かず さん プロフィール

  •  
かずさん: ログハウスで、料理・野菜・家具作り・・・
ハンドル名かず さん
ブログタイトルログハウスで、料理・野菜・家具作り・・・
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazunokagu/
サイト紹介文ログハウスに住み、家具づくりや料理などを楽しんでいるくらしを紹介してます。
自由文定年退職後、海の近くのログハウスに住み、
家具づくりや料理や
気の会う人たちと、
私が作った料理を囲み飲み語らうのを
楽しんでいるくらしを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/11/30 21:56

かず さんのブログ記事

  • 京都でも、お祝い
  • 伊勢から京都へ伊勢で、息子たちと別れ嫁さんと二人、京都へ。あくる日、「かずハウス」へよく来てくれる仲間が、四条烏丸近くにある、野菜中心の居酒屋「イロドリ」という店に集まって、祝ってくれました。料理はぼくの希望で、好きなのを色々食べたく、コース料理じゃなく、一品づつ注文しました。ローストビーフもおいしかったのですが、写真撮れてません。この「一品づつ」は、コースより多い種類の料理(たしか10種類)が食 [続きを読む]
  • 古希の宴(うたげ)
  • 泊った宿は夕日が観られる所にあり、まだ日が高い時間、こんな感じ。牡蠣の養殖や真珠作りのいかだがいっぱいあり、和歌山とも瀬戸内海とも違う海の風景でした。宴中三歳の新大くんは、なんとか自分で食べようとしています。弟の陽(ひかる)くんは、お母さんに抱かれておだやか。新大くんは、おばあちゃん(嫁さん)からプレゼントされたかるたで、かるたとりに夢中。周りのみんな、ほめて盛り上げるの、うまい。ところで料理も紹 [続きを読む]
  • 古希の祝い
  • 息子たちが計画いつもはみんな、東京・桑名・京都・和歌山と離れていて、集まってゆっくりとなると、泊まりに。で、泊まりは、3か月の子供がいる長男のそばで、となり、色々候補はあったのですが、鳥羽に泊まり、伊勢神宮に参るということに。プレゼント、色々大好きな日本酒、しかも純米大吟醸!ただ、みんな飲む人ばかりで、この日、ほぼ空に。孫の新大くんの手作りの贈り物。うれしかったのでしょうね、めったにしない(と思っ [続きを読む]
  • 久しぶりの家族でテニス
  • 古希の祝いの前、家族でテニスこの日の泊まりは鳥羽で、行く途中、津市の「大仏山公園」のテニスコートをとってくれてました。ぼくは、三男対長男の試合の審判に。よく考えると、この二人がいっしょにテニスしたの、初めてじゃないかな?こういう審判、すごくいい気分。3歳から特訓?ぼくも息子たちに、してたかも。おかげで、若いころから息子や、ぼくの友達といっしょにテニス遊びを、よくしました。新しく家族になった、あみち [続きを読む]
  • いさきの干物作り
  • 朝食用の干物がなくなりいつものス−パーHiroで、干物用の魚を探しました。今の季節、一番好きなカマスはなく、小ぶりのいさきが安かったのでゲット。塩焼きサイズより一回り小さい約20cm超で、ぼくの朝食用にピッタリ。この、いさきは、和歌山で初めて食べた魚です。その時は塩焼きで、すごくおいしい!と思ったのを覚えています。それ以来、刺身も炙りも、上品でおいしく、好きな魚の一つです。それと、姿がいい美人な魚 [続きを読む]
  • 長いもの明太子和え
  • すごく簡単な料理で紹介するの、やめようかな?とも思ったのですが、ぼくのように、簡単だから作ろうという人もあるのでは?と思い、紹介しておきます。酒好きなおじさんにも作ってほしいし。まず、皮から明太子を出し、味付け親指大の明太子(たらこでもOK)を使い、包丁で皮から子を出し、皮を細かく切ります。若い人なら、マヨネーズとなりますが、ぼくは、子供のころから最近までマヨネーズが苦手だったのもあり、めんつゆ: [続きを読む]
  • 久しぶりの、お好み焼き
  • お好み焼きも、ふいに食べたくなる料理で、常備してない長いもを買って、作りました。今までは、材料の量は計らず、適当に作ってましたが、この日は、ブログにのせるのもあり、できるだけ計っておきました。まず、キャベツを切る(二人分)6枚くらいでした。葉は3〜5mmくらいに切り、さらに直角方向に刻みます。芯は、もうちょっと細かく。小麦粉とかたくり粉を5:1の比、100g:20gで入れ、水を150ccを少しずつ [続きを読む]
  • チーズ入り揚げ焼き、ユーリンチータレかけ
