miroku さん プロフィール

  •  
mirokuさん: ああ・・Myu’s Style とにかく本が好き!
ハンドル名miroku さん
ブログタイトルああ・・Myu’s Style とにかく本が好き!
ブログURLhttp://ameblo.jp/miroku678/
サイト紹介文  新作・旧作、話題作・マイナー作品、とにかく読んで面白かったものについて書いています。
自由文 好きな物語たちへのラブレターです。
面白いと思ったものだけを書いています。
 私の好きな本たちの話。
出来ればあの「アラビアンナイト」のように、
千の物語について書こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/12/25 14:23

miroku さんのブログ記事

  • カメリ//北野勇作
  • カメリ (河出文庫) Amazon  「カメリ」  北野勇作、著     2016年                 ※内容(「BOOK」データベースより)楽しいって、なんだろう?世界からヒトが消えた世界のカフェで、模造亀のカメリは思う。朝と夕方、仕事の行き帰りにカフェを訪れる客、ヒトデナシたちに喜んでほしいから、今日もカメリは石頭のマスターとヌートリアンのアンと共にカフェで働き、 [続きを読む]
  • ぼぎわんが、来る//澤村 伊智
  • ぼぎわんが、来る Amazon  「ぼぎわんが、来る」  澤村 伊智、著       2015年                   ※内容(「BOOK」データベースより)幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周 [続きを読む]
  • 霊感検定//織守きょうや
  • 霊感検定 (講談社文庫) Amazon  「霊感検定」  織守きょうや、著       2016年                  ※内容(「BOOK」データベースより)転校生の修司は、風変わりな司書・馬渡に、奇妙な試験「霊感検定」を無理やり受けさせられる。結果は三級。バイト代につられた彼は、霊と対話できる準一級の霊感の持ち主であるクラスメイト・空たちとともに、馬渡の心霊調査を手 [続きを読む]
  • 銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件//A・カウフマン
  • 銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件 Amazon  「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」  アンドリュー・カウフマン、著  2013年                  ※内容(「BOOK」データベースより)ある日、カナダの銀行に紫色の帽子をかぶった強盗がやってきた。彼はその場にいた十三人から“もっとも思い入れのあるもの”を奪い、去り際にこんな台詞を残した。「私は、あ [続きを読む]
  • 導きの星〈1〉目覚めの大地//小川一水
  • 導きの星〈1〉目覚めの大地 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ) Amazon  「導きの星〈1〉目覚めの大地」  小川一水、著      2002年                  ※内容(「BOOK」データベースより)銀河に進出して数多くの異星人と邂逅した地球は、文明の遅れた彼らを宇宙航行種族にすべく“外文明支援省”を設立。“外文明観察官”を派遣して、秘密裏に援助を開始した。だ [続きを読む]
  • 降伏の儀式・下//R・ニーヴン&J・パーネル
  • 降伏の儀式〈下〉 (創元推理文庫) Amazon  「降伏の儀式・下」  ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル、著  1988年                  ※内容(「BOOK」データベースより)異星人たちは地球各所に進攻し、形勢をかためつつあった。さらに、地球に最大級の打撃を与えんと、軌道上より落下させられる大隕石…。だが、全面降伏を勧告されながらも、人類は総力をあげて迎撃 [続きを読む]
  • 降伏の儀式・上//R・ニーヴン&J・パーネル
  • 降伏の儀式〈上〉 (創元推理文庫) Amazon  「降伏の儀式・上」  ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル、著  1988年                  ※内容(「BOOK」データベースより)1990年代、とある天文台が観測した謎の光点。それは地球に向けて接近する、一隻の巨大宇宙船だった。かくして人類は、初の地球外生命到来の瞬間を待ち構えるが…奇妙にも、異星船は地球からのメッ [続きを読む]
  • 僕僕先生 零//仁木 英之
  • 僕僕先生 零 (新潮文庫nex) Amazon  「僕僕先生 零」  仁木 英之、著。  2015年                   ※内容(「BOOK」データベースより)天地が今よりもずっと熱く、神々がその主人だった頃のお話。成熟を迎えた神仙たちの社会に、突如異変が襲った。水を司る神・拠比は、相棒の料理仙人・僕僕とともに異変を解消すべく、創造主・老君が天地開闢に用いた宝具「一」を探 [続きを読む]
  • 4月のまとめ
  • 4月の読書メーター読んだ本の数:12読んだページ数:3837ナイス数:350ナイフ投げ師の感想詩的な、あまりにも詩的な小品群。読了日:04月27日 著者:スティーブン ミルハウザー風の邦、星の渚 上―レーズスフェント興亡記 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)の感想ファンタジーではなくSF。ここに小川さんのこだわりが。にしても・・・面白い♪読了日:04月25日 著者:小川 一水砂星からの訪問者 (朝日文庫)の感想ダーウィン機関シリー [続きを読む]
  • ナイフ投げ師//S・ミルハウザー
