eo さん プロフィール

  •  
eoさん: レビューな評価と感想
ハンドル名eo さん
ブログタイトルレビューな評価と感想
ブログURLhttp://since0809.blog90.fc2.com/
サイト紹介文 ゲームのレビューな評価と感想を主に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/12/28 11:00

eo さんのブログ記事

  • サッカーって不潔だよな
  •  最近セビージャに興味がでてWOWOWでリーガを見ている。昔からバルセロナやレアルには興味がない。強いチームよりも資金力に余裕がないチーム同士の切磋琢磨しながら戦う具合が見ていて面白い。エイバルとアラベスなどの試合はたまらない。 試合を映すカメラも進化している。ゴールのなかにボールがはいったのかしっかりと判定できるカメラやオフサイドラインに近づいて判断するカメラなどの映像がはいると複雑な心境に答えがだ [続きを読む]
  • ゾンビ映画とは何か
  •  古くからの映画好きや考える癖がある人ならば当たり前な内容となるのかもしれない。子供の頃からゾンビ映画を見ている。最近では逃げられる結末も多くなっている。古くからあるゾンビ映画の結末といえば、誰も救われない結末となる。自分が子供の時代にゾンビ映画を見ているときには、なぜ誰も救われない結末にするのだろうとは思わない。誰も救われない結末を見て面白かったと自分のなかでも映画が終わる。なぜ誰も救われないの [続きを読む]
  • マスエフェクトのアンドロメダの人間のエンジニアはお勧め
  •  海外の人か海外の人という設定の日本人なのかは分からない。銃に属性アイテムを使える。たとえばCRYOなら敵が凍る。FIREなら敵が燃える。アイテムをケチって一杯ある属性アイテムを装備していたら現在の構成ならお前の属性アイテムは使わないと指摘されて確かにと浮かぶ。アイテムをケチるためにコモンの等級のエンジニアを育てている。途中で気づく。タレットで敵の動きを制限できる。凍らせて敵を分断できる。凍った敵に技を使 [続きを読む]
  • マスエフェクトのアンドロメダのマルチプレイの歩み方
  •  まずウルトラを捨てる。遊びたいキャラクターがあるのならばとめはしない。ウルトラをいきなり念頭にすると時間がいくらあってもたりない。俺は言ったぞ。俺のようにアサリのウルトラを目指そうとしてはいけない。ちなみにコモンの等級のキャラクターのなかにも強いキャラクターはいる。ここでは無視する。 まずブロンズなどのレベルが低いゲームをクリアする。二万で買えるアイテムパックの中からアンコモンのキャラクターをだ [続きを読む]
  • マスエフェクトのアンドロメダのアサリのコンボを強化して
  •  マスエフェクトのアンドロメダのオンラインも飽きたなとアサリという種族しか選ぶつもりがない俺は感じている。ゲーム内通貨の五万円で引けるキャラクターが当たるのかもしれないアイテムの詰め合わせでウルトラの最上級のアンガラという種族のエクゼンプラーをひく。最後に遊ぼうと思って選んだらテックの種類のスキルを連発できる。アサリという種族のレア以下のキャラクターでは、コンボを連続させようとスキルの配置を選んで [続きを読む]
  • MassEffect Andromedaの評価(PS4)
  •  MassEffect Andromedaのレビューと感想は、MassEffect Andromedaの感想・注意・概要・システム・長所・短所・備考・提案の順番になっています。それぞれを押せば対応する項目へ進めますよ。 今回も物語をいただきました。MassEffect Andromedaの感想 物語が長所となります。日本語版がでないと聞いて嫌悪していました。遊んでみると印象が変わります。英語版といってもスキルの説明として動画が用意されています。スキルを説明 [続きを読む]
  • MASS EFFECT ANDROMEDAの感想
