くりがしら さん プロフィール

  •  
くりがしらさん: やれなかった・やらなかった・どっちだろう
ハンドル名くりがしら さん
ブログタイトルやれなかった・やらなかった・どっちだろう
ブログURLhttp://sfreak.blog24.fc2.com/
サイト紹介文血統(配合)でPOG優勝を目指す奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/12/12 19:39

くりがしら さんのブログ記事

  • 一口クラブの考察記事の販売について
  • 昨年までSNSの「note」で3年間販売していました、東京サラブレッドクラブ、キャロットクラブ、シルク・ホースクラブの1歳馬の血統考察ですが、今年はお休みさせていただくつもりでいます。以前ブログで報告しましたが(下記リンクを読んでください)、今年は一度素人ブロガーに戻り、血統と一から向き合う年にしようと思っています。http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1696.html自分の血統論は何のためにあるのか。それを [続きを読む]
  • ミッキーマインドVSロードマドリード
  • 今週はミッキーマインドとロードマドリードが対決する新馬戦に注目しています。この2頭、どちらも良い配合をしています。ミッキーマインドはキズナやエイシンヒカリ、ヒラボクディープ、ハートレーを送り出す「ストームキャット+ウォーレリック」のパターン(キズナはウォーレリックの全妹スピードボート持ち)。ロードマドリードはミッキーアイルやサトノアーサーと同じ「ダンジグ+スペシャル」の構成です。以前ブログに書いた [続きを読む]
  • 身内POGでアドマイヤアルバを指名します
  • ハーツクライ産駒の牡馬のうち、POG期間に重賞を勝った馬は8頭。大雑把に活躍馬の傾向をまとめると、以下の2点があがります。ポイント1.母父の血統内にアメリカ血統が豊富ワンアンドオンリー(母父タイキシャトル)ジャスタウェイ(母父ワイルドアゲイン)ウインバリアシオン(母父ストームバード)スワーヴリチャード(母父アンブライドルズソング)ロジクライ(母父マキャベリアン)フェイムゲーム(母父アレミロード)ベルラッ [続きを読む]
  • ダノンプレミアムを考える
  • 今週日曜の阪神新馬戦は、評判の良い馬たちが揃う激戦区となりましたね。せっかくなので、その中からダノンプレミアムを考察してみようと思います。注目は母父のインティカブ。インティカブはアメリカの血統を多く含んだパワー型の血です。ディープ×インティカブからは日本ダービー2着のサトノラーゼンが出ていますね。そのインティカブが持つ血の中でも、ディープと相性が良い血として紹介したいのが、ダマスカスとクラフティプ [続きを読む]
  • 身内POGでカシアスを指名しました
  • キンシャサノキセキは、どっちかといえば個性の薄い醤油顔のスピードタイプ(意味不明)配合的なツボもハッキリとはしていません。このあたりは父のフジキセキと似てるのかな(^_^;)なのでキンシャサ産駒を狙う場合は、なるべく母方に面白い仕掛けを持っている馬を選ぶようにしています。カシアスの母ラブディランは、ノーザンダンサー4×5、バックパサー5×5のクロスを持つ繁殖牝馬。デインヒルとポリッシュプレセデントの頑丈さが [続きを読む]
  • 身内POGでサナコを指名します。
  • ダイワメジャーってノーザンテーストの頑丈さを強めに伝えるので、産駒は牡馬の方が活躍しそうだな〜と以前は考えていました。でもPOG期間の重賞馬をみると、牡馬3頭、牝馬6頭と、牝馬の方が倍多いんですよね。ダイワメジャーの配合の基本方針は、ノーザンテーストの硬さを解すこと。しなやかな血を母方からタップリとつぎ込むことが多いので、それを切れ味として活かせる牝馬はいいのですが、牡馬にとってはかえってパワー不足に [続きを読む]
  • 身内POGのドラフト指名馬
  • 月曜日に身内POGのドラフトに参加してきました。詳しくは下記のリンクを読んでもらいたいのですが、うちのPOGは特殊なルールでやってまして、ドラフトの指名馬が実際の指名馬というわけではありません。http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1718.html一応ドラフト時はこんな馬に注目してました〜という報告がてら、僕のメジャー枠、マイナー枠の指名馬を掲載しておきます。今回、指名候補にピックアップした馬が、他のメンバ [続きを読む]
  • 脳内POGカップ 15頭の指名理由
