アンティ さん プロフィール

  •  
アンティさん: 北の改め、南の猫暮し
ハンドル名アンティ さん
ブログタイトル北の改め、南の猫暮し
ブログURLhttp://kitanonekogurashi.blog57.fc2.com/
サイト紹介文飛行機のって南国パラダイス?南北を渡歩く2猫と、北国生れの1猫の、誰も仲良くはならない日常。プラス1
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2008/12/11 23:32

アンティ さんのブログ記事

  • 預かりっ子ジジ
  • 訳あって、 仔猫を預かることとなった。名前は、 ジジ。男子3か月弱ぐらい。女子はいつの時代も、 騒がしいものだが、、ジジは、 あんまり動じない。一応は、 新居だというのに、 普通に食べて、 普通に出してる。黒猫仲間ができて、 嬉しいダイちゃん。おもちゃを見せびらかして、 アプローチ。ジジは、 ダイちゃんを一発なぐって、お外探検の旅に出る。つきまとう、 ダイちゃん。そうそう、 ジジは真っ黒クロかと思 [続きを読む]
  • アリの巣ころりとか
  • 南国なので、 アリが出る。どんな高級住宅も、 そ〜じゃない家も、 もれなくアリさんは、 活動する。ある程度は許すのだが、 台所のアリは、 悪いが殺生される。猫もいるので、 怖い殺虫剤も使いたくない。そこで登場、 やっぱり効くのね、 メイドインジャパン。一時帰国の際の、 お買い物マスト商品。。だいたい3日置いておけば、 とりあへず、 アリさんのお姿は、 見えなくなる。・・・またいつか出るけどね。。猫 [続きを読む]
  • ダイちゃんストーカー
  • 先日、 去勢を済ませたばかりの、 ダイちゃん。だいたい男子は、 退院した後は、 すごい甘えん坊ストーカーになる。黒猫男子は、 どうも怖がりで、 内弁慶的な子が多い気がする。知らない人が来たら、 あっという間に姿を消す。身体も大きくなって、 ワタルと間違うことが多いが、 顔はヒタムに似てるかも。。3件隣のごみ箱に住んでいた、 小さく汚い黒猫だったが、ある時、 意を決して我が家に侵入、 家猫の座をゲッ [続きを読む]
  • ビジュアルの賞味期限が、、
  • なんとなく、 里親募集に失敗し続ける、 アン&グリ。これはまだ、 可愛かった頃の写真。女子グリは、 食べるのも遅いせいか、 身体が小さい。割に持久力があって、 ずっと起きっぱで、 遊んでいる。人も大好き、 甘えん坊で、 抱っこすればゴロゴロ。ほどほどに、 現役かわいい仔猫ちゃん。問題のアン、 男子。目がでかすぎたのが、 変顔進化中の原因か??加えて、 カビ菌で顔も体も、 ブツブツだらけ、 現在薬湯 [続きを読む]
  • 住人(猫)の白黒率up
  • 最年少ココナ、 3-4か月。目撃者情報によると、 近所のヤシの木がある家の住人がうちの前に置き去ったとのこと。なので名前は、 ココナ。あまりに仔猫が立て続いて、 里親募集も停滞してるので、ハナっつから諦めて家にいるが、 まあ普通の女子。しいて言えば、 しっぽが長くてフサフサ。身体が白くて、 コントラストが綺麗。裏面は、 黒丸模様。とてもお転婆、 走りまわって、 写真は撮れず。 [続きを読む]
  • サダの大切な・・
  • サダは下半身まひなので、 ケージの外ではおむつを使用。かわいい顔だが、 超狂暴なので、 取扱いは要注意。毎日なるべく清潔に、 大暴れの風呂も週1でこなしてきたが、最近になって、 大切なチ〇チ〇が、 ただれてしまった。なので、 投薬&頻繁な薬湯治療中。クリニックで3人がかりで、 爪を切ってもらったのだが、歯は抜くわけにいかないので、 ワンちゃんが使ったりする噛みつき防止の口輪でも使ったろうかと、 思 [続きを読む]
  • 永遠の童
  • キョーコ(年齢不詳)は何度も出産して、 不妊して、 腹水がたまり、 歯もぬけて、乳癌の摘出手術もして、 もうゆっくり過ごしてほしいと、 家中にいれた。子供は好きではないが、 子供とおもちゃで遊ぶのが、 一番の楽しみ。お外時代は、 狂暴のキョーコだったが、 今では幼子よりあどけない、抱きぐるみキョーコ。上も下も歯は全部ありません。何でも食べて、 すこぶる元気。 [続きを読む]
  • お久しぶりです、ワタルです
  • サボりで休んでたこのブログ、 気の向くままに、 細々記録します。ワタル13歳、 ヤセヤセだけど、 なんとか生きてる。ますます猫がうよって、 居場所に苦慮するので、 夜だけ一人部屋。特別待遇〜コンデションが悪くなると、 ひやひやするが、 まだまだ維持してほしい。 [続きを読む]
  • このブログについて2
  • 2016年11月にお休みして、記録帳にだけ使っていたこのブログ、細々と再会してみようと思います。猫も減ったり増えたり増えたりで(笑)、どんなにあがいても自分の力じゃどうすることもできない状況であります。つくづく嫌だなと思う事も多いのですが、自分でまいた種でもあるわけで、進むしかないという開きなおりな猫生活です。残念なのはここまで頭数が増えると、個々のケアも十分にはできなくて、飼い猫なのに大変な思い [続きを読む]