Super源さん さん プロフィール

  •  
Super源さんさん: Super源さんの雑学事典
ハンドル名Super源さん さん
ブログタイトルSuper源さんの雑学事典
ブログURLhttp://www.zatsugaku-jiten.net/
サイト紹介文雑学、トリビア、お役立ち情報等を日記形式で綴るサイト。無料お役立ちオンラインツールも公開しています。
自由文http://www.zatsugaku-jiten.net/
http://www.zatsugaku-jiten.net/?xml
http://www.blogmura.com/profile/00026693.html
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-538.html
http://profile.ameba.jp/super-gensan/
http://www.orange-moon.org/profile.html
http://www.dajare-eigo.com/article/56438348.html
http://musing.web.fc2.com/profile.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/12/20 10:40

Super源さん さんのブログ記事

  • キリンの睡眠時間は、1日たったの20分?
  • 日本人の標準的な睡眠時間は、6時間から7時間といわれます。それでも眠り足りず、8時間は寝ないと疲れが取れないという方も少なくありません。そんな方たちは、キリンの睡眠時間を聞いたら、きっと驚くに違いありません。弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)の過酷(かこく)な大自然の中で、生き延びていかなければならない野生動物は、一般に短い睡眠時間で疲労回復できる体になっています。キリンの場合は、それが顕著(けんちょ)で [続きを読む]
  • 妊婦には、必ず「つわり」があるわけではない?
  • テレビドラマや映画などでは、女性が吐き気を催すのが、妊娠したことを示すお決まりのパターンとなっています。つまり、「つわりを起こした=妊娠した」というわけです。しかしながら、妊娠すれば、必ずつわりが起きるわけではありません。ましてや、吐く人も限られています。意外に思うかも知れませんが、”妊娠した女性のうち、1/3にはつわりがありません。彼女たちは、妊娠中もふだんとまったく変わらない生活を送っているので [続きを読む]
  • 野生のアライグマは、エサを洗わないって本当?
  • 動物園に行くと、たくさんの動物たちがいます。その中でも、愛嬌(あいきょう)があって、特に人気があるのがアライグマ。そして、この名前が、食べる前にエサをよく洗う習性があることからつけられたことはよく知られています。しかしながら、この命名、実は間違いだったのです。あんなふうにエサを水に入れ、前脚で洗うかっこうをするのは、動物園で飼われているもの、しかも空腹を感じていないときだけに見られる行動で、実は、野 [続きを読む]
  • えっ? 猫だけでなく、犬やサルも「猫舌」だった?
  • 「ピエーッ! オレ、猫舌だったよ!」熱い食べ物や飲み物が苦手な人のことを、「猫舌(ねこじた)」といいますが、猫が「猫舌」であることは、よく知られています。これは、猫に熱いものを与えると、冷めるまで絶対に食べようとしないことからできた言葉です。が、実は猫ばかりでなく、犬も熱いものは食べません。さらには、サルや鳥やライオンも同様で、彼らも決して熱いものは食べません。その他の動物も、同様です。「実は、オレ [続きを読む]
  • 虫歯の「虫」の正体は?
  • 「虫歯になる」といいますが、本当に「虫」が歯を食べているのでしょうか?また、歯はどのようにして虫歯になっていくのでしょうか?澱粉(でんぷん)や糖を含む食べ物のかすが歯につき、歯垢(しこう)になると、そこに細菌が棲(す)みつきます。この細菌は、活動すると乳酸(にゅうさん)を出します。この乳酸は、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。溶けてできた穴は、細菌のかっこうの棲家(すみか)となり、この穴に入り込んだ細 [続きを読む]
  • 女の子の鼻から、カキが芽を出した?
  • 子供というのは、時として大人の想像をはるかに超えたをことを平気で行なうものです。が、これは本当にビックリものです。1925年(大正14年)4月のこと。千葉県香取郡豊和村(とよわそん)大字大寺に住む8歳の少女、佐藤いいちゃんに異変(いへん)が起こりました。なんと、彼女の鼻の穴から、木の芽が生えてきたのです!この出来事に、村中は大騒ぎ!実は、いいちゃんはかなりのいたずらっ子で、この事件の起こる前年の秋に、カキの種を [続きを読む]
  • 胃袋が胃液で溶けないのは何故?
  • 世の中には、考えてみれば不思議なことがたくさんあります。たとえば、「何故電気うなぎは自分の電気で感電死しないのか」「何故コブラは自分の毒で死なないのか」「何故妊婦は体内で血液型の違う子供を育てることができるのか」などです。同様に、「何故人間の胃袋は自分の胃液で溶けないのか」、今日はその不思議を考えてみたいと思います。胃液が食べた物を消化するのは、主にペプシンというたんぱく質分解酵素の働きによるもの [続きを読む]
  • 緊張すると、トイレが近くなるのは何故?
