ETRETAT さん プロフィール

  •  
ETRETATさん: 世界の美術館紀行
ハンドル名ETRETAT さん
ブログタイトル世界の美術館紀行
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ad9875cb
サイト紹介文最高の楽しみは「海外の美術館を訪ね、そして絵の舞台も訪ね、そこの料理を味わうこと」です。
自由文これまでに訪ねた街。 エトルタ、ル・アーブル、ニース、カーニュ・シュル・メール、サンポール・ド・ヴァンス、ルーアン、オンフルール、アルビ、コリウール、ナント、パリ、マドリッド、バルセロナ、フィゲラス、フィレンツェ、ベネツィア、チューリヒ、ジュネーブ、ベルン、バーゼル、ヴィンタートゥーア、ミュンヘン、ロンドン、アムステルダム、ハーグ、オッテルロー、ロッテルダム、ボストン、ニューヨークなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/12/09 00:11

ETRETAT さんのブログ記事

  • あれっ、創成館野球部は県外生ばかり!!
  •    CATVで高校野球長崎予選「小浜対創成館」戦を見た。   同じ島原半島の小浜高校は選手の出身中学は南串山、小浜、   加津佐、愛野、森山と地元で固めていたが対する創成館はと   いえば・・・・・県内生は皆無に見えた。   全部見ていたとはいえ95%のくらいの信頼性しかないが   少なくとも創成館野球部の出場選手に長崎県人はいなかった   ように思う。   創成館は長崎県諫早市にある私立校。   部員は11 [続きを読む]
  • サン・シュルピス教会の排尿避け装置(パリ38)
  •   サン・シュルピス教会を「犬や人の排尿から守る独特の装置」  はもはや芸術品並みの風格。 歴史を経たいろんな形のものが並ぶ。              正面右、大きな円柱の下         手前と向こう、形の違うものが並ぶ          街灯の鉄柱も役目を分担しているのか  5本のバス路線が通るサン・シュルピス通りだけでも                  これだけの装置がある。   緊急 [続きを読む]
  • 3度目のクール・ド・ロアン(Cour de Rohan)    (パリ35)
  •    午前3時から午前6時まで雷鳴と豪雨、47.5?、目覚める。  九州地方は明日からは雨とおさらば、晴れ間も拝めそう。 クール・デュ・コメルス・サンタンドレ小路からいったん  サンジェルマン大通りへ。  クール・ド・ロアン(Cour de Rohan)へはプロコープ前の  門は閉じられているので、サンジェルマン大通りへ出て、  ジャルディネ通りから向かう。      シャルディネ通り、突き当りに入口が [続きを読む]
  • パリの騎馬警官(パリ17と18の間)
  • 時系列にブログを並べていますが、抜けているのを発見。   暑い中、闘技場でペタンクを(パリ17)   不可解な強制下車、パリのバス(パリ18)  パリ17 と パリ18 の間に入ります。 ローマ時代の闘技場、アレーヌ・ド・リュテスから下って  Jussieu から67番バスに乗る。  バスがシュリー橋を渡ってサン・ルイ島を通過、アンリ4世  通りに入ったところで騎馬警官に遭遇。             さっそ [続きを読む]
  • アン・ディマンシュ・ア・パリ(Un Dimanche a Paris)へ(パリ33)
  •   正午を過ぎたので      クール・デュ・コメルス・サンタンドレに戻る。                   クール・デュ・コメルス・サンタンドレに入る       右側のアン・ディマンシュ・ア・パリに入る 正午を3分すぎてクール・デュ・コメルス・サンタンドレにある  アン・ディマンシュ・ア・パリ(Un Dimanche a Paris)へ。  用意された席へ。 事前に希望は伝えていたが理想の席ではなかったので [続きを読む]
  • サンジェルマン大通りにあった「泥除け装置」(パリ32)
  •   お昼近く、クール・デュ・コメルス・サンタンドレにあるアン・   ディマンシュ・ア・パリ(Un Dimanche a Paris)へ。  正午数分前、お店は開いていたが営業開始は正午からということ  で出直す。  近くに回りたいところがあったから困ることはなかった。   アンシエンヌ・コメディ通りからサンジェルマン大通りへ。    中央が目指すサンジェルマン大通り140番地の建物だ   写真を見れば装置がどういう用途 [続きを読む]
  • オイルランプ時代の痕跡が残る建物壁 (パリ30)
  •     サン=タンドレ・デ・ザール通りから            グラン・オーギュスタン通りへ入る。  ガス灯の前のオイルランプの時代、その痕跡を壁に残す                      建物があった。  昨年訪ねたピカソが「ゲルニカ」を制作した旧アトリエの                      すぐそばだった。     左手前に痕跡、ピカソの旧アトリエは20m先の右側        [続きを読む]
  • フランス革命時に道路標示から削り取られた Saint    (パリ29)