  • ※したに追記をしました(追記にいく) 北米版を買って日本のアカウントで遊んでいる。日本語版をださないなんてと思って悪意がある感想を連続して書いていた。ゲームの内容が非難されていてやったねと浮かんでいた。遊んでみると印象が変わる。スキルの紹介動画や簡単な英文での個別のスキルの説明などを見ると英語を使わなくても遊べるように工夫をしている。絵を使って理解しやすい仕組みにしている努力にたいしてごめんなさいと [続きを読む]
  • 最近のゲームの有料コンテンツについて(被せ記事)
  •  初回限定版にもいいたい。初回限定版なのにキャラクターの衣装にしか変化がない内容しか付いてはいない状況を見ると企画力を心配してしまう。PS4と携帯ゲーム機の2つで同時に発売されるとなればなおさら良い気分はしない。ゲームを発売するのと同時に発売を予定しているダウンロードコンテンツの内容を紹介するほうが強みになる。 最近おもうの。以前のゲームの内容と比べると今のゲームのほうが断然に素晴らしい内容となっ [続きを読む]
  • レベル10でダークソウル3のDLCのフリーデを倒す
  •  レベル15の重厚なフランベルジュ+3では何も問題はなく倒せる。レベル10の重厚なフランベルジュ+2ではゲールがかなり弱い。2段階目の途中でゲールはやられる。レベルなのか強化レベルなのかは分からない。レベル10の強化+2ではゲールに頼らない倒し方が必要になる。言いながらも2段階目をスムーズに終わらせられるのかどうかは運となる。 フリーデに何度もやられた経験からフリーデとの戦いは協力で参加をしてゲーム性を下げて記 [続きを読む]
  • ダークソウル3のDLCのゲールとドラゴンをやっと倒したので攻略
  •  何度もでている登場人物がまた出るのかよと思いながら遊んだけど最後のムービーがなかなか利己的で良い。大抵の人は全人類を詐欺師の尺度で語るんじゃないよと浮かぶのだろう。恨まれて終わる最後があってもいい。登場人物に恨まれてゲームが終わる雰囲気がとても素敵となる。 それにしても2つ目のDLCのボスは強くて攻撃を避けるしかない。軽い装備を選んだら素肌が見える原始人のような服装になる。こんな服装でドラゴンと [続きを読む]
  • ダークソウル3の最初のDLCのフリーデをやっと倒したので攻略
  •  ヨームとの戦いは簡単だけど物語の背景が分かるとなんともいえないボスとなる。欲しい指輪のために低いレベルで城に行こうとすると踊り子が強い。何度もやられる。飽きずに挑戦してしまう。DLC(サイトへ)の連戦するボスが強いから面白いと言いたいところだけど、本気を出さずに戦って仲間がやられている現実が理解できない。はじめから本気を出せよといいたい。連戦するボスよりも物語との関連性があるボスのほうが思い出にの [続きを読む]
  • Outlast2の隠れている雰囲気が良い
  •  Outlast2(サイトへ)というホラーゲームが発売されている。ここまで既存のホラーゲームがある中では頑張っている作品となる。主人公はカメラを持っている。カメラの暗視機能やマイクロフォン機能を使って敵との駆け引きで生き残る。敵から隠れて音をひろっている状況が気持ち悪くてたまらない。サイレン2を思い出す。 暗闇を確認するためにカメラを使いながら走ると画面が揺れる。揺れている画面が心情を表している。興味があ [続きを読む]
  • どうせ怒るのならばニュースの切り口に怒ろうぜ兄弟
  •  いらいらといている勢いでまとめる。気分を害したら申し訳ない。 以前からニュースなのかワイドショウなのか分からない内容の情報を伝える現実が多すぎる。情報の伝達速度が速い現代では何でもかんでもネタを伝えなければいけないとはいえ、そこら辺の野郎同士が殴りあったり小さな詐欺などだったりどうでもいい内容を伝えないでほしい。個人が反省をすればいい。そんなことを伝えないければいけない現実のほうがよっぽど怖い。 [続きを読む]
