hangui さん プロフィール

  •  
hanguiさん: 日本歴史と雑事記録
ハンドル名hangui さん
ブログタイトル日本歴史と雑事記録
ブログURLhttp://red.ap.teacup.com/hangui/
サイト紹介文日本及び中国歴史に興味が有ります。特に好きなものは水上交通史です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/12/12 13:16

hangui さんのブログ記事

  • 骨董市(茨城県常総市の一言主神社)
  • [画像]↑は、茨城県常総市菅生に鎮座する「一言主神社」です。ここでのお願い事は「一言」のみでなくては成りません。アレもコレモの欲張りなお願いは、神様が聞きえれてはくれません。お嬢さん達のお願いは、唯一言「結婚できます様に!」等が良いでしょう。結婚こそが人生を面白く彩るもので、幸不幸が待っていても、それはそれで人間の生き様なのです。尚、この神社の創建時期等は知りませんし、一言のお願いが叶いば良いのです [続きを読む]
  • 卯の花(夏は来ぬ)
  • [画像]↑は「卯の花」です。先週の日曜日(5月21日)に常総市(旧水海道市)の菅生に有る「一言神社の骨董市」の花屋さんで買った(800円)ものです。卯の花は小学唱歌の「夏はきぬ」で知っていたが、この様な花が咲くとは知らなかった。実は散歩の途中で、必ず見掛ける「空木、ウツギ」だったのです。ここ常総地方では、畑の境界や垣根として植えられますが、万葉集にも詠われているから、その歴史は古いものなのだろう。こ [続きを読む]
  • 日本の核武装と南相馬市の綿栽培
  • [画像]出典:プロパガンダ.ポスターにみる日本の戦争(田島奈都子編著、勉誠出版?)先の大戦(日中戦争と太平洋戦争)で叩きのめされた日本ですが、その兆しは「2.26事件、昭和11年2月26日」が、直接の出発点に成っているだろう。遠因には様々な要因が有るだろうが、軍部が浮上した事に有ると断言して良いのです。テロ()こそが、日本をどん底に突き落とした元凶です。赤紙一枚で戦争に狩り出され、劣悪な戦場で死んで [続きを読む]
  • 朝鮮半島のルーツ達
  • [画像]出典:プロパガンダ.ポスターにみる日本の戦争(田島奈都子編著、勉誠出版?)資源にとぼしい日本帝国だったが世界を敵に回し(ドイツ、イタリヤは日本の同盟国)戦いを挑むなどは狂気の沙汰では有りません。↑は、家庭内の鉄製品や銅製品、真鍮、砲金等を無償で提供せよとのポスターです。提供した暁は、兵器に化けて敵を殺すのに使うのです。そんな馬鹿げた話で戦争に勝てる筈も無いのだが、それが現実に起きてしまい昭和 [続きを読む]
  • 戦時国債と不逞の輩と(火の有る場所)
  • [画像]出典:プロバガンダ、ポスターにみる日本の戦争(田島奈都子編著、勉誠出版?)↑は戦時国債(支那事変)です。戦争には莫大な金を必要とするから、大蔵省(政府)が音頭をとり銀行や郵便局が半ば強制的に善良な国民を騙し、金を集めたわけです。子供の頃押入れの手文庫に、この様な債権類が入っていたのを知っている。この債券類は現金に直ぐ交換できると書いて有るが、もしも現金として引き出せば「非国民」として烙印を押 [続きを読む]
  • 日本の戦争(プロパガンダポスター)
  • [画像]出典;プロパガンダ、ポスターにみる日本の戦争(田島奈都子編集、勉誠出版?から借用した。↑は1941年(昭和16年)に海軍省が発行した「海軍志願兵募集」のポスターだそうです。私の次兄も、このポスターの為なのか16歳で「横須賀海軍通信学校」に入校した。この入校と言うのは福島県旧相馬郡内で入学試験が有って、それは郡役所が指導したものだと言う。受験を指名されはしたが母は猛反対で、不合格に成ります様に [続きを読む]
  • 平将門フォーラム(馬、鉄、布)
  • [画像]↑は「将門フォーラム(馬、鉄、布)」のパンフレットです。主催は「関東学研究会」で場所や開催日時については、上記をご参照ください。フォーラムの講師陣はいずれも将門研究の第一人者達のようです。将門ファンは途切れなく多いようで、又毎年の様にどこかで将門関係の書籍とか研究発表、展示会等々が行われているようです。将門の後裔は奥州相馬氏(現福島県相馬氏)だと系図に加筆し、江戸の町祭りとか歌舞伎にアレンジ [続きを読む]
  • 今時の日本の農業と都市部への一極集中
  • [画像]↑は、散歩途中に見る見事な「白菜畑」です。この畑は持ち主は(3〜4軒ほど有るらしい)サラーリマンらしく、既に農作業を放棄したのでJAに貸し出していると言う。JAは更に傘下の会社に貸し、更には又「農業法人」にまた貸してるらしい。農業法人は大型の農業機械を保有し、手作業の時は(植え付けや収穫等)は、外国人労働者を使っている。一般的に農作物は連作を嫌うようで、この白菜畑の昨年は麦畑だったようです。流石 [続きを読む]
