hangui さん プロフィール

  •  
hanguiさん: 日本歴史と雑事記録
ハンドル名hangui さん
ブログタイトル日本歴史と雑事記録
ブログURLhttp://red.ap.teacup.com/hangui/
サイト紹介文日本及び中国歴史に興味が有ります。特に好きなものは水上交通史です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/12/12 13:16

hangui さんのブログ記事

  • 韓国だって脱原発!日本では何故できないのか
  • [画像]出典:東京新聞、6月24日(土)朝刊から(梅雨模様、26℃、62%)福島第一原発の過酷事故を教訓にして、韓国も原発比率を30%→18%(2030)まで引き下げると文在寅大統領が発表したと言う。現在の韓国での原発は、24基あって稼働してるらしい。あんな不安定な政情で、北からのミサイル攻撃に曝されている韓国で、24基も稼働してる事には驚きます。一発のミサイルが原子炉に命中すれば、韓国は言うに及ばず日 [続きを読む]
  • 自然の造形美(花)はすごい
  • [画像]↑は、我家の「百日草」です。マクロレンズ( で拡大)で撮ってみたらオシャレな姿には驚きます。ブローチ等は、この花弁からヒントを得てるかも知れません。お化粧した姿の目的は、昆虫達を惹きつけ、子孫を残す為なのだろうか。自然の造形美とは凄いものですね。蝉の声きょうも咲くや百日草(向月)梅雨の晴れ間に干す子供服(向月) [続きを読む]
  • 関城城址(南北朝時代の関氏)
  • [画像]↑は、日本の南北朝時代に南朝方(後醍醐天皇、北畠親房)として頑張った「関氏」の城址(現筑西市)です。茨城県民大学講座の帰路に寄ってみました。[画像]↑は、その関城址の案内図です。この案内図を参考にして周囲を見渡すと、城址は舌状台地の先端に有って(現純朴な農村)、三方は沼(大宝沼)で囲まれていたようです。要するに「腰巻の地」で有って、守るに易く攻めるに難い要塞としては絶好の地だったのです。[画像] [続きを読む]
  • 親鸞と歎異抄−2(茨城県民大学講座に行って来た)
  • [画像]↑は茨城県民講座(親鸞と歎異抄)−2の教室(2017,6月20日、1.30PM)です。先生は親鸞研究で高名な筑波大学名誉教授の「今井雅晴先生」です。受講者には高齢の方が多いようですが、これは住職さん等も居る様で、言わば親鸞研究のプロ達と思えば良いだろう。但し、講座は県民講座ですから、平易で分かり易くかみ砕いて話されていた様です。ここ茨城県は親鸞が「教行信証」を書いた場所として知られ、更には浄土真宗を [続きを読む]
  • 読売新聞は権力の犬と化していた
  • [画像]出典:東京新聞、6月19日(月)朝刊から(曇天、22℃、59%)何かと煩い南朝鮮半島の国韓国は、日本列島に近い釜山郊外にある原子炉「古里原発1号機」の運転を中止し、5年後からは廃炉作業を開始すると言う。韓国の新たらしい文在寅大統領は脱原発を公約にしていて、1号機の廃炉を契機に脱原発政策に着手すると言う。これは、日本にも大きな福音で「若しも古里原発で過酷事故が起きたなら」原子雲は季節風に乗って [続きを読む]
  • 今夏はじめての朝顔が咲きました
  • [画像]この夏、我家ではじめての朝顔が咲きました。今年の我家の庭の草花や野菜類の育ちは、全体的に悪いようです。梅の実などは(二本有る)、4〜6個程度しか生らず、野菜類も草花も元気が有りません。農家の話だが、野菜類の育ちも悪いと言う。その原因は「春雨が少ない」からだと言っていた。WEBによれば西国では「降雨が少なく」田圃の苗が枯れはじめている地域も有ると言う。春夏秋冬にはメリハリが無いと、自然界では異変 [続きを読む]
  • 日本の政治に新風を!
