北の旅びと さん プロフィール

  •  
北の旅びとさん: 旅の途中にて
ハンドル名北の旅びと さん
ブログタイトル旅の途中にて
ブログURLhttp://snfkn77.blog.fc2.com/
サイト紹介文しばらくここで
自由文思い通りには生きていけないのなら 心だけは自由にしていたいものです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/12/01 17:59

北の旅びと さんのブログ記事

  • うれしい時は
  • 何もかもが素敵に見える良循環の極めつけの有頂天万歳千唱めでたいめでたい喜びすぎて皺が増えてもそれはそれでいいものだついでにお酒も飲んじゃって!騒ぎ過ぎても夢の中笑う門には福来たれ [続きを読む]
  • 予定通りにはならないのです
  • きっちり予定を組み立てて試行錯誤も埋め尽くし思い込まずに冷静になって何処から見てもバッチリなのにあっさり外れる勘の悪さかここ一番の哀れにさらされ冷えた身体は硬くなりつつ抗う心にともし火を点けてあきらめきれずに時期を待つこれが男だ!人生なのだ [続きを読む]
  • 走る
  • 急ぎたい時は走るのだ少しでも先に行きたい誰よりも前に出て先頭に風を受けて波を立てる新しいモノに向かって一直線に走っていくのだ [続きを読む]
  • 春の雨
  • やさしいのは春の雨地面に落ちる音がする静かに跳ね返るしずく母の大地に根付く足けしてあわてず芽を出せよしっかり光を取り込んで精一杯の背伸びをするのだおまえの身体に満つるものこれまで繰り返してきたたくさんの歴史の重みを知らずに自然の一歩となり天を目差して昇るのだ [続きを読む]
  • 連続線
  • 点がたくさん隙間無く集まって線ができるその線は曲がりくねってまとまりがないのです真っ直ぐに一途にやり通しているつもりでも実は常に変化して螺旋を描いているのですそれでもやっぱり気になることがあるのです [続きを読む]
  • 整理整頓
  • 身の回りを整理することはとても大切なことだ綺麗にかたずけることで身もこころもスタートラインでも本当はその数の分だけ大人になるということなのだ確かな経験と知識は間違いなく大人の証となるそれにしても大胆なことをするのはビックリ仰天のときめきなのです [続きを読む]
  • 春の風に乗って
  • 北の空からやってきた何も飾らないまま凍えた心ひとつ置き場所に困って彷徨ううちに一陣の風旅は終わらないまだまだ続く次は南に... [続きを読む]
  • 勝負の時
  • 集中力を発揮して考えすぎず平常心であなどることなく凛として臨むは新規発展の礎天の運か地の運かはたまた因果の糸車裏と出るも表と出るもどちらも己の成せる業 [続きを読む]
  • 心配する
  • 考えてもしかたが無いのにめぐりめぐるは心配のおもい生きている限り意識がある以上湧いては昇りとめどなく続く音信不通は無事な証拠なんて気休めどころか大間違い時間だけがノンビリと過ぎてこれが試練だ人生なのだ [続きを読む]
  • 永く続けること
  • 言葉で言うのは簡単だけどこころの中では常に変化がある辛いことには耐えられても気持ちの移り変わりには様々な問題が生まれいづるのだ平和な時には気付かない少々の振動よりも怖いものそれはもう一人の自分が現れて己の迷いをストレートに暴くまったく痛いところを知っているどれだけ血を滲ませれば済むのだろう [続きを読む]
  • 天災は突然に
  • 予想もしない時に想定外の事件があると一瞬時間が止まってしまう目が点になって身体の自由がままならず意識の焦点が行ったり来たり数をこなしたつもりでもまだまだ全然修行が足りずほんと開いた口が締まらないのです [続きを読む]
  • WAVE
  • 心地よいリズムは波のようやさしく洗うように流れて時の経つのを忘れさせるわがままで独りよがり誰でもその因子を持っているそれからいつまでも...ぼんやりするのは悪くないいざというときのためにじっくり研ぎ澄ましているのだ [続きを読む]
