南風 さん プロフィール

  •  
南風さん: 私家版里山図鑑
ハンドル名南風 さん
ブログタイトル私家版里山図鑑
ブログURLhttps://ameblo.jp/hayenokaze/
サイト紹介文里山に住む昆虫、鳥などの生き物を図鑑風にしてみました。
自由文チョウやトンボなどの名前が分からなかった時、活用下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/11/30 06:50

南風 さんのブログ記事

  • ヒメジャノメ 暑さを避けて。。。
  • ヒメジャノメ 暑さを避けて。。。 鱗翅目タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科毎日暑い日が続いて、人も蟲たちもぐったりです。秋が恋しい・・・そう思います。こう暑いと、蟲たち、日中の日なたでは動きまわりません。完璧に姿を消した状態です。でも、林の中には、暑さをさけているチョウがいました。ヒメジャノメ。あまり動かず、完全な省エネモードでした。撮影日 2017/8/17 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • ハネナガイナゴ 幼虫
  • ハネナガイナゴ 幼虫 直翅目バッタ科成虫のハネナガイナゴはわが家の庭でよく見かけるのですが、ようやく幼虫を見かけました。このハネナガイナゴ、サービス精神旺盛なんでしょうね。前に撮った成虫同様(「ハネナガイナゴ ハイ!ポーズ 」)、いろんなポーズをとってくれました。たいへんお茶目です。しばし、暑さを忘れさせてくれたハネナガイナゴでした。撮影日 2017/8/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/17 撮影 [続きを読む]
  • ネコハエトリ 色彩変異2?
  • ネコハエトリ 色彩変異2? クモ目ハエトリグモ科どこにでもいそうですが、なかなかじっとしてくれないハエトリグモたち。なかなか撮影するのにも苦労します。でも今回は、比較的どっしりとしたネコハエトリでした。よく見ると褐色味が強いので、黒っぽいいつものネコハエトリとはちょっと違う感じですね。撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。よろ [続きを読む]
  • ホオズキカメムシ 終令幼虫?
  • ホオズキカメムシ 終令幼虫? 半翅目ヘリカメムシ科ピーマンにいたホオズキカメムシ、その近くで、幼虫も見つけました。偶然、成虫とニアミス。ツーショットの場面、しっかりと撮れました。大きさは成虫とほぼ同じで、ここまで大きいと終令幼虫くらいでしょうか。なかなか幼虫に関する資料が少ないので、断定出来ません。(涙)撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに [続きを読む]
  • ホオズキカメムシ 今年もピーマンにやって来ました
  • ホオズキカメムシ 今年もピーマンにやって来ました 半翅目ヘリカメムシ科毎年のように家庭菜園で栽培中のピーマンにやって来るホオズキカメムシ。今年も無事(?)やって来ました。でも今年は心なしか個体は少なめです。なので、そんなに影響はないかな。とりあえず、これ以上増えないことを願っています。撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/14 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。よろ [続きを読む]
  • ベニシジミ 花に埋もれて
  • ベニシジミ 花に埋もれて 鱗翅目シジミチョウ科すっかり夏型に模様を変えたベニシジミ。真夏のこの暑いときでも、元気です。ピンクの花に埋もれて、力いっぱい吸蜜中。でも本心は、早く涼しくなって欲しいと願っているかもしれません。撮影日 2017/8/8 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/8 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。にほんブログ村【これまでのベニシジミの記事もご [続きを読む]
  • チョウトンボ 5年ぶりの再会
  • チョウトンボ 5年ぶりの再会 トンボ目トンボ科台風が通過した後の空に、ウスバキトンボに混じって黒い翅を持つトンボが舞っているのを見つけました。かなり上空を飛んでいるため、種名までは確認できません。ダメ元で飛んでいるところを狙ってみました。写真から、チョウトンボと確認できました。宮崎市に住んでいたときは、いつも通っていた通称トンボ池で毎年のように見ていたのですが、当地に移り住んでからは初めて。このチ [続きを読む]
  • キアシナガバチ 2017年営巣
  • キアシナガバチ 2017年営巣 ハチ目スズメバチ科今年はハチが多いと、あちこちで聞きます。多くの人が、ハチに刺されたともお聞きします。わが家もその例に漏れません。先日キボシアシナガバチの巣を見つけたばかりですが、その近くにて、今度はキアシナガバチの巣を見つけてしまいました。これで今年はこのブログに登場させただけでも、セグロアシナガバチ、ヤマトアシナガバチ、キボシアシナガバチに続いて4個、4種目のアシナ [続きを読む]
  • クマゼミ(♂) 2017年夏
  • クマゼミ(♂) 2017年夏 半翅目セミ科昨日、「なかなか見つけられません」とぼやいたクマゼミ、何とか、ようやく、見つける事ができました。一頭見つける事ができると目が慣れたせいか、次々に見つける事ができました。まずはメデタシめでたし。お腹を振るわせながら泣き続けているクマゼミ。まるでゆく夏を惜しんでいるみたいです。撮影日 2017/8/10 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2017/8/10 撮影場所 宮崎県串間市ランキ [続きを読む]
  • アブラゼミ 台風の後で
  • アブラゼミ 台風の後で 半翅目セミ科台風が通過した次の日の朝、5時半くらいにはクマゼミが一斉に鳴き出しました。そのけたたましいこと・・・。どれだけの数のクマゼミがいるのか、見当もつきません。是非ともその姿を写し撮りたいとクマゼミを捜しましたが、見つけられない。。。目を凝らせども、見つけられません。そうなんです、昔から私は、クマゼミを見つけるのが大の苦手で、セミ取りでもみんなより遅れをとっていました。 [続きを読む]
  • ハラビロカマキリ 終令幼虫かな?
