pgary さん プロフィール

  •  
pgaryさん: 趣味と物欲
ハンドル名pgary さん
ブログタイトル趣味と物欲
ブログURLhttp://pgary.hatenablog.com/
サイト紹介文本と文房具と電子ガジェットを探して博多天神を徘徊しています。
自由文趣味に伴なう物欲の発露を記録します。最近の物欲は文具、特にインクと万年筆です。古典ブルーブラックインクの自作をしています。趣味文vol.16と23に古典ブルーブラックインクの記事を書きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/12/06 16:39

pgary さんのブログ記事

  • Live Dwango ReaderからInoreaderへの移行はだいたい完了
  • Livedoor Readerの頃から使っていたRSS readerサービスのLive Dwango Reader (LDR) が8月31日で終了になるので、移行先としてお薦めされていたInoreaderに乗り換えました。blog.livedoor.jp          ↓www.inoreader.comLDRでは、「次のフィードに移動」するショートカットキーのsキーでタタタッと流し読みし、新しいフィードの登録はブックマークレットを使うという運用でしたが、Inoreaderだと、「次へ移動」するショ [続きを読む]
  • カヴェコの金ペンへの交換はちょっと待ち
  • 大阪で仕入れてきたカヴェコの金ペン先をカヴェコスポーツに換装してみようとしました。pgary.hatenablog.com渋い色の軸に嵌っていたときに購入したカヴェコスポーツのグレー軸です。カヴェコのミニコンバーター2を付けて使っています。金ペン先はユニット状になっているので、ペリカンの万年筆のように回せば交換できるのかと思っていたのですが、カヴェコスポーツの首軸からは、ペン先とペン芯が抜けてしまってユニットごと外せ [続きを読む]
  • カクノ透明軸高級仕様(透明kakunoも金ペン化)
  • ナガサワ梅田茶屋町店で購入したカクノの透明軸は、しばらく使う予定は無かったのですが、ちょっと思いついたことを試したくなって開封してしまいました。pgary.hatenablog.com万年筆 カクノ | 筆記具 | 万年筆 | 万年筆 | 製品情報 | PILOT万年筆『カクノ』透明ボディ発売 | プレスリリース | PILOT今回の移植元はパイロットのカスタム万年筆、7,000円の金ペンで、パイロットの万年筆ではセレモの次に安い金ペンです。ちなみに金 [続きを読む]
  • 思いがけず手に入った逸品 プラチナ グラマー 14Kペン先
  • 梅田晴夫氏が開発に携わり、The万年筆とも呼ばれたプラチナ3776のギャザード軸を、そのままずんぐりむっくりとさせた様なユニークな万年筆がプラチナ グラマーです。これまでに軸色違いを2本とボールペンを持っていましたが、万年筆はいずれもスチールペン先のものでした。無理だろうとは思いながら14Kペン先のものを探していたのですが、思いがけず手に入りました。ペン先も軸に合わせて幅広の専用のものです。冗談みたいな形をし [続きを読む]
  • 平和のガラスペン、カクノ透明軸、カヴェコの金ペン先
  • 大阪で仕入れてきたもの。ナガサワ茶屋町店では、平和萬年筆という名前のガラスペンとカクノの透明軸。平和萬年筆はガラスのペン先を木軸に装着してあります。線幅の違う太中細の3本がセットで1500円というガラスペンとしては格安です。昔ガラスペンが実務で使われていた時代の流れを組むものだと思います。カクノの透明軸はペン先の顔が舌を出しています。万年筆『カクノ』透明ボディ発売 | プレスリリース | PILOTペレペンナでは [続きを読む]
  • 今更ですけど、ビックオレンジのキャップはただの筒
  • いつものボールペンが見当たらなかったので引き出しを探ったらビックオレンジが出てきた。最初書けなかったので、紙にぐるぐると◯を書いていたらすぐに書けるようになりました。最近のボールペンはぐるぐるとやることも少なくなったような気がするので、懐しい感じがしました。油性ボールペンキャップ式|プロダクト|ビック - Bic Japanキャップしていても乾くときは乾くものだとキャップをよく見たら、ビックオレンジのキャップ [続きを読む]
  • 「まりんこゆみ」完結巻発売
