橘かがり さん プロフィール

  •  
橘かがりさん: 青でもなく 緑でもなく
ハンドル名橘かがり さん
ブログタイトル青でもなく 緑でもなく
ブログURLhttp://kagari-tachibana.seesaa.net/
サイト紹介文小説書き、橘かがりのブログです。 ぜひ遊びに来て下さい^^
自由文執筆活動の合間に、小説についてや趣味を中心に幅広く書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/11/26 22:11

橘かがり さんのブログ記事

  • 目黒稲門会総会
  • 20170708 目黒稲門会1 posted by (C)橘かがり20170708 目黒稲門会2 posted by (C)橘かがり20170708 目黒稲門会3 posted by (C)橘かがり昨年入会したばかりの目黒稲門会の総会に初参加してきました。現役学生による口笛サークルの見事な演奏に聞き惚れ、諸先輩方、後輩方と楽しく歓談。恒例の校歌斉唱でお開きとなりました!まだ入って間もないのに存分に楽しみ、学生気分に戻って、和やかなひと時を過ごさせて頂きました。目黒雅叙 [続きを読む]
  • 第六回歴史時代作家クラブ授賞式パーティ
  • 20170615歴史作家1 posted by (C)橘かがり20170615歴史作家2 posted by (C)橘かがり6月15日に日本出版記念クラブにて、第六回歴史時代作家クラブ授賞式が開かれました。井川香四郎先生の司会の元、嵯峨野晶さんと伊多波碧さんと共に、今年も花束贈呈などのお手伝いをさせて頂きました。晴天で助かりましたが、単衣の着物でも汗をかくような蒸し暑さ。パーティの始まる前は緊張もあり、手に汗が滲みます。今年の受賞者は以下の通り [続きを読む]
  • 東洋英和女学院の同窓会総会
  • 20170602 東光会1 posted by (C)橘かがり20170602 東光会2 posted by (C)橘かがり20170602 東光会3 posted by (C)橘かがり20170602 東光会4 posted by (C)橘かがり高校までの12年間を過ごした東洋英和女学院の同窓会総会に参加して来ました。集いのはじめに聖書を読み、賛美歌を歌い、祈りを捧げるのは、学生時代とまったく変わりません。1884年(明治17年)カナダの宣教師により創られたプロテスタント・メソジスト派の学び舎の、 [続きを読む]
  • 茶の湯展@東京国立博物館
  • 20170519 1 (2) posted by (C)橘かがり20170519 2 (2) posted by (C)橘かがり19日金曜夜。東博が21時までopenと聞いて、茶の湯展に行って来た。ゆっくり、心静かに、展覧会を楽しみたかった。馬蝗絆というほとんど伝説のような青磁の茶碗が、目の前で輝いている。油滴天目、黄天目、白天目、そして大変珍しい木葉天目…あまりの名品揃いに、不覚にも茶碗泣き…。此の世と名付けられた井戸香炉、俊寛という名の黒楽、卯花墻という [続きを読む]
  • 志賀泉「無情の神が舞い降りる」出版記念会
  • 20170425 志賀泉1 posted by (C)橘かがり20170725 志賀泉2 posted by (C)橘かがり20170425志賀泉3 posted by (C)橘かがり南相馬出身の太宰賞作家・志賀泉「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)出版記念会の受付をさせていただきました。志賀さんと同名の日本酒「志賀泉」を乾杯用に密かに準備し、酒造の由来を説明させて頂きました。大好きな芍薬の花束も持参して、花束贈呈もさせて頂きました。朝には蕾だった芍薬が、会場で開花 [続きを読む]
  • キャンドルエリアでのブックフェア
  • 20170421 ブックフェア1 posted by (C)橘かがり20170421 国会前2 posted by (C)橘かがり20170421 ブックフェア3 posted by (C)橘かがり久しぶりに国会前デモに出かけ、キャンドルエリアでのブックフェアに参加させて頂きました。本当に久しぶりのデモ……ずいぶん人が減ってしまったなぁと驚くと同時に、ずっと声をあげ続けている方々に、あらためて感謝の思いでいっぱいになりました。ブックフェアでは翻訳家の那波かおりさんが『 [続きを読む]
  • 老舗文壇バー「数寄屋橋」50年記念パーティ
  • 20170420  数寄屋橋1 posted by (C)橘かがり20170420 数寄屋橋2 posted by (C)橘かがり20170420  数寄屋橋3 posted by (C)橘かがりペンクラブ知人に誘われて、帝国ホテルで開かれた老舗文壇バー「数寄屋橋」50年記念パーティに、ミステリ作家・中村啓さんと時代作家・誉田龍一さんとご一緒に参加してまいりました。北方謙三氏と大沢在昌氏の司会進行の下、綺羅星の如き大御所作家、漫画家の方々が登壇し、圧倒されました。老舗 [続きを読む]