  • ナイフ投げ師 Amazon  「ナイフ投げ師」  スティーブン・ミルハウザー、著。  2012年                   ※ 内容紹介魔法のような12篇「ミルハウザーを好きになることは、吸血鬼に嚙まれることに似ていて、一旦その魔法に感染してしまったら、健康を取り戻すことは不可能に近い」(訳者あとがきより)漆黒の蠱惑的な舞台で驚異の技を揮う「ナイフ投げ師」、風変わりな [続きを読む]
  • 砂星からの訪問者//小川一水
  • 砂星からの訪問者 (朝日文庫) Amazon  「砂星からの訪問者」  小川一水、著    2015年                   ※内容(「BOOK」データベースより)戦場カメラマンの石塚旅人が乗り組んだ宇宙調査艦が突如、エイリアンと交戦状態になり、旅人は捕虜になってしまう。実はエイリアンの艦隊も、調査艦隊だったのだ。情報力と戦闘力が直結する戦いが幕を開ける!現代SFの旗手 [続きを読む]
  • 地下鉄のザジ//レーモン・クノー
  • 地下鉄のザジ (中公文庫) Amazon  「地下鉄のザジ」  レーモン・クノー、著   1989年版                    ※ 内容(「BOOK」データベースより)ロラン・バルトに「攻撃的なクノーの作品は、『文学』のおそるべき『成虫』を包み込んでいる」と言わしめた『地下鉄のザジ』。オカマバーで踊り子をしている大男ガブリエル伯父さんに、時にはお巡り、時には名探偵に姿を [続きを読む]
  • 神様の御用人//浅葉なつ
  • 神様の御用人 Amazon  「神様の御用人」  浅葉なつ、著   2013年                    ※ 神様たちの御用を聞いて回る人間──“御用人”。ある日突然、フリーターの良彦は、狐神からその役目を命じられた。膝を壊して野球の道を諦め、おまけに就職先まで失った良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり……!? 特殊能力もない、不思議な道 [続きを読む]
  • 0能者ミナト9//葉山透
  • 0能者ミナト<9> Amazon  「0能者ミナト 9」  葉山透、著    2015年                    ※怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。 身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。 防衛省幹 [続きを読む]
  • 火星の人//アンディ・ウィアー
  • 火星の人 Amazon  「火星の人」  アンディ・ウィアー、著   2014年                   ※内容(「BOOK」データベースより)有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を [続きを読む]
  • クマですが、イヌです//D・フォックス&C・フォックス
  • クマですが、イヌです Amazon  「クマですが、イヌです」  ダイアン・フォックス&クリスチャン・フォックス、著  2016年                   ※内容(「BOOK」データベースより)じぶんだけのイヌがほしいルーシー。そこにあらわれたのは…クマ?イヌ?                  ※  つい出来心で読んでしまった……。クマがイヌだと偽って少女に飼ってもら [続きを読む]
  • 復活の地Ⅲ//小川一水
  • 復活の地3 Amazon  「復活の地」  小川一水、著  2004年                   ※内容(「BOOK」データベースより)皇権排除を画策するサイテン首相は、スミルらを襲った大規模余震を機に国家権力を掌握、星外進出を見据えた軍備増強を推進していく。いっぽうセイオのもとには、100日後の第二次震災発生という衝撃の情報がもたらされる。復興院総裁という権力を失った彼 [続きを読む]
  • 少女は書架の海で眠る //支倉凍砂
  • 少女は書架の海で眠る (電撃文庫) Amazon  『少女は書架の海で眠る 』  支倉凍砂、著 2015年                           ※内容(「BOOK」データベースより)書籍商を目指す少年フィルは、自身の所属するジーデル商会の命令で、仲間のジャドと異端審問官アブレアと共にグランドン修道院を訪れていた。修道院の書架に収められた貴重な蔵書を買い付ける。書 [続きを読む]
  • 3月のまとめ
  • 3月の読書メーター読んだ本の数:13読んだページ数:4694ナイス数:316ヤマンタカ 大菩薩峠血風録の感想得意の格闘小説。ぶ厚いのに一気読み。読了日:03月31日 著者:夢枕 獏インフェルノ SF地獄篇 (創元推理文庫 654-3)の感想SF? 読了日:03月29日 著者:ラリー・ニーヴン,ジェリー・パーネル遙か凍土のカナン7 旅の終わり (星海社FICTIONS)の感想偽史とは言え迫力あり。文句なし。良い作品でした。読了日:03月26日 著者:芝 [続きを読む]
  • ヤマンタカ・大菩薩峠血風録//夢枕獏
  • ヤマンタカ 大菩薩峠血風録 Amazon  「ヤマンタカ・大菩薩峠血風録」  夢枕獏、著   2016年                     ※内容(「BOOK」データベースより)四年に一度開かれる御岳の社での奉納試合。「音無しの構え」で知られる剣客・机竜之助や甲源一刀流の師範・宇津木文之丞ら、実力者たちが御岳山に集う。土方歳三はこれに出場するため天然理心流に入門し、自分の強 [続きを読む]
  • インフェルノ━SF地獄篇//L・ニーヴン&J・パーネル
  • インフェルノ SF地獄篇 (創元推理文庫 654-3) Amazon  「インフェルノ━SF地獄篇」  L・ニーヴン&J・パーネル、著  1978年版  L・ニーヴンは『リング・ワールド』等の著作で有名な作家。J・パーネルの方はミリタリーSFで有名な作家(らしい)。この二人のコンビで『降伏の儀式』等の共著もいくつかある。ちなみに『降伏の儀式』は戦争に負けた地球人側が、儀式として象のような [続きを読む]