endo1958 さん プロフィール

  •  
endo1958さん: カウンセラーENDOの日々
ハンドル名endo1958 さん
ブログタイトルカウンセラーENDOの日々
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/endo1958/
サイト紹介文神戸・元町にあるカウンセリングルームENDOのカウンセラーの日々。
自由文「心の問題の中で核となるものは、人間的な交流や話し合いです」
今現在、迷っているあなたへ
新しい一歩を踏み出してみませんか
あなたの安心できる安全な場所で
あなたにとっての「なりたい自分」に近づけるように
私がコーチとなって二人三脚で寄り添います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/12/22 10:09

endo1958 さんのブログ記事

  • 研修講師に
  • 先日は、メンタルヘルス研修の講師を務めてきました。 テーマは、「ストレスチェック実施後の ストレス者の対応および結果の活用について」です。 時間のほうは90分、対象者は労働基準協会のメンバーです。 昨年から、本格的にストレスチェックを実施しているとのことなので、 実施に際して感じたことや、 受験率の向上や医師の面接指導の向上など、 なかなか厳しい内容が課題です。 それに集団分析が加わってきますので [続きを読む]
  • ストレス者の対応は
  • 最近は、研修でお話しする資料作成に時間を取られています。 ラインケア研修やセルフケア研修、 それにストレスチェック実施後の ストレス者の対応や、 結果の活用について等です。 できるだけコンパクトに伝わるようにと考えております。 特に高ストレス者の対応については、 医師の面接指導の申出が0.6%ということですので、 誠に困ったものっです。 まあ、面接指導の勧奨は当然ですが、 やはり受験者の意識改革や [続きを読む]
  • 今年のお盆は
  • 今年のお盆は父親が亡くなって、七年目を迎えることになります。   従ってお盆が終われば父親の七回忌が控えております。 時間の経過というものは、 本当に早いものですね。 母親に至っては、 30年前に他界しておりますので、 少々忘れることもありますが、 父親の七回忌を忘れては、 いささか怒ってくるかもしれませんね。 以上のことがないように、 仏壇の掃除やお墓の掃除など、 美しくすることで日 [続きを読む]
  • 相談すれば・・・
  • メンタル面でのサポート業務をしていると、 本当にいろいろ感じることがあります。 その人の今の現状や、 これまでの経過、 取り巻く環境、 今後の希望など、 理想を言えば、以上のことが適切に対応できていることが望ましい。 しかし、現実はというと、 ご本人が捉われていることから優先していく次第です。 まあ、個人差はあるにしても、 なかなか、がんじがらめになっていますからね。 それに追いつめられてきた要 [続きを読む]
  • リスク回避に!
  • 最近は非常にタイトな相談に出くわすことがあります。 やはり生きたくないと言われたら、 こちらとしても対応が難しくなってしまいますね。 とりあえず話を聴くことから始まりますが、 少し長い道のりになってしまいます。 自死に共通する特徴とは、  ・自殺に共通する目的は、問題を解決することである。  ・自殺に共通するゴールは、いっさいの意識活動を止めることである。  ・自殺に共通する動機は、耐えがたい精 [続きを読む]
  • はやめの対応に
  • 家族の中でも一つ歯車が、 かみ合わなくなると問題が大きく見えてしまう。 問題行動が出ることによって、 少し様子を見るにしても、 どのぐらいの期間を考えているのか、 なにが原因なのか、 いまさらながらわからないことが多くなる。 現状をどう受け止めていくのか、 どんなサポートがあるのか、 はたしてタイムリーに実施できるのかなど、 確実性がないために不安に陥ってしまう。 そんな中でも日常生活での役割は [続きを読む]
  • 追いつめられて
  • 様々な場面で追いつめられてしまうこともありますが、 これが長期にわたってしまうと、 少々厄介なことになってしまう。 特に予期不安が伴なえば困ったことになる。 タイトな場面からの脱却については、 身体的にムリをする。 ムリにムリを重ねて体が壊れる。 体が壊れれば、 思考力までもが壊れてしまう。 負のスパイラルというのは、 なかなか抜けにくい。 負のオーラというのは、 孤独感を引き立ててしまう。 そ [続きを読む]
  • シニアのサポート
