北の旅びと さん プロフィール

  •  
北の旅びとさん: 旅の途中にて
ハンドル名北の旅びと さん
ブログタイトル旅の途中にて
ブログURLhttp://snfkn77.blog.fc2.com/
サイト紹介文しばらくここで
自由文思い通りには生きていけないのなら 心だけは自由にしていたいものです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2008/12/01 17:59

北の旅びと さんのブログ記事

  • 指先が器用なら
  • 男は器用でなければいけません他になんにもトリエが無くてもこれだけは外せないものですそうでないなら男をやめてひっそり暮らしていけばいい世の中は厳しいのです思うだけなら誰でも出来る騙してもすぐに解ってしまうので勝負は真剣そのものなのだ小手先ではない本物の勝負なのだ [続きを読む]
  • 汗が出るとき
  • いろいろな汗があるけれど熱い汗はいい時が多いようだ真剣に向き合って勝負するときそこにいるだけで充実する背中に滲んで浮んで消える絶え間ない男の刹那と自信男は背中 女は額かな [続きを読む]
  • 潔いということ
  • きれいなことはつくりものはじめから最後まで一瞬の隙も無く終れるなどというのは絵空事理想的で目指すのははじまりはどうであれ最後のシーンだけはきれいにフィニッシュしたい誰が何と言おうとお手本のようにポーズを決めたいのだ [続きを読む]
  • 対象色
  • 同じ色とは同士になれるそれは兄弟姉妹と同じようそして濃淡の違いがあればそれは親子や師弟なのだろう正反対に位置しながら最も落ち着くのが対象色男と女がそれだろう [続きを読む]
  • ものさし
  • 比べるものが見えるから修正ができるのですデジタルが解らなくて右往左往するのに似て認識範囲オーバーならば両手を挙げて降参すればいい肩の力を抜いてついでにプライド捨ててありのまま気持ちを出して地を這うくらい夢中になるのさそうすれば...なんとなく見えてくるものがあるはずがんばろうよ! [続きを読む]
  • 心を洗うもの
  • それはさりげないやさしさそして一途な思いやりの心忘れかけそうなその前に男は女に おんなはおとこに無条件に認めなければいけない意地を張ってしまったら終わる素直になれない夜は言葉は要らない裸になって抱き合うことだ [続きを読む]
  • 単調なリズム
  • おなじみの単調なリズムをたまには聴きたくない時もある生きていれば当然のことなのだところが気がつけばすでに思い出してしまっているなんということか刷り込みなのだもうすっかり染み込んでふるさとになってしまったのだ [続きを読む]
  • 至れり尽くせり
  • 気にしだしたら止まらないあれもこれもそれもどれも手を変え品を換えイジリまわす何もしないほうが良かったかもと言う反省などすることも無く自分のペースで突っ走るなんということだ哀れを通り越してかわいそうに思えてくる [続きを読む]
  • 相性とは
  • どんなに努力しても生まれ持った性質は変わらないし換えられない好きになって愛が芽生えて無理すれば一瞬は何とかなるしかしそれは続かないものだ黙っていてもそれなりに世の中がひっくり返ってもピッタリシックリするのが相性もちろん男と女の関係もとことん充分絡まって飽きること無く燃えるもの [続きを読む]
  • 女は
  • 素直にあこがれてしまうもの一人だけに夢中になれるのかときどき考えてしまうことがあるどっぷり浸かってしまってはまったくいけないものなのだ砂漠のオアシスのようなものしたがって一緒には暮らせない常に距離を保っていることが新鮮でいつまでも変わらない [続きを読む]
  • あせる気持ち
  • あわてなくてもいいのになぜか急いでしまうのだどうしてなのか分析しても繰り返してしまうのだたぶん自分が動いている間周りの変化が気になるのだろうとにかく早く留まって余裕の色を見せるのだまだまだ修行が足りません [続きを読む]