  • 人間が尿意を感じるのは、尿がたまって膀胱(ぼうこう)の膜が伸び、その信号が排尿中枢(はいにょうちゅうすう)から脳や脊髄(せきずい)に伝わったときです。ところが、緊張すると、まだ膀胱に尿がそれほどたまっていなくても、尿意をもよおすことがあります。実は、膀胱は「心の鏡」といわれるほど、心理的動揺に影響を受けやすい、デリケートな器官なのです。緊張すると、神経過敏になり、膀胱のわずかな変化を排尿中枢が感じ取って [続きを読む]
  • マムシがマムシに噛まれたらどうなる?
  • 世界には、たくさんの毒ヘビが存在します。が、それらがもつ毒は、出血毒と神経毒の2種類に分けられます。たんぱく質を溶かす出血毒をもっているのは、日本にいる数少ない毒ヘビの1種であるマムシ。これに対して、噛(か)まれると神経が麻痺(まひ)して死に至る神経毒をもっているのが、毒ヘビの代表格といえるコブラです。一般に、出血毒をもつヘビは、自分の毒に対しては抗体(こうたい)があるため、同じ種類の出血毒をもつヘビにヘ [続きを読む]
  • なんと、足が85本ある「お化けダコ」が存在する?
  • 1957年(昭和32年)8月1日、三重県鳥羽市(みえけんとばし)にある答志島(とうしじま)で、足の数が85本あるタコが採取(さいしゅ)されました。このタコは、鳥羽水族館に持ち込まれて3日ほど生存し、「お化けダコ」として有名になりました。標本は国立科学博物館に貸し出され、「天覧標本(てんらんひょうほん、=県民から寄贈された貴重な学術資料)」として話題になったそうです。また、1964年(昭和39年)10月14日には、三重県海山町(みえ [続きを読む]
  • マッチ棒が決め手で、ついに自白?
  • 犯罪のシロクロを決定するのは、何といっても”証拠”です。たとえば、空き巣などの場合、現行犯で逮捕しても、余罪(よざい)は証拠がない限り追求できません。かつて、東京及び首都圏で、300件のアパート荒らしを働いたこの男(43歳)もそうでした。男が認めるのは、現行犯の1件だけで、余罪については絶対にシッポを出しません。証拠がないため、裁判になっても実刑にはならず、執行猶予(しっこうゆうよ)で放免になってしまいます。 [続きを読む]
  • トートバッグは、もともと氷を運ぶための道具だった?
  • 丈夫で長持ち、そしてシンプルながらちょっとおしゃれな「トートバッグ」。カンバス地で作られた、厚みのある実用的な手提げバッグです。「トート(tote)」とは、アメリカの俗語で「運ぶ(carry)」、「背負う」という意味。トートバッグはその名の通り、ムダを削って持ち運ぶことに特化した機能性が、最大の特徴のバッグです。さて、このトートバッグを生んだのは、アメリカ最東北部のメイン州に本社を置くアウトドアブランド(L.L.Be [続きを読む]
  • 中華料理店の回転テーブルは、日本発祥だった?
  • 写真は、こちらからお借りしました。中華料理店でおなじみの回転テーブル。大皿料理を大人数で取り分けて食べる中華料理にぴったりなものですが、実は、このテーブルは中国ではなく日本が発祥(はっしょう)だということをご存知ですか?回転テーブルのルーツは、東京目黒にある結婚式場・「目黒雅叙園(めぐろがじょえん)」です。石川県出身の創業者・細川力蔵は、かつて現在の場所に日本料理・北京料理の料亭を開いた際に、お客が披 [続きを読む]
  • 名誉ある「芥川賞」と「直木賞」を辞退した作家がいる?
  • 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年 - 1927年)の名を冠した「芥川賞」は、新聞・雑誌に発表された純文学短編作品の中で、最も優秀なものに贈られる賞です。一方、直木三十五(なおき さんじゅうご、1891年 - 1934年)の名を冠した直木賞は、新聞や雑誌、単行本として発表された短編・長編の大衆文学作品の中の最優秀作品に与えられる賞です。この2つは、いずれも1935年(昭和10年)に制定された文学賞です。さて、これらの賞 [続きを読む]
  • 鬼が「虎柄のパンツ」を履いているのは何故?
  • 節分に行なう行事といえば、「鬼は外〜、福は内〜」といいながら行なう「豆まき」ですが、この鬼は、角(つの)を生やしていて、虎柄のパンツを履いています。何故、「虎柄のパンツ」なのでしょうか?陰陽五行では、鬼が出入りする方角を「鬼門(きもん)」と呼び、この方角の邪気を払いました。そして、この鬼門の方角は東北で、十二支でいうと丑(うし)と寅(とら)にあたります。つまり、牛の角と虎柄はここから来ているのです。ちなみ [続きを読む]
  • エジソンは、モールス信号で女性にプロポーズした?
  • アメリカの発明王トーマス・エジソン(Thomas Alva Edison、1847年 - 1931年)。蓄音機や白熱電球、活動写真をはじめとして、後世に残る1300もの発明をした、偉大なる人物として知られています。さて、この発明王エジソン、女性に求婚する際、普通とはちょっと違ったプロポーズをしたのだといいます。エジソンは、最初の妻であるメアリーを病気で亡くしていますが、その半年後、38歳のエジソンは知り合いに女性を紹介して欲しいと頼 [続きを読む]
  • 電気を盗んでも罪にならない?