  • 松浦寿輝氏の新刊『名誉と恍惚』刊行記念トーク&サイン会
  • 20170420 松浦寿輝1 posted by (C)橘かがり20170420 松浦寿輝2 posted by (C)橘かがり「ふるえる水滴の奏でるカデンツァ」以来、大ファンになり、ずっと偏愛してきた松浦寿輝氏の新刊『名誉と恍惚』刊行記念トーク&サイン会に行ってまいりました。小説の舞台は上海。しかも対談相手は堀江敏幸氏…と聞いたら、行かないわけには参りません。1300枚の大長編。ものすご~く分厚く、何と五千円しますが、読み応えたっぷりで、松浦ワー [続きを読む]
  • 2017.3.11.東日本大震災追悼式に参列して
  • 20170311 1 posted by (C)橘かがり脱原発文学者の会のメンバーとして、埼玉県北上尾の避難者住宅で開かれた慰霊祭に参加して参りました。浪江町出身のシンガーソングライターで脱原発文学者の会の同志・橘光顕氏の挨拶で、一部「黙祷の会」が始まりました。14時46分の鐘が会場に響くと、参加者の皆さまと共に、被災地の方角を向いて黙祷を捧げました。続いて被災された方の生々しい体験談を伺いました。福島第一原発に向かって運 [続きを読む]
  • 加藤哲郎・春名幹男客員教授 退任記念特別報告会
  • 20170225 インテリジェンス研究会1 posted by (C)橘かがり20170225 インテリジェンス研究会2 posted by (C)橘かがり20170225 インテリジェンス研究会3 posted by (C)橘かがり名著「秘密のファイル CIAの対日工作」著者でボーン上田賞受賞ジャーナリスト、最近はテレビでもおなじみの春名幹男先生と、ゾルゲ事件研究や731部隊研究でも名高い政治学者・加藤哲郎先生が、惜しまれつつ早稲田大学大学院客員教授を退任なさることになり [続きを読む]
  • 文楽「冥途の飛脚」鑑賞
  • 20170213 文楽1 posted by (C)橘かがり220170213 文楽2 posted by (C)橘かがり20170213 文楽 3 posted by (C)橘かがり820170213 文楽 4 posted by (C)橘かがり420170213 文楽5 posted by (C)橘かがり叔父の代からお世話になっている時代作家の井川香四郎先生、小説教室同窓の時代作家・誉田龍一さん、友人のN子さんもご一緒に、文楽二月公演「冥途の飛脚」を鑑賞してまいりました。飛脚屋の若い男が遊女と恋に落ち、為替の金に [続きを読む]
  • 稲門会新年会
  • 20170115 目黒稲門会 1 posted by (C)橘かがり20170115 目黒稲門会2 posted by (C)橘かがり20170115 目黒稲門会  3 posted by (C)橘かがり早稲田稲門祭がとても楽しかったので、昨年末に目黒稲門会に入会しました。目黒雅叙園で開かれた新年会にて、目黒稲門会デビューしてまいりました。駅伝は惜しかったと皆で悔しがり、〓諸先輩方や若い後輩たち、現役学生さんらと記念撮影、校歌を熱唱してお開きになりました。早稲田は [続きを読む]
  • 2017 謹賀新年
  • 20170101 賀正 posted by (C)橘かがり20170101 賀正2 posted by (C)橘かがり新春のお慶びを申し上げます。旧年中は大変お世話になりました。皆さまお正月はいかがお過ごしでしたか。我が家では今年も大晦日から母が一時帰宅し、家族そろって新年を祝いました。母をホームに送り届けてから、日枝神社に初詣に出かけました。今年のお正月はことのほか温かく、沢山の参拝客で賑わっておりました。皆々さまにとって益々の繁栄の年に [続きを読む]
  • 一年の感謝をこめて☆2016年 福を招く打出の小槌
  • 20170101 打出の小槌1 posted by (C)橘かがり20170101 打出の小槌2 posted by (C)橘かがり20170101 打出の小槌3 posted by (C)橘かがり今年も残りわずかとなりました。ご多忙にお過ごしのことと存じます。今年は体調をくずしてばかりで、年末もじんましんを発症して、忘年会を乗り切れるか心配しました。何とかひどくならずに全部出席して楽しいひと時を過ごすことができました。そんな折、たまたま通りかかった新宿のデパートで、 [続きを読む]
  • 小堀遠州流稽古場納会
  • 20161217 小堀遠州納会1 posted by (C)橘かがり20161217 小堀遠州納会2 posted by (C)橘かがり20161217 小堀遠州納会3 posted by (C)橘かがり昨日は茶道の稽古場の納会でした。思うところあり、小堀遠州流の稽古場で一から学び直しています。師匠は有名な古美術鑑定家で、お稽古でさりげなくお宝が出てくるのが嬉しい。このお軸も、先日展覧会に行った応挙の筆なのだそう。不器用でドジで行儀の悪い私は、毎度ピシピシ叱られなが [続きを読む]
