ETRETAT さん プロフィール

  •  
ETRETATさん: 世界の美術館紀行
ハンドル名ETRETAT さん
ブログタイトル世界の美術館紀行
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ad9875cb
サイト紹介文最高の楽しみは「海外の美術館を訪ね、そして絵の舞台も訪ね、そこの料理を味わうこと」です。
自由文これまでに訪ねた街。 エトルタ、ル・アーブル、ニース、カーニュ・シュル・メール、サンポール・ド・ヴァンス、ルーアン、オンフルール、アルビ、コリウール、ナント、パリ、マドリッド、バルセロナ、フィゲラス、フィレンツェ、ベネツィア、チューリヒ、ジュネーブ、ベルン、バーゼル、ヴィンタートゥーア、ミュンヘン、ロンドン、アムステルダム、ハーグ、オッテルロー、ロッテルダム、ボストン、ニューヨークなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/12/09 00:11

ETRETAT さんのブログ記事

  • 鉢植えのアーモンドも開花
  •     鉢植えのアーモンドもやっと開花。   先輩の地植えのアーモンドより10日遅れ。    地植えした2本のアーモンドは満開まじか。    メジロやヒヨドリがやってきて                花びらをつついている。 あと2か月余りでパリ、そんな時に信じられないニュースが。  「日本航空は3 [続きを読む]
  • アーモンド開花
  •   アーモンドが例年より遅れてやっと開花。   ブログの壁紙で試用しているトゥールーズ・オーギュタン美術館 のアーモンドに出会ったのは2009年3月だった。 ゴッホもアルル(サンレミ)で描いたアーモンド。 2014年は3月7日に開花、昨年は3月12日だった。     トゥールーズ・オーギュタン美術館のアーモンド [続きを読む]
  • シロハラの獲物を横取りするヒヨドリ
  •   シロハラがミニトマトを食べているとヒヨドリが現れる。   テラスのミニトマトを取に行くよりシロハラが運んできた   ミニトマトを横取りした方がヒヨドリにとっては安全策。     シロハラが食べていたミニトマトが右下に転がっている             ヒヨドリが襲いかかる  シロハラ(左端)が運んできたミニトマトを食べるヒヨドリ(右端)     建物の壁際で実をい [続きを読む]
  • 美術展目白押しでパリの日程変更
  •   ピサロの二つの展覧会を訪ねようと思っていました。「カミーユ・ピサロ回顧展」    マルモッタン・モネ美術館  2月23日〜7月2日鋭い審美眼で選ばれた名作60点(内8作品はフランス初公開)は、世界各地の主要美術館や名高い個人コレクションから貸し出されたものです。出生地であるカリブ海アンティル諸島での初期の制作作品から、パリやル・アーヴル、ルーアンなどの都市での晩年の作品まで、ピサロが [続きを読む]
  • 卑しい鳥、ヒヨドリ
  • シロハラの敵はヒヨドリ。  まさに卑しい鳥。  鵯、シロハラと違ってヒヨドリはいい名前をもらった。  人間と共存関係にないことを知ってか、ヒヨドリの表情は  猜疑心に満ち、警戒を怠らない。   シロハラにあげたのに、シロハラを追い払って                 ミニトマトを食べる。   いつも単独行動のヒヨドリだったが、           [続きを読む]
  • シロハラの大好物はミニトマト
  • 多忙で投稿できずにいました。   我が家に午前7時過ぎにやって来るシロハラ。     もう少しいい名前にしてあげたらよかったのに。   同じスズメ目ツグミ科の仲間にアカハラもいる。                 ミニトマトが好き           くわえる動作はすばやい   最初はミカンに興味を示していなかったが今では食べている。   シロハラを可愛が [続きを読む]
  • とりあえずは順調か
  • 私のジャガイモ畑。  霜害と零下の気温で芽が枯れたことはたびたびあったが まぁ、許容範囲で推移しているといえようか。   ジャガイモの芽はもう9割は出たと思う。  その一方で枯れた芽がまだ復活していないところも。   霜の害はこれからも起こる。  零下の気温もこれから無いとは断言できない。  あと2か月余り、目が離せない日がつづく。 [続きを読む]
  • ジャガイモ畑の作品群
  •    ジャガイモは発芽中。  しかし今年は霜害が多い。 ひどい時は葉が枯れてしまう。    透明マルチビニールの中の水泡とジャガイモの発芽の   からみはいろんな形があり面白い。         防風林脇の列は比較的霜害が軽微でいちばん発育がいい。   植えてからひと月半、発芽はやっと半分程度。  あと10日もすれば全部芽が出るだろうか。 [続きを読む]
  • またパリへ、
  •   今日の午後。  「5月の末あたりに旅行しようと思っているから」  「どこへ?  日本?」  「いや世界」   それだけ言えばどこだか分かる。  「私も行きたい」  「じゃあぁ 一緒に行こうか」  妻はずっと、一人でイタリアなどに行きたいと言っていたのに。  一緒に行けばいちいち連絡する手間が省ける。  歩き通す私のパリでの流儀も多種変更を強いられそう。  買い物では世界で最初の百貨店、ボン・マ [続きを読む]
  • 極早生タマネギ収穫
