岩山健一 さん プロフィール

  •  
岩山健一さん: コラム欠陥住宅の基礎知識
ハンドル名岩山健一 さん
ブログタイトルコラム欠陥住宅の基礎知識
ブログURLhttp://ameblo.jp/jikenbo100/
サイト紹介文岩山健一の視点で、今起っている欠陥住宅トラブル・建築検査・紛争支援・建築裁判の事実をお伝えします。
自由文・株式会社日本建築検査研究所代表取締役
・一級建築士
・建築ジャーナリスト

欠陥住宅問題をいち早く正面から捉え、消費者側の代弁者として現在まで数多くの紛争解決に携わり、その件数はゆうに2000件を超える。テレビ各社報道番組や特別番組、ラジオ等にも出演し活躍している。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/11/26 22:15

岩山健一 さんのブログ記事

  • ミサワホームという悪夢!
  • テレビコマーシャルいいよね!蔵がある家だよね!トヨタに買収されたんじゃー!などなどいろいろ見方によっては印象が違ってくるのがハウスメーカーなのだ。しかし事実はというと、いろいろあるのだ。プロ野球選手が、何かのゴルフコンペでミサワホームの社長と一緒にプレーした際に、自宅建設を考えていることを相談。すると社長の命を受けた営業担当者が早々に訪れ、計画を開始。しかし本人希望は鉄筋コンクリートであり、ミサ [続きを読む]
  • 欠陥住宅を造った会社実名報道!
  • 本日「ビビット」にて報道した欠陥住宅を造り、その指摘に対して逃げ回っている会社は、以下の会社です。 天草産業株式会社/天草ハウジング 〔本社所在地〕〒193-0932 東京都八王子市緑町412-10 【TEL】042-621-2511 【FAX】042-621-0614 また社長兼管理建築士である藤川氏が業務停止処分を受けております。 本年4月1日から6月30日までの間で、天草産業との間で、設計契約、請負契約、もしくは [続きを読む]
  • 明日!朝のTBS報道番組「ビビット」でコメントします!
  • 明日の朝のTBS報道番組「ビビット」でコメントします。内容は訴訟ミスで敗訴した人が、私のところで検査したところ、多岐に渡る重大な瑕疵を指摘され、行政に持ち込んだところ、その建築士が業務停止処分を受けたというものです。この話の中で、実は欠陥住宅を造った会社の社長兼管理建築士が悪いのは当然でありますが、この被害者から委任を受けて訴訟ミスをした弁護士のスキルの無さにはあきれるばかりです。そして、その弁 [続きを読む]
  • バイキング!好評でした!
  • バイキング!楽しませてもらいました、番組も好評で、いろいろな方からメッセージをいただきました。それにしても山地さんのお宅はかわいそうです。昨日そういえば、何かチンピラのような口調の中傷電話が掛かりましたが、名前ぐらい名乗ってほしいですね!こちらはいつでも議論できますから、意見があれば言ってきてください。 [続きを読む]
  • 無印良品の家に3000万円支払い判決!
  • 長野県松本市の無印良品の家を扱う(株)フジ・システムズが建てた住宅が、著しく欠陥住宅であったということに対して、長野地裁松本支部にて判決が言い渡された。判決内容は、およそ3000万円の支払いと4年半分の年6分の利息の合計の支払いを命じるものであった。当然と言えば当然だが、不誠実な会社は控訴をするようだ。もともとこの無印良品住宅は、(株)フジ・システムズおよび設計者が虚偽の設計に基づき、施主の要望を裏切った [続きを読む]
  • 三菱地所と安藤ハザマは最悪の組み合わせ!!
  • 名古屋でマンション補修 図面の6割に問題ものものしい見出しでまたマンション問題がひとつ社会に曝された。三菱地所と何と安藤ハザマである。記事によると「名古屋市千種区の10階建て高級分譲マンション「フォレスト東山パークハウス」(128戸)で、建物の損傷や損壊を防ぐ「耐震スリット」が、図面記載の2割で施工されていなかったことが分かった。マンション管理組合の調査の結果、深さが不足しているスリットも合わせ [続きを読む]
  • 「建設業界の伝わらない事実」をお話しします
  • [無料講演]建築・不動産業界 改革の三銃士、ここに見参!耐震偽造問題、不良施工、マンションバブル、不動産の「囲い込み」問題をマスコミでもお馴染みの異端児達が「本音トーク」で斬りまくる!本講演を聴講せずに、住まいの未来は語れない!2015年6月13日開催の前回講演榊淳司氏と大友健右榊淳司氏と大友健右第1部「世界経済とリンクし始めた日本の不動産」2016年、都心マンションバブルは崩壊するか?マンション市場にどす黒 [続きを読む]
  • 細田工務店に依頼した人を探しています!
  • (株)細田工務店(東京都杉並区阿佐ヶ谷南)で、最近耐震リフォームをしたという方がいらっしゃいましたら、お話を聞かせていただきたいと思っています。その際にはご希望があれば、瑕疵検査を無料でさせていただきます。また同じく細田工務店で、平成5年ころに注文住宅を新築した方についても、いらっしゃいましたらお話を聞かせていただきたいと思います。こちらに関しても瑕疵検査は無料にて行わせていただきます。どうぞよろ [続きを読む]
  • ユニバーサルホームの賠償事案
