サイタロウ さん プロフィール

  •  
サイタロウさん: サイタロウの自転車日記
ハンドル名サイタロウ さん
ブログタイトルサイタロウの自転車日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/amekazeyukiarare/
サイト紹介文日々のあれこれ、自転車中心に、思うまま綴ってゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/12/29 21:00

サイタロウ さんのブログ記事

  • 流石カンパというお話
  • 競輪で使用できる後ハブはオーバーロックナット寸法が120mmのものと110mmのものがありますが、現行シマノラージ含め過去のほとんどのメーカーのハブが120mmと110mmで兼用本体でした。かつてカンパも競輪で使用できる認可部品を作っていました。カンパだけは120mmと110mmでそれぞれ専用のハブ本体でした。カンパ以外の110mmハブはシマノ、サンツアー、サンシン、スズエどれもシャフトアッシーの交換で120mmにも組み換えできる兼用本 [続きを読む]
  • メッキのターマック
  • 非常に美しいフレームのターマックの整備をさせていただきました。下地が総メッキのようです。きれいだ。光っています。きれいだ。UCIのシール。ピラーも限定品か?立てパイプにFメカが映っています。貴重、希少な限定カラーフレームだそうです。 [続きを読む]
  • シューズに穴あけ その3
  • ボントBontのBlitzは他の大方のボントとは異なるクリート取り付けナットで、3個のネジ穴がつながった1個のパーツになっています。 必要とあればこのナットパーツの浅い位置への移植もトライサイクルでは致します。底布は開かずにパーツをずらします。 [続きを読む]
  • Odds VS! 010 女も燃える
  • 競輪漫画Odds VS! (オッズバーサス)の010巻発売中です。競輪熱いぜ。「女も燃える」の帯を外すとフトモモがあらわに。http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-84936-3.html?c=20197&o=date&↑↑↑帯の付いていない双葉社のページへのリンク。 帯付きの画像を追加しました↓↓↓。 [続きを読む]
  • ロゴを揃える
  • 組み付け、組立のとき各部品のロゴなりマークなりを揃えるとカッコいいと思います。カンパのアウターのロゴもなるべく揃えるようにしたいのですが左レバー後ブレーキでトップチューブフルアウターの場合はロゴが逆向きになってしまいます。 [続きを読む]
  • 126mmのフレームに130mmのホイール
  • ホークエンドは左右で平行である必要があります。エンドが平行でないとハブをしっかり取り付けたとき、エンドがシャフトを曲げようとする力が働いてしまい、場合によっては比較的短期間でシャフトが変形してしまうことがあり得ます。 ここからはハブのみの視点での話です。 エンド幅126mmのフレームにオーバーロックナット寸法130mmのホイールを入れるとどうなるでしょう。126mm幅で平行なエンドなら130mmに広げ [続きを読む]
  • 銀輪
  • 自転車を表す言葉に「銀輪」があるのですがあまり聞かなくなりました。かつて私はアルマイトのかかっていないハブとリムをピカピカに磨いてレースに臨んだものでしたが、最近は黒い車輪が多いですね、特にロードレーサー。 松戸トライサイクルではシルバーのハブ各種取り扱いございます。画像はエネシクロのラージ。タンゲのラージ、スズエのラージ、スモールならトラディジオーネのクラシックやゼロハブ、ミケのレーシングBO [続きを読む]
  • 異音の原因がチェーン?
  • 自転車の異音は発生源の特定が難しいことがある。まさかと思われるかもしれないがチェーンの油切れが原因であることに気付けないことが意外にもある。 気付けない、見落としてしまうありがちなパターン。1、新車を組んだ時、開封したばかりの新品チェーンなのでチェーンが原因のはずはないだろうという思い込み。S社の11Sチェーンに原因となるチェーンが多かったが型番が変更になって改善されたようだ。2、スプレーオイ [続きを読む]
  • ハブがムシクイ?
  • ホイールが持ち込まれ「ハブがムシクイになっている」のでハブ交換してほしいという依頼。私がシャフトを回してみると回転の状態は悪くない。むしろ普通より滑らかだ。そう話したのだがとにかく回転部分を分解して確認してほしいという。ということで分解したハブワンの画像。左右全周見てもワンの切削加工痕より大きなくぼみはほとんどない。ハブ交換の必要はないとお話しして、ボールのみ高精度鋼球への交換をお勧め。それとワン [続きを読む]