  • 里山の風景と加波山大神
  • [画像]↑は、茨城県南西部の国道354線(新国道)傍の里山の風景です。この風景こそが日本の原風景で有って、心が洗われるのです。日本人の心の底には里山への憧れが有って、世界中どこを探してもこの様な風景は無いだろう。日本の素晴らしい風景です。残念ながら、この里山の風景も少子高齢化社会の現出で、やがては鳥獣の棲家と化すかも知れません。地方の若者達は、磁石で吸い寄せられる如く都市部に出て行くのです。都市部と [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント
  • [画像]昨日(5月14日)は「母の日」と言うらしく、娘から女房に↑のバラのプレゼントが有った。嫁ぎ先の御祖母ちゃんにもあげたのかと聞いたら、勿論差し上げたとの事で安心しました。母と娘は、父親には理解できない特別な絆が有るらしい。母の日が有るのなら「父の日」も有ると思うのだが、プレゼントを貰った事は無い。勿論だが、父の日が有ってプレゼントを貰いばお返しが高く付くだろう。 [続きを読む]
  • 今朝の新聞チラシによる物価と求人情報
  • [画像]↑は、今朝の東京新聞(平成29年5月14日)に入っていたチラシの中のスーパーの広告です。これを記録してれば、食品類の物価の大雑把な目安が付くだろう。物価の目安としてよく使われるのは「米価」です。いまチラシを見ると青森県産の「青天の霹靂」と言うブランド米は5Kgで1,980円(消費税込8%込みで2,138円)と有ります。現在、我家が購入してる米価(茨城県産コシヒカリ)は、親類の農家から格安で10 [続きを読む]
  • 石楠花と恐竜とロケット
  • [画像]↑は、連休中に咲いた隣家の石楠花です。この様に立派に咲くまでは、確か7〜10年近く掛かっています。[画像]↑は、連休中に孫達を連れて行った「茨城県自然公園(ミュージアムパーク)」の恐竜です。恐竜には、それぞれ名前がついているらしいが知りません。この日は物凄い人出で、特に恐竜は人気が有って立ち止って見ることが出来ません。[画像]↑も、茨城県自然公園内に有るトランポリンです。こちらも子供達には人気が [続きを読む]
  • 福島県南相馬市の現状−1
  • [画像]出典;東京新聞、5月10日(水)朝刊から(小雨後曇天、22℃、60%)東北太平洋沖大震災(3.11)と福島第一原発の過酷事故によって故郷を追われた、福島県南相馬市小高区の現状レポートが載っていたので記録する。東京新聞は朝日新聞のような真っ赤な左寄りの新聞では無いが薄赤い記事が多いようです。然しながら、原発反対の立場でものを言うから継続購読している。以前は読売新聞だったか、原発推進派でしかも御 [続きを読む]
  • 南相馬市小高区再生
  • [画像]↑の出典:目で見るいわき(双葉、相馬)新風土記から3.11(東北太平洋沿岸大震災)と福島第一原発の過酷事故によって故郷は大打撃を蒙った。↑は南相馬市小高区(旧小高町)のメインストリートで(昭和50年後半頃)、小学校に通うランドセルを背負った少女の姿が見えます。渋谷駅のような活気は有りませんがパチンコ店等が見えて、少なくても街は活発に生きていたのです。現在では震災と馬鹿な原発の過酷事故によって [続きを読む]
  • 花に嵐が有るじゃない(牡丹)
  • [画像]↑は我家の庭に咲いた牡丹です。昨日(5月1日)の午後の白昼の嵐で散ってしまった。花の命は短くて、、、との言葉が有るが、これは花のみならず乙女の精華も短いことを表せているのだろう。牡丹の花は艶やかだから、特に短い命(略、一週間程度で散ってしまう)が惜しまれるようです。[画像]↑の花の名は知りません。いつの間にか眼を出し、根を掘ってみたら里芋の様に球根で増えるのです。適当な時期に捨てるつもりでいる。 [続きを読む]
  • 関東郡代伊奈氏と岡堰と間宮林蔵
  • [画像]↑は茨城県つくばみらい市(旧伊奈町)の小貝川に掛かる「岡堰」です。この岡堰は何度も建て替えられ、コンクリート製の堅牢な堰に建て替えられたのは確か平成になってからだったと思います。徳川家康が関東平野に入部した時の関東平野は、利根川(大日川)が江戸湾に流入し江戸は洪水に悩まされていたと言う。この利根川を銚子沖(千葉県)に落とし込んだのが、徳川の臣であった関東郡代伊奈備前守忠治だった。以後伊奈氏一 [続きを読む]
  • 筑波山と砂沼の釣り(下妻市)