  • 揚げを開くふわふわのは、半分に切り、すりこぎ棒などで、しごき、手で開きますが、そうじゃないのは、このように包丁を入れます。とろけるチーズを入れるこのときは、ふわふわ揚げで、すりこぎと手で開けられ、包丁は不要。 焼くぼくは、グリルパンで4分。もちろん、フライパン・グリル・トースターでも焼けます。いい感じに。このまま、ちょっと、しょうゆをかけて食べたい気持ちを抑えて、次に進みます。切って野菜にのせ [続きを読む]
  • ハッシュドビーフの、あくる日は
  • 作った日、もちろん食べきれなく冷凍容器に分けて入れておきました。左の多いのは冷凍、ぼくなら二食分、右の少ないのは冷蔵庫へ、あくる日の分。あくる日も、「ハッシュドビーフごはん添え」を食べたくこれ、前日は忘れていて、確か買っていたなと、探して見つけました。 で、あくる日の晩ごはんはこんな一皿に、まとめました。飲み物は、黒ビール(黄金黒)だったかな?上のサラダは、今季最後の山東菜と玉ねぎスライスで、 [続きを読む]
  • 最近、夕方は相撲と夕日
  • 最近、夕方は、相撲もみたいけどもっと、観たいものがあります。で、この日は、相撲は録画しておいて、自転車で産湯海水浴場まで行き、帰り道、近くの港で夕日を待ちました。待っている間、中学生がバスケットボールで遊んでいて、ぼくをみて「こんにちわ」と声をかけてくれました。「学校はどこ?」と尋ねると、「自転車で50分くらいかけて通ってる」、と、平気な顔をして答えてくれました。この日の夕日は、色々楽しめましたま [続きを読む]
  • 初めてのハッシュドビーフ作り
  • なぜか、ハヤシライスが食べたくクックパッドを覗くと、ハッシュドビーフがおいしそう!これ、ハヤシライスの、ごはんなしをいうのかな?ところで、ハイシライスともいう。ウィキペディアで調べると、ハヤシライスが正しく、関西ではハイシライスともいう、らしい。ま、そんなことは、どうでもいいことで、初めてのハッシュドビーフに挑戦。材料は(2〜3人分)牛コマ:160g おいしそうな牛肉でしたが、 確か、牛コマとして [続きを読む]
  • 夕日を観に、沼さんぽ
  • きのうの夕方は、快晴西の空には、うっすら雲があるのですが、夕日を期待して、沼さんぽ。沼には鴨が戻ってます。夕日を待ちますまだまだ。ここは、わが家から歩いて15分の二番目に近い港。一番近い港で6時ちょっと前うっすら雲があり、空もいい。この太陽、よく観ると、周りの雲が黄色く、上が白い、おもしろい。釣り人と。沈むの早い!ビールを持っていたので、飲みながら、もっと、ゆっくり楽しみたかったのですが、そんな余 [続きを読む]
  • なばなと蛍イカの、からし酢みそ添え
  • また、なばなの料理ですが、おいしかったので紹介しておきます。茹でる先日と同じように、まず、茎から入れ、葉を入れ合計30〜40秒、茹でざるで湯を流し、冷水へ。きれいな色ですね。絞るわりとしっかり長いのは切る。からし酢みそを添えて完成。からし・酢・みその量・比は、好みの味を見つけてください。ぼくは、これくらいかな?白みそ:大さじ1酢:小さじ1からし:小さじ1これ、普通は、和えて出すのでしょうが、去年の [続きを読む]
  • 久しぶりのテニス遊び
  • ご近所のゼットさんと千春さんから「あす、テニスコートとれますか?お客さんがしたいと言っているので」、と。夜だったので、あくる日、公民館へ行き、午後2時から2時間とり、5人でテニスコートで球を追って走りました。ぼくがテニスコートに来たのは、何年ぶりだか、5〜6年?もっとたつかも?でしたが楽しかった。こんな感じでいわゆるテニスウェアじゃなく、家からそのまま出てきた、というかっこうで。ハリキリすぎて最後 [続きを読む]
  • なばなの、からし和え
  • なばなとは?漢字なら「菜花」なんでしょうね。普通、都会のスーパーでも並んでいる菜の花の蕾とその茎を想像しますが、アブラナ科の野菜は、今の時期、放っておいたら、すべて黄色いなばなが出てきます。「かず農園」の野菜では、山東菜、かぶら、大根ですね。今回、使ったのは、山東菜の菜花。これが菜花収穫するときは、菜花だけでなく、その下の葉も柔らかく食べられるので、いっしょに。これは、上の菜花。これは、菜花の下に [続きを読む]
  • 「ご近所さん」で、また飲み会
  • 何が、きっかけだったか忘れましたが当日、急に、いっしょに食べよか、ということになり飲み会に。急だったので、買い物には行かず、あるもので、いくつか作って、持って来てもらったものと、おいしくいただきました。水菜、チーズ入りあげと豚バラ焼きのせあのユーリンチー・タレで。もう一つ、ドレッシングを作っておいたのですが、ユーリンチー・タレが大人気。左は、とろけるチーズを、おあげの中に入れ、レンジパンでやいたも [続きを読む]
  • いまどき、こんな会社があること、知りました