  • レール
  • 真っ直ぐに延びる道をここから眺めているとこのまま進むのが不安になる当たり前の成行きにサビの無いメロディー繰り返すだけのロードムービー大地を揺らす地震が来て何もかも壊れてしまう夢をみてしまったから... [続きを読む]
  • 春はアケボノ
  • いっぺんにたくさん出来ないのに欲張りの心には困ったものだ忙しいさかりには弱音を吐いて繊細なワザも何処へやら?ゆっくり寝ぼけて虚ろなままでふんわり温もる朝陽をあびる酒に酔うよりはるかによろしいやっと見つけたユートピア [続きを読む]
  • 欲望
  • ギラギラしていると言われて妙に嫌な時があったのがなつかしいちからが溢れてみなぎっていた頃はそれを隠したかったんだと思う本音を悟られるのが怖くて涼しい顔に憧れたものだオーラというやつはむずかしいちからを入れるとかえってダメだ自然に出るのを待つしかないんだな...いつになったら出るのやら!このまま枯れてしまうのかな? [続きを読む]
  • 静かな時間
  • 誰かを待っているとき時間の過ぎるのを長く感じる自分のリズムは早くなり冷静な感覚が遠い日の事のよう風までも止んでしまって普段なら気に留めないことまでああでもないこうでもない落ち着かないというよりも...待つことはシンドイのです [続きを読む]
  • 不本意な状態
  • 我慢してシカメっ面で永く座っていると下半身が麻痺してくる止まっているのが一番つらいのですリズムが自然に沸いてくる動き出せば何とかなる機械や道具も使わなければどこか具合が悪くなるものだ [続きを読む]
  • 姫奉り
  • 女性はきれいでかわいいものだそうでないのは何か理由があるに違いない花のように可憐で華奢で思わず手を差しのべて護りたくなってしまうたくさん並んで華やかでまぶしすぎるひな祭り一夜の夢は巡りめく [続きを読む]
  • 欲張り
  • あれもこれも欲しいなんてわがままなんだ気持ちは良くわかるけど今までのこと思い出してごらんいっぱい転がっているだろう?きちんと使ってあげなきゃかわいそうだろうそのうち足の踏み場も無くなってしまうおまえの心の中までも... [続きを読む]
  • 空の上には
  • 雲がある日はその上に青い空があってその上には太陽がある夜には星があって明るい空をセピアに染めて時には大きな満月がある不思議な月は欠けたり満ちたり呼吸をするように回っている太陽と月と地球とそれはまるで三角関係のようだな [続きを読む]
  • 愛は流れ星
  • 愛は流れ星いきなり現れてひときわ輝いておまえを虜にする優しいふりして側に寄り添ってこころを奪って魂を鷲掴みする何もかも染められて生きる意味教えられついて行く決心の頃ふっと消えてしまう...約束はしないけどまた来る日まで生きていける [続きを読む]
  • 秘密
  • 誰にでも大なり小なり知られたくない秘密がある恥ずかしいことだったり重大なことであったり...誰でも秘密がバレたとき一旦は狼狽することだろう世の中がひっくり返って上も下も前も後もわからないそれは地震に似ているしばらくは余震で微震そのうちに自分を取り戻す修羅場をくぐるとそこは...新しい場所にたどり着くのです [続きを読む]
  • 絡まる糸
  • 出来れば避けて通りたいことなどめんどくさいことをするのが大事だ自分を飾ることが楽しく出来るなら絡まる糸を楽しんでほどけるさ長所は短所 弱点は魅力チョイ悪がかっこいいおまえが迷っている間にほら もうこんなにたくさん話しちまったじゃないか [続きを読む]
  • 後悔せず!
  • 急いでいるときこそ落ち着いて踏ん張る焦ってはいけない大波の後には必ず揺り返しがある気をつけるんだいつもこうやって乗り切ってきたんだから間違いないさ我 事において 後悔せず [続きを読む]