  •   サン=タンドレ・デ・ザール通り、サン・ミッシェル   広場から、クール・デュ・コメルス・サンタンドレへの入口を含   みアンシエンヌ・コメディ通りまでつづく。  パリ歩きで頼りにしている「街角の遺物・遺構から見たパリ歴史  図鑑」(ドミニク・レスボロ著、原書房、2015年)によると  「1792年8月14日、国民公会は封建制と俗信のしるしの削除を   求める行政命令を議決、道路標示から聖人を示す Saint や [続きを読む]
  • 地下駐車場のフィリップ・オーギュストの城壁(パリ28)
  • 地下駐車場を作る際に長さ50mの城壁が原形のまま発掘された。 地下2階まで降りるとタワーは透明の防護パネルで囲まれていた。   車を保護するためか、下の方は白でコーティングされている    突き当りの壁の部分はフィリップ・オーギュストの城壁   タワーの部分は保護されていて入れない、鍵がかかっていた  タワーには照明が当てられ、積み重ねられた石の質感が分かる     突き当りの壁の部分はフィリッ [続きを読む]
  • ヌヴェール通りからパサージュ・ドフィーヌへ(パリ26)
  •    ポン・ヌフを渡って次はドフィーヌ通りからパサージュ・      ドフィーヌに入り、「Eurocentres Paris 」という        語学学校でお願いすることがあった。  学校内にフィリップ・オーギュストの城壁が残っている  らしいのだ。映像資料も一切見たことはない。   ヌヴェール通りから入り、ネル通りで曲がって                ドフィーヌ通りへ出る。      ヌヴェール通り [続きを読む]
  • ポン・ヌフで見た怪しい2人組(パリ25)
  • 例のアンケート詐欺?     5人組みくらいなら恐怖だけど、2人では迫力無し。      次から次に。       カモはいそうにないな。       アンリ4世像の前で。       下手なのか、全然平穏。       警戒すべきはもう少し年少で、多人数の場合。     何本かの手が同時に伸びて来て終わってみれば     あれは神技だったのかと。       私もかつてルーヴルで「ユ [続きを読む]
  • サン・マルタン運河(パリ23)
  •    エクス通りからサン・マルタン運河に戻る。  次に乗る75番バスの停留所はサン・マルタン運河脇にあった。   午前10時になろうとしていたが人の姿はは少ない。  昨年だったか、サン・マルタン運河の水を全部抜いて大掃除  したとテレビのニュースでやっていた。       運河脇のヴァルミー通りで見たインベーダー                 郵便ポスト    Jules Ferry で Pont Neuf 行きのバスを2 [続きを読む]
  • エクス通りの見たかったアートは消されていた(パリ22)
  •   サン・マルタン運河を横切り、見たかった大型アートに急ぐ。  深い紺地に鮮やかな色の傘をさした2人が10数箇所に描かれ、  いろんなアングルからいろんなポーズで踊っていた。  嫌味のない、見ていて楽しくなるような鮮やかな作品だった。  これまで見てきたアートの中でも3本の指に入る作品だった。  僅かな確率で、巡り合えることを期待していたのだが・・・      エクス通りに入る、ホテルのシーツ等の回収が [続きを読む]
  • 20番バスでレピュブリック広場まで(パリ21)
  • パリ2日目の朝、いつもの Havre Hausmann から 20番番バスでRepublique へ。  ある人のブログで紹介されたストリートアートを                     見たかったから。  ただし時間の経過で作品が変わってるかもしれないし、  悪意の加筆とかで変質してるかもしれないと心配だった。      Havre Hausmann で20番バスに乗る   バスはグランホテル(左)とオペラ座の間の道からオペラ [続きを読む]
  • サン・ドミニク通りから夜のエッフェル塔を(パリ20)
  •   パリの日の入り時間はおよそ午後10時、午後9時55分、       Gare Saint-Lazare から80番バスで。  Gare Saint-Lazare バス停、ほんの少し暗くなった   80番バスを Bosquet-Rapp で降り、ボスケ通りを  サン・ドミニク通りまで歩く。      ボスケ通りからのエッフェル塔(午後10時13分撮影) ボスケ通りを左折し、サン・ドミニク通りに入る。   シュルクフ通りとサン・ドミニク通りが交わる撮影 [続きを読む]
  • ジュソーム書店に、おみやげ持って(パリ19)
  •  あごだしうどん、それに例の本などを持って              ギャルリ・ヴィヴィエンヌのジュソーム書店へ。   パリへのおみやげは「あごだしうどん」   おや、ジュソーム書店のおやじ、こんなところに     パリで最も古いミュージックホール、オランピア劇場   コーマルタン通りを下り、オランピア劇場の所で道を渡って  カプシーヌ通りへ、ヴァンドーム広場を右に見てダニエル・     カ [続きを読む]
  • 不可解な強制下車、パリのバス(パリ18)
  • パリ7泊、バスチケットは2人で41枚使った。         私は100%バス派なので諦めてもいるが、去年も今年も強制的に 降ろされたことがあった。 昨年は27番バスでサン・ミッシェル、       今年は67番バスでリボリ・ポンヌフ付近。      突然降ろされたリボリ・ポンヌフ・バス停  ローマ時代の闘技場、アレーヌ・ド・リュテスを出て Jussieu で 67番バスに乗車、左岸からサン・ルイ島を縦断するコ [続きを読む]