blue-rose さん プロフィール

  •  
blue-roseさん: blue-roseのブログ
ハンドル名blue-rose さん
ブログタイトルblue-roseのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/pureblue-rose/
サイト紹介文この世の真理を解き明かす為の思考過程を記しています。(ウソです)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/12/24 10:22

blue-rose さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 浦安市の猫カフェに行ってきました。
  • 猫カフェに行ってきました。浦安市の「キャットラウンジ猫の館ME」です。何年も前に東西線の浦安駅に、この店の看板ができた時から知っていたのですが、行ってみるのは今回が初めてです。 「里親募集型」つまり(元捨て猫だった)保護猫の引き取り手を募るのが主目的の店なので、私のように猫を飼える状況にない者が行くのは憚られるような気がしていたので、今まで行かなかったのですが、運営が苦しいことを店のWebサイトで知って [続きを読む]
  • 民主主義の衰退と強権政治台頭の原因
  • 長く生きていると、世の中の仕組みがだんだんと分かってきて、物事の背後にどのような力が作用しているのか、いろいろと推測する癖がついてくるようです。重要なのは自由な視点と自由な思考です。右の視点から見たり、左の視点から見たり、中立の視点から見たりしているうちに、だんだんと立体像が見えてくるものです。以下は、そのような思考の産物ですが、当たっているか外れているか、本当のところは分かりません。 世界にお [続きを読む]
  • 猫の運命について
  • 下の写真はずっと昔、私の家にいた猫です。白黒フィルムで撮った写真なので退色することもなく、約30年経っているにもかかわらず鮮明に画像が残っています。最近、白黒写真の現像・引き伸ばしを再開したので印画紙に焼いてみました。この猫は私にとって特別な猫です。私が中学一年生の時に、家の近所の空き地に捨てられてニャーニャー泣いていたのを、私が拾ってきて家族を説得して家に置いてもらいました。初めて抱っこしたときの [続きを読む]
  • 「カメラ&レンズお試しサービス」開始
  • 昨日発表されたそうですが、新宿と名古屋と大阪のニコンプラザで2017年5月6日から「カメラ&レンズお試しサービス」が始まるそうです。新宿の場合、カメラボディはD810など4種類。レンズはAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED など13種類です。利用料は当日返却で千円だそうです。詳しくはニコンイメージングの新着情報をご覧ください。「ニコン」「新着情報」をキーワードにググるとヒットします。利用する場合、事前にニコンのサイ [続きを読む]
  • 最近聞いた中で一番面白かった落語
  • 最近はYouTubeに落語がたくさんアップされていて、私のような落語好きには有難いです。今までYouTubeで聞いた中で一番おもしろかった落語を貼ってみました。今は亡き桂米朝さんの「宿屋仇」です。 さすが人間国宝。落語の神様。語りの技が冴えてます。物語の世界にぐいぐい引き込まれる引力を感じます。おもしろすぎます(笑) [続きを読む]
  • ニコンミュージアムへ行ってきました。
  • ニコンミュージアムに行ってきました。一昨年の10月にオープンしたときに「そのうち行ってみよう」と思っていたのですが、なにかと忙しくて延ばし延ばしにしているうちに一年半も経ってしまいました。 場所は品川インターシティのC棟の二階。入口はこんな感じです。 中はこんな感じ。写真では分かりにくいのですが案外広々としています。 これらの常設展の他に、創立100周年記念企画展として「植村直己展」をやっていて、極地探 [続きを読む]
  • 猫は一般に思われているより賢いのかもしれない。