  • 表紙にもありますが、一言で言ってしまうと、日本のJKがアメリカ海兵隊に就職する話「まりんこゆみ」が完結しました。実際に女性海兵隊員のアナステーシア モレノさんが原案、JK+戦車という分野の開拓者、野上武志さんが漫画を描かれています。話はマリンコ(海兵隊)の新兵訓練所から始まり、沖縄に赴任し、化学科や通訳として仕事をしていきます。本職のモレノさんの体験を元にしていますのでリアルです。ただ連載半ばで残念ながら [続きを読む]
  • ミニマリストとは真逆の「書斎曼荼羅」という本をお薦め
  • 書斎というのを意識したのは、山根一眞 氏のスーパー書斎シリーズを読んだからなので、本来の書斎のイメージより電子ガジェット側に振れているのですが、最近は本来の意味での書斎への憧れもあり、書斎と名の付く本をあれこれ集めています。その中から面白かった本をご紹介します。「書斎曼荼羅」は著名人の書斎を訪問し、その様子をイラストとコラムで紹介した本です。副題に、「本と闘う人々」とあるように大抵の書斎には本があ [続きを読む]
  • 2mm芯ホルダーの持ち運び用芯研器を選ぶ。
  • 以前紹介したように、机について2mm芯ホルダーを使うときは回転式の芯研器(シャープナー)が便利なのですが、持ち運ぶのには向かないので、持ち運び用の芯研器をいくつか比べてみました。左から三菱のユニホルダー用シャープナー、北星の大人の鉛筆のおまけの芯削り、ファーバーカステルの卵型芯研器です。持ち運び用としては、ファーバーカステルの卵型芯研器は挿入部に蓋が無く、芯の粉が散ってしまうので不可です。三菱と北星だ [続きを読む]
  • 我が家は空前の岡崎体育ブームです。
  • 「MUSIC VIDEO」のMVとか「舟を編む」のアニメのオープニングとかで、ちょこちょこと知ってはいたんだけれど、「感情のピクセル」のかっこいいMVに奥さんと子供達ががっつりはまってしまい、XXLのDVD付きCDを買いました。XXL(初回生産限定盤)(DVD付)アーティスト: 岡崎体育出版社/メーカー: SME発売日: 2017/06/14メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見るiPhoneの目覚ましにもセットされていて、毎日「スペツナズ」で起こさ [続きを読む]
  • TSUTAYA BOOK STORE TENJINの閉店セールに行ってきました。
  • 天神の今泉、Apple Storeの前にあるTSUTAYA BOOK STORE TENJINが6月30日に閉店するので、文具が50%オフになる閉店セールをやっていると、「文具ラボ カルネ」のブログで読んで行ってきました。carnet.ink安いものや通常品は無くなっていて、後は変わったものや、ちょっと値の張るものが残っている印象でした。筆記具では、LAMYの万年筆やボールペン、ファーバーカステルや、フィッシャーのブレットタイプのペンなど、まだまだ色々 [続きを読む]
  • 本日のkindle日替わりセールは、桜玉吉先生の「日々我人間」
  • 本日のkindle日替わりセールは、桜玉吉先生の「日々我人間」です。私は紙版で持ってます。日々我人間 (文春e-book)作者: 桜 玉吉出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/12/02メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る桜玉吉先生と言えば、作家の絵日記的漫画の走りとも言える存在で、ラブラブルートトウェニーワンとか、今でも妙に耳に残っていて、「サマーウッドボール夏木マリ」と口ずさんでしまう「ウッドボールの歌」を [続きを読む]
  • 中学生の息子にシャープペンシルの好みを聞いてみた。
  • ゴミ箱からゴミ回収用のゴミ袋に移していたら、底の方からパイロットのシャープペンシルS3が出てきたので、どうしたのか聞いたら落として口金が曲ってしまったらしい。詳しく話を聞いてみるとS3はもう1本あり、今はそちらを使っているが、そちらはノック音が少し大きくて、捨てたものの方が機構的には好みだったらしい。サクッと口金を交換したら、目からウロコだったらしく感心していました。そこで他にどんなシャープペンシルを [続きを読む]
  • 「陶都物語〜赤き炎の中に」を購入→読了
  • 以前、最近読んでいるウェブ小説のお薦めで紹介していた、「陶都物語〜赤き炎の中に」の書籍版を購入しました。5/25に発売されていたのですが、普段行く本屋に無いので気づいていなくて、なろうの作者近況を読んでAmazonに注文しました。pgary.hatenablog.com冒頭に現在連載中の話より少し先のエピソードが載っています。それ以外のところは、ちゃんと見比べていないのですが、基本的な流れは一緒でもブラッシュアップされているの [続きを読む]