  •   極早生タマネギ(スーパーアップ)の初収穫。  気象条件に恵まれ、昨年より半月以上早い収穫に。    多雨、害虫の発生などにより全国的に苗不足になった今年。  収穫したタマネギは、例年になく不良品が多い。  いずれにしても早期出荷に精を出すしかない。         分球したタマネギが多すぎる [続きを読む]
  • 太陽が出ると田園は眩し過ぎる
  •    島原半島ではジャガイモ植えが一段落、        畑に張られた透明のマルチビニールが眩しい。    しかし今日は未明にマイナス2度を記録、出ていた芽は              大半が黒くなり、枯れたものも。  ジャガイモはタマネギと違って低温と霜に弱い。      中央上ではジャガイモの芽明けをしている人が見える        アップにしたら明らかに人の姿、向こうは海      私の [続きを読む]
  • ジャガイモ畑でモンドリアン風に
  •  オランダ・ハーグのハーグ市立美術館で   ピエト・モンドリアン(1872−1944)を見た。  初期の風景画が抽象画に変化していく過程が面白かった。 私もモンドリアン風に遊んでみた。  4月には無事にジャガイモを収穫できるだろうか。 フォンタナの曲線を意識した畝にも透明のマルチビニールを 敷いた。 これから芽明け作業が続く。   寒い中、バ [続きを読む]
  • ジャガ畑でフォンタナ風に
  •   2300平米のジャガイモ畑、ゆっくり1週間かけて                  畝に土を盛り上げた。 ジャガイモが大きくなるように、生育空間を確保するため。            餌を探すセキレイのつがい   隣のイチゴのビニールハウスでは午後5時になると照明がつく     寒波が日本列島を南下している。  14日には雪が舞うかも。  次の作業は透明のマルチビニールで畝を覆うこと。  タ [続きを読む]
  • それは「シロハラ」だった
  •    私は確かに見た。  シロハラがテラスのミニトマトを咥えて飛行するのを。  最近テラスにたびたび上がって来ていた。        テラスに入って来たシロハラ ミニトマトをつついて食べてしまう。     赤い断片が2つ転がっている(下の写真)。     この時は赤いミニトマトか、赤いピーマンか     不明だった [続きを読む]
  • 稲田朋美は大丈夫か?? 防衛大臣??
  • この人が我が国の防衛大臣だとか。 なんかいつもファッションモデル気取り、            場をわきまえない服装が目に余る。 顔がだだっ広いから、伊達眼鏡かけたいのは分かるが                      それにしても。   稲田防衛大臣は、ベルギーとフランスを訪問するため、成田空港を出発                           (4日、NHKより)      [続きを読む]
  • タマネギ畑のトンネル増強
  •   タマネギ畑のトンネル増強、これで完了!!  ここのところ高温、晴天続き。  <1枚目の畑>          汗をかいています  <2枚目の畑>          早崎海峡の向こうは天草   <3枚目の畑>  晴天が続いているので雨が待たれる。   7,8日は 雨予報 、1週間に1回は 雨 が欲しい。   2月10日頃に初収穫できればいいが。 [続きを読む]
  • タマネギ畑のトンネル
  • ヨトウムシ被害に悩まされたタマネギ畑。  寒くなったからか、もう害虫は姿を消した。 3つの畑でトンネルを作った。  積算温度を高める効果を期待して。    <1枚目の畑>    昨年は留め具をマルチビニールに突き刺したが、強風下では   留め具がはずれ、マルチビニールが引きちぎられた。   その反省で今年はマルチビニールに留め具をささ [続きを読む]
  • 新年、モン・サン・ミッシェルの夜明け
  •    明けましておめでとうございます。   (2009年3月29日のアルバムから) モン・サン・ミッシェルの夜明けは海を挟んで        背後のノルマンディ地方から太陽が顔を出す。    (モン・サン・ミッシェルはノルマンディの最南端にあります) モンサン・ミッシェルの修道院を正面に見て東側から太陽が出た。  自然への回帰策で今は風景が変わっている。 <関連地図>   [続きを読む]
  • さようならパリ、またパリへ(パリ133)
  •   最後のバスは67番バス。  最初に使ったのも67番バスだった。  20枚チケットを購入して19枚使用。  最後の車窓風景。        コンセルジュリー、ブキニストはお休み               ノートルダム      一番よく見た風景、セーヌに浮かぶノートルダム         ホテルそば、植物園西側のバス停   横断歩道を小走りで進むとテロ警戒中の兵士が駆けて        [続きを読む]
  • リュクサンブール公園へ(パリ130)
  •   ビュシ通りからマザリーヌ通りに出て          58番バスでリュクサンブール公園へ。     サンジェルマン大通りのダントン像を見ながら          リュクサンブール公園西側のバス停着          寒い中ベンチに座っている人も              自由の女神像  ニューヨークにある自由の女神像は、合衆国独立100周年を  記念してフランスから贈られ、18 [続きを読む]