  • ハラビロカマキリ 終令幼虫かな? カマキリ目カマキリ科迷走台風の5号、相変わらずゆっくりと進んでいるようで、これ以上被害を起こさないで欲しいです。さて立秋も過ぎたのに、相変わらず暑い日が・・・というより、立秋を過ぎて本格的な夏がやって来た感じです。お盆を迎えるための準備も、暑さのためはかどりません。それでもわずかな時間を見つけての蟲散歩、今日はハラビロカマキリを見つけました。体長は100mmほどの大きさで [続きを読む]
  • ウスバキトンボ(♀)
  • ウスバキトンボ(♀) トンボ目トンボ科台風5号、わが家ではたいした被害もなく通過していってくれました。直撃を免れ、しかも当地の東側(太平洋上)を通過したのが、幸いしたようです。これからの進路にあたるところの方は、被害がないように祈っています。さて、台風前の8月5日の蟲たちから、今日はウスバキトンボです。その前日まではさして多くなかったウスバキトンボが、一気に増えました。庭中、多数のウスバキトンボが [続きを読む]
  • ヤマトシジミ 台風前の一仕事
  • ヤマトシジミ 台風前の一仕事 鱗翅目シジミチョウ科今回の台風5号、今日のお昼過ぎまでは直撃を免れないなあと覚悟していたのですが、なんと直前になって進路を東に変え、何とか直撃されずにすみそうです。夏の台風は迷走台風と、昔から言っていましたがまさにそうですね。とは言え、すぐ近くを通ることには変わりなく、相変わらず雨は降っています。そのため河川の氾濫が予想されると言うことで、先ほど避難勧告勧告が発令され [続きを読む]
  • クロセセリ 台風前の一仕事
  • クロセセリ 台風前の一仕事 鱗翅目セセリチョウ科台風5号、いよいよ当地(宮崎県串間市)直撃のような感じが強くなってきました。それて欲しい・・・そんな思いです。そんな中、午前中、結構な蟲たちが飛び回っていました。クロセセリもその一種で、必死に吸蜜中。まるで台風前の一仕事と言った感じ。台風でしばらく吸蜜できないので、それに備えての準備でしょうか。ぶじこの台風を乗り切って欲しいものです。撮影日 2017/8/5  [続きを読む]
  • アオバハゴロモ 台風避難?
  • アオバハゴロモ 台風避難? 半翅目アオバハゴロモ科大型で強い台風5号、どうやら当地(宮崎県串間市)にやって来そうな感じです。昨日から風雨が強くなり、台風前夜を思わせるような天気です。九州地方、今年の梅雨でかなりダメージを受けていますので、何とかそれて欲しいものだと思います。そんな朝方、アオバハゴロモが数頭、わが家の網戸にやって来ていました。まるで、これからやって来る台風から避難しようとしている感じ [続きを読む]
  • キボシアシナガバチ 2017年営巣
  • キボシアシナガバチ 2017年営巣 ハチ目スズメバチ科今日は、ここ数日続けていました「昆虫調査」の話題から離れて、いつものバージョンに戻ります。まだ登場していない昆虫がいますが、それはまたいずれかの機会に報告したいと思います。で、今日は、7月30日にわが家の庭で出会った、キボシアシナガバチの営巣の模様です。ちっちゃい巣に、ほんとうじゃうじゃとキボシアシナガバチがいました。写真を撮ろうとカメラを構える私に [続きを読む]
  • クスアオシャク 【初登場】
  • クスアオシャク 【初登場】 鱗翅目シャクガ科昆虫調査をやったのは一ヶ月以上前になりますが、今日もその時の話題です。しかも写真が悪いし・・・スミマセン。今日登場するのはクスアオシャク。拙ブログ、596種目の初登場です。このクスアオシャクが灯火に集まったとき、参加してくれてた子どもたちから名前の質問が来ました。鮮やかな緑色だったので、よほど子どもたちの気を惹いたのでしょう。でも私は、「アオシャクの一種」と答 [続きを読む]
  • セスジスズメ 成虫
  • セスジスズメ 成虫 鱗翅目スズメガ科今日も引き続き、7月1日におこなった昆虫調査の時の話題です。で、いよいよ灯火に集まった蟲たちが登場するのですが、メインの活動だったにもかかわらず、当日は子どもたちの相手をするのに忙しく、あまり撮影出来ておらず、種類は多くありません。さらに、撮影するのにカメラのホワイトバランス等の設定等を間違ってしまい、変な写真を量産してしまいました。と言う事で、スミマセン。m(_ _) [続きを読む]