  • 脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2017-2018」。そこで指名した15頭と、指名理由を書いていきたいと思います。血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズで培った“配合パズル論”。サラブレで4月まで連載していた『QN 〜厩舎ニックスリサーチ姉弟〜』の“厩舎ニックス論”。この2つをフルに活用し、最強の15頭をピックアップしました。昨期はモンドキャンノとアドミラブルが頑張ってくれたものの、順位 [続きを読む]
  • レピアーウィットを考える
  • おそらく身内POGで指名することになると思うので、紹介がてら考察しておくことにします。本馬は芝・ダートの両方で活躍したGⅠ馬アジアエクスプレスの全弟。ストームキャットとコジーンを通じる、セクレタリアト≒サーゲイロード5×6のクロスを持つので、芝で走れるのも納得ではあります。しかし本質的にはダートの方が良いような気はします。本馬の4代母リヴァークロッシングは、アドミラルズレディとアイアンメイデンとポーテー [続きを読む]
  • 身内POGのルールについて
  • 身内POGについては僕個人の内輪ネタではあるのですが、ドラフトの話やちょっとした近況などをブログで書くこともあると思うので、詳細なルールについて書いておくことにします。ルールが結構特殊なので、一応ひと通り説明させてください。去年と比べてルールを少し変更しました。・参加メンバー昨年は離脱していたゲバルトさんが2期ぶりに復帰。僕(くりがしら)、ゲバルトさん、ヒデちゃん、おしづさんの4人POGになります。・基 [続きを読む]
  • ステルヴィオを考える
  • 新馬で考察するならどっちが良いと思いますか?— くりがしら (@kurigasila) 2017年6月1日というわけで、考察するのはステルヴィオとなりました。投票してくださったみなさま、ありがとうございます(・∀・)まず血統表を見て、最初に目につくのが「ヌレイエフ≒フェアリーキング」5×3の4分の3同血クロス。ヌレイエフはロードカナロアのパワー源となっていた血。フェアリーキングはガチッとしたパワーを伝える血。この両者が [続きを読む]
  • ディープインパクト産駒の狙い所(牡馬編)
  • 今年は「配合パズル」本を出しませんでしたので、代わりと言ってはなんですが、ディープ産駒の配合について簡単にまとめておくことにします。今回は牡馬について。ダービーを狙う場合、重要なのは【持続力】、【スタミナ】、【パワー】の3つ。持続力で効果的なのは、主にアルザオを増幅する血です。〈具体例〉マカヒキ…アルザオ≒フレンチデピュティキズナ…アルザオ≒ストームキャットディープブリランテ…アルザオ≒バブルプロ [続きを読む]
  • 身内POGの結果
  • ダービーの予想は、1着(◎)レイデオロ、2着(△)スワーヴリチャード、3着(◯)アドミラブル。予想はコチラ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1714.html予想のときに、レイデオロはエイシンフラッシュに似ていると書きましたが、今回もエイシンフラッシュが勝ったときと同じようにスローペースの瞬発力勝負でした。Twitterのタイムラインで拝見したのですが、サンデーサイレンスの血を持たない馬がダービーを勝ったの [続きを読む]
  • 日本ダービー予想
  • POGの最終戦であり、大一番の日本ダービー。ついにやってきましたね〜。この言葉では言い表せないワクワク感がたまりません。でもダービー翌週から新馬戦が始まるようになって以来、来期のPOGを考える時期と重なってしまうのが個人的には残念だなと思います。この週だけはダービーの雰囲気を100%の気分で楽しみたいのに、ドラフト候補選定の作業もやらなきゃいけないのがツライところです。◎ レイデオロ◯ アドミラブル▲ カデナ [続きを読む]
  • 皐月賞向きのスタミナ、ダービー向きのスタミナ
  • ディープインパクト産駒で皐月賞を勝った2頭は、どちらも母方にフラワーボウルを持っています。・アルアイン・ディーマジェスティフラワーボウルはディープのスタミナ源であるバークレアに共鳴し、心肺機能を大きく増幅させてくれる仕掛けです。ディープ産駒の牡馬でダービーを勝った3頭にも共通点があります。それは母方にアリシドン=アクロポリス兄弟を持っているという点です。・マカヒキ(アリシドン2本)・キズナ(アクロポ [続きを読む]
  • アドミラブルを考える
  • 最近あまりブログを更新できてなかったので、先週はオークス関係の記事を色々と書こうと思っていたのですが、39度を超える熱を出しダウン・・・。ダービーウィークくらいはバリバリ頑張るつもりでしたが、今日もまだ本調子ではないので、本気出すのは来期POGからと諦め、マイペースに更新します(^_^;)今日はアドミラブルを考えます。この馬は身内POG、脳内POGカップの両方で指名していて、個人的にも思い入れのある馬です。配合に [続きを読む]