  • シマノRDテンションピボットの摩耗
  • シマノのリアメカのテンションピボットの固定方法は上位機種では回転軸方向へのねじ止めです。上位機種以外では抜け止めピンが溝に引っかかる方式です。溝とピンは摩擦で摩滅しガタが出ます。問題なのは偏って摩滅することです。リアメカ単体でガタチェックしても常用位置までケージを動かさないとガタを見逃してしまいます。もしかするとフロントアウターとインナーでリア変速の調子が違う原因にもなるかもしれません。   適当 [続きを読む]
  • 自転車に使われる逆ネジ、左ネジ、さらに追加
  • 自転車の逆ネジがもう1か所ありました。ただここワイヤーアジャスターの一部はあまり意識する必要がないというか意識しないほうが好都合な逆ネジです。9月30日のブログ混乱しがちな逆ネジ左ネジにさらに1か所追加しました。 左ペダル、クランク取り付けねじ。多くのBB右ワン。フリーホイールのフタ。固定ギアロックリング。シマノなど右ペダルの軸ユニット。一部のペダルの左軸の左端。マビックキシリウムなどのニップル。 [続きを読む]
  • 高強度ネジロック
  • 画像は高強度ネジロックによってねじ切れるまで力をかけても外れなかったスポークとニップル。使用したネジロックはロックタイト271。塗布後数分では固定はされなかった。温度で完全強度までの時間は変わるかもしれない。以前DTのスポークフリーズでも同様の固定力が得られることがあった。現在のスポークフリーズは固定力が以前より低くなっているかもしれない。ロックタイト271の塗布で直径10mmのネジも小さな工具では [続きを読む]
  • 自転車のネジ全般の注意
  • 軽快車の整備をしていると画像のようにウッズバルブのロックナットが曲がってねじ込まれていることが珍しくないです。本来手で回るものがスパナでなければ回りません。タイヤ交換時などに曲げてねじ込んだものもあるかもしれませんが、出荷前組み立て工場で電動またはエア工具で雑にねじ込まれた可能性もあると思います。 このバルブのネジのように自転車のネジは太さの割には山が細かいものが多いです。ネジ式BB、カセットギ [続きを読む]
  • アンカー
  • コラムカットの際はアンカーとキャップの形状も考慮する必要がある。画像の場合はアンカーのコラムの上に出る部分とキャップのスペーサーに入り込む部分があわせて約3.6mmあります。 [続きを読む]
  • CS99-RE00823
  • カンパの8Sカセットのことです。カセット交換で自転車と交換用カセットが持ち込まれました。ハブはカンパのトップグレードらしいもの。フリーボディーはアルミで全長は現行の9S10S11Sのものより短いので8S用。8本の深い溝がありそのうちの2本が狭い溝。チタンのカセットがきっちり納まっている。ロックリングは現行カンパより少し細い26mmのネジ。交換用に持ち込まれたカセットはCS99-RE00823。鉄の8枚のカセット [続きを読む]
  • カラーインナーエンドキャップ
  • ワイヤーのインナーエンドキャップにカラーのものがあります。色が選べることに意外に喜んでいただけることがありトライサイクルでは準備しています。今までなかったオレンジが加わり9色になりました。このサイズをシマノはシフト用としていますが他のワイヤーメーカーではブレーキ用とされています。シフトブレーキどちらにも使えるということです。 [続きを読む]
  • 競輪グランプリ2016
  • 今日は競輪グランプリ。なかなか順当に決着しないのがグランプリなので、手広く買ってみた。ライン関係なく、長い立川の直線を伸びてきそうな気のする選手を絡めてみた。 ところで一昨日のガールズグランプリ。迷いなく逃げた奥井さんは素晴らしい。次回のガールズグランプリを逃げ切りでもぎ取ってほしい。 [続きを読む]
  • パットバイクの新型試作ホーク
  • パットバイクの新型試作ホークの試乗をさせていただいています。ハンドルステムの離脱方式が変わっています。ヘッドまわりの剛性が上がったことは私にでも感じ取れるほどの向上です。 今日はパットバイクでサイクルプロショップセキヤに通勤します。興味のあるかた見に来てください。 サイクルプロショップセキヤ新店舗は↓↓↓。左上が旧店舗、右下が新店舗です。 [続きを読む]
  • ハンドルをもっともっと下げたい
  • 2016年3月のブログハンドルをもっと下げたいではステムを下向きの角度の大きいものに換えて22mm、トップカバーを薄いものに換えて8mmハンドルを下げました。 さらに薄いトップカバーの取り扱いをベネフィットさんが始めてくれました。これを使えばさらに4mmくらい下げられそうです。   [続きを読む]