わに@South Bay さん プロフィール

  •  
わに@South Bayさん: わにの日々-アラフィフ編
ハンドル名わに@South Bay さん
ブログタイトルわにの日々-アラフィフ編
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shirowani
サイト紹介文オハイオ州の隅っこに犬猫と住む、映画と歴史と昼寝好き大阪産おばさんの田舎暮らしの日記。
自由文在米30年だけど、根はやっぱり大阪のおばちゃん。何にでも首を突っ込みたい、口を挟みたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2008/12/16 11:41

わに@South Bay さんのブログ記事

  • Lady Macbeth
  •  後を引く映画を見ました。まさか、ここで終わらないよね?ってか、終わらないで… ってシーンで暗転し、エンドクレジットが流れ始め、未練がましい気持ちで劇場を後にする。そんな映画は、きっぱり物事にケリをつけるハリウッド映画に慣れていると、なんともモニョモニョした気分で、後を引きます。唐突に終わって、それ故に後が気になって印象強く残る、小泉八雲の「茶碗の中」みたいなので、私はこういった映画を茶碗系と呼ん [続きを読む]
  • いいじゃないの、多様化ならば
  •  男性と女性の能力には違いがあるのに、性差による能力に関わりなく女性エンジニアやリーダーを増やそうとするのは無理があると言うソフトウェアエンジニアの男性が書いた、グーグル(Google)社の内部文書が漏れ、多様性ガー、男女差別ガー喧々囂々となったのは数日前。今度は、当の男性社員が首になったことで、発言の自由ガー!で、また騒ぎ。グーグルCEOのスンダル・ピチャイ氏は、「この発言は会社の行動規範に抵触し、また [続きを読む]
  • ダブリン アイリッシュ・フェスティバル
  •  コロンバス郊外のダブリンは、日本人も多く住む高級住宅地ですが、その名の通り、元はアイルランドからの移民が多かったようです。年に一度開かれるアイリッシュ・フェスティバルは、アイルランド国外で開かれるアイルランドの文化をテーマにした催しでは最大規模なのだそう。こういうイベントは大好きなので、興味はあったものの、入場料が前売りでも10ドル!当日券が15ドル!!って、高すぎでしょ…と、思っていた私が、大喜び [続きを読む]
  • テッド・チャン作品映像化を祝う
  •  今時最高のSF作家は、グレッグ・イーガンとテッド・チャン!と、思っているSFファンは多いと思いますが、私もその一人です。テッド・チャンの「あなたの人生の物語」を大胆にアレンジした映画「メッセージ」にもいたく感心して、私にとってのオール・タイム・ベスト映画の一つ(私の感想)ですが、同じ短篇集からの「顔の美醜について」が、「メッセージ」の脚本を書いたエリック・ハイセラーで、新作テレビドラマを準備して [続きを読む]
  • Indy 200 Mid-Ohio
  •  で、人生初オートレースですよ!二輪はむか〜し鈴鹿で耐久レースを見たことあるけど、車は半世紀以上生きてきて、初めてナマで見ました。エンジン音すごい!レースの前にドライバーからサイン貰ったりかっこいい車をぺたぺた触ったり レースそのものは、優勝したJosef NewgardenのTeam Penskeの青い2番が、ずーっと首位を走り続けて、そのまま勝っちゃったんで、ハラハラドキドキ感は無かったのですが、先のIndy500で日本人と [続きを読む]
  • 盛り沢山な週末
  •  実によく遊んだ週末でした。金曜の退社後は、会社の同じ部署の方たちと公園でBBQ、土曜日は会社のピクニックでコロンバス動物園、日曜日は、これまた会社の抽選で当たった券で、Indy200のレースを見に。ここは、遊びたくること奨励の会社だったのか?!? BBQは皆で持ち寄ったお料理や、ソーセージやチキンのグリルで、おなか一杯になったら、スイカ割り。私はスイカが超苦手なんで、離れて見てたけど、あんなにもぱっか [続きを読む]
  • ロンガーバーガー存続の危機?
