ミック さん プロフィール

  •  
ミックさん: KR500レプリカの部屋
ハンドル名ミック さん
ブログタイトルKR500レプリカの部屋
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/
サイト紹介文カワサキが80年代、世界GPに参戦したライムグリーンの異色マシンKR500レプリカを製作。
自由文1980年〜82年まで、カワサキが世界GPに参戦したKR500、ガソリンタンク兼用のモノコック構造のフレームに水冷2サイクルスクエアフォーのエンジンを搭載し「ライムグリーンの異色マシン」と言われたが、名ライダー コークバリントンをもってしても大きな成果をあげられなかった。このカワサキの野心作を現代にアピールするために本ブログを立ち上げました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/01/02 18:51

ミック さんのブログ記事

  • 定年後に於ける私の断捨離構想
  • 定年後に於ける私の断捨離構想早いもので定年を迎えて、そろそろ三ヶ月が過ぎようとしている。現役時代からやりたいことをいろいろと考えていたが、いざ定年してみて三ヶ月を振り返ると実現できてないものが多々在る。遠隔地に住まわれる知人との面会、旅行、断捨離などがそれである。すっかり春めいてきた昨今、季節が良くないという口実はもはや通用しないものとなってきた。然らば実行するのみである。本日は前述した実行できて [続きを読む]
  • 榴岡天満宮の梅桜祭に行ってきました。
  •  Toto - Straight for the Heart  リンク曲について本日は高揚感を感じたゆえ、軽快で弾むようなTOTOの洋楽を選曲してみた。皆さんの耳にかなえば幸いである。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※本日、私は仙台市宮城野区にある榴岡天満宮に行ってきた。目的は梅の花を見ることである。榴岡天満宮をGoogle3D画像でご覧頂きたい。榴岡天満宮は高層マンションの谷の合間のような場所に位置している。 [続きを読む]
  • 郷土研究?による昨日の特需アクセス
  • 昨日の特需アクセスの分析最近ブログへの訪問者が減ってきた。私は半年に一度ブログの棚卸をやってデータを分析しているが、2015年8月から一日あたりの訪問者の平均は188人ほどで推移していたのが、ここ二ヶ月ほど前から一割以上減少し、平均で170人を切るようになった。以前は時々200人を越していた訪問者が、ここ一ヶ月は一日たりとも越えていない状況である。ガラケー携帯からヤフーブログが見られなくなって久し [続きを読む]
  • 青葉山ゴルフ場の3D立体画像
  • これは私がホームグランドとして使用している青葉山ゴルフ練習場(兼ショートコース)の3D立体画像である。本日は息子とショートコースをラウンドしてきたので、その様子をお伝えしたい。ショートコースは全部で9ホールで全長は800ヤードである。2番ホール(160ヤード)をティーショットする私。3番ホール(83ヤード)をティーショットする息子。4番ホール(121ヤード)をティーショットする私。同じく4番ホール( [続きを読む]
  • 久しぶりのバイクラン
  •  METALLICA - Enter sandman live  https://www.youtube.com/watch?v=otuCPqrGd0Qリンク曲についてきょうは久しぶりにヘビメタをリンクしてみた。世間は三連休の最終日。現役時代は如何にして連休を無駄なく過ごすかを考えたものだった。なぜなら、連休(土日の二連休も含めて)は走り幅跳びで言えば助走に該当するものだからである。なるべく遠くに跳躍しようとするならば、助走のTOPスピードをMAXまで上げねばならない。 [続きを読む]
  • 週末の若林区ウォーキング
  •  Foreigner - 'I Want To Know What Love Is'  リンク曲についてこの曲は題名からしてLoveソングであることはわかるが、メロディーからすると親しかった人物の追悼にも相応しいものを感じる。この曲を聴いて思う故人は十年前に亡くなったYさんである。Yさんのことを詳しく知りたいかたは、自作エッセイ’虫が知らせた知人の墓所’をご覧頂きたい。このエッセイにはどうしても知りえなかったYさんの墓所をどうして私が知ること [続きを読む]
  • 雨の中のゴルフ☂は大変…でも楽しい
  • 昨日の小雨の中のゴルフ(於:角田市民ゴルフ場)昨日の木曜日に息子と向かったのは宮城県南部の角田市民ゴルフクラブである。貸出のカートは全て手押し式であるが、中には手押しカート持ち込み(カート使用量がなくなる)や電動一人乗りカート持ち込みのかたもおられた。自分の足で歩くことがままならなくなってもゴルフをしたい。このコースは角田市が運営する公営ゴルフ場であるが、そんな人にはありがたい電動カート持ち込み可 [続きを読む]
  • 3D立体航空画像付き北仙台の散策
