ナオト さん プロフィール

  •  
ナオトさん: 三浦尚人建築設計工房の徒然日記
ハンドル名ナオト さん
ブログタイトル三浦尚人建築設計工房の徒然日記
ブログURLhttp://7010-miura.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文練馬区石神井で住宅の設計監理をしてます。住宅設計、趣味、グルメなど日頃の出来事を日記風に書いてます。
自由文東京の中でも緑豊かな自然が今も残る練馬区石神井で個人住宅を中心に設計監理をおこなっています。
休日は地元のテニス倶楽部をはじめ、井の頭公園や武蔵野中央公園で仲間とテニスを楽しんでいます。
三浦尚人建築設計工房のウェブサイト
http://miura-archi.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/12/19 01:14

ナオト さんのブログ記事

  • 関西の鉄道
  • 先日、友人の結婚式に出席するため、東京駅から新幹線のぞみに乗って新大阪まで向かった。式場は「太閤園」で、最寄駅は「大阪城北詰」というはじめて聞く駅名。ナビで調べてみると、新大阪からJR東海道山陽本線に乗って大阪駅へ。今回、大阪駅が新しくなってはじめて来ました。トラス構造の大屋根が特徴的です。大阪駅から大阪環状線に乗り換えて京橋駅へ。ちょうど懐かしい201系車輌に乗れました。東京に住む私にとっては、 [続きを読む]
  • 友人の結婚式で大阪へ
  • ちょうど先週末の土曜日、友人の結婚式に出席するため大阪へ行ってきた。新郎新婦は現在京都に住んでおり、新婦が大阪出身ということもあって結婚式を大阪の「太閤園」という式場で挙げることになったらしい。私は今回はじめてここを知ったが、この場所は関西では有名らしい。歴史も古く、藤田観光グループと聞いて合点がいった。大阪ではこの太閤園、東京だと椿山荘といったところだろうか。太閤園は敷地も広く、回遊式庭園があり [続きを読む]
  • 富士山が見える場所
  • 私の住む練馬区内にも富士山が眺められる場所は、いくつかあります。地元を通る西武池袋線の車内からでも高架化になったことで良く見えるようになりました。富士見台という駅名と町名があったり、富士街道という名称の道路もあります。先日、たまたま夕方にとある場所から夕日が沈む直前の富士山を眺めることが出来ました。雲ひとつなく、富士山のシルエットがはっきりと見え、空もオレンジ色に輝いてグラデーションも美しく、夕日 [続きを読む]
  • 地元のお気に入りお肉ランチ
  • 事務所内でのデスクワークが続くと、昼休みのランチで外へ出るということがとてもいい息抜きになる。なので、ランチに何を食べるかは、とても楽しみのひとつで、大事なことでもある。事務所の近所には洋食屋さんが無いので、普段ランチにお肉を食べることは滅多にないが、ゆっくり昼休みを取れる時などは、自転車に乗ってちょっと離れた場所へお肉を食べに行くお気に入りのお店が二軒ある。一軒目は、目白通り沿いにある練馬第二小 [続きを読む]
  • ピンク色の西武池袋線
  • 鉄道好きな私にとって色々な車輌に出逢うことは、楽しい。だから所用で鉄道を利用して移動する際は、ワクワクする。私の設計事務所は西武池袋線の石神井公園駅から近く、電車移動はこの駅からになるのだが、先日派手なピンク色の西武線車輌に遭遇した。以前、きゃりーぱみゅぱみゅのパッケージ車輌が一時期走っていたが、そのベースになっていたピンク色が全面になった車輌のようだ。現在、西武線では沿線住民である漫画家の松本零 [続きを読む]
  • 地元フリーペーパー「井」にはじめて寄稿
  • 先日、地元のフリーペーパー「井」イイトコ イイトコ イイモノの最新号(今号で14号)が出来ました。タイトルの<井>は、石神井、大泉、井草、井荻というように水にちなんだ地名から名づけられたそうです。私の設計事務所もこのフリーペーパーに広告を載せてもらっているのですが、今号ははじめて私が寄稿する機会を頂きました。「学ぶ」について私をはじめ地元の方々が書いています。なんだか嬉しくもあり、恥ずかしくもあり [続きを読む]
  • 正月休みの読書は、京都本
  • 今年の正月休みは、例年とちょっと違った過ごし方でした。大晦日に父がインフルエンザにかかってしまい、正月に弟夫婦が訪れることも出来なくなってしまい、あえなくキャンセル。せっかく年末にかけておせち料理の準備していた母はとても落胆していました。なので、父は自分の部屋に閉じ篭もってもらい、母と私の二人でおせち料理、お雑煮を食べました。正月のテレビもあまり面白くないので、読書をすることにしました。元々、正月 [続きを読む]
  • 大山へ初詣登山