  •  今日の地元新聞によりますと、日本でも人気のあるバスケットのロンガーバーガー社の、有名な巨大バスケット型の本社が売却されるそうです。すでに昨年中に建物は引払われ、本社の従業員は既に製造工場に移動したとか。一世を風靡したロンガーバーガー社は、1999年に創設者のデーブ・ロンガーバーガーさんが亡くなって以来、不況の影響もあって、一時は10億ドルを超えていた収益が、2014年にはその10分の1の1億ドルにまで落込み、 [続きを読む]
  • クリストファー・ノーラン新作・Dunkirk
  •  今週末は、スパイダーマンを見ようか、それとも猿の惑星か、はたまた怪盗グルー…と、迷っていたのですが、ラジオで聴いた評価があまりに良かったので、クリストファー・ノーラン初の史実に基づいた映画にして戦争もの(但し、Time誌のノーラン監督のインタビュー読んだら、これは戦争映画じゃなくって、サバイバルを描いた映画だって書いてあった)、第2次世界大戦最大の撤退作戦、ダンケルク大撤退を描いた「Dankirk」を観て [続きを読む]
  • 極刑を支持します
  •  来週水曜日にオハイオ州で2014年1月以来、初の死刑が執行される予定です。薬物注射によって死刑囚が亡くなるまで26分間も掛かり、世界中から非難されて以来です。処刑されたのは、妊娠30週目の女性を暴行し、何度も刺した後、喉を掻切って殺害した男。26分間、苦しんだだぁ?甘いわ、そんなもん!  死刑に反対する団体が、嘆願書を送って、恩赦をケーシック州知事に求めました(共和党大統領候補の一人だった人ね)。今回、刑 [続きを読む]
  • トリプルX再起動(ネタバレあり)
  •  たいそう評判が悪くて、大コケした「トリプルX再起動」を、ドニー・イェン目当てで観ました。それなりに評判は良かった、オリジナルの「トリプルX」は、大して面白いと思わなかったし、だいたいがヴィン・ディーゼルはあんまり好きじゃないし、サミュエル L ジャクソン演じる、NSAのギボンズが自分パロで「俺はシールズじゃないし」とか言いながら、朝っぱらからチャイニーズ食べながら、ネイマール(本物だしw)相手にまく [続きを読む]
  • ローガン/Logan
  • 暑すぎもせず、湿気も低く、からっとした素晴らしいお天気の日曜日でした。公園に犬とハイキングに行きたい気もしましたが、今日で夏休みはお終い、明日から、また会社なので、今日はゆっくり、家でのんべんだらりと休息することに決めました。家、相変わらず、物が散乱して、落ち着いてる場合じゃないけどね! 部屋の前がプールなので、子供たちの歓声が聞こえるリビングで、たいそう評判の良い、X-Menの代表的キャラクターのプ [続きを読む]
  • ぼちぼちと
  • やっと引越したものの、家は未だ爆撃後か、はたまた屋内トルネードが去った後かという状態だし、前の大家は、引越しが一日遅れて掃除がしっかりできていなかったものだから激怒してるし、インターネットには繋がってないし、ネットのみならず、電気だ、ガスだ、電話だ等々の変更手続きしなきゃなんないわ、地下室付きの3寝室から1寝室のアパートに引っ越したので、入り切らない物の整理に、逆に新たに必要なものを買いに行ったり [続きを読む]
  • 今時ウワサの嫌な奴
  •  殺人蟻という恐ろしいヤツラが、日本を襲撃しているらしい。ヒアリとか「火蟻」と言うと、何か得体の知れない怪物みたいだけど、実はこれはアメリカで呼ばれている名前の直訳で「Fire Ants」のこと。テキサスに住んでいる時に、この赤備えのデカい蟻には悩まされました 普通、蟻や蜂は、こちらが何もしなければ、わざわざ襲って来ませんが、ファイア・アンツは、ただ歩いているだけで刺しに来るのです。うっかり芝に隠れた巣を [続きを読む]
  • コロンバス動物園
  •  子供たちがまだ小さかった頃、「世界の動物園」という番組があり、毎週、欠かさず観ていました。その中でも紹介されていた、世界有数の動物園、若息子がコロンバスでぜひ行きたいと言っていた場所でしたので、引越し後の片付けを一時休止して行ってきました。若息子が生まれた後、上息子を週に何日か、午前中だけモンテッソーリの保育園に入れていたのですが、ワシントンの国立動物園に近かったので、よく、お迎え時間まで動物園 [続きを読む]
  • 街の暮し
  •  田舎暮らしから、地方中都市の暮らしへ変わって、今日でちょうど1ヶ月… むっちゃ堪能してます!美味しいもん一杯あるし、色んなイベントしてるし、お店見て歩くの楽しいし、アマゾンの翌日配達、ホントに次の日に届くし(田舎は、配達所に着いてから家に届くまで数日掛かるw) 今日は朝5時過ぎに、LAから息子が到着。来週は、私の勤め先が一週間の夏休みなので、会社に住まわせて頂いてる今の家具付きアパートから、契約 [続きを読む]
  • Columbus Park of Roses
  •  午後は、新しい会社の方々と、コロンバス市内にあるばら園を散策しました。今が盛りの花が多くて、結婚式も何組か行われており、お花もドレスもとてもカラフル。何重にも花弁の重なった豪華な薔薇あれば、一重な可憐な野ばらもあり、色も赤、白、黄色、ピンク、オレンジと様々。私は、スモーキーな感じの白いバラが一番、気に入りました…が、名前は覚えていない! バラの手入れや公園の運営は全て、ボランティアさんによるのだ [続きを読む]
  • ジェイムズ・サーバーを知っていますか?