  • 高齢化社会と言われて・・・ その現実に向き合う機会は、 やはり身近にあることを再確認する。 七年目前には父親を見送り、 その時の経験があるのも事実だが、 再度シニアに向かい合って感じることは、 やはりシニアサポートも難しい。 日ごろからメンタルサポートの仕事に携わってはいるものの、 また、違った視点からの発想が求められてくる。 加齢に伴う身体的なものから、 環境の変化による孤独感、 それにこれか [続きを読む]
  • 働き方も
  • 昨年ぐらいから「働き方改革」という言葉が、 国のほうからよく耳にするようになりました。 ある意味キーワードになっていますね。 長時間労働関する問題がクローズアップになったり、 職場環境の問題であったり、 ブラックな企業問題であったり、 ワークライフバランスという観点からも改革が求められていますね。 ほかにも介護と育児のダブルケアや、 治療と職業生活の両立支援など、 がん治療などの意識改革、 不治の [続きを読む]
  • 活動テーマに
  • 人事関連の研究会が2ヶ月に1度大阪であります。 新しい年度に当たり、年間活動テーマを決める時期です。 テーマとして、 「身につけた学びを後戻りさせないこと」 「学びを必ず実践すること」 人材育成の方策を探求し試行する。 現状と問題点を把握する。 問題点の立証と具体的な活動に落としこむ。 例としては、 第4次産業革命(AI・IOT)で仕事はこう変わる。 学びのフォローシステムづくり 即実践人材の即効 [続きを読む]
  • 十日戎に
  • 毎年えべっさんには参っていますが、 本日はのこり戎に行ってきました。 兵庫の柳原神社です。 ここは子供のころから参っています。 父親が洋服店を営んでいましたので、 毎年訪れていましたね。 昔はほんと盛況で、 いろんな趣向を凝らした舞台もありましたね。 時代を反映していたということでしょう。 現在では少々さびしい感じもします。 それでも風流な感じが好いですね。 私の仕事については、 まあ、仕事がメン [続きを読む]
  • 今年もよろしく!
  • 明けましておめでとうございます。      今年もよろしくお願い致します。 2017年の仕事始めです。 どんな年になるのか楽しみですね。 もちろん様々な計画はありますが、 達成できるように取り組んで行きます。 応援よろしくお願いします。        カウンセリングルームENDO (カウンセリング神戸)                神戸のカウンセリングルームです [続きを読む]
  • 仕事納めに
  • 昨日で今年の仕事納めになりました。 本当に一年が経つのが早いですね。 この仕事にキャリアチェンジして12年が経ちました。 まあ、ここまでやってこれたことに感慨深いものがあります。 個人のメンタルサポートから、 県立高校の教育相談や、 産保センターのメンタルヘルス対策促進員など、 活動の場も広がっています。 これも廻りの応援の賜物ですね。 誠に感謝・感謝です。 ひとりでは何もできませんからね。 たく [続きを読む]
  • 視線の先には
  • メンタル不調者と対峙していると、 どうしてもサポート側からの目線になりがちにもなる。 なかなか厄介なことではあるが、 相談業務というのは難しい。 その人の捉え方や置かれている環境など、 問題も進化していく。 個人が引き受ける問題なのか、 そうでない問題なのかなど、 確かに解りにくい事も多い。 個人の思考と柔軟性、 職場の風土と多様性など、 双方の関係性がポイントにもなる。 メンタルヘルス対策につい [続きを読む]
  • 両立支援に
  • 最近では、メンタルヘルス対策の促進から、 両立支援の促進ということもサポートしております。 どちらも産業保健総合支援センター関連の仕事になります。 なかなか現実を踏まえてのかかわり方ということです。 特に両立支援に於いては、 治療と職業生活との折り合いのつけ方が課題になってきます。 現在の五大疾患といえば、がん・心臓病・脳・糖尿病・精神疾患といわれています。 特に精神疾患の患者数などは本当に増加傾 [続きを読む]
  • セルフコントロールに
  • 先週末より、淡路島の健康道場に行ってきました。 日本で唯一の医師の指導による絶食の公的機関です。 期間は3泊4日の短期間コースです。 以前から興味のあったことなので、 具体的に体験できたことは、非常に有意義な時間でしたね。 内容としては4日間ということなので、 2日間のファースティング(絶食)と2日間の複食になります。 基本的に滞在期間を絶食と複食に二分割しているようです。 絶食は、1日 水分摂取 [続きを読む]
  • 取組み方もいろいろ
