u9271 さん プロフィール

  •  
u9271さん: タイ骨董日記
ハンドル名u9271 さん
ブログタイトルタイ骨董日記
ブログURLhttp://thaiart.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文自称東南アジア仏像コレクターがバンコクの骨董情報、タイのお守りプラクルアン、仏教美術を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/12/18 21:40

u9271 さんのブログ記事

  • ナードゥン出土の塼仏(せん仏) マハーサラカム県
  • マハーサラカム県ナードゥン郡出土の塼仏、型名ポックーです。ポッとはナーガ仏のことで、クーとは一対という意味です。ナードゥン出土の塼仏の中でも最も人気の高い型の一つで出土地に近い特に東北部にタイ人にとって憧れの塼仏です。fbに掲載したら一気にlikeを押してもらえます。時代的にはドヴァーラヴァティー期のもので8〜9世紀(約1100年〜1300年前)のものです。 [続きを読む]
  • チェンマイ国立博物館 リニューアルオープン
  • チェンマイ国立博物館が約3年半の改装工事を終えて、つい最近リニューアルオープン。内部が綺麗になり陳列もより博物館らしくなりました。収蔵品はまずエントランス正面の国宝級のチェンセン時代初期の青銅仏やランプーン県出土のハリプンチャイ様式の仏像(テラコッタ製)等、北部タイのものがメインですが、中部タイのドヴァーラヴァティー期、シュリーヴィジャヤ期、ロッブリー期、ウートン期、アユタヤ時代の優品もあり一緒に [続きを読む]
  • プラ・サンカチャーイ(ランナー期)
  • プラ・サンカチャーイ仏を入手した。七福神様に似たタイの仏さまで富をもたらすと言われています。時代的にはラーチャカーン・ヌアと呼ばれる北部タイ・ランナー期 約100年前のもので古い青銅のいい雰囲気が出ています。ランナー期の青銅シリーズを並べて飾ってみよっと。ふー。 [続きを読む]
  • チャオサームプラヤー国立博物館 アユタヤ
  • 先日行って来たアユタヤのチャオサームプラヤー国立博物館の写真を一部アップしておきます。とにかく素晴らしい、流石は博物館というようなレベルの高い仏像ばかりで改めて勉強になりました。先日も言ったのですがアユタヤ県はさまざま時代の出土品があり、ドヴァーラヴァティー期からロッブリー期、スコータイ時代、ウートン期、アユタヤ時代までの1000年以上もの歴史のあるエリアです。特にアユタヤ初期から中期までのウート [続きを読む]
  • ワット・ナープラメーン寺院 アユタヤ
  • 先日コンテストでアユタヤを訪れた際、滞在時間が限られていたのでワット・ナープラメーン寺院と博物館だけ見学しました。チャオプラヤー川と運河に囲まれた中心部の北側にあるワット・ナープラメーン寺には見るべき仏像が4つもありますので見学必須のお寺と言ってもいいと思います。1枚目、2枚目の写真はよくタイ仏教美術書で紹介されるほどの重要な仏像です。1枚目は本堂にある仏像でアユタヤ中期16世紀頃(約500年前) [続きを読む]
  • お守り、仏像コンテスト(2017年 6月 25日・アユタヤ)
  • アユタヤで開催された仏像・お守りコンテストに行って来ました。正確には先ほど終わり今帰りの道中でこの文を書いています。アユタヤ県はタイの古都で、イメージ的には日本の京都、奈良に近いと思います。街の中心部は当時の都(寺院)で現在は遺跡になっています。年代的には仏暦1893年〜2310年までの400年以上も続いた長い時代で出土品も幅広くドヴァーラヴァティー期、ロッブリー期、スコータイ期、ウートン期、アユタヤ全盛 [続きを読む]
  • お守り、仏像コンテスト(2017年 6月 18日・バンコク)
  • 昨日、バンコク東部のバイテック・バンナー国際展示場で開催された仏像・お守りコンテストに行って来ました。ここで行われる大会はタイ最大のコンテストの一つでネームバリューのある大会です。その為、タイ全国のお守り・仏像ファンが集結する大規模な全国大会です。つまりここで入賞することはそのお守りや仏像の評価を上げるといってもいいかも知れません。それぐらい皆が状態のいいものを出品して入賞を競うハイレベルな大会な [続きを読む]
  • お守り、仏像コンテスト(2017年 6月 11日・バンコク)
  • 昨日バンコクで開催された仏像・お守りコンテストに行って来ました。今回の大会はタイ東北部の国立コンケン大学が主催の大会で項目別1位の副賞が高僧ルアンポー・クーンのコイン型お守りの為、それを目当てにコンテストに参加された方が多かったと思います。ルアンポー・クーンはタイ東北部ナコンラチャシマー県バーンライ寺の高僧でタイによく来る方は一度は写真を見たことがあるのではないでしょうか。近年で最も有名な高僧でタ [続きを読む]
  • ヤフオク【プラ屋】出品追加しました。
  • ヤフオク4点追加出品致しました。説明文面は「知識、経験」と文献(タイ語)も参考にして解説してありますので、ブログ同様に読んで頂けると幸いです。またヤフオク掲載写真よりも鮮明な画像をツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」にアップロードしておきましたので参考にして頂ければと思います。ご質問等もお待ちしております。以上、ヤフオク【プラ屋】からのお知らせでした。 [続きを読む]
  • ヤフオク大量出品と一部値下げしました。
  • ヤフオク大量出品と一部値下げ致しましたので是非、ヤフオク【プラ屋】を覗いてみて下さいね。それぞれの説明文も手抜きなしで解説しておきましたので読んで頂けると幸いです。明日中に鮮明な写真をツイッター「タイ骨董日記モバイルVer.」にアップしておきます。また出品物についてのご質問等ありましたらいつでもお待ち致しております。 [続きを読む]
  • カンボジア青銅仏 ポスト・アンコール期
  • 久しぶりにカンボジアの青銅仏を入手した。時代的にはアンコール期以降のポスト・アンコール期と呼ばれる時代のものでタイのアユタヤ期とほぼ同時期のものです。ズシっと重い無垢のブロンズでラオスのランチャーン後期の青銅仏に近い造りです。おそらくですがラオス南部のカンボジア国境に近いエリアで作られたのではないかと思います。ただ、流石アンコール美術を生んだカンボジアのもので小さいながらも表情、作りが繊細で存在感 [続きを読む]
  • お守り、仏像コンテスト(2017年 5月 14日・ナコンパトム)
  • 日曜日にナコンパトムで開催の仏像・お守りコンテストに参加して来ました。久々にバンコク近郊で行われた名実共に大きな大会で私もとっても3カ月ぶりにコンテストでした。主催者がナコンパトムお守り協会であることもあり項目ごとの1位の商品がナコンパトム県のクルアンラーンの豪華図録でしたので、それ目当てで参加しました。結果としては出品した2点のうち、1点(ドヴァーラヴァティー青銅仏)が1位になり、無事重い本を担いで [続きを読む]
  • シャン青銅仏 塗金が凄いです。
  • ツイッターにもか書きましたが今日、タイはウィサカブーチャーという仏教の重要な日 = 大仏日(ワンプラヤイ)で祝日でした。その為タイ全国の有名なお寺は参拝者で大賑わいです。私もパヤオ市内と郊外のお寺回りをしてお祈りをして来ました。また後日写真と一緒に記事にしたいと思いますが、この大仏日に運良くとても良い仏像を入手したので毎度の自慢画像をアップしておきます。塗金がしっかり残ったシャンの青銅仏です。高さ約1 [続きを読む]