  • [画像]所要が有って茨城県下妻市に行って来た。正面の山(↑中央)は、茨城県の万葉集にも詠われた筑波山です。麓の田圃は田植え中で多忙のようです。この地域は古代から開拓が進んだようで、後三年の役で源義家に敗れた安倍宗任を祀った「宗道神社」や、親鸞の「小島草庵跡」等が見られます。恐らくは、近くを流れる鬼怒川の水利の便に浴したものだろう。尚、戦国時代は多賀谷氏が領していました。万葉集(巻14.3391)「か [続きを読む]
  • 日本農業と外国人(中国人)労働者
  • [画像]↑は、一面の「白菜畑」です。この畑の地主さんは4軒有って、いずれの家も会社勤めで有ると言う。つまり農作業よりは会社勤めの方が良いらしく、自作せずJA(農協)に貸し、JAは更に下部団体に貸し、それを個人の農業専門の法人に貸しているらしい。この様な農業形態はどの様に言うのかは知りません。↑の白菜畑で働く労働者は、若い外国人労働者(知る限りでは中国人)で、正式には農業研修生と言うのだろう。道を踏み外し [続きを読む]
  • 北朝鮮の核攻撃と日本列島の原発
  • [画像]出典;東京新聞、4月22日(土)朝刊から(曇天、19℃、53%)アルカイダが、ニューヨークの世界貿易センターに同時多発テロ(2001年9月)を敢行した映像は、中国の中央テレビで拝見した。中国の友人から電話が有って、直ぐにテレビを見て欲しいと言う。緊急事態が起きたと興奮して騒ぐので、急いでテレビをつけたが、そこには信じられない光景が映し出されていたのです。↑の記事によれば、テロリストの首謀者一 [続きを読む]
  • 八重山吹
  • [画像]↑は「八重山吹」でしょうか。詳しくは知りませんが、昨日(4月20日)坂東市岩井図書館のホールに咲いていました。ホールの外は雑木林の新緑で綺麗です。坂東市岩井図書館は蔵書も多く全体的に良く整理整頓され、気持ちよく読書が楽しめます。山吹を図鑑で調べたら「山吹」と「八重山吹」とが有って、八重山吹の方は実が成らないらしいく、増やそうとすれば「挿し木」しかないらしい。山吹と言うのは、子供の頃に父親に教 [続きを読む]
  • 市道の補修
  • [画像]↑の道路は市道で持ち主が補修したものです。写真の左が畑で、西風が吹く時期(12月〜3月)に成ると畑からは砂が道路側に吹きたまり、雨の日などはぬかるんで通行には不都合です。又、雨の日などは泥が跳ね上げ車も汚れると言う。従って、近所の住民からはクレームが有って持ち主が補修(私道を広げ芝生を貼った)したのだと言う。[画像]↑は、同じ地区の市道です。西風が吹くと土砂が道路に吹き寄せ、舗装された道路が狭く [続きを読む]
  • 日本の疲労と朝鮮半島
  • [画像]出典:東京新聞、4月18日(火)朝刊から(曇りのち晴れ、21℃、66%)隣国である韓国の大統領選挙が5月9日に行われるらしいが、現在の世論調査によれば革新系の最大野党「共に民主党の文在寅氏」が優勢らしい。革新系と言うから、当選し大統領に成れば又々、日本への嫌がらせが始まるだろう。日本固有領土で有る「竹島」の返還などは考えられなく、更には仏像返却や慰安婦等も解決の道は閉ざされるだろう。その癖に [続きを読む]
  • 北朝鮮と中国東北三省の深い関係
  • [画像]出典:東京新聞、4月16日(日)朝刊から(快晴、18℃、54%)↑は、4月15日に北朝鮮(金日成生誕105年)で行われた「軍事パレード」です。アメリカの牽制には絶対屈しないと言う意志の表現なのだろう。盛大なパレードだったようですが、その陰では多くの国民が窮乏に泣いているだろう。今朝(4月16日、6.20AM頃)北朝鮮がミサイル(スカットER)を打ち上げたが、失敗に終わったと言う。重大な局面時の失 [続きを読む]
  • 少子高齢化社会の悪夢
  • [画像]出典:東京新聞、4月15日(土)朝刊から(曇り、19℃、52%)度重なる北朝鮮の首領様(刈上げ君とかブタさんとも言うらしい)の核とミサイルの脅しが有って、業を煮やした米国艦隊が朝鮮半島に向かっているが、若しも第二次朝鮮戦争が始まれば、日本もタダでは済まないだろう。第一次朝鮮戦争(1950年9月)当時の日本は、お隣さんの殺し合いで後方基地としての役割を果たし好景気に浮かれたが、現在ではそんな過 [続きを読む]
  • 忖度
  • [画像]出典:東京新聞、4月11日(火)朝刊から(雨、12℃、66%)↑は、現状の朝鮮半島情勢(米VS北朝鮮)をよく表していて、傑作の一コマ漫画で有ろう。又、日本国内では安倍総理夫人の「天然振り」が内閣を混乱させ、忖度(ソンタク)と言う言葉を流行らせている。安倍総理夫人の天然振りは、どうやら本物のようで安倍総理も家庭内野党等とは言ってるが、実は内助の功として許容してるのだろう。こちらの方は国内事情で傾 [続きを読む]