  • リスグラシューを考える
  • いつもウチに宅急便を届けてくれるクロネコヤマトの人が、メッチャ可愛い女の子なんですよ(・∀・)Amazonの通販ばかり届けてもらってるので、お仕事増やして申し訳ないな〜(^_^;)と思いつつも、日常の密かな楽しみになってます。今日たまたまマンションのエレベーターで一緒になったので、少しだけ会話を交わしました。その内容がコチラ。ヤマトの人「学生さんですか?」くりがしら「……35のオッサンです」オレそんなに若くみえる [続きを読む]
  • サラブレ6月号の『QN』は総集&応用編! POG企画です
  • 5月13日に『サラブレ』6月号が発売しました。http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/特集は「ダービー&オークス」、皐月賞・桜花賞・トライアルレースの検証、識者が狙う本命・激走馬候補など、春競馬の大一番を占います。そして、恒例のサラブレPOGを開催!小冊子付録「2歳馬Photo Book」の他、本誌でしか読めない有力2歳馬情報、国内生産馬全頭+外国産馬リストを掲載。その他、ルメール騎手「トークライヴ」誌上掲載など [続きを読む]
  • アルアインのツボ探し
  • ディープブリランテ以来のPOG指名馬のGⅠ制覇をペルシアンナイトで狙ったものの、残念ながら悔しい2着。勝ったアルアインはサンデーレーシングで1億で募集されたディープ産駒ということで、POGでもドラ1候補の大物ですね。お恥ずかしい話、僕自身はドラフト時点で全くマークしてませんでした……(´・ω・`)なのでいまさら考察をするのもアレなんですけど、血統表を見ていたら面白い血が見つかったので紹介しておこうと思います。 [続きを読む]
  • サラブレ5月号の『QN』は最終回! 須貝尚介厩舎です
  • 4月13日に『サラブレ』5月号が発売しました。http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/特集は知って得する春の狙い所。皐月賞、天皇賞(春)の展望はもちろん、血統的観点から狙いたい馬を専門家が指南、プロから見たこれから伸びそうな騎手、春の東京、京都、新潟開催の馬場傾向、春に狙いたい降級馬など盛りだくさん。天皇賞はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの二強で決まるのか!?皐月賞の3連単を3000円で仕留める買い [続きを読む]
  • カデナを考える
  • カデナで注目すべき点は3つです。その1:母父フレンチデピュティディープ×フレンチの牡馬といえば、昨年のダービー馬マカヒキと同じ組み合わせ。このパターンはカデナとマカヒキの他にも、ステファノス、ボレアス&マウントシャスタ&カミノタサハラ&ベルキャニオン、シャイニングレイ、ケイティープライド、アドマイヤダイオウ、ポルトドートウィユ、アヴニールマルシェなど、数え切れないくらいの活躍馬を出す鉄板のニックス [続きを読む]
  • ファンディーナを考える
  • ポイントは大まかに3つです。ポイントその1:母方に『ヌレイエフ』と『テューダーミンストレル』を併せ持つこと。この組み合わせを持つディープインパクト産駒の牝馬は、ミッキークイーン、マルセリーナ、ショウナンアデラがPOG期間のGⅠを勝ち、他にもヴィルシーナ、デニムアンドルビーなどがいます。POGのディープ牝馬を狙う上では鉄板のパターンです。でもそれを僕自身の指名に活かせてないのが悲しい…(´・ω・`) [続きを読む]
  • スワーヴリチャードを考える
  • 少し時間が出来たので、皐月賞の人気馬の血統考察をしてみたいと思います(^^)今回はスワーヴリチャード編です。ハーツクライの牡馬の場合、母方から米血をタップリと補給することが配合のセオリーとなります。その点スワーヴリチャードの母ピラミマは、アメリカ血統が豊富な繁殖牝馬。理にかなった構成ですね。ハーツとの相性を考えた時、特に注目したい血は『アンブライドルド』と『シアトルスルー』でしょう。母方にアンブライド [続きを読む]
  • くりがしら氏の愛機、逝く・・・
  • 先日のことですが、サラブレの編集さんに提出した『QN 〜厩舎ニックスリサーチ姉弟』の最終話が、ラストのチェックもOKとなって後は発売を待つのみ……となった矢先、我が家のデスクトップPCがぶっ壊れました。4月1日に日が変わった瞬間に逝くとか、マジ嘘であってほしいわ……。思えば原稿製作中のときから、何だか最近動作が重たいな〜という予兆はありました。その後数日は同じ症状はあるものの問題なく操作できていたため深 [続きを読む]