護国寺 さん プロフィール

  •  
護国寺さん: 臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺ブログ
ハンドル名護国寺 さん
ブログタイトル臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺ブログ
ブログURLhttp://blog.gokokuji.jp/
サイト紹介文長野県伊那市法城山 護国寺のブログ。住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。
自由文法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/12/10 15:26

護国寺 さんのブログ記事

  • たまには刺激を…
  • さすが東京ですね山本太郎さんに会いましたなにをおっしゃっているのかよくわからなかったですがなんともよい刺激をもらいました田舎にはない色の多さも実におもしろいです今後に活かせるなにかをつかみにゆきたいと思います… [続きを読む]
  • 禅語に学ぶ…13
  • 今週はこちら『啐啄同時(そったくどうじ)』です啐は卵の内側から雛がくちばしでつつくこと啄は卵の外側から親鳥が殻を割ることこのタイミングが非常に大切仏法を伝える際の師弟間の力量をあらわしたことばですあーなんかわかるわ…成し遂げられ... [続きを読む]
  • お経会にて…25
  • 今月のミニミニ法話272.『感興のことば』131起つべき時に気力がなくことばでは力んだことを言うのに怠りなまけていて希望もなく常に意欲が害(そこな)われ怠惰(たいだ)でものをいう人は知恵の道をつねに知らない…この世に生まれて来た唯一の目... [続きを読む]
  • いろいろと
  • 汗ばむ一日緑が一段と色濃く光に照らされとても気持ちがよさそう…桜が咲くのをまだかまだかと思っていたあの頃を懐かしく思うほど景色はどんどんと時間を流れてゆく娘もついに歯が生え始めてきたはやいものでもう8ヶ月になりますおかげさま... [続きを読む]
  • それぞれのやくわり
  • 各々できる仕事があるbr />それぞれのやくわりがあってこの日常はつくられている懸命に取り組む姿には美しさを感じるし今自分ができることやらなくてはならないことを改めて考えさせられるところがある懸命に自分のやるべきことをやっている人に... [続きを読む]
  • 渋谷は0パーセント…
  • 本日は伊那仏教会の花まつりがあり伊那保育園に行ってまいりました約30名ほどの園児達と約20名ほどの和尚さん達がお釈迦さまの誕生を祝い交流会をいたしましたどういう状況でどのようにお釈迦さまが産まれたのか少しは伝わったのではないでしょ... [続きを読む]
  • 愛の日4
  • 友人が家を建てたのでおじゃまさせて頂きました!とーーーってもオシャレなモデルルームみたいな家でした!ちょっと変わった家で部屋の仕切りが一切ないオープンなお家!夫妻のこだわりが沢山詰まったお家でした!!今はあたりまえに自分の部屋... [続きを読む]
  • 禅語に学ぶ…12
  • 今週はこちら『逢花打花(はなにあえばはなをたす)』です打(た)すとは物事にしっかりと向き合うということ花を見かけたならばその花を一心に鑑賞しなさいそうゆう意味ですなにをするにも同じ事がいえます行う事ごと雑念にとらわれ他事を... [続きを読む]
  • その雨粒は…
  • その雨粒ははかりしれない未来をつくってゆく1日降り続いた雨にもそれなりに大切な意味があるじっくりとこんな日には考えたいものだ今日は外で草が取れない分内なる草を取る… [続きを読む]
  • 愛の日3
  • 先日のブログに1日を大切に大事に過ごしたいと書きました次の日の朝よしっ!大切に大事にと思っていたんですが家事や娘の世話をしているとついつい忘れてしまうもんですね!!あっ!と思う時にはもう夕方でした……何かを意識して生活するのって... [続きを読む]
  • 畑から掘り出した江戸時代
  • 約380年前のお金寛永通寶…今日畑を耕していて偶然にも発見いたしましたへぇ〜こんな出会いもあるのだな誰がここに落としたのかよくわからないけれど江戸時代がたしかに護国寺にもあったことを感じることができました江戸時代、護国寺はどんな毎... [続きを読む]
  • 禅語に学ぶ11…ひさしぶり…
  • 今週の禅語はこちら『日日是好日(にちにちこれこうにち)』ですいいときもわるいと思うときもどんな毎日もかけがえのないもの毎日がすばらしい目前の現実が喜びであろうと悲しみであろうとなんでもないと思う現実もただ今この一瞬を精一杯... [続きを読む]
  • そんなきせつ
  • 桔梗が今年も芽を出した三種類どれも元気に育っているそれ以外にも色で賑わう学びの花壇を毎日楽しみに見ているそんな楽しみな反面私が一番嫌いな季節草を刈ったり抜いたりと除草剤を撒くこと…懸命に生きようとする草木を切ったりなんだり…... [続きを読む]
  • 工夫に添えて…
  • 生きていく中で工夫は必要枯れゆく葉に同化するよう蝶々が…身を守るための工夫だろうかうまく同化する姿に感心してしまう人もまたいろいろある人生だけれど各々うまく生きていける工夫を見つけてうまく生きたいものだと思うできればそこ... [続きを読む]
  • 立夏であって…
  • あれから一年…記念日っていうのは簡単には忘れないものだその日を思い出しあの頃の気持ちが蘇ってくるものがある今の自分とあの頃の自分の気持ちを照らし合わすダメだなと思う部分は素直に反省するそれぞれにあるであろう記念日心を省みれる... [続きを読む]
  • やさしさをそえて…
  • 誰しもが一人で生きているわけではないこの世界にはたくさんの人がいてそれぞれの時間があるともに生きようと思えば予定は狂うし思い通りにならない…そうゆうことはたくさんあると思うただだからこそそこに思い通り以上の景色や体験、学びが... [続きを読む]
  • 愛の日2
  • 子供のパワーは凄い沢山の子供達が遊んでる中に自然と溶け込みいつのまにか友達を作って遊んでいる全力で遊び全力で寝る子供は1日1日をこんなにも一生懸命生きてるのかと思うと私ももっともっとこの1日を大切に過ごさらければいけないな... [続きを読む]