  •  Journey - Why Can't This Night Go On Forever  リンク曲について1980年代半ばのJourneyの曲というと、Separate Waysが注目されがちだが、その他の曲にも名曲が隠されている。私は昨年末をもって長い間の現役生活を離れ、ようやく様々な柵から解放された。本日リンクに及んだJourneyのWhy Can't This Night Go On Foreverは勝ち取ったフリーダムを味わいながらロンリーに浸り、過ぎ去りし日のことを思い出すのに相応しい曲 [続きを読む]
  • 日本を愛したアインシュタインの葛藤
  • そのとき歴史が動いた「日本を愛したアインシュタイン・その悲劇」 https://www.youtube.com/watch?v=nQuXDrAu76Y※3月14日にヤフー以外のサイトから、記事と全く関係のないコメント(スパム行為に準ずる一方的なコメント)が入ったゆえ、一部の読者様には不快感を与えたことをお詫び申し上げます。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※本日はノーベル物理学賞を受賞した天才科学者アインシュタイン( [続きを読む]
  • 文学講演会「藤村文学は名掛丁から始まった」
  • 島崎藤村「初恋、小諸なる古城のほとり」 https://www.youtube.com/watch?v=ITcRO9sL6Nc島崎藤村の初恋はなんとも甘酸っぱいような香りがする詩である。これを自分の初恋と重ねる人は極めて多いのではないだろうか?何を隠そう私もそんな一人である。本日の午後、私は仙台駅東口にあるパルシティ仙台(仙台市生涯学習支援センター)へと向かった。目的は或る講演会を受講することである。会場は七階の第二音楽室である。人数は30名 [続きを読む]
  • 水が澄み過ぎると魚は棲めなくなる
  • シューベルト マス リンク曲について漢書の「宋名臣言行録」に、「水至って清ければ、則ち魚なし。人至って察なれば則ち徒なし」との一節が在る。私は宋名臣言行録のこの一節は人間社会に於いて、あまりにも潔癖すぎると他人が寄り付かなくなることへの示唆を与える言葉と受け止めている。本日はこの言葉と今の私のブログについて、なるべく主観に捉われることなく語ってみたい。私の今の心情を曲に表すのならば、この曲が近いと [続きを読む]
  • 小村寿太郎によるポーツマス条約締結
  • その時歴史が動いた 「逆転の極秘電報154号 知られざるポーツマス講和会議の真相」 https://www.youtube.com/watch?v=y-1KiroRrWAポーツマス講和会議に出席する日本全権団が横浜港からアメリカのポーツマスという軍港に向かったのは今から112年前の1905年7月8日(明治38年)のことだった。日本がポーツマスに派遣した全権団の面々。中央の前席が小村寿太郎(1855〜1911)である。これは日露戦争を勝利した [続きを読む]
  • 福島市内のウォーキング
  • 昨日、私は仙台駅前発の高速バスに乗って隣県の福島県に向かった。目的地の福島市に向かって東北道を巡行するバス、何も福島市に行くことだけが目的ではない。車窓からの眺めを堪能するのと読みかけの本(太宰治の中篇小説「惜別」)を読破するのも目的のうちである。左が山形道の分岐である。高速バスは1時間20分を経て福島駅に到着した。福島市には約一年半ぶりの訪問であった。この後市民バスのももりん号に向かって福島競馬 [続きを読む]
  • ポエム「虐げられたらリベンジを果たすんだ!」
  •  Whitesnake-HERE I GO AGAIN  https://www.youtube.com/watch?v=tGoF51thz4AWhitesnake HERE I GO AGAIN歌詞これから何処に行こうとしているのかそれは俺にもわからないでもこれまで何処を通ってきたのかそれはもちろんわかってるんだ昔の曲達のなかで歌ってきたことにしがみついてたのさいま俺は決心したんだ一分たりとも時を無駄にできない再び俺は立ち上がる俺はこの道を行くんだ答えを探し続けてきたけど探してたものは決し [続きを読む]
  • 3月最初のショートコースゴルフ
  •  Sousa Manhattan Beach March  リンク曲について3月のスペルはMarchである。これは行進曲のMarchと同じである。二つの意味についてのいわくはさておき、私は毎年三月になると無性にMarchが聴きたくなる。本日リンクしたジョン・フィリップ・スーザ(1854〜1932)のマンハッタンビーチは彼が39歳の1893年に作られたスケールの大きな曲である。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※本日 [続きを読む]
  • これからの休肝日に飲む飲料
  • 定年退職して、既に二箇月以上が過ぎた。私は以前、定年後の健康維持の対策として、週二三回の禁酒日(休肝日)を設けることを宣言し、今まで実践してきたが禁酒日には何か物足りないものを感じていた。(笑)かと言って寝る前にコーヒーや緑茶などのカフェイン入りの飲料を飲むと、トイレも近くなり、眠りが浅くなるきらいがある。そこで考えたのが番茶(一番左側)である。ちなみにアルコールのほうは向かって右から超辛口の日本 [続きを読む]