  • フランチャイズ本部として全国の工務店をネットワークしているユニバーサルホームだが、九州の久留米建設というフランチャイジーが建てた欠陥住宅を巡って、裁判が展開された。争点は地盤沈下による建物の傾きが6/1000を超えていること、基礎にフーチングが無くロウソク基礎であること、断熱材が入っていない箇所があり床下がカビていることなどだ。特にこの傾きに関しては、建築後すぐに施主がクレームとして出したにもかかわら [続きを読む]
  • 大京、犯罪的欠陥マンションの映像
  • 横浜の傾斜マンションの報道が連日テレビを賑わす中、さらに酷い欠陥マンションがここにある。ライオンズマンションである。渡り廊下の手摺壁が、地震発生時に11階から崩落!幸いけが人はいなかったが、一つ間違えれば殺人マンションとなったわけである。ここまでのことをしておいて、争う必要があるのか?住人の要望をすべて呑むのは当然ではないか?世論を巻き起こすことしか策はないのかもしれない。是非このふざけたやり取 [続きを読む]
  • データー改竄、どこまで出るか?
  • 各地で相次ぎ旭化成による杭のデーター改竄が見つかってきている。今後も更に改竄物件が増えることになるだろう。しかしだ、告発してきているのはすべて都道府県ではないか、民間企業からは無いのか?そんなはずはない、むしろ民間企業の方が圧倒的に多いはずだ。実際には民間企業の建物の場合は、分かっていても自ら名乗り出るようなことは無いだろう。だから発見されないと言うのではなく、表に出てこないと言うことに他ならな [続きを読む]
  • 新報道2001!国土交通大臣と討論!!
  • 明日10月25日、フジテレビ新報道2001で国土交通大臣と討論する運びとなりました。はじめての番組で、初めての試みです。いずれにしても建設業界を変えていかなければならないということです。この横浜傾斜マンション事件を教訓として、今回見えてきた問題を議論したいと思います。これから次々と事件の内容が明らかになっていくものと思われますが、後半は元請責任(三井住友建設)についての報道を期待して行きたいと思います。 [続きを読む]
  • 明日!ひるおびでコメントします!!
  • 横浜のマンション問題ですが、いろいろなことが分かってきました。誰が一番悪いのかという問いに対して私が答えたのは、三井住友建設です。おそらくこの会社は「指示」をしていると思います。旭化成は今後どうなるでしょうか?ヘーベルハウスにも疑いの目が向けられるのは時間の問題。私が指摘しているようなヘーベルハウス問題が社会に公開されるでしょう。今後三井住友建設と旭化成の実態をお知らせしていく所存です。 [続きを読む]
  • 三井住友建設欠陥マンション報道!
  • 三井住友建設の欠陥マンションを報道します。何と杭工事を偽装したとのことで、建物の沈下が確認されたようだ。とんでもないことである。札幌でも福岡でも市川でも川崎でも、そして今回は横浜でも欠陥工事がばれたのだ。そして悪徳弁護士を擁してへらず口を言ってくるのだろうと思われる。これから真実をどんどん報道していきます。  [続きを読む]
  • 一建設と大木建設の欠陥マンション報道!神奈川新聞明日朝刊
  • 一建設が販売したアイディーコートの欠陥問題が、明日神奈川新聞にて報道されることになった。建設業者は大木建設で、担当した現場監督は一級建築士免許を持っていない人物であったことも判明、建設業法違反である。また設計事務所は、一建設が構造偽装事件を起こした際に免許を取り上げられた人物であり、どうやら最悪の面子がそっろての欠陥マンションである。当初は、真摯に対応するようなことを言いながらも、いい加減な検査 [続きを読む]
  • 犯罪的欠陥マンション.By 大京、不動建設!
  • 大京と不動建設(現ナカノフドー)の犯罪的欠陥マンションを報道します。世の中にはこんなひどい、理不尽な事実が存在するのだということを知ってください。警察が動かないのが不思議です。十分な賠償をするべきだと思うのですが、なかなか折り合いが付きません。悪い奴ははっきりしているのだから、解決は早いはずなのに、何故時間がかかるのか?一体誰が時間稼ぎしているのか?本日、16時46分から報道します。 [続きを読む]
  • 一建設欠陥マンション訴訟!読売新聞報道!
  • 今日の読売新聞に、一建設欠陥マンション訴訟の記事が掲載された。ここ最近までに首都圏を中心に棟数を増やし続けてきているが、他のマンションも大いに懸念されるところがある。何よりも対応の悪さがこの事件の始まりだ。大木建設というゼネコンが、有資格者を現場に置かずに建てたものであり、かつ耐震スリットもほとんど設置されていないことまで、確認されたのである。これだけはっきりしている問題に対して、何故争うのか不 [続きを読む]
  • へーベルハウスは大いに問題あり!
  • 「やっぱり大手ですからね」「コマーシャルのイメージが良いよね」「営業マンの対応がなかなか良いから」へーベルハウスで家を建てた人達は皆このようなことを言いながら、建てたことを悔やんでいるのだ。旭化成ホームズ、へーベルハウスで家を建てて、不幸のどん底に叩き落されている人は実はたいへん多く、その一握りが弊社に駆け込んでくるのだが、会社の対応が極めて悪く、泣き寝入りを強いられるケースもある。そもそもこの [続きを読む]