笹川 祐子 さん プロフィール

  •  
笹川 祐子さん: イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
ハンドル名笹川 祐子 さん
ブログタイトルイマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/imagineplus/
サイト紹介文人材サービスの女性社長が 心豊かにビジネスの王道を歩く日記。
自由文北海道から起業目指し上京。年商約50億まで成長。創業14年目、「売れる販売員」が全国各地で活躍中。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、元気の秘密をつづります。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/12/16 13:16

笹川 祐子 さんのブログ記事

  • 「おうち交換システム」弓・シャローさん講演会
  • 先日、匠アカデミーの公開講座で、パリ在住のファッションデザイナー ユミシャローさんを招いての新刊記念講演&交流会を開催しました。ユミさんご自身、身の回りの物、ハンドバックやアクセサリー、ベルトなども手作りで、DIYも大好き!大会があったら出たいくらい!とおっしゃっていました。テラス付きの家を10年ぐらいかけて探し、リビングはお気に入りの家具とグリーン。すっきり見えて、収納はすべて隠し扉の中。フ [続きを読む]
  • 朝を制する者は人生を制する GWの過ごし方
  • 東京はお天気に恵まれたGWでしたね。北海道の十勝は、真夏日の最高気温。朝夕は寒いので寒暖差が激しいとニュースで見ました。さて、私の理想のGWは、1日を4分割。◆早朝の部(5:00-8:00)◆午前の部(9:00-12:00)◆午後の部(13:00-16:00)◆夕方夜部(17:00-22:00)朝早くから活動するので、夕方から泡もの(スパークリング)を飲んでも許そうと。この計画がうまく行く年もあるのだけど、今年は最初から大きく躓い [続きを読む]
  • 「世界から格差がなくならない本当の理由」 池上彰
  • 大富豪8人と下位36億人の資産は同じ!!こんな衝撃のニュースが今年1月に発表されました。貧困問題に取り組む国際的なNGO団体、オックスファムが報じています。トランプ氏が大統領に当選したのも、格差や貧困にあえぐ多くの白人労働者たちの票が大きな勝因になったそうです。この池上さんのご著書。今の世界の問題をわかりやすく解説。なぜ、世界から格差がなくならないのか?格差をなくすためには、何をなすべきか?現実を直視 [続きを読む]
  • 【将来に不安が。働く女性必見!】
  • 京都→大阪→広島→福岡へ。今朝、8時の飛行機で帰京。弾丸出張でした。どこでも外国人の多さにびっくりしましたが、とくに広島でも!なんでこんなに広島に外国人が多いのだろう?福岡で、インバウンド関連事業の社長と会った時に話したら「広島は外国人の中でも欧米人の比率が高いんですよ。世界で唯一の被爆国。厳島神社と観光がセットで多くの外国人が来られるんですよね」とのこと。さてさて、広島と言えば、私が応援している [続きを読む]
  • 「和田塾 運をつくる授業」和田裕美
  • このところ、私は毎晩、格闘しているんです。プロレスではありません(笑)「易」というものです。天地自然の理、陰陽、宇宙観、運命をどう切り開くか。大変難解なもので、繰り返し何度も読んでいるのです。さて、和田さんのこの新刊、「運をつくる授業」は、いま凄く売れています。遅まきながら、出張先の北海道の空港で買って、機内で即読。脳天、ぶち抜かれました!私が毎晩、格闘していることが、あっさりシンプルに語られてい [続きを読む]
  • 白鳥の大群がやってくる!
