  • 1.愛とは、「淋しい人、孤独な人、他人を信用できない人が語るもの」です2.愛とは、「いじめられ、痛めつけられても、憎み切れない情念」です。マゾになれないと、愛は語れないものです3.愛とは、「産み育てた人に湧いてくる情」です。産み育てていない愛は空虚な愛です4.愛とは、「愛する人の幸せを、ただひたすら考えられること」です。愛せる人が少ないのは、そのためです5.愛とは、「相手の欠点が気になり始めたら、 [続きを読む]
  • 運とは
  • 1.運とは、「気迫と情熱のある人に開かれるもの」です。悪人でも、必死になれば、勝利の女神が味方するものです2.運とは、「自信家に回ってきやすいもの」です。相手を見下すくらいの人のほうが、運を引きつけるものです3.運とは、「『自分は強運の持ち主だ』と信じている人が、ますます強めていくもの」です4.運とは、「働きぶりを陰で見ている人が運んでくれるもの」です。だから、どんな仕事でも、腐らずに、一生懸命働 [続きを読む]
  • 神様とは
  • 1.神様とは、「『勢い』をつけてもらうために拝むもの」です2.神様とは、「『叶えて』『導いて』と、拝むのが基本のもの」です3.神様とは、「祈るもの、願うもの以上に、誓うもの」です4.神様とは、「自分の行動を正当化するために拝み、容認してもらうもの」です5.神様とは、「ご利益があると信じ込むもの」です。信じ込めない神様など必要ないものです6.神様とは、「守ってもらうもの」です。守ってくれないと思った [続きを読む]