(*^ー゚)vピース さん プロフィール

  •  
(*^ー゚)vピースさん: (*^ー゚)v笑顔で楽しく
ハンドル名(*^ー゚)vピース さん
ブログタイトル(*^ー゚)v笑顔で楽しく
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/smilepeace_v
サイト紹介文アウトドア派なので暇があればあちこち出かけています。 その時の出来事を掲載していきますね(*^ー゚)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2008/12/08 17:27

(*^ー゚)vピース さんのブログ記事

  • ポケモンGO〜14 第二世代ポケモンゲット
  • こんにちは、ピースです2月17日金曜日から、第二世代の金銀のポケモン約80匹が実装されました。勿論もう何匹がゲットしましたよチコリータにベイリーフ。ヒノアラシにオタチ。ホーホーにヨルノズク。レディバにレディアン。イトマルにアリアドス。チョンチーにマリル。ハネッコにヒマナッツ。ヤンヤンマにウパー。ヤミカラスにブルー。ヒメグマにリングマ。マンタインにオドシシ。オクタンにマグマッグ。第一世代の赤緑青のポケモ [続きを読む]
  • 須磨アクアイルミナージュ〜3
  • こんにちは、ピースです今回は、須磨アクアイルミナージュ〜2の続きをお届けしますね続いては、海の魚の水槽です。水族館ってほとんどが海の魚だと思うんだけど…最初は、熱帯のカラフルな魚たちから続いては、ダイオウグソクムシです。海に住む大きな丸ムシですねタカアシガニの剥製。性転換するベラ。生まれた時はメスで、大きくなるとオスに変わります。パイプの中にぎっしりと入っているアナゴ。アナゴはきっと狭いところが好 [続きを読む]
  • 須磨アクアイルミナージュ〜2
  • こんにちは、ピースです今回は、須磨アクアイルミナージュの続きをお届けしますね光の切り絵ファンタジックアクアリウムを楽しんだので、それでは館内を見て行きましょう。須磨海浜水族園で一番のメインでもある大水槽。こたつに入って鑑賞できる様にもなっていました。大水槽では、定番のサメやエイに大型の魚が回遊しています。ウミガメに、この細長い魚は何だっ続きま〜すしゃぶしゃぶ カニ かに 萩・吉田松陰 デジタル一眼 [続きを読む]
  • 須磨アクアイルミナージュ
  • こんにちは、ピースです今回は、面白い寺 須磨寺〜5の続きをお届けしますね須磨寺に続いては、須磨海浜水族館へ向かいました2月12日で終わっちゃたんですが、行った時には須磨アクアイルミナージュが開催されていました。入館すると最初に大水槽があります。そのエントランスホールでは、「光の切り絵ファンタジックアクアリウム」が登場。海の生き物たちが来園者を出迎えてくれます。美しい切り絵の演出で、入館した早々気分を盛 [続きを読む]
  • ポケモンGO バレンタインデーイベント
  • こんにちは、ピースですもう終わっちゃたんですが、ポケモンGOでは、2月9日〜15日までバレンタインデーイベントが行われていました。期間中、チョコレートの「甘い」という共通点から、あめの入手量が2倍に。そして、ピンク色のポケモンの出現率がアップしました出現率がアップがしたポケモンは10匹。ザコポケモンのタマタマに、同じく、ザコポケモンのヤドン。期間中タマタマにヤドンは、嫌になる程出現していましたヤドンの進化 [続きを読む]
  • おもしろい寺 須磨寺〜5
  • こんにちは、ピースです今回は、おもしろい寺 須磨寺〜4の続きをお届けしますね弘法大師を祀っている大師堂に、大師堂の前の焼香台。焼香台を持ち上げている子供の像は、見事にてかってますね源義経腰掛の松。義経が敦盛であるかどうか首と笛を実検した時に、腰掛けた松だそうです。出世稲荷神社。元々は、清盛が福原の守護神として湊川の畔に奉安したものだそうです。後に清盛が、太政大臣まで上り詰めたので、出世稲荷と呼ばれ [続きを読む]
  • おもしろい寺 須磨寺〜4
  • こんにちは、ピースです今回は、おもしろい寺 須磨寺〜3の続きをお届けしますね須磨寺小石人形舎を出て、もう一度源平の庭を見に行きました。一の谷の戦いで敗れた平家は、馬に乗って沖の船へと逃れていく。熊谷直実は、波打ち際を沖へと逃れようとしていた平家の若武者を呼び止めた。「敵に後ろをみせるとは卑怯だ」と呼びとめて組みつき、馬から落とした。いざ首を獲ろうとしたところ、自らの息子と同じくらいの年齢の公達であ [続きを読む]
  • おもしろい寺 須磨寺〜3