  • 電気が普及し始めた明治34年のこと。当時、いくつも創設された電灯会社のひとつが、ある契約者を窃盗罪(せっとうざい)で訴えました。この契約者は、1灯分の契約しかその電灯会社と結んでいないのに、何灯もの電灯を無断で使用していたのです。裁判所は、このような事件は初めてだと、頭を悩ませました。そして半年間にわたって審議(しんぎ)したあと、有罪の判決を下しました。が、被告はすぐさま控訴(こうそ)。その言い分は、「電 [続きを読む]
  • リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?
  • 陸上競技のリレーで、最後に走る選手のことを「アンカー」と呼びます。これは、何故なのでしょうか?実は、「アンカー」というのは、かつてオリンピックの正式種目だったこともある「綱引き」で使われていた用語です。綱引きでは、綱を相手にもっていかれないように踏ん張る役割の選手のことを、船の錨(いかり)に見立ててアンカーと呼びました。このアンカー役の人には、そのチームの中で最も体重が重い選手が選ばれ、唯一、ロープ [続きを読む]
  • 「サザエさん」のエンディングテーマは、2番だった?
  • 写真は、こちらからお借りしました。「♪大きな空を〜眺(なが)めたら〜 白い雲がとんでいた〜♪」休日の終わりを告げる、サザエさんのエンディングテーマですが、実は、これは1番ではなく2番だったのです!それでは、1番を使わなかったのは何故なのでしょうか?その理由は、1番の歌詞が、アニメの内容とマッチしなかったからです。1番の歌詞は、「♪2階の窓を開けたらね〜 朝の光がさしこんだ〜♪」で始まります。これは、おかし [続きを読む]
  • モスバーガーの「モス」の意味は?
  • ハンバーガーチェーン店のひとつ、「モスバーガー(MOS BURGER)」。株式会社モスフードサービス(MOS FOOD SERVICES,INC.)が展開する、日本発祥のハンバーガーチェーンで、同社の公式サイトによれば、2013年3月現在の店舗数は、日本国内で1431店、海外は311店となっています。株式会社モスフードサービス写真は、こちらからお借りしました。さて、この「モスバーガー」の「モス」というのは、一体どういう意味なのでしょうか?モスは [続きを読む]
  • 昆布は、何故海の中でだしが出ないのか?
  • ちょっと想像してみてください。もしも、海の中で昆布のだしが出るのであれば、海水浴に行くたびにおいしい思いができますね。でも残念ながら、海水はお吸い物ではありません。【>昆布のだしの主成分は、アミノ酸の一種のグルタミン酸。これが、昆布の「うまみの素(もと)」です。が、昆布にとっては、このグルタミン酸は、窒素の貯蔵やタンパク質の代謝(たいしゃ)に関わる、「命の素」でもあります。海の中にいる昆布は生きている [続きを読む]
  • 「ブルートゥース」は、そもそも何故「青い歯」なのか?
  • パソコンやスマートフォン、プリンターなどのさまざまな電化製品を、無線LANによって相互接続する「ブルートゥース(Bluetooth)」。この言葉を直訳すると「青い歯」となりますが、そもそも何故「青い歯」なのでしょうか?「ブルートゥース」という名称は、10世紀のデンマーク王で、ノルウェーとデンマークの異なる種族を無血統合(むけつとうごう)したハーラル1世(Haraldur hinn harfagri、850年頃 - 930年頃)に由来しています。右側 [続きを読む]
  • 感謝! 100万アクセス達成!
  • いつも「Super源さんの雑学事典」をご覧いただきありがとうございます。お蔭さまで、当ブログは本日午後6時頃、100万アクセスを達成しました♪振り返れば、ブログ開設から早や11年半!その間、いろいろなことがありました。開設後、最初の数ヶ月間は、1日のアクセス数が数人から数10人くらいだったこと。そこで、毎日毎日コメント巡りをして、ブログ友達を増やしていったこと。数時間かけてメモ帳に書いた新記事の下書きが、突然の [続きを読む]
  • ムショ志願を果たせなかった男?
  • 鹿児島県枕崎署に自首してきた男は、女性の下着を持っていました。聞けば、下着泥棒を働いたというのです。彼によれば、「盗んだ下着を身につけて女装の楽しみに耽(ふけ)っていましたが、やはり悪いことだと思い……」云々。さらに、警官が問いただすと、その下着は、「田んぼに立っていた女子(おなご)から身ぐるみはがした」とのこと。下着ドロボーのうえに、痴漢、追いはぎです。驚いたおまわりさんが、男を伴って現場に駆けつけ [続きを読む]
  • 「やじろべえ」の語源は?
  • 「やじろべえ」の語源は、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)に登場する、弥次さんこと弥次郎兵衛(やじろべえ)に由来しています。当時の旅姿で、道中荷物を振り分けにして肩に担いだものを、天秤棒(てんびんぼう)の両端にぶら下げた形にして、作られたおもちゃが元祖といわれています。やじろべえは、棒や指の先に乗せて、バランスをとりながら遊ぶもので、しばしばドングリと竹ヒゴな [続きを読む]