  • 明けましておめでとうございます。本年も三浦尚人建築設計工房をどうぞ宜しくお願いいたします。今年は、4日に旧友に誘われて大山の阿夫利神社へ初詣登山をしてきました。正月休みに登山をするのは、多分はじめてだと思います。幸い天気に恵まれましたが、正直バテました。小田急線の伊勢原駅から大山ケーブル口まではバスに乗って行くのが通常なのですが、私たちは駅から歩いて行きました。しかもケーブル口から乗り場までの階段 [続きを読む]
  • 年末年始休業と電話・FAX番号変更のお知らせ
  • 今年も残りわずかとなってしまいました。今年も弊社のブログをご覧頂きましてありがとうございました。来年も引き続き、宜しくお願いいたします。年末年始ですが、弊社は2016年12月29日(木)〜2017年1月5日(木)まで休業とさせていただきます。休業期間中にいただきましたメール等は新年業務開始日の2017年1月6日より順次ご返信いたしますので、どうぞご了承ください。尚、2017年より、弊社の電話番号とファックス番号が変わります。 [続きを読む]
  • 懐かしい国立の街
  • 先日の土曜日、私が独立する前に勤めていた設計事務所へ久しぶりに訪れるためJR中央線の国立まで行ってきました。お世話になった所長もお元気で、お互いに近況などを話したりしました。国立駅南口の大学通りは以前のまま。並木が美しく、クリスマスシーズンということで木々にイルミネーションの飾りつけがされていました。ライトアップされると素晴らしいのですが、この日は次の予定があって残念ながら見られず。しかし、それよ [続きを読む]
  • ショールームでホームエレベーターを体感
  • 先日、大手設備機器メーカーのショールームがある汐留へ行ってきました。現在設計中の「南砂の家」で設置予定のホームエレベーターを確認、体験することが目的でした。ちょうど展示しているタイプが設置予定の3人乗り用だったので、内部の広さや内装を確認出来ました。展示していたエレベーターは油圧式でしたが、今回採用するタイプは、ロープ式です。理由は、ロープ式のエレベーターには、これだけで防火区画が構成出来る仕様が [続きを読む]
  • 建築家仲間と銀座で建築探訪
  • 先週の金曜日、それぞれ自身の設計事務所を構えている建築仲間数人と銀座で建築探訪をしました。普段、定期的に集まって勉強会と称して建築を見学したり、情報交換をおこなっています。今回、私が参加するのは久しぶり。銀座には、一般的に商業建築と呼ばれる特徴的な外観のビルがいくつも点在してます。しかし、メイン通りから少し離れると、そこには素晴らしいレトロな建築もまだまだ多く残っています。その中の代表的な建築は、 [続きを読む]
  • 地元産の練馬大根
  • 先日の昼休み、近所にあるJAあおば(旧農協)へ行ってきました。場所は、ちょうど私の母校、石神井小学校のお向かいにあり、近年に新しく建て替えられました。ここには、地元の農家さんが育てた野菜や果物を中心にいろいろ売っているので、ちょっとした道の駅といった感じです。この日は、ちょうど3種類の大根が陳列棚に並んでいて、写真の左から、練馬大根、三浦大根、そして聖護院大根。どれも地元産で新鮮です。まさか聖護院 [続きを読む]
  • 上野界隈を散策
  • 先日、上野駅へ向かう途中にちょっと散策をしました。そこで偶然、緑青になった銅板葺きの外壁の住宅を発見。開口部まわりも洒落ていて、樹木と鉢植えがなんとも言えずいい感じで、周りには高い建物しかないけれど、この建築は一際存在感がありました。さらにちょっと歩くと、今度は東京メトロ銀座線の電車庫が。地下鉄なのに、珍しく踏切がありました。地上にある電車庫から地下へ潜る手前にあるこの踏切は、通常の踏切とは異なり [続きを読む]
  • 「南砂の家」エレベーター打合せ
  • 基本設計が完了し、現在は実施設計中の「南砂の家」。この住宅は鉄骨造のため、構造設計事務所との打合せを並行して行いながら実施設計を進めています。今日は、建て主様の要望で設置することになっているホームエレベーターの打合せをするため、事務所にメーカー担当者お二人に来てもらいました。1/100スケールの模型と図面で住宅の主旨を説明し、設置したいエレベーターについての質問や疑問点を聞きました。若い女性社員と男性 [続きを読む]
  • 長谷川町子美術館へ
  • 先日、土地を見に東急田園都市線の桜新町へ行ってきました。桜新町といえば、やはり「サザエさん」で有名な場所でしょう。せっかくここまで来たので、長谷川町子美術館へ寄ってみることにしました。駅前からサザエさん一色で、モニュメントをはじめノボリなどもあり、サザエさん通りに入るとテレビのテーマソングが流れていました。しばらく歩くと、赤い煉瓦の外壁が目印の美術館に到着。ここにもサザエさん一家全員のパネルが出迎 [続きを読む]
  • 石神井公園の紅葉
