ナオト さん プロフィール

  •  
ナオトさん: 三浦尚人建築設計工房の徒然日記
ハンドル名ナオト さん
ブログタイトル三浦尚人建築設計工房の徒然日記
ブログURLhttp://7010-miura.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文練馬区石神井で住宅の設計監理をしてます。住宅設計、趣味、グルメなど日頃の出来事を日記風に書いてます。
自由文東京の中でも緑豊かな自然が今も残る練馬区石神井で個人住宅を中心に設計監理をおこなっています。
休日は地元のテニス倶楽部をはじめ、井の頭公園や武蔵野中央公園で仲間とテニスを楽しんでいます。
三浦尚人建築設計工房のウェブサイト
http://miura-archi.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/12/19 01:14

ナオト さんのブログ記事

  • 奥様のこだわりキッチンが完成
  • 今月初旬に無事リフォーム工事が完了した小金井の家は、奥様のこだわりキッチンがメインのリフォームでした。ちなみにリフォーム前後のキッチンは、こんな感じです。○リフォーム前○リフォーム後オールステンレスのI型キッチンで、ガスレンジの他に、食器洗い機、ガスオーブンがあります。奥様の希望で、食器洗い機を横ではなくシンク右下に配置し、左下にはダストボックススペースにしました。これにより、シンクとガスレンジと [続きを読む]
  • 解体前の「四谷コーポラス」を見学
  • この前の日曜日、四谷にあるマンション「四谷コーポラス」を見学してきました。このマンションは昭和31年に竣工した民間企業による初の分譲マンションで、今回建て替えをすることが決定し、解体工事を行う前に見学会が催されました。当時としては珍しい上下階のあるメゾネットタイプの住戸があり、そのため、5階建てマンションながら廊下が1階と4階しかなく、エレベータもありません。また、欧米住宅を参考にしたのか、玄関ド [続きを読む]
  • こだわりのタイル
  • 住宅リフォームの現場では、キッチンのタイル貼りが行われました。今回のリフォームで、タイルは建て主の奥様たっての希望で、リクシルの「エテルネ」という200角タイルにしました。ですが、このタイルは輸入品のため、国産タイルのように直角が正確にきちんと取られておらず、寸法もきっちり200ミリではないので、現場でタイルを貼るタイル職人さんは大変だったと思います。ありがとうございました。タイルは、模様柄と模様 [続きを読む]
  • オールステンレスのオーダーメイドキッチン
  • お盆明けからリフォーム工事がはじまった住宅。今回は、キッチンと食品庫という小規模な改修ですが、建て主さまのご要望で、キッチンはオールステンレスのオーダーメイドで、食器洗い機とガスオーブンもあります。そのため、現場での工事に先立ってキッチン製作が進められています。先日、キッチンの製作状況を確認するため、製作をお願いしている日本橋浜町にある「遠山製作所」へ行ってきました。実は、こちらでキッチン製作をし [続きを読む]
  • お気に入りの洗面器が生産中止に
  • 私が今までに何軒かの住宅で、使ったことがあるお気に入りの洗面器がありました。それは、TOTOの「SK106」という一般的には住宅の洗面器というよりも主に病院の流しなどで使われることが多い洗面器です。デザインがシンプルで、洗面器の幅や深さもあり、ちょっとレトロな感じも良く、価格もリーズナブルなので、オリジナルの洗面台を製作するケースでは、この洗面器を選択していました。しかし、あまり需要が無くなったせ [続きを読む]
  • やっと観れた映画「人生フルーツ」
  • 今年の夏休みは、特に旅行の計画もなくゆっくり過ごしました。そんな中、どうしても観たかった映画「人生フルーツ」を観に、東中野にあるポレポレ東中野へ行ってきました。この映画はずっとロングラン上映をしているので、そのうち行けるだろうと思っていたら、8月に入ってしまいました。上映期間をチェックしたら、9月1日で上映終了とのことだったので、夏休みの平日の午前中をねらって行ってきました。時間に余裕を持って30 [続きを読む]
  • 「日本の家・1945年以降の建築と暮らし」展へ
  • 先日、竹橋にある東京国立近代美術館で開催中の「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展へ行ってきました。展覧会のタイトルどおり戦後の日本の住宅について時代とテーマに沿って建築家が設計した代表的な住宅の模型、図面や映像などが数多く展示されていて、見応えが十分ありました。中でも展示のメインスペースの真ん中に再現された建築家、清家清の「斎藤助教授の家」の原寸大模型の展示が印象的でした。しかも、靴を脱い [続きを読む]