  • 私は今までに通算6匹の猫と暮らしたことがあります。一時的に預かった猫や、生まれて1〜2ヶ月ほどで貰われていった子猫も含めると10匹以上になります。みんなそれぞれ個性的でしたが、その中でも真っ白な毛のペルシャ猫はとても賢い猫でした。ふわふわフサフサの長い毛並みのせいで暑いのか、夏になるとよく風通しの良い所を見付けてゴロ寝していました。一番のお気に入りの場所は部屋と廊下を仕切るドアの敷居で、風通しをよ [続きを読む]
  • 年末といえば「くるみ割り人形」
  • 日本ではベートーヴェンの「交響曲第9番」が年末の定番ですが、欧米ではチャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」が定番らしいですね。YouTubeで「くるみ割り人形」の「花のワルツ」を見つけたので貼ってみました。振り付けも踊りも、なかなか良いと思います。それにしても幼い頃からバレエを習わせてもらえた人は幸運ですね。プロアマ男女問わず、バレエが踊れる人には憧れます。 [続きを読む]
  • 隅田川を走る宇宙船に乗ってみたい。
  • 写真は隅田川を走る東京都観光汽船の水上バス「ヒミコ」です。隅田川に掛かる橋を通っているときに時々見かけることがあるのですが、見かける度に見入ってしまいます。 まるで宇宙船のような未来型の姿と周りの風景との違和感が面白いです。漫画家の松本零士氏によるデザインだそうですが、ぜひ宇宙戦艦ヤマトやキャプテン・ハーロックのアルカディア号も作ってほしいです。 東京都観光汽船のウェブサイトによると「ヒミコは、2 [続きを読む]
  • 謎の線路
  • 前回に続いて、気になっていた物の写真をUPしてみます。下の写真は東京都、江東区の某所です。中央の木が茂っている場所は、一見公園のようにも見えますが、全体が金網で囲われています。 金網越しに中を覗いてみると、なんと!鉄道のレールが・・・ こちらはカメラを頭上に上げて、金網の上から撮った写真です。 長い間使われていないらしく錆びついていますが、確かに鉄道のレールです。長さは10メートル程度と思われま [続きを読む]
  • 謎の象の像
  • 下の写真は東京都、江東区の某所です。道路脇に異国風の石像が置かれています。この道を通るたびに気になっていたのですが、天気が良かったので写真に撮ってみました。 画像検索などで、いろいろ調べてみるとバリ島の石像に一番よく似ています。いずれもヒンドゥー教の神様で、左からラークシャサ(ラクササ)、ガネーシャ、サラスヴァティー、のようです。ラークシャサは仏教の羅刹天(らせつてん)、サラスヴァティーは弁才 [続きを読む]
  • インディアン迫害の悲劇は、藤原清衡のせいです。
  • 中世ヴェネツィアの商人マルコ・ポーロは、中国で聞いた話として、中国の東の海にジパングという島国が有り、家も宮殿も黄金で作られていると「東方見聞録」に記したそうですが、考えてみれば、何故そんなデタラメな話が当時の中国で語られていたのでしょうか?疑問に思ってネットで調べてみると当時、平安京に次ぐ日本第二の都市として栄えた奥州平泉の中尊寺金色堂が、黄金の国ジパング伝説のモデルになっているのだそうです。つ [続きを読む]
  • 多数派が狂ってしまったらどうするか?
  • 前々から不思議に思っていたのですが、ナチス党が台頭し始めたときのドイツや、軍国主義へと傾斜していった当時の日本にも、まともな思考ができる人がいたはずなにの、何か有効な対策が立てられなかったものだろうか?しかし、実際に体験してみると、多数派が狂ってしまったときは一人では何もできないものですな(汗) [続きを読む]
  • 「平和ボケ」という言葉について
  • 世の中には「平和ボケ」という言葉を使って、戦争に反対する人を批判する人がいます。しかし、そんな人に共通する傾向として、実際の戦争の過酷さ悲惨さを忘れて、戦争というものを軽く考えているようなフシがあるように見受けられます。おそらく平和な世の中で生活しながら、軍隊や兵器のかっこ良さに魅了されているのでしょう。はっきり言って「平和ボケ」という言葉を多用する人の方がよほど「平和ボケ」です。実際に戦争の過酷 [続きを読む]
  • 過去の記事 …