  •  出会いは、何十年も前に本屋さんで見つけた「サーバーのいぬ・犬・イヌ」という文庫本でした。犬大好きな私は、犬本にも弱い。とぼけた表情のシンプルなペン書きの犬のイラストと、洒脱なエッセイに、すっかりハマってしまい、米国に来てニューヨークの本屋さんで初めて買った洋書も、サーバーの「サーバー・カーニバル」のペーパーバックでした。 私が生まれる前に亡くなっているサーバーですが、つい数年前にも、代表作の「虹 [続きを読む]
  • Columbus Arts Festival
  •  オハイオに来てから、ずっと気になっていたイベント、コロンバスの中央を流れる川沿いに300以上のアーティストが集うフェスティバルに行ってきました。今までは、遠いし、車を停めるトコに難儀しそう…と、思っていましたが、今回、なんと市営バスで行きました。アメリカで公共バスに乗るのなんて、ワシントンD.C,に住んでた時以来じゃないかなぁ… バスって、普段、自分が通らないところを見られるので好きです。NYCに [続きを読む]
  • ワンダーウーマン (ネタバレ有り注意)
  • 私、この映画、好き! 「300」以来の快作ですよ、私的に!「300」の監督で、今作のプロシューサー、ザック・シュナイダーさん、ありがとうう。スローモーから入って、急にクイックなアクション・シ-ケンスが、今回も最高でした! リンゼイ・ワグナーのTV版は、日本で楽しみに観ていましたし、アメリカではカルト的な人気を誇っていた「Xena Warrior Princes」も毎週欠かさず観てました。そして、あれからウン十年を経て、 [続きを読む]
  • アパートを契約しました
  •  1ヶ月かけて、ゆっくり住処を探します…などと言っていましたが、金曜日にご近所に住む会社の方に、近隣のアパート巡りに連れて行って頂き、二軒目で決めちゃいました。昨日、アプリケーションを出して契約金を支払い、今朝、Welcome Letterを受け取りました。今は未だ人が住んでいるので、引越すのは今月末です。つまり、実際の部屋も見ずに決めちゃったのだ。どんなお部屋かは、引越してからのお楽しみ。毎度、深く物事を考え [続きを読む]
  • 仮の住まい
  •  昨日は、午前中に来るはずの引越し屋さんが現れなくて焦りましたが、今朝、無事に(ムリヤリ)朝一番に来てもらいました。正直、昨日の夜は、何も無い所で寝袋に寝なきゃならんかと思っていたし、引越し会社のオーナーによると、大幅に料金を割引してくれるそうなので、内心ラッキーなのですが、当然ながら、大家さんは怒るし、引っ越せなかったらどうしようって不安で、昨日は泣いちゃったわ、などとうそぶく、あつかましいオバ [続きを読む]
  • 断捨離
  •  引越し日が決まりました。日曜の朝にトラックに来てもらい、荷物を運び出た後は、今のお家を大掃除。引越して最初の一ヶ月は、住む場所を探しながら、社宅に住まわせてもらうので、一ヶ月間分の必要最小限の荷物と植物を乗せて、祭日の月曜日に犬猫と車で移動します。そして、火曜日から新しい勤め先に初出勤。 その前に、引越しだけではなく、自分の電話を確保したり(今は会社の支給品)、獣医さんのオフィスから犬猫の記録を [続きを読む]
  • 引越します
  • またかよ…orz タンブルウィードのごとく、ゴロゴロ転がってばかりの私ですが、またしても定住に至らず、今月末に移動することになりました。ただし今回は大陸横断ではなく、同じオハイオ州内での移動です。ど田舎のここから、オハイオ随一の都会、コロンバスに移ります。 で、またもや急な引越しで、荷物の箱詰めに勤しむわたくし。素晴らしいお天気の週末だけど、お出かけの余裕なんて無〜い!犬とメトロパーク行きた〜い!「 [続きを読む]
  • 5日物語 3つの王国と3人の女
  •  このあたりで劇場公開していた覚えはないのですが、図書館にあったのでDVDを借りてきました。やや冗長な気もしましたが、豪華絢爛な衣装、美しい光景、そしてエグい内容で、十分に楽しかったです。 イタリアの昔話「5日物語」の3つのお話を元に、跡継ぎを求める女王、若さを求める老女、外の世界に出たいと願う若い王女の3人(+老女の妹)のエピソードが並行に進んでいきます。それぞれの望みは叶うのですが、それ故の苦 [続きを読む]
  • 新保険
  •  このブログの中でよく読まれている記事のトップ10情報が、編集サイトから見られるのですが、判るのは、読まれているのは映画の感想記事ばかりってこと。だから、アメリカの政治に関して、ここで私がギャーギャー喚いているのは自己満足なのですが、ストレスの解消のために書かずにはいられない!のです。 一度は惨敗した、オバマケア改廃法案ですが、昨日、下院で可決されました。上院でも通るかどうかは微妙ですが、金持ち優 [続きを読む]