  • 近くて遠かった地元のカフェ
  • コーヒーが好きな私は、仕事場で飲むことはもちろん、カフェや喫茶店でコーヒーを飲むことも好きです。休日には、自転車に乗って地元にあるカフェや喫茶店でコーヒーを飲みながら読書を楽しんだりする。そんな中、以前から一度訪れてみたかった大泉学園町にあるカフェ「ネリカフェ」へ、やっと先週末の土曜日に行くことが出来ました。というのも、こちらのカフェは日曜日と月曜日がお休み、しかも営業時間が13:00〜18:00 [続きを読む]
  • 「建築家・宮脇檀のドローイング展」へ
  • 先週末、神宮前にある建築家会館の大ホールで開催中だった「建築家・宮脇檀のドローイング展」へ行ってきた。宮脇檀(まゆみ)という建築家、ご存知ない方も多いかも知れませんが、建築業界とくに住宅設計に携わる人なら知らない人はいないぐらい有名な建築家(男性)です。19年前に亡くなられたんですが、数多くの住宅や別荘をはじめ建築の設計をされてこられた功績をドローイングで再認識する展覧会でした。ドローイングはとて [続きを読む]
  • 結婚式でケーキバイキング
  • 先日、いとこの結婚式に出席してきました。梅雨の時期でしたが、幸い天気に恵まれてむしろ暑いくらいの陽気でした。素敵な結婚式で、お料理もたいへん美味しく、大勢のウエディングスタッフも皆さんテキパキ動いて気配りもされていました。そんな式の終盤にびっくりするような演出がありました。それは、カーテンの向こう側にパティシエの衣装に扮した新郎とドレス姿の新婦がスタンバイし、カーテンがオープンになると目の前にたく [続きを読む]
  • 夏の花
  • まだ梅雨明けしてないですが、連日東京は暑い日が続いてます。自宅では大きなユリの花が咲き、甘い香りが漂っていました。事務所の近くの通りには、私の大好きな百日紅が咲いていました。 先日、墓参りに行った際には、綺麗な紫色の桔梗が咲いていて、その近くにはなんともう秋桜が咲いていました。それにしても、夏に咲く花は綺麗な色をしています。 [続きを読む]
  • 仙太郎のみなづき(水無月)
  • 早いもので、もう一年の半分が過ぎました。それで昨日は、6月の終わり。夏越の祓という節目の日。過ぎた半年の穢れを祓い、あとの半年の無病息災をお祈りして「みなづき(水無月)」という和菓子をいただきます。私の母が京都出身ということもあり、毎年6月には老舗和菓子店「仙太郎」の水無月をいただくことにしています。この和菓子店「仙太郎」の本店は、もちろん京都にあるのですが、東京の支店が練馬にあるんです。 池袋の [続きを読む]
  • 江戸東京たてもの園の前川國男邸
  • 小平にある武蔵野美術大学の美術館で開催中の「芦原義信 建築アーカイブ展」へ行ったあとは、再び自転車で五日市街道を東へ。玉川上水沿いには、綺麗な紫陽花が咲いていました。しばらく五日市街道を走っていると、茅葺屋根の立派な山門が目に飛び込んできました。お寺の名前は、「海岸寺」。海が近いわけでもないのに、なんだか不思議なお寺です。近づいて見ると、美しい木組みと彫刻が見事です。東京のしかもこのような場所に、 [続きを読む]
  • 「芦原義信 建築アーカイブ展」へ
  • このあいだの土曜日、小平方面へ自転車で建築散策へ行った目的のひとつは、武蔵野美術大学(通称ムサビ)内の美術館で開催中の「芦原義信 建築アーカイブ展」を訪れることでした。芦原義信は日本を代表する建築家で、駒沢公園体育館や銀座のソニービルなどをはじめ、このムサビのキャンパス内の建築の多くを設計し、教鞭も執っていました。芦原氏の手がけたモダニズム建築の軌跡をたどる展覧会だったので、手描きの図面をはじめ貴 [続きを読む]
  • 小平方面へ建築散策
  • 先日の土曜日、久しぶりに丸一日何も予定がなかったので、朝から小平方面へ自転車で建築散策へ行ってきました。自宅から青梅街道に出て、ひたすら西へ。まず最初に訪れたのは、小平市の「なかまちテラス」。図書館と公民館の機能を備えた生涯学習施設で、設計は金沢21世紀美術館やすみだ北斎美術館などで世界的に有名な建築家、妹島和世さんによるものです。こちらの建物も斬新なデザインで、小さなボリュームが寄り添ったような [続きを読む]
  • キッチンリフォームの打合せ
  • 現在、キッチンとパントリーをリフォーム計画中の住宅の打合せを建て主さんとキッチンを製作する会社の方と私どもの三者で行いました。今回、リフォームするキッチンは、建て主さんのご希望でオールステンレスによるシンプルなオーダーメイドキッチンです。したがって、建て主さんのご要望を伺ってゼロから設計していきます。事前に建て主さんのお宅へ訪問して、幅、奥行き、高さなどの寸法をチェックし、シンクの大きさ、調理スペ [続きを読む]
  • 人形町と清澄白河界隈を散策