  • 北海道に出張してきました。札幌支社でお客様訪問や支社メンバーとミーティング、懇親会。そして、私が理事としてかかわっている、そらぷちキッズキャンプの理事会が滝川市で開催。そらぷちキッズキャンプというのは、日本で初めての難病のこどものための自然体験施設キャンプです。http://www.solaputi.jp/素晴らしい取り組みをしており、国際団体の正会員として加盟を認められました。東京マラソンチャリティーランナー募集など [続きを読む]
  • 『首都圏「街」格差』〜住みたい街の賞味期限〜
  • 大工・職人の養成学校の新規事業を始めてから、中古住宅、空家、不動産、地方創生、街づくりなど、興味が広がってきました。先日のニュース。「東京の地価に異変!」を興味深く見ました。全国の地価は2年連続で上昇。東京の地価も値上がっていますが、ちょっとした異変が。なんと、北千住のエリア(足立区)が3.3%もアップしていたとのこと。ここは、犯罪の認知件数が都内で最も多い区で、治安が悪いというイメージが強かったので [続きを読む]
  • 「頑張らなくとも一日3200万売れました」坂本玖実子
  • 40歳過ぎ、未経験でも高級家具販売でNo.1になれた!パートにもかかわらず、IDC大塚家具で前人未到の大記録を打ち立てた手法とは?本の帯からの抜粋ですが、これだけ読むと、すっごい人だなぁと思いますよね。1日3200万!の売上だったら、ボーナスどのぐらい出たんだろう?と思わず想像してしまいました(笑)そして、未経験で40歳過ぎというけど、なんだかすご腕の押しの強そうな強気の営業ウーマンを想像してしまいますが、こ [続きを読む]
  • 「運命転換思考」江上治
  • 同じ人間に生まれてきて、どうして違うのだろうか?幼い頃の私の疑問でした。病弱な子供時代。入退院を繰り返し、寝たきりなので、子供心に周囲を見ては、どうしてお金持ちと貧乏な人がいるのだろう?お金持ちでも幸せな人とそうでない人がいるのはなぜだろう?人はどこから来てどこへ行くのだろう?高校生になると哲学書や宗教書を読んでみたり。大学生ではアルバイト先の社長に、成功の秘訣を尋ね、豊かに成功している大人の人た [続きを読む]
  • 「日本史100人の履歴書」 矢部健太郎 監修
  • 今週末、首都圏はお天気のようですね。わが社では春の商戦期。全国の売れる販売スタッフさんたちが活躍中です。さて、昨日、コンビニで見つけた面白い本。歴史上の人物のエピソードが履歴書になっているのです!歴史本っていろいろありますが、こういうアイディアはすごいなぁ。それにしても、良く面白くまとめたなぁと感心しながら読みました。先日、新撰組の永倉新八を主人公にした池上正太郎の小説を読んだばかり。歴女にまでな [続きを読む]
  • 「風のナジム」原田マハ
  • 気に入った作家の小説は続けて読む。本好きな多くの人は同じような行動をとるのでは。気になる作家のひとり。原田マハさん。近い将来、直木賞を取ることは間違いなし!過去2回、残念ながら逃しているけど、着々と実力が増してくるでしょう。「本日は、お日柄がよく」は、スピーチする者にはとっても勉強になる面白い小説。文庫本で手軽だから、周囲の社長たちにずいぶん配りました。原田さんは、美術館勤務の経験があるので、美術 [続きを読む]
  • 「50歳からの勉強法」和田秀樹
  • 今日は、雛祭り。イマジンプラスの受付にも、飾っています。さて、生涯現役、健康で元気に働こう!社会とつながりを持てる、仲間作りも大切。新規事業の大工・職人養成学校、匠アカデミーではこう考えています。そして、まさにそうだそうだと頷ける本に出会いました。和田秀樹先生(精神科医)の「50歳からの勉強法」です。なぜ、いま、50歳からの勉強が必要か?著書の和田先生は1997年に(今から20年前!わが社の創業期です)「75 [続きを読む]
  • 世界一やさしい!栄養素図鑑
  • インフルエンザが凄い猛威をふるっていますね。予防には、うがい、手洗い、マスク、食べ物、湿度、など対策が言われています。冬場ですから、バリバリ乾燥していますね。私は自宅に、コロナのリフレプロという美容加湿器を使っています。そのおかげか、おめでたい性格で免疫力アップしているか、インフルにはまだ感染していません。でも、何とかしないと。本社内に、大型の加湿・空気清浄機を2台購入しました。ビタミンCサプリを [続きを読む]
  • 「恐慌化する世界で日本が一人勝ちする」今井澂
  • いつも新刊が出るのを楽しみにしている国際エコノミスト。今井澂先生。年末に出ることが多く、今年もお正月じっくり拝読。今井先生は、世に言う「当たり屋」です。かれこれ、20年近いお付き合いになりますが、数々の経済予測を当ててきました。ずっと第一線で、82歳になられてもますますご活躍、人気ぶりに驚いてしまいます。アメリカへ取材に行き、趣味のオペラ鑑賞にヨーロッパにも行かれます。私の周囲だけかもしれませんが、80 [続きを読む]
  • 海馬が正常!