  • ゴマダラカミキリ 求愛
  • ゴマダラカミキリ 求愛 コウチュウ目(鞘翅目)カミキリムシ科引き続き今日も、7月1日におこなった昆虫調査の時の話題です。昨日はヤツメカミキリの交尾をアップしましたが、今日もカミキリムシ、それで交尾にいたる前の求愛シーンです。登場するのはゴマダラカミキリのペア。♂は必死に♀に迫りますが、♀にはその気はないみたいで、逃げ回ります。なかなか思いを伝えきれない♂でした。こんな光景が結構あちこちで繰り広げられ [続きを読む]
  • ヤツメカミキリ 交尾中 【初登場】
  • ヤツメカミキリ 交尾中 【初登場】 コウチュウ目(鞘翅目)カミキリムシ科今日も7月1日におこなった、昆虫調査の時の話題です。登場するのは、上翅に八つの黒紋を持つヤツメカミキリ。拙ブログ、595種目の初登場です。ウメやサクラの幹や葉に集まるヤツメカミキリですが、その日もサクラの木に集まっていて、今まさに交尾中でした。もちろん後で灯火にもやって来て、子どもたちを楽しませてくれました。体長は12〜18mm。北海道 [続きを読む]
  • クロコノマチョウ 2017年夏夕暮れ時の出会い
  • クロコノマチョウ 2017年夏夕暮れ時の出会い 鱗翅目タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科相変わらず、7月1日におこなった昆虫調査の時の話題です。この日の調査は、午後3時くらいから午後9時くらいまでの6時間ほどでしたが、なぜかチョウとの出会いは少なめでした。少なめと言うより、ちゃんと写真に撮れたのはクロコノマチョウの一種のみ。後は灯火に集まった蛾が少し。今考えると不思議な気がします。で、この時のクロコノマチ [続きを読む]
  • ギンボシザトウムシ 7年ぶりの再会
  • ギンボシザトウムシ 7年ぶりの再会 ザトウムシ目マザトウムシ科今日もまた、7月1日におこなった昆虫調査の時の話題です。会場となった境内の木に、わんさか居たのがザトウムシでした。薄暗い中、現場では種名までは判りませんでしたが、後日写真をよく見たらギンボシザトウムシでした。ギンボシザトウムシは、7年前に私が宮崎県内で最初の報告者になった思いでの虫。8本脚で、身体は頭胸部と腹部に別れていて、クモの仲間(ク [続きを読む]
  • オオハラビロトンボ(♂) 未成熟固体
  • オオハラビロトンボ(♂) 未成熟固体 トンボ目トンボ科今日も7月1日におこなった昆虫調査の時の話題です。しかも、しつこくオオハラビロトンボ。昨日紹介した♀の近くに、もう一頭いました。同じように黄色い体色で、♀が二頭いるとその時は思ったのですが、後日写真を確認すると未成熟の♂でした。月日がたつと、この黄色い腹部が赤く変わってくるのですが、未成熟の時の♂の写真が撮れて、本当にラッキーでした。撮影日 2017 [続きを読む]
  • オオハラビロトンボ(♀) 初見
  • オオハラビロトンボ(♀) 初見 トンボ目トンボ科さてさて今日も、7月1日におこなった昆虫調査の時の話題を続けます。しかも、昨日に引き続きオオハラビロトンボです。♂を見かけた近くに、ちょこんと♀が止まっていました。昨年は♀を見なかったので、今年は初見です。ハラビロトンボより、もう一回り腹部が幅広く、黒条もしっかりとしていてごっつい感じです。このずんぐりむっくり感が、何とも言えずいいですね。♂と♀が近く [続きを読む]
  • オオハラビロトンボ(♂) 再会
  • オオハラビロトンボ(♂) 再会 トンボ目トンボ科7月1日に行った昆虫調査の時の話題を続けます。昨年も夜の昆虫調査を行ったのですが、その時に出会ったのが南方系のトンボで、宮崎県が北限と言われているオオハラビロトンボでした。宮崎県版レッドデータブックでは絶滅危惧種1A類に指定される希少種なので、かなり嬉しかったた記憶があります。となると今回も!と、期待したのですが、それに応えるようにちゃんと姿を見せてく [続きを読む]