  • こんにちは、ピースです今回は、おもしろい寺 須磨寺〜2の続きをお届けしますね宝物館に続いては、須磨寺小石人形舎へ入りました。ここには、源平物語のストーリーに添って、小石で作られた人形が展示されています。源平一の谷合戦。人感センサーによって、音楽が流れ中の人形が動きだします。一絃須磨琴。須磨寺由来。須磨寺は、仁和2年(886年)に、光孝天皇の勅命により、聞鏡上人が当地に聖観世音菩薩像を奉祀したのが始まりと [続きを読む]
  • おもしろい寺 須磨寺〜2
  • こんにちは、ピースです今回は、おもしろい寺 須磨寺の続きをお届けしますね続いては宝物館へ入りました。宝物館は源平の史蹟として、源平ゆかりの収蔵品や資料を陳列展示しています。入り口には、乙女文楽風の平敦盛と熊谷直実の人形が飾られていました。この人形で、一の谷合戦の人形芝居を演じていたのかな敦盛公遺愛の笛と伝えられている、青葉の笛(右)と高麗の笛(左)。敦盛釣燈籠。鼓。何とっ平清盛公寄進となっています [続きを読む]
  • おもしろい寺 須磨寺
  • こんにちは、ピースです先日おもしろい寺で有名な、須磨寺へ行ってきました。須磨寺は通称で、正式には福祥寺というそうです。仁王門に、にらみを効かす仁王像。境内に入ると弘法岩五鈷水があります。大きな石に五鈷杵が置かれてあり、何の建物かと思いきや、よく見るとひしゃくがあるので手水舎の様ですね。弘法岩五鈷水の右手奥には、千手観音菩薩像が祀られています千手観音の手の数は、合掌する2本を除いて40本あります。1本の [続きを読む]
  • ポケモンGO〜13 ついにポケモンマスターになれました
  • こんにちは、ピースですポケモンGO〜12 ポケモンマスターになれたと思ったらで、ポケモンマスターは幻として終わってしまいましたが、ついに最後のポケモンのマタドガスをゲットしましたマタドガスはレアポケモン並に出現率が超低いので、手っ取り早く、進化前のドガースを進化させることに。ドガースをマタドガスに進化させるのには、ドガースのあめ50個が必要です。現在48個あるのであと2個。相棒として一緒に5キロ歩くと、その [続きを読む]
  • 鶴林寺公園の梅
  • こんにちは、ピースです近くに、播磨の法隆寺と言われる、古刹の鶴林寺があります。その隣にある鶴林寺公園で、わずかですが梅の花が綺麗に咲いていました。白梅は6分咲き、紅梅はまだ2分咲き程度かな。池のほとりにはコサギがいました。逃げなかったけど、こちらを見てムッチャ警戒しています鶴林寺は年に数回、入山料が無料の日がある様なので、こんど無料の時に行ってみようっとしゃぶしゃぶ カニ かに 萩・吉田松陰 デジタ [続きを読む]
  • 福井・富山旅行土産
  • こんにちは、ピースです福井・富山旅行に行った時もお土産を買って帰りました。いつもの通り、食べる物しか買ってませんね富山しろえびポテトチップス。白えびの風味がとても豊かで、食べ出したら止まりません。これはもっと買えば良かったカマンベールワッフルクッキー。昨年長野に行った時に買った、信州安曇野チーズワッフルクッキーが美味しかったので、これも美味しいと思い買っちゃいました。期待通りでしたよ白えびせんべい [続きを読む]
  • 世界遺産 五箇山の相倉合掌造り集落〜2
  • こんにちは、ピースです今回は、世界遺産 五箇山の相倉合掌造り集落の続きをお届けしますね相倉合掌造りの家屋の多くは、江戸時代末期から明治時代にかけて建てられたものでだそうです。この昔ながらの風景はほんと心癒されますね行ったのは11月9日なんですが、この日はとても冷えこんだ一日。みぞれが降って、山はうっすらと雪化粧をしていました。秋の服装だったのでムッチャ寒かった〜最後に展望台に登り、集落の全体を見渡し [続きを読む]
  • 世界遺産 五箇山の相倉合掌造り集落
  • こんにちは、ピースです今回は、越中三大大仏 庄川大仏の続きをお届けしますね庄川大仏に続いては、世界遺産・五箇山の相倉合掌造りの集落へ向かいました相倉合掌造りの集落には、23棟の合掌造り家屋が現存し、昔ながらの生活が息づいています。白川郷と比べると観光地化しておらず、観光客はかなり少なめです。おかげでゆっくりと見て回る事ができました。里山と合掌造りの家屋の風景は、とてものどかで素敵ですねこの集落には、 [続きを読む]
  • 新しいパソコン
  • こんにちは、ピースです我が家には私と奥様用のPCが2台あるんですが、奥様が使っているPCの調子が悪くなってきたので買い換えることにしました。我が家が買うPCは当たりが悪く、3年くらいしか持たないことが多いなか、奥様の使っているPCは優秀で、5年くらい使っていますが故障知らず。それでも長年使用していると、キーボードの反応が悪くなってきたり、処理速度が遅くなってきたりで、使いづらくなってきたので引退してもらうこ [続きを読む]
  • 浜宮天神社でポケモンGO