  • 改めて繰り返すダークソウル3の感想
  •  やっと二度手間を防止する攻略本の完成の目途がたったので去年の10月にダークソウル3を買い戻して以来に遊ぶ。ダークソウル3を久しぶりに遊んだ第一の感想はそうそうこれこれ冒険だよとなる。ダークソウル3を初めて遊んだ感想とまったく同じ感想が浮かぶ。以前よりもキャラクターの動作がやりやすい。返り血も濃くなっている気がする。自分が選んだ装備を着たキャラクターを巨人と戦った後に見ると汚れている。とても汚れぐら [続きを読む]
  • Destiny2の発売が2017年に予定されている
  •  協力と対戦が好きな人たちは喜んでほしい。どうやらDestiny2の発売が2017/9/8に予定されている。お試し版(サイトへ)もあるらしい。 説明もないダンジョンを進んでいくレイドの勉強をしなければ達成できないゲームを買おうかどうか迷う。Destinyを初めて遊んだときの感想を今でも覚えている。綺麗な複数の特徴のある星で知らない誰かが隣で戦っている雰囲気は大好きだけど、レイドのクリアのやり方などの流れを説明してほしい。 [続きを読む]
  • ゲームの楽しみ方と亡者
  •  分かっているようで分かってはいない現実に気づく。いつも遅く気づく。star wars battle frontで武器の情報を探すと遊ぶ意味がなくなっていく。ダークソウル2で攻略サイトを見たあとに遊ぶとまったく面白くはないと前回も理解したはずなのにダークソウル3のDLCを遊ぼうと二度手間を回避するために攻略本を自分でまとめているとまた同じ失敗をする。ほとんど全てを理解して遊んだら面白くはないと浮かぶ。 現実に仕事をする [続きを読む]
  • テレビの小金稼ぎに協力を本当にしているのか
  •  街に歩いている人に何かを尋ねる映像をテレビのなかで頻繁に見る。選挙所の出口で待っている情報を集める人や警察官の新人教育としての職務質問にもいえる。会社として存在をしているのだから金をだして循環をさせてほしい。作っている部署がちがうとはいえ、テレビ会社は被疑者の段階で社会的に抹殺するような小さなネタまで放送する会社となる。それでもテレビ会社の小金稼ぎに協力をするのかと問いたい。 テレビ業界には多く [続きを読む]
  • Star Warsバトルフロントの評価(PS4)の修正記事
  •  Star Warsバトルフロントの感想の下に以下の内容を追加します。※実際にそれなりにやられる現実を楽しんでいるから問題はないといえばないのですが、Star Warsバトルフロントは敵と戦う練習やゲームの内容を勉強しないとマルチプレイヤーでは10人倒せないのかもしれません。プレイヤー側に技量がないとまったく勝てません。マルチプレイヤーを遊ぶつもりなら一定の努力をする時間が必要になります。 [続きを読む]
  • Star Warsバトルフロントの評価(PS4)
  •  Star Warsバトルフロントのレビューと感想は、Star Warsバトルフロントの感想・注意・概要・システム・長所・短所・備考・提案の順番になっています。それぞれを押せば対応する項目へ進めますよ。 今回も物語をいただきました。Star Warsバトルフロントの感想 日本人って対人ゲームが強すぎるんだよ。いいから俺に勝たせなさいよ。どんどんやられなさいよ。すいません。興奮してしまいました。 攻めと守りに分かれて戦います [続きを読む]
  • 映画 アイアムアヒーローの感想
  •  アイアムアヒーローとドーンオブザデッドがWOWWOWで放送される。アイアムアヒーローは大泉洋が主演となる。海外としてのゾンビの流れとはいえ、日本でどこまでできるのかと思いながら宣伝を見ると頑張っている内容で気になる。日本でつくったゾンビ映画としての切り口で判断をすればとても満足ができる内容となる。女子高生をもっと活躍させてあげなさいよと浮かんだり富士山の伏線を回収しなさいよと浮かんだりする。そんな疑問 [続きを読む]