  • 或る上司の七回忌を厳かに偲ぶ本日
  •  Queen Too much love will kill you  https://www.youtube.com/watch?v=Ln43KXwDKpMToo Much Love Will Kill You歌詞和訳僕はただのかけらさ頭上からは 苦い涙の雨が降り注いでくるんだ故郷からは遠く離れ あまりにも長い間この孤独と向き合ってきたのさ だれひとりとして 本当のことを教えてくれなかったんだ大人になるのが こんなに苦しいことだなんてすっかりこんがらがった気持ちで自分は どこで間違ったのか と [続きを読む]
  • 春の嵐の中での瞑想
  •  1983 Journey - Separate Ways Live  リンク曲について目の前に二つに分かれ、けして後戻り出来ない二つの道があったとしよう。この時にどっちに進むのかで、多くの人は悩むことだろう。私はそんな時に備えて、迷わぬよう普段から何れを選んでも悔いのないように覚悟を決めていたいと思う。右なら右、左なら左と。兵法に「戦場に於いて将たる者の迷うのを戒める言葉がある」迷うことで周囲に不安をもたらすからである。Jou [続きを読む]
  • 江戸時代後期に巨額の富を為した斎理屋敷
  • 江戸時代後期に巨額の富を為した斎理屋敷本日は去る2月28日に訪問した丸森町の斎理屋敷を紹介したい。下の二枚の写真は県道45号線側から撮影したものである。如何にも江戸時代後期の豪商らしい屋敷構えであるが、血筋が絶えて町に寄付された建物は一部が建て替えられているものの、往時の面影を濃く残している。※古いお得意さんに於かれましては、ご記憶にあるかたもお在りかと存じますが、過去に於いて、斎理屋敷は2014 [続きを読む]
  • 息子との県南部ドライブ
  • 息子との県南部ドライブ2月最後となった昨日、私は息子を誘い県南部へと車を走らせた。最初に訪れたのは亘理町の鳥の海(内潟の地形を活かした港)である。写真は一昨年の秋から再開した亘理温泉鳥の海である。次の目的地があるので温泉には入らずに、広大なロケーションを楽しんだあとで港に向かった。港で一匹の野良猫を発見。大きさからいってまだ、成猫になりきっていない若猫である。この若猫は人に慣れており、大変可愛い。 [続きを読む]
  • 西暦千七百年代生まれの6世祖父の名前判明
  • 西暦千七百年代生まれの6世祖父の名前判明本日は去る2月24日に石巻市役所市民課で取得した原戸籍を基に、新たに訂正した家系図を紹介したい。これは祖父方(ライトブルー色)の血の繋がり上でのルーツである。一番上の群青色の人物が1700年代後半に生誕したと思われる私の6世祖父(6代前の人物・生年、没年不詳)である。その下の薄青色が1810年(文化7年)生まれの5世祖父である。その下の高祖父は、以前は親戚か [続きを読む]
  • ゴルフラウンドのダブルヘッダー
  •  John Phillips Sousa El Capitan  リンク曲John Phillips Sousa El Capitanについて私は人様から「あなたはなぜマーチをリンクするのか?」と聞かれたら、「マーチには人として失ってはならない尊厳があるからです。」と答えるだろう。思い起こせば今から十数年前、私は精神的な不調に陥り、信用と名誉と尊厳を一気に失ったことがあった。それを取り戻すのは確かに容易なことではなかった。しかしながら、数年間にも渡る紆余曲 [続きを読む]
  • 郷里石巻へ向かった訳
  • 郷里石巻へ向かった訳本日、私は或る目的ため、電車に乗って郷里石巻に向かった。少し早いので、石巻駅の二つ前の駅である蛇田駅で降りて散策することにした。今日の石巻は朝のうちは小雪がちらつくような寒い一日であった。これは貞山運河と言って伊達政宗公の遺産と言ってもいい藩政時に於ける貴重な水路である。私は政宗公の死後380年を経て、改めて彼の先見性を思い知った気がした。この後、高台にある羽黒神社に立ち寄った [続きを読む]
  • 息子との一献
  • 息子との一献つい先日、念願かなって息子と酒を酌み交わす日が来た。訪れたのは市内の或る焼肉店である。息子は私とは違ってクール、これが二人の仲をうまく取り持っているのかも知れない。世間でよく聞く父子の擦れ違いというのは今のところ一度もない。しかしながら、反面息子には自我が順調に育っているのかという懸念を持つこともある。私のような強すぎる自我も考え物だが、自我がないと何かと世間に流されやすくなるゆえ、却 [続きを読む]
  • 私の好きな音楽ブログ、その名はjoeyrockさん
  •  Rolling Stones - Start Me Up (Live At The Max)  本日は例によって私の懇意にさせて頂いているブロ友様を紹介したい。ずばり彼女の名前はjoeyrockさんである。本日リンクしたRolling StonesのStart Me UPは彼女と出逢うきっかけとなった記念すべき曲である。彼女のブログTake delight in rockへのリンク ↓↓↓http://blogs.yahoo.co.jp/joeyjoey6966私は彼女のことをjoeyさんと呼び、親しくお付き合いさせて頂いている。彼女 [続きを読む]