  • 秋も深まり、紅葉の美しい季節になりました。私の事務所の近くにある都立石神井公園もだいぶ色づき始めました。先日、久しぶりに歩いて事務所へ向かう途中で石神井公園に隣接する練馬区立松の風文化公園の中を通りましたが、イチョウが綺麗でした。通り抜けて、次は石神井公園の石神井池沿いを歩くと、モミジがだいぶ赤くなっていました。池の北側に建っている豪邸の庭にも立派なモミジがあり、こちらも真っ赤に色づいて見事でした [続きを読む]
  • 甘いものも好きです。
  • お酒が好きな私ですが、甘いものも好きです。この季節になると、栗の美味しい和洋のスイーツが食べたくなります。このあいだは、和菓子の定番で大好きな「仙太郎」の栗蒸し羊羹と三色団子を食べました。大きな栗がゴロゴロのったしっとりした羊羹が美味しかったです。つい先日は、栗を使った洋菓子の定番、モンブランで一番好きな「アンジェリーナ」のケーキを食べました。ほど良い甘さの栗と中の軽いホイップクリーム、そして底に [続きを読む]
  • 久しぶりに京浜急行に乗って
  • 先日、所用で神奈川県の上大岡へ行く機会がありました。品川駅で電車を待っていると、反対側の上りホームに懐かしい800形車輌が入ってきました。現在走っている車輌で最も古く、片開きドアがなんとも言えないレトロっぽい車輌に出逢えました。快速特急に乗車し、上大岡へ。京浜急行は私鉄の中でも早く、線路の幅が新幹線と同じなのです。さらに快速特急だと停車駅も少ないので、早く上大岡駅に着きました。久しぶりに降りた上大 [続きを読む]
  • 住宅省エネルギー技術講習で虎ノ門へ
  • 先日、「住宅省エネルギー技術」の講習会に出席するため、会場となっている虎ノ門へ久しぶりに行ってきました。現在の虎ノ門界隈は、以前とは比べものにならないほどに変わり、あの虎ノ門ヒルズが上から見下ろすように建ち、広い道路も出来ていました。会場周辺にも建設中の現場もちらほら見受けられておりましたが、昔ながらのレトロチックな建物も健在で、私はむしろそっちのほうに目がいってしまいました。飲食店も多く点在して [続きを読む]
  • 打合せに向かう前にちょっと散策
  • 先週の日曜日、現在設計中である二世帯住宅の建て主さんのお宅へ打合せに伺う途中、少し時間があったので大手町から日本橋あたりまで散策をしました。まず向かったのは、建築家の村野藤吾が設計した大手町の旧日本興業銀行本店ビル。残念ながら解体されることが決まり、今回最後のお別れをすべく見に行ってきました。特徴的な先端のフォルムと美しい壁面。既にビルの周囲にはフェンスが立てられ、壁面には足場を固定するための大き [続きを読む]
  • 講習会で東京都庁へ
  • 先日、東京都防災ボランティア制度に基づいた「被災建築物応急危険度判定員講習会」に参加するため、ただいま何かとメディアに登場する新宿の東京都庁舎へ行って来ました。第一本庁舎へ着くと、なにやら凄い人。セキュリティが厳しいせいか、入庁手続きのために用紙に記入して入庁許可証を首にぶら下げて5階へ。天井の高いホールで受講手続きを。壁一面には、名誉都民であろうか著名人の顔写真の額が飾られてありました。この日の [続きを読む]
  • 父が少年時代を過ごした大阪を訪ねて
  • 少し前になってしまいますが、先月のはじめに大阪を訪れました。目的は、建築探訪と阪堺電車に乗ること、そして父が少年時代を過ごした阿倍野・住吉・帝塚山へ行くことでした。まず、天王寺駅前から阪堺電車の上町線に乗って住吉大社へ。今回はじめて阪堺電車に乗りましたが、鉄道好きで特に路面電車好きにはこの阪堺電車はたまりません。せっかくなので、最後部座席にすわって周りの風景を眺めていました。しばらく乗って、住吉大 [続きを読む]
  • 近江八幡の町をレンタサイクルで
  • 今回の京都三泊滞在のうち、半日を京都府のお隣滋賀県の近江八幡散策に充てました。以前より、古くから残る町並みを一度見てみたかったからです。京都からJR在来線に乗ると近江八幡まではすぐで、途中駅の草津などはベッドタウンとして人気があり、マンションも数多く建っていました。近江八幡駅前でレンタサイクルを利用して、いざ散策へ。古い町並みは意外と駅から離れていて、昔は木造の建物を蒸気機関車の煤や煙、火の粉から [続きを読む]
  • 京都の移動はレンタサイクルで
  • 今回、久しぶりの京都旅行ではバスは一度も乗らず、レンタサイクルを利用して東西南北と走り回りました。この時期にしか見学できない建築をはじめ、毎回訪れる大徳寺の高桐院と京都芸術センター、西陣や上七軒の町並みなど自転車に乗って巡りました。滞在しているホテルの近くにある自転車屋さんで自転車をレンタルして、まずは北へ上り建築巡り。このインパクトのある建築は、まさに「顔の家」というタイトルの住宅。建築家、山下 [続きを読む]