  • このあいだの休日、久しぶりに人形町と清澄白河へ行ってきました。ちょうど箱崎の東京シティエアーターミナルビルにある建築金物メーカー「カワジュン」のショールームへ、検討中の商品をチェックする用事がありました。こちらのメーカーは、ドアノブや引戸の引き手、トイレの鎌錠をはじめタオル掛け、ペーパーホルダーなどといった水廻りのアクセサリー類が豊富にあり、デザインもシンプルなので、よく使っています。やはり実物を [続きを読む]
  • 「借景を取り込む家」外装改修工事が完了
  • 12年前に設計監理をした「借景を取り込む家」の外装改修工事が先月無事に完了しました。建て主さんから改修の依頼を受け、天気が安定している春のこの時期にスケジュールを組みました。外壁材とその色などについて、建て主さんからのご要望と合わせて私どもから提案させていただきました。その結果、耐久性、低汚染性、透湿性、防かび・防藻性などを考慮して特殊セラミックシリコン樹脂系の塗料に決めました。色については、白色 [続きを読む]
  • 三渓園の古建築を見学
  • この前のゴールデンウィーク中、本牧にある三渓園へ行ってきました。午前中、港の見える丘公園から山手地区を散策して、洋館建築を堪能し、午後は日本の古建築を堪能するという少々欲張りなスケジュールを組みました。前回ここを訪れたのがいつだったか思い出せないほど、久しぶりでした。「こんなに広かったっけ?」と思うほど立派な庭園で、池も大きかったです。今回三渓園へ来たのは、「新緑の古建築公開」と題して重要文化財の [続きを読む]
  • 久しぶりに横浜山手地区を散策
  • ゴールデンウィーク中、久しぶりに横浜山手地区を散策しました。この日、はじめて乗車した西武線Sトレインの新型車輌で元町中華街駅へ。まずは、港の見える丘公園へ。オフコースの曲の歌詞にあるように「港が見下ろせる小高い公園」で、この日は快晴でヨコハマベイブリッジもはっきり見えて気持ち良かった。ちょうど花のイベントが開催中で、至るところに色とりどりの花が咲いていました。公園内を進み、洋館建築を順番に見学して [続きを読む]
  • 西武線Sトレインに乗って元町中華街へ
  • 少し前のことになりますが、GW中に西武線の新型車輌40000系の「Sトレイン」に乗って元町中華街へ行ってきました。全席指定なので事前に購入し、当日石神井公園駅から乗車しました。車内は左右それぞれ二列シートで、中吊り広告が無いので、スッキリしています。もちろん、座席は窓側。石神井公園駅では空席がありましたが、GWということで満席との車内アナウンスがありました。停車駅も少なく、石神井公園駅から元町中華街ま [続きを読む]
  • 大磯の旧吉田茂邸を見学
  • ついこのあいだ、大磯に住んでいる建築家の友人お二人に大磯の町を案内してもらいました。JR湘南新宿ラインに乗って大磯駅へ。歴史を感じさせるとても落ち着いた雰囲気が印象的な素敵な駅舎です。総勢9名が大磯駅に集合し、まずは旧吉田茂邸へ。駅から少し距離があるので、タクシーに分乗して向かいました。数年前に漏電が原因で全焼してしまった旧吉田茂邸。今年の4月にようやく再建されて、今回訪れることになりました。幸いに [続きを読む]
  • 「瑞江の家」基本設計が完了
  • 今年の2月下旬に設計契約を結んだ「瑞江の家」の基本設計が完了しました。初回のプレゼンテーションで変更と修正箇所があり、模型も造り直して、打合せを重ねてようやくここまで来ました。そして先日、奥様とキッチンの打合せをするために、ショールームへ行ってきました。今回、システムキッチンはフルオーダーメイドなので、武蔵小金井にある「矢島」という専門メーカーでお願いすることにしました。ショールームは広く、いろい [続きを読む]
  • 春日部の街を散策
  • このあいだ、所用で埼玉県の春日部を訪れる機会がありました。駅の東口を歩き出すと、こんなレトロな看板が。また少し歩くと、蔵がありました。昔、宿場町というだけあって、あちこちに立派な蔵がまだ残っていました。大谷石の蔵は使われていませんが、状態も良く庇や扉の意匠も素晴らしかったです。黒や白の漆喰壁の蔵は、庇が特徴的でした。また、レトロで趣きのある建物もありました。立派なお寺もあり、三門からの景色がまるで [続きを読む]
  • 建築家、山田守の自邸を見学
  • 先週、南青山にある建築家、山田守の自邸を見学してきました。ちょうど4月12日から23日まで没後50周年という節目で、「建築家・山田守の住宅」展が開催されるにあたり、普段は非公開の2階部分を見学することが出来ました。青山のど真ん中に、こんな緑豊かな住宅があるなんて驚きです。山田守と聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、東京九段にあります日本武道館や京都駅前の京都タワーを設計したのが建築家の山田守 [続きを読む]