  • [画像]出典:6月17日(土)東京新聞朝刊から(快晴、23℃、53%)昨日(6月16日)5.30PM 頃、茨城県南西部で突然の突風(竜巻?と雷雨)を見た。↑は時事川柳で何れも、現在の世相を表して秀作のようです。現在の世相で最も憂うべきは、安倍総理の推進する軍国主義への邁進でしょう。このまま進めば、日本国民全てが悲惨な戦争への道を歩む事になるだろう。今回成立した「テロに対する共同謀議」と言うけれど、安倍 [続きを読む]
  • 弾道ミサイル落下時の行動について(福島県庁)
  • [画像]出典:福島県ホームページから(梅雨空、22℃、61%)↑は、故郷のホームページですから、お気に入りに入れて毎日情報を仕入れている。この記事はホームページに有ったもので「弾道ミサイル落下時の行動について」と有ります。( で拡大)これ以外にも「Jアラート」等についても分かり易く解説しています。興味のある方は是非ご覧ください。福島県には福島第一原発(6基)と福島第二原発(4基)の合計10基有 [続きを読む]
  • 日本の西瓜はなぜ高い
  • [画像]↑は昨日の新聞に入っていた、茨城県南西部に店舗を構える大型スーパーの広告チラシです。この広告で目に付くのは「西瓜の値段の高さ」でしょう。大玉を1/4にカットしたモノが498円と有ります。丸々一個では、約2,000円に成るだろう。いま、この西瓜を中国華南の地区(例えば、広州市)で買ったら約100〜200円程度で買えるだろう。中国での夏の暑い盛りの西瓜は「水代わり」で咽喉を潤すもので、街のいたる場 [続きを読む]
  • 人口減少を憂う(高知県大川村)
  • [画像]出典:東京新聞、6月13日(火)朝刊から(梅雨空、22℃、54%)安倍総理が謳う「美しい日本」と言うのは、四季折々の自然の姿では無く日本人の心を言うので有ろう。然るに、安倍総理が言うには「人口などは減っても構わない」と言う。減る分、美しい日本も失わるるだろう。人口減は経済成長を著しく損ない、国際競争を阻害する事を知るべきです。安倍総理はお友達内閣をつくり、お友達の為に法を曲解し、国民の税金( [続きを読む]
  • コリアンダーの花とグッキニーの花
  • [画像]↑は「コリアンダーの花」です。西洋料理や中華料理に利用される「パクチ、香草」との違えは知りません。苗を花屋さんで買ってきて、プランターに植えて置いたら見事に育ち花が咲いています。この植物は乾燥地が好きらしい。パクチの方は、中国滞在中に中華料理を嫌と言う程食べたから知っている。匂いが好きだと言う日本人もいるが、好きでは無いから箸で摘んで避けていた。日本料理にはあいませんね。[画像]↑は「グッキニ [続きを読む]
  • お友達へのプレゼント(安倍総理夫妻)
  • [画像]出典:東京新聞、6月10日(土)朝刊から(快晴、24℃、55%)お友達の為に最高のプレゼント(176億円とも言う)したのが安倍総理ご夫妻で、その状況証拠は明々白々でしょう。夫婦役の菅官房長官共々「ムキになって弁明する」から益々怪しいわけです。安倍総理の任期は長いし、お友達同士の内閣だから「やりたい放題」に走るのが現在の内閣の姿のようです。それに輪を懸けた明恵夫人の自由奔放の姿には呆れます。子 [続きを読む]
  • 貧困がテロをまねくのか(ペシャワール会)
  • [画像]出典:東京新聞、6月8日(木)朝刊から(関東地方は入梅に突入し曇天、23℃、55%)テロは中近東のイスラム圏から始まっているが、砂漠の地下には膨大な石油が埋蔵されていて、それはアラーの神からの贈り物だったと言われます。その贈り物は平等には与え分けられず、貧困の差が益々拡大したと言う。然して、富の配分に洩れた民は、富める国に流民化し貧を憂えて無差別な殺人に走る若者が多いと言う。然しながら、アラ [続きを読む]
  • 親鸞と歎異抄(茨城県民大学講座に行って来た)
  • [画像]↑は「茨城県西生涯学習センター」の建物で、場所は茨城県筑西市(元下館市)に有ります。昨日(6月6日)ここで「親鸞と歎異抄」の公開講座が行われたので聴講してきた。講師は親鸞研究家で有名な筑波大名誉教授の「今井雅晴先生」です。[画像]↑は茨城県西生涯学習センター内ロビーです。教室は二階の講堂で案内板が見えます。到着予定時間よりは1.0時間以上早く着きました。館内には図書館や食堂等も完備していて、早 [続きを読む]
  • 農村を歩く(茨城県常総市)
  • [画像]↑は、茨城県常総市豊岡町の(鬼怒川の右岸)田園風景です。この辺の縄文時代は、沼地だったと思われる。写真の右奥は「結城台地」とも言われ、その更に右方は鬼怒川に成ります。↑の様な豊かな田圃は、戦後になってから耕地整理されたもので、それまでは「泥濘の多い湿田」だったと言う。[画像]↑は「麦秋」です。稲作ばかりでは無く小麦畑も有るのです。殆ど刈入れ時期に成ったようです。[画像]↑は「横曽根新田部落」でし [続きを読む]
  • お友達の為に(安倍総理夫妻)
  • [画像]出典:東京新聞、6月3日(土)朝刊から(快晴、22℃。51%)最高権力の椅子に座った者は、お友達の為に便宜を図るのは、隣国の南朝鮮の歴史を見ればわかるだろう。韓流大河ドラマを観れば、宮廷内は遠謀と謀略で渦巻き、我が田圃に水を引くのに懸命です。筋書きは凡そ見当が付くから、観なくても良いわけです。伝統は守らなければ成りません。従って、今度のパククネ前大統領も、なるべくして哀れな末路に落ちたわけで [続きを読む]
  • 鬼百合が咲きました
  • [画像]我家の庭には鬼百合が群生している。その繁茂した時期は知らないが、いつの間にか増えているのです。今年も忘れずに、キチンと咲いてくれました。[画像]↑のような鮮やかな色彩は、人工的につくり出すのは難しかろうが、自然は偉大なのですね。若い時分、阿武隈山中(福島県)に友人数人でキャンプをした事が有ります。そこは深い山中で、ウグイスの声が聞こえると共に、全山が「山百合の花」で覆われていた事を憶えています [続きを読む]
  • サボテンの花とアマリリスと
  • [画像]↑は、東隣のお爺ちゃんから貰った「サボテン系の花」です。名は知りません。ヒョロヒョロと二本の茎が伸び先端に花が咲きました。このサボテンらしき花は繁殖力が強く、挿し木だけで生きられると言う。又、水の補給も殆ど無くても良い様です。恐らくは、空中から摂取してるのだろう。撮影は、PENTAX(K3)でマクロレンズを使用しました。[画像]↑は、西隣のお婆ちゃんが育てた「アマリリス」です。アマリリスはメキシコ原産 [続きを読む]
  • PENTAX(リコーイメージング?)