  • 昨今、高齢者の自動車運転事故のニュースをよく見かけます。父はもう何年も前に運転をやめましたが、母は乗っています。免許更新にあたって、認知症の可能性がないか、車を運転し続けていて大丈夫か。母は検査に行ったそうです。うちの母は、77歳。娘の私から見ると、おかあさん、しっかりしてるわぁと安心しているのですが、本人は、「物覚えが悪くなった・・」と言います。一般的に、認知症は75歳からぐんと増えるそうです。さて [続きを読む]
  • 明るく元気に!「二つの徳性」
  • この寒波は世界中、ヨーロッパ、アメリカでも大変なことになっていましたね。異常気象はもっと増えていくようです。さて、ここのところ、毎晩読んでいる安岡先生の、「安岡正篤一日一言」から。「二つの徳性」というお話を紹介します。イマジンプラスの社員10カ条の1つ目が、「明るく元気に笑顔いっぱい」当たり前のことですが、どんな時でも、「明るく元気に」というのは、難しい。大げさですけど、人生の修行です。人間ですから [続きを読む]
  • 2017は安岡正篤&ドラッカーYEAR!に
  • 今週末、東京もマイナス一度の寒波ですけど、新潟はじめ大雪、大寒波ですね。道産子だから、はんぱない厳しさひとしおです。昨日は社員たちが、オフィスの出入りに、「寒い、寒い、異常ですね!」と叫び、私自身も、JR新宿南口へ徒歩5分のところも、何回か行ったり来たりを、地下道を歩いて。わが社のスタッフさんはもちろん、全国の販売やサービス系の方は今日も出勤ですね。くれぐれもお気をつけて!気持があったかくほこほこ [続きを読む]
  • 「恋のゴンドラ」とプロポーズの言葉
  • あけましておめでとうございます!もう7日で七草粥をいただく日。ちょっと遅い新年の挨拶で申し訳ございません。さて、このブログ。もともとのスタートは、イマジンプラス社長笹川祐子の感謝ブログでした。会社、事業への思いや日々のことを書く感謝ブログは会社HPへ移行し、このアメブロでは、書評や旅のことを中心にしましたので、更新が頻繁にできておりません。日々本を読んだり、国内あちこち行っているのでネタはあるので [続きを読む]
  • 2016 締めくくりの本と人気記事
  • 大晦日。今年も大変お世話になり、ありがとうございました!どんな年でしたか? 私は毎年いろんなことがあって、辛い時や苦しい時でも、叫びたい気持ちになっても、つつがなく一年を過ごせたことに感謝します。ありがたいですよね。ご飯が食べられて、あったかい家があり、行くところがあり、社員が働いてくれ、体が健康で、人に恵まれて。もしかしたら、迎える新年に希望でいっぱい!という状況ではない人がいるかもしれません。 [続きを読む]
  • 江上治の年収1億円手帳2017
  • 先日の朝礼で「営業日はあと8日です!」と営業マンが話しました。間もなく、2017年を迎えますね。さて、みなさん、来年の手帳はもう準備されましたか?この数年、いろいろな手帳を使っており、来年の手帳は3年ぶりにこれ。「江上治の年収1億円手帳2017」と 「逆算手帳」2014年版を使い、<「目的」を明確に、やり遂げる一年に> 手帳のおかげで自分の一年としては80点!ではなぜ翌年浮気してほかに変えてしまったのか?1億円手 [続きを読む]
  • 「マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000」
  • 今日の東京は、青い空が広がる快晴。でも北海道は大雪のようです。私は書店で、自分用の本はもちろん、プレゼント本もよく買います。あっ、これ、あの子に送ってあげよう!そう思って手に取ったのが、「マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000」です。札幌に住む20代の甥っ子に、読ませてあげたいと思ったのです。私は大変無知ですが、この無知な私が、社員に「ボキャブラリーが足りないなぁ!人をほめるのも、くどくのも、言 [続きを読む]
  • 「繁栄の法則その二」北川八郎
  • 私の断食の先生であり、多くの優秀な経営者が師匠と慕う北川八郎先生の新刊です。北川八郎さんという方は、40日以上の断食を2回実行された方。阿蘇のふもとで陶芸と農家の傍ら、全国各地から講演と経営セミナーに呼ばれています。私はある社長のお誘いがきっかけで5日間の断食合宿に参加。何度か参加しコツを覚えた後は、自分で、3日間、5日間断食を不定期にやっています。一度、7日間断食を途中で失敗。ゲロゲロになり、北川先生 [続きを読む]
  • 「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」堀江貴文
  • ホリエモンの本、以前は、あまり読んでみようと思わなかったのだけど、最近は、よく手に取るようになりました。なぜだろう?私にとっての魅力を考えてみると、「常識にとらわれない」「合理的な追求」が大きなポイント。「99%の会社はいらない」は、タイトルからして売れると思う。常識にとらわれないで、と社員たちに話すけれど、自分だって、常識にとらわれていることも多いはず。私は自分では意外と大胆な発想ができたりすると [続きを読む]
  • 「ライフシフト 100年時代の人生戦略 」リンダ・グラットン
  • まさに我々のコンセプトと同じじゃないか!!書店で「LIFE SHIFT」という本を手に取り、興奮してしまいました。著者のリンダ・グラットンさんの新刊ですが、「ワーク・シフト」というベストセラーを読んでいたので、おっ、さらに進んだんだと、わくわく。私は今、新規事業として、大工や職人育成の学校「匠アカデミー」、受け皿となる工務店、地方創生や空き家対策などにかかわる社会活動を合わせた「匠プロジェクト」に取り組んで [続きを読む]
  • スーパームーン 68年ぶり!
  • アメリカの妹からのライン。「明日11/14(月)68年ぶりの大きなスーパームーンよ。見逃さないで!私たちが今まで見たことないおおきさってこと。22:52がピークだって、と言ってるけど、それはアメリカ時間かしら。やっぱり。今、ネットで検索すると、「月が最大に大きくなる時間は、日本時間で午前11時51分頃」一番地球に近く大きく見える。極上の月。次のスーパームーンは2036年だそうです。さて、一昨日、ミシガンで妹のダーリン [続きを読む]