  • 山谷労働者への支援のお願い
  • 今年も山谷労働者に衣類・毛布・お米を贈る支援をどうぞよろしくお願い致します。<重複送信あればお詫びします>皆さまへのお願いです。転送歓迎です。☆★☆山谷労働者に衣類・毛布・お米を贈ろう☆★☆     いのちを助け、凍死者を防ぎます     あなたのご協力をお願いします   ◎働きたくとも仕事がない、身体が弱ったりしてみあう仕事が少なく、収入がなく食事も満足に取れない山谷労働者に「炊き出し」(給食)を [続きを読む]
  • 根津美術館開館75周年記念  円山応挙展
  • 江戸中期の画家、円山応挙展を観に南青山の根津美術館を訪ねました。応挙の画風の特色として最も顕著なことは、写生の重視。暇さえあればスケッチに余念がなかったとか。対象を見つめる応挙の、鋭く確かな眼差しに感服しました。折しも根津美術館の紅葉は赤や黄色に美しく色づき、さながらアートと自然のコラボレーションのよう。自然と芸術の美の競演を、満喫させていただきました。円山応挙展は12月18日まで http://www.nezu-mu [続きを読む]
  • 中村歌六さんの芸術院賞受賞祝賀パーティ
  • 20161123 歌六さん祝賀会1 posted by (C)橘かがり20151123 歌六さん祝賀会2 posted by (C)橘かがり20161123 歌六さん祝賀会3 posted by (C)橘かがり幅広い芸域で名優として誉れ高い中村歌六さんですが、近年のご活躍更に著しく、読売演劇大賞優秀男優賞、芸術選奨文部科学大臣賞、芸術院賞を、次々受賞されています。この度、受賞祝賀パーティが開かれることになり、京都や博多からも多くのファンが駆けつけました。浅草芸者衆 [続きを読む]
  • 早稲田大学ホームカミングデー&稲門祭
  • 20161023 早稲田ホームカミング1 posted by (C)橘かがり20161023 早稲田ホームカミング2 posted by (C)橘かがり20161023 早稲田ホームカミング3 posted by (C)橘かがり早稲田大学ホームカミングデーに、ロシア語クラスの友人たちと参加してまいりました。本部キャンパスに出向くと早稲田校友会主催の稲門祭で大賑わいです。相変わらず皆が精一杯バカなことをやっている姿に嬉しくなります。知人たちにご挨拶してから文学部キャン [続きを読む]
  • 秋の桂雪会
  • 20161016 桂雪会1 posted by (C)橘かがり20161016 桂雪会2 posted by (C)橘かがり20161016 桂雪会3 posted by (C)橘かがりお家流香道・桂雪会の秋の香席に参加してまいりました。真の間では六歌仙香を楽しみました。在原業平、小野小町、僧正遍昭、喜撰法師、文屋康秀、大友黒主の六歌仙の名のお香をまず試みとして聞きます。本香では6つの香から5つを抜いて、残った一つの香が何かを当てる組香です。お答えには六歌仙の、名 [続きを読む]
  • 小川流煎茶会
  • 20161006 小川流煎茶1 posted by (C)橘かがり20161006 小川流茶会2 posted by (C)橘かがり20161006 小川流煎茶3 posted by (C)橘かがり東洋英和女学院後輩のMさんのお招きで、明治神宮の隔雲亭で毎秋開かれる小川流煎茶会に出かけてまいりました。小川流のお茶は、ほんの一滴のしずくにお茶のエキスが凝縮された、深く濃密な味わいのもの。月華と名づけられた大変難しいお点前を、淡々とこなすMさんの凛々しい姿に感動しました。 [続きを読む]
  • 上高地にて我が家の「山の日」
  • 20160812 ブログ上高地1 posted by (C)橘かがり20160812 ブログ上高地2 posted by (C)橘かがり20160812 ブログ上高地3 posted by (C)橘かがり新たに制定された山の日から一日遅れて、上高地に無事に到着。しばらく体調を崩していたので、今年も上高地に来ることができて本当に嬉しいです。そびえ立つ山々と梓川の流れが輝いて見えるようです。ホテルの周りを1時間ほど散策してから夕食を食べて、夫婦でナイトウォーキングに参加 [続きを読む]
  • 軽井沢ヴィネット
  • 20160730 ブログ軽井沢ヴィネット1 posted by (C)橘かがり先日は皆さまから温かい励ましのメッセージを頂き、心より御礼申し上げます。最終街宣を聞いてから、新幹線に乗りこみ、軽井沢へと向かいました。翌朝、軽井沢新聞編集長の広川小夜子さんと再会し、森の中のレストランでランチをご一緒しながら、都知事選の報告を済ませました。その後、軽井沢の森を散策。せせらぎの音に耳を澄ませ、樹木の香りを胸いっぱい吸い込み、癒 [続きを読む]