  • [画像]↑は、リコーイメージング?のPENTAXK-70のカタログです。昨日、家電店に買い物ついでにカメラ売り場にまわったらPENTAXK-70が展示されていた。PENTAXは、その昔のフイルム時代から愛用していたが、次から次に新機種を買い続ければ、小遣いがなんぼ有っても足りないのです。カタログと現物に惹かれ触手が動いたが断念した。カメラと言うのは使ってこそが命で、保管管理(湿気が大敵)も難しいものです。日本にはカメラメーカ [続きを読む]
  • 柴露草に蜂(?)と新緑の日本
  • [画像]↑は我家の「柴露草」です。この柴露草も繁殖力が強く、我家から隣家に飛んで行き現在綺麗に咲いています。マクロレンズを取り出し撮影したら、小さな「蜂?」と思われる昆虫が懸命に蜜を探しています。この時期(曇った梅雨空のような)に庭に咲く草花で、最高に似合うものは露草だと思っている。但し、野生に繁茂する露草の方が自然に似合うと「近所の生け花のおばちゃん」が言うのです。確かに、WEB等では野生の露草が多 [続きを読む]
  • 国が亡ぶ時と平和憲法
  • [画像]一党独裁(自民党)の最も悪い例が如実に現れたもので、この様な問題はソチコチに潜在(明恵夫人しかり)しているのだろう。国が亡ぶ時のタイトルはショッキングだが、この様な事例が続けば国民は疲労し疲弊してしまうのです。歴史は繰り返すと言うが、同じような事例は過去にも有った様な気がします。現在の安倍政権は永過ぎで有って、打ち出す政策には斬新さが無く、期待外れが多く国民は嫌気をしてるのです。要するに、長 [続きを読む]
  • 加計学園問題と明恵夫人
  • [画像]出典:東京新聞、5月27日(土)朝刊から(曇りのち晴れ、23℃、67%)森友学園の問題には、安倍総理の明恵夫人が大きく関わっていると思われるが、野党の追及が甘く下火に成ったと思ったら、今度は加計学園(獣医科)の問題が浮上した。安倍総理の任期が永いから総理は勿論の事、明恵夫人も又「我家の春を謳歌し」ナニをやっても世間は許すとでも考えているのだろうか。国家戦略特区制度を隠れみのにして、国有財産を [続きを読む]
  • ドクダミ(薬草だが!)
  • [画像]我家の裏庭に咲く「ドクダミ、十薬(ジュウヤク)」の花です。繁殖力が強くむしると、強い悪臭が有りますが、食用にも成り薬草だと言う。別名の十薬とは、十種類の薬を合わせたような薬効が有るためらしい。但し、どの様な病気に効能が有るのかとか、煎じ方は知りません。自然界の植物類は「薬箱」らしいが、専門知識が無い者は使うべきでは無かろう。それにしても厄介な薬草です。 [続きを読む]
  • 骨董市(茨城県常総市の一言主神社)
  • [画像]↑は、茨城県常総市菅生に鎮座する「一言主神社」です。ここでのお願い事は「一言」のみでなくては成りません。アレもコレモの欲張りなお願いは、神様が聞きえてはくれません。お嬢さん達のお願いは、唯一言「結婚できます様に!」等が良いのです。結婚こそが人生を面白く彩るもので、幸不幸が待っていても、それはそれで人間の生き様なのです。尚、この神社の創建時期等は知りませんし、我々は一言の願いが叶いば良いのです [続きを読む]
  • 卯の花(夏は来ぬ)
  • [画像]↑は「卯の花」です。先週の日曜日(5月21日)に常総市(旧水海道市)の菅生に有る「一言神社の骨董市」の花屋さんで買った(800円)ものです。卯の花は小学唱歌の「夏はきぬ」で知っていたが、この様な花が咲くとは知らなかった。実は散歩の途中で、必ず見掛ける「空木、ウツギ」だったのです。ここ常総地方では、畑の境界や垣根として植えられますが、万葉集にも詠われているから、その歴史は古いものなのだろう。こ [続きを読む]