  • 疲れたとき
  • 他に気を使うことも無く身体を横たえてそのまま深い眠りに落ちる過去も未来も現在も何も考えることも無いすっかり帳が降りるまでしばらく休むのです [続きを読む]
  • 本音を言うと
  • 色っぽい女がいいいのだ誰が何と言ってもそれはしょうがないとことんまみれてシットりなれるのならそれがいいのだついでにちょっとかわいいところがあったら言うこと無いな [続きを読む]
  • 点から線
  • 動かないものを動かせるために苦肉の策を弄するよりもまずは絶対値で考える完全無欠の鉄壁ならば正面突破は愚の骨頂いたずらに負けを増やしてその身はトドメを待つのみに不確定なスガリ落ちやその目を惑わす想定外果ては不意打ちのスローモーションまだまだ続くあの手この手 [続きを読む]
  • 好きなことをする!
  • 生活するのに手いっぱいで気がついたら一週間が過ぎているそんなことの繰り返し...それはしょうがないだからササヤカでもいい好きなことをしようと思うとりあえずは河原に行ってさざ波を見ながらボーっとしようかなそんでもって好きなことを考える! [続きを読む]
  • 点と点を結ぶ
  • おぼろげな点と点を結んで徐々に形がわかってくるとなんだかとっても楽しかった幼い頃のノートの遊び大人になっても同じなのだ決められたレールに沿って少々の遊びはあってもいい安定の基に喜怒哀楽毎日が面白くなければ少し自分の角度を変えて斜めになってヨットのようにジグザグでもいいのです [続きを読む]
  • 昼間に
  • 沈着冷静でいようとすれば気持ちが落ち着き過ぎてくるそれは老化の始まりでもある激しく揺らいで興奮すればその後の余韻も楽しめるやはり我慢も限度があるのだしたいことをしてこそ男も女も魅力が滲み出るのだろう [続きを読む]
  • ホタル
  • オスはお尻を光らせて闇を自由に飛びまわる昆虫の世界では普通なのだが最近人間の場合でも同じよう...おとなしい男では間に合わない時には鋭く電光石火女が無駄を喋るその前に迷いのこころを覚まさせる... [続きを読む]
  • 最初の気持ち
  • 少しの期待と大きな緊張あわてない 出過ぎない控えめに 賢明に慣れるまでは抑えて云々真面目すぎては肩が凝る羽目を外せば調子が狂う所詮この世はワンサイドパラダイスボチボチ行くもセッセと行くもフリーダム... [続きを読む]
  • アツい日々
  • こころが踊りだして息がツカえる程だった...大事にしたかった時間はわずかの記憶を残して...この頃は違うアツさだな新しい時代はココにある... [続きを読む]
  • バロメーター
  • 自分の調子を知ることは一番大事なことなのだ機械ではない身体なら少々の無理も利くけれどその後のフォローが必要だ繊細な神経をすり減らしいたずらに気を使い過ぎればいつしかバランスを崩してしまうそれは誰にもわからない空を飛ぶよりも難しいセルフケア [続きを読む]
  • 当たり前のこと
  • 何もしないのが一番なんて悟りを開いたお坊さんみたいだ山にコモって修行してもそんなにすぐに答えは出ない目に見えるものにはまぼろしや錯覚もある無心になって力を抜けばやっと感じるものがあるわかりきっているからとかもう充分だとか言う前に自分のこころの奥の裏無防備な純粋を知る<font size="2" [続きを読む]
  • 記憶力を落とす
  • 本当は記憶しているのにそれを取り出すことが出来ない自己防衛本能のなせる現象飽きることがすべての終わり大人の男と女なら頷けるそうならないように日々努力...落ちるのではなくて落とすのですね [続きを読む]
  • 原因と結果
  • 運命は決まっていると思ってしまえば簡単なのだ焦る必要も無いし さりとて堕落するほど愚かではないイライラしたりするのは自分自身の至らなさ人のセイにすることでより一層自己嫌悪に落ちるのみ腕を振って歩けば自然に笑顔が出て来る筈なのだ [続きを読む]