  • ひとつ取り組むべき課題があるのならば、 その課題達成に向けてのプロセスは様々です。 どういう風に取り組んで行くのか、 それは可能なことなのか、 時間的にはどうなのか、 現状の把握というか自己の分析も必要ですね。 結果、自身の思惑とのズレも認識するようになる。 どれだけ客観的に見れるかにもかかってきますが、 あとは個々の力量に影響されていく。 真摯に取り組む人、 掛け声ばかりで腰が上がらない人、 意 [続きを読む]
  • バランス感覚に
  • 日頃からメンタルヘルスに意識があれば、 予防的な対処ができることはありますが、 日常の生活の中では、 これがなかなか難しい・・・ ストレスの量及び質などの影響で、 身体的に症状が現れてくれば、 気が付くかも知れませんが、 予防的に見ればどうなんでしょうね。 このバランス感覚を如何に養っていくのかが問われきます。 意識をすれば行動に繋がるかもしれないが、 自己で感じることや他者からの評価など、 様々 [続きを読む]
  • 回復のプロセスに
  • メンタルヘルスサポート業務に携わって12年・・・ ほんと早いものですね! 現在ではメンタルヘルス対策の促進員、 高校の教育相談、 リワークサポート等、 まあ、私なりに取り組んでおります。 いろいろ見えてくるものもありますが、 特にリワークサポートでは、 メンタル不調者への回復へのプロセスというのは、 やはり難しく感じておりますね。 治療者側のシステムの問題からくる診察時間の短さや、 休息、服薬、精 [続きを読む]
  • レジリエンスに
  • ここ毎年、なにがしかのアクシデントに見舞われていますが、 これも何かの経験と感じながらもクリアーしております。 まあ、年齢的なものもあるかもしれませんが、 フィジカル面の修復には、 当然時間がかかってしまいます。 しかもトレーニングしていてこれですからね。 不運を嘆いているばかりでは、 好い方向には向かっていきません。 また、メンタル面でも感じることですが、 現状を如何に捉えることが出きるのか、 [続きを読む]
  • トレードオフに・・・
  • 昨年から継続している問題が、 先日やっと解決に至りました。 ほんと長い道のりでしたね。 いろんなことが絡んでいたので、 なかなか面倒なことでしたが、 これも一つの勉強かも知れませんね。 そういう意識がないと解決にも至りませんからね。 意識してから行動に移す。 それでこそシュミレーションもできるということです。 まあ、多少右往左往しましたが、 納得することにしました。 全てがうまくいくことはなく、 [続きを読む]
  • 少しずつでも
  • 熊本の地震も激甚災害に指定・・・ 自然災害の驚異にはどうすることもできません。 東日本大震災から五年経ち、 阪神淡路大震災から二十年が経ち、 記憶が消えることなく。 厳しい光景が目に写ります。 地震の不安から、 生活の不安、 そして将来の不安へと、 不安要因ばかりが想い浮かんでくることでしょう。 余震の継続や新たな断層へ不安、 なかなか終息に向かわない現実に 心の叫びが聞こえてきそうです。 厳しい [続きを読む]
  • にっこり笑って
  • 毎日のウォーキング・・・ リハビリを兼ねて継続しています。 この時期は気持ちが好いですね。 桜もちらほら咲いてきて、 春らしい景色が優しく感じますね。 また、4月からは新たなスタートをきる人も、 まわりではちらほらいます。 異動などもそうですが、 期待と不安とが錯綜してきます。 特にキャリアチェンジにてステージが変わると、 ドキドキ感が半端ではないでしょう。 とは言ってもできることしかできませんか [続きを読む]
  • 新年度からの
  • 只今、新しい年度に向けての準備中・・・ これも戦略を立ててしっかり準備しています。 とりあえず公的な機関での仕事は継続しています。 県立高校での教育相談、 労働者健康福祉機構 兵庫産保でのメンタルヘルス対策促進員など、 継続して職責を全うしたいと思っています。 しかし、継続するにしても 新しい展開を模索しながら、 自分の強みが出せるように 力はつけていかなければなりません。 日々勉強に勝るものはあ [続きを読む]
  • 研修会にて
  • 先日は、建災防の兵庫県支部にてメンタルヘルス研修会を実施してきました。 前職が建設業の私にとっては、 なかなか感慨深いものがありましたね。 3K(きつい・きたない・きけん)の仕事ともいわれていましたが、 なぜか自分には合っていたのかもしれませんね。 とりあえず一年と思いながら、 気が付けば約30年ほど勤めることになっていました。 仕事で成長していくと言われますが、 まさしくこの仕事で育ったと実感し [続きを読む]