  • 三男が勤めている会社からこんな大きな封筒が送られてきました。そこには、社長名でこんな手紙と商品券が。息子に尋ねてみると年に一回、家族との記念日にサンクス休暇がとれ、今年は、ぼくの古希で取って、この大きな封筒は、ぼくに送ってくれたよう。今、三男は在宅勤務で、たまに会社へ行くようです。で、嫁さんといっしょに食べる晩ごはんは、「ほとんどぼくが作ってる」、と。いまどき、こんな会社があるのですね。息子が、こ [続きを読む]
  • とり皮と、かぶらの皮と、にんじんの炒め煮
  • この日、収穫したかぶらの皮で残っている、とり皮を使って、きんぴらのような、おいしいもの作れないか?と考え作った料理、紹介します。ちなみに、この日、収穫したかぶらの本体?は、いつもの千枚漬けに。材料はとり皮:約70gかぶらの皮:大・中、各1個分にんじん:1本 できるだけ、かぶらの皮の大きさに炒める(焼く)まず、とり皮から。フライパンに脂を入れないで焼き、次に、にんじん、かぶらの皮も入れ、炒めます。味 [続きを読む]
  • とり皮と水菜のサラダ、ユーリンチー・タレかけ
  • 今、「かず農園」では、水菜が元気水菜は、ぼくはサラダが一番好き、それ以外では、鍋でしゃぶしゃぶして食べるくらいで、シャキシャキ感がないと、おいしくない。先日、約200gゲットした、とり皮と保存してあるユーリンチー・タレで、作ってみて、おいしかったので紹介しておきます。ここで使った、とり皮は、約50gだけ。なので、しばらく、とり皮料理、続きそう。畑から採ってきた水菜は雑草をのぞき、土を落とし、水か、 [続きを読む]
  • 早春の海さんぽ
  • この日は、雨の予報なのにいい天気、しかも暖かい。で、海さんぽに。海辺の花浜だいこん、だと思う。この「浜だいこん」、ネットで調べると色々おもしろいことがわかりました。たとえば、今までは「畑の大根が野生化したもの、という説が正しいといわれてきたが、それは疑わしいということが分かってきた」、とか、実際、根の部分をおろして食べたら、すごく辛かったけど、煮るとおいしかった、とか。これは、知らない。水仙もまだ [続きを読む]
  • かぶらとウィンナーのカレー粉いため
  • 小かぶを収穫したのでウィンナーと食べたく、ポトフに初めて挑戦するつもりでしたが、おいしく作る自信がなく、確実な炒めものになりました。材料は(2人分)これだけ。小かぶは、今季最後ので、きれいじゃなく、葉もほとんど使えません。切る小かぶは8分の1、ウィンナーは半分に。小かぶの皮は表面だけむき、厚むきしていません。(食べたら、ギリギリ大丈夫でした。)炒める・焼くかぶらから、次は葉を入れ、塩コショウします [続きを読む]
  • ユーリンチー・タレ、大量に作り置き
  • 以前にも、このタレの作り方紹介しましたが、バージョンアップしましたので書き留めておきます。このタレ、元々の鶏のから揚げだけでなく、色々な炒め物・揚げ物に合うので大量に作っておきました。タレのベースはしょうゆ:大さじ1酢:大さじ2酒:大さじ2さとう:大さじ1ごま油:大さじ1おろしにんにく:小さじ1おろししょうが:小さじ1白ネギをみじん切り一本全部使います。 混ぜて完成瓶に入れ保存久しぶりに鶏のか [続きを読む]
  • 誕生日のディナーは?
  • 今年の誕生日は、LINEで「おめでとう」をいっぱい、いただきました。ありがたいことです。その中で、なぜか「誕生日のディナーは?」と質問があり、LINEで回答しましたが、改めて、写真入りで紹介しておきます。誕生日の前日の「ご近所さん会」にはいつものスーパーHiroで、カマのついたブリのブロックを刺身にして持っていきました。その残りを、誕生日に、おいしくいただきました。刺身に一人分なら、刺身で食べられ [続きを読む]
  • 「ご近所さん」で、誕生会も!
  • 新年会を兼ねて70歳になるぼくの誕生会もしてもらいました。刺身やカルパッチョが少なくなり、鍋が出る前かな?こんな感じで。メイン料理は、グレとかさごの鍋こんな珍しい野菜も。イタリアでよく食べられている野菜、ロマネスコだそうです。グレは大好きな白子が大きい!食べるの苦手な人が多く、おかげでたくさんいただけました。このグレという魚は刺身・塩焼き・から揚げ・ムニエルなど、何でもおいしく、皮が厚いので鍋もお [続きを読む]
  • 「ご近所さん」で新年会
  • 持ち寄った料理は・鰆の炙りのカルパッチョ鰆だけでなく、焼いたホタテも。野菜は炒めたの茹でたの色々、珍しいのも。右下の珍しい野菜は祝蕾(シュクライ)というらしい。華やかですごい!・鯵のづけ鯵を6時間ほどしょうゆにつけ、サラダオイルとごまを入れたものらしい。日本酒でいただきましたが、ごはんにも合いそう。・もんごイカ外はコリコリ、中はしっとり、いつもおいしい。コリコリ部分は、ちゃんと包丁が入ってます、さ [続きを読む]