  • こんににちは、ピースです浜の宮公園でポケモンGOを楽しんだ後は、ルージュラー達と隣にある浜宮天神社へ向かいました浜宮天神社は、学問の神様で知られる菅原道真公が祀られていますフシギダネは何をお願いしたのかな。境内には梅の花が咲いていました。マダツボミは早くこの様に花を咲かせたいね。梅の花は咲き始めだったので、見頃になったらまた来たいと思いますしゃぶしゃぶ カニ かに 萩・吉田松陰 デジタル一眼レフカメ [続きを読む]
  • 浜の宮公園でポケモンGO
  • こんにちは、ピースです近くの浜の宮公園が、レアポケモンのルージュラーの巣になったので、ゲットしに行ってきました公園に着くと、ドードリオが出迎えてくれました公園内はナッシーが案内してくれます。松林が美しい公園ですね。さすが巣になっているだけあって、出現率の低いルージュラーがざっくざく出現します。3匹同時に出現する時もありましたこちらは公園内に咲いていた日本水仙です。日本水仙は奥ゆかしい美しさがありま [続きを読む]
  • 恵方巻き
  • こんにちは、ピースです昨日は節分でしたね。我が家でも恵方巻きを食べました。買ったのは普通の巻き寿司ではなく、ちょっと奮発してひれかつ巻きとトロサーモンです。焼いわしと共にいただきま〜すひれかつ巻きは予想以上に大きなひれかつで、トロサーモンはとても脂が乗っていました。どちらも美味しかったですよ無言で1本丸ごと食べるのはしんどいので切ってますが、これって縁も切れちゃうのかなしゃぶしゃぶ カニ かに 萩 [続きを読む]
  • 新しいスマホ ASUS ZenFone 3 Laser
  • こんにちは、ピースですポケモンGOには、Pokemon GO Plusというデバイスがあります。発売当初はプレミアムが付いて1万円以上していたんですが、ようやく定価(3780円)で買える様になってきたので、買ってみました。中には、本体とちゃっちいベルトが入っていますPokemon GO Plusは、Bluetoothを用いてスマホと連携し、近くにポケモンが現れたり、ポケストップがあるとランプと振動で知らせてくれて、ポケモンの捕獲を試みたり、ポケ [続きを読む]
  • 越中三大大仏 庄川大仏
  • こんにちは、ピースです今回は、割り箸で作った渡れる橋「日本箸」の続きをお届けしますねユニークなお箸の橋を見た後は、越中三大大仏のひとつの光照寺へ向かいましたこちらが越中三大大仏のひとつ、庄川大仏です。青銅色をしてはいますが、コンクリート製の阿弥陀如来像です。どうやら最近に色を塗り直したのかな、ペンキ塗り立てという感じです。んん〜っこの大仏様をみても、あまりありがたく感じないのは私だけかな大仏様の前 [続きを読む]
  • 割り箸で作った渡れる橋「日本箸」
  • こんにちは、ピースです今回は、ますのすしミュージアムの続きをお届けしますねますのすしミュージアムに続いては、越中三大大仏のある光照寺へ向かいました途中トイレ&休憩のため立ち寄った公園に、割り箸で作った渡れる橋「日本箸」という看板を見付けたので、どんな橋か見に行きました。滝に池もあって、とても綺麗な公園ですね。その日本箸はこちら。長さ2m20cm・幅75cm。制作日数延べ3年。使った割り箸は約75万本とは凄いで [続きを読む]
  • ますのすしミュージアム
  • こんにちは、ピースです今回は、廣貫堂資料館の続きをお届けしますね富山といえばます寿司も有名ですよね。廣貫堂資料館に続いては、ますのすしミュージアムへ向かいました館内に入って目を引くのが巨大なみこしです。実際に富山のお祭りで使っている物なのかなミュージアムの入り口では、キャラクターのますまるくんが出迎えてくれました。ここではガラス越しにます寿司を作っている所を見学できるんですが、運悪く小学生の学習体 [続きを読む]
  • 廣貫堂資料館
  • こんにちは、ピースです今回は、富山ブラックラーメン 麺家いろはCiC店の続きをお届けしますね富山は薬でも有名ですね。配置薬販売では300年の歴史を持ち、製薬会社も数多くあります。と言うことで、翌日ホテルをチェックアウトして向かったのは、老舗の製薬会社の廣貫堂資料館です入館すると、昔の薬売りの姿をした人形が出迎えてくれました。受付を済ますと、ドリンクのサービスがありました。サンリキソV、見た事ないけどね昔 [続きを読む]
  • ポケモンGO〜12 ポケモンマスターになれたと思ったら
  • こんにちは、ピースです前回のポケモンGOニューイヤー(正月)イベント〜2の記事で、残りあと1匹、プテラをゲットしたらポケモンマスターになれると言っていたんですが、そのプテラを遂にゲットしましたラッキーにも10キロ玉子から生まれてきてくれましたこれで第一世代のポケモン全てゲットっポケモンマスターになる事ができましたさて、図鑑を見直してみると、あれっゲット済みだと思っていた110番のマタドガスが、まだゲットし [続きを読む]