旋次郎 さん プロフィール

  •  
旋次郎さん: んだべな実験農園公開ノート
ハンドル名旋次郎 さん
ブログタイトルんだべな実験農園公開ノート
ブログURLhttp://ndabenanouen.muragon.com/
サイト紹介文変わった野菜をいろいろ育ててみよう。
自由文マニアック&マジカルな観点で、色んなことに挑戦したい大馬鹿者の家庭菜園ともいえる。実験農園を称するのは、土いじりであるところを認めようとしない無駄な抵抗の一種である。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/01/02 19:01

旋次郎 さんのブログ記事

  • 今年のパプリカはとても難しい
  • 今朝からの豪雨で目が覚める。 雷が耳を劈く、稲光は輝いては消え、やがて静かな日の出を迎えた。 一息ついて朝のプランターを見回ると、 パプリカに目が行く。 かなり大きく育ったにもかかわらず、もう花は咲いていない。 果実はどうなっているだろう。 期待していた果実は、いずれも先端の方から腐食していた。 獅子唐タイプのパプリカで、ここから茶色っぽくなるはずなのだが、今年はなかなかうまくいかない。 青 [続きを読む]
  • かわいい大根収穫二本目はどうか
  • 3株の内の1株を引っこ抜いて残り2株の大根。 さて、そろそろ二本目を抜きますか。 思いのほかワンダホー。ちょっと小さいけど。 しかし、贅沢言っちゃいけません。 最近、不調続きだったにもかかわらず、いい収穫ができたことに感謝すべきです。 残りは1株。大きさはイマイチなんだ。 もしかしたらダメかも。こいつは。 [続きを読む]
  • サラダ菜は間引きのタイミングが旬だったかも
  • 残念なお知らせです。 サラダ菜です。 全くもって美しくないです。 7株あったのを間引きしてさらに大きく、そして美しくしようと思ったのに、 全くもって思った通りになりませんでした。 どうやら間引きしたときのタイミングが今回のサラダ菜の旬だったようです。 とてもじゃないけど、 美味しそうに見えません。 全部廃棄しました。またぞろやり直しです。 ウチの菜園はやり直しばっかりです。何度やり直してもダメな [続きを読む]
  • わが家のジャスビンくんです
  • こっちのブログにもわが家のワンコの写真をのっけておきましょう。 名前はジャスビンくんです。 2月の末にやってきた生後2ヶ月ちょっとのころは、 こんな感じでした。 まだ体重は5キロぐらいでした。 それが今では、生後7カ月で、 23キロになりました。 もともとは娘が欲しいの言ったのですが、結局はヨメとオイラの犬になりました。 毎日の散歩がたいへんです。 でもあんまり吠えないかわいいヤツです。肉球の [続きを読む]
  • 我が農園のスイカ事情
  • はっきり言って、今まで一度もうまくいったことなどないのだ。 スイカもメロンもキュウリも。 ウチの農園はウリ科に相性がほとんどよくない。 ゴーヤだって豊作になった記憶がないほど。 で、 これが今月初旬の様子。 ほんでもって、 これが今朝の様子。 もう枯れかけ。 孫蔓に花が咲いて実がなる、なんて聞いた話は夢のまた夢。 人生にやり直しは聞かないなどというが、そういう点でいえば菜園も同じである。 来年 [続きを読む]
  • メイン花壇のオクラは間引き
  • メイン花壇のオクラ。 直播した株もきれいに発芽。 さて、まず第一弾はこれを間引きします。 こんな感じ。 今回ははさみチョッキン方を採用、これなら間違いない。 そして第二弾は、・・・・・・。次回のお楽しみ。 しばらくはこのままで育成するのである。 人間何事も基礎が大事。菜園も同じなのかもしれない。 [続きを読む]
  • 緑ばっかなのでミニトマト収穫してみる
  • このところ、ウチのブログは緑だらけ。右端の一覧見てたらそう思った。 ゆえにってわけでもないかもしれないけれど、 ちょっと赤いのを入れてみませう。 この一角だけが赤くなっている。 ちょっとずつ収穫してみよう。 まずは第一弾。 そして第二弾。 たしか「純あま」って名前のミニトマトだっけかな。 しかし、そげに甘くない。オイラの育て方がイマイチなのか。 続きに期待したい。 [続きを読む]
  • だらしのない水菜
  • 水菜です。 みなさんがスーパーなどで見かける水菜とは同じ種類でしょうが、似て非なるものです。 まず第一に貧弱すぎます。第二にだらしないです。 なんだかオマタひらきっぱみたいです。 このところの暑さで大変でしょうが、頑張ってほしいのです。 株間を涼しくしてあげようと思い、一株を収穫してみました。 思った通り貧弱です。 それでも、大好きなカレーらーめんの具材として、ちゃんと用をなしました。 [続きを読む]
  • 辛味大根も復活の兆し・・・か?
  • どっかのスポーツ新聞の見出しのような出だしで始めて見ました。 現在の様子。 手前選手はかなり復活模様ですが、向こう選手はイマイチ調子上がらず。 そこで監督である小生は、この鉢の向きを180度ひっくり返す作戦をとる。 これで日当たり具合が変わってくるので、向こう選手も調子を取り戻してくれるのではないかと期待している。 まだこんなもの・・・。 されど、大根は強し。そう願っている。 [続きを読む]
  • ニンジンはこれでいいのか
  • 黄色いニンジンの種をまいていた。そして発芽した。一応。 しかあ〜し、 こんなんでいいのか? 一応、3株の予定だったんだけど。 2か所分しか生えてないし、端っこの方ばっかしだし、 生えてても貧弱だし。 ちょっと自信ありましぇん。 今までニンジンはうまくいっていた方なのに。 やっぱり今年は天中殺なのかも(古いか)。 [続きを読む]
  • 大根だけは調子がいいかも
  • 先週は散々だった。 なんだか何もかもがうまくいかない。そんな何日かだった。 大根がいい勢い。 放置しすぎるとまたぞろ根切り虫にやられそうだったので、大きな株から抜いてみた。 非常にいい感じ。 なんだか、一線の光を見た感じがする。 これは葉っぱも食べられそうだ。 残りの2株も早いうちに収穫できればいいな。 [続きを読む]
  • 夏の春菊は季節はずれなのか
  • 春菊って言うぐらいだから、春の野菜なのかな。 我が農園の春菊はいっぱい種をまいたにもかかわらず、育ったのはたったこれだけ。 小さい方を覗いてみよう。 かわいいっちゃかわいい。 しかし、このままでは食べる事は難しい。 大きい方はというと、 やはり育ち方がおかしい。 中葉なので、茎がもう少し伸びないとダメなのに。 やっぱり春菊に夏は似合わないのかな。 ノベル「肌はヴァニラの香に匂いける」公開中です [続きを読む]
  • オクラは再度やり直し
  • 今年のメイン花壇はオクラ。 のはずだった。 前回の植え付けも結局は失敗。やはり早すぎたか。 いやいや、もしかして土が悪かったのかも。 ということで、牛糞堆肥をふんだんに投入してやり直す。 失敗を見越していたので、種まきはしておいた。その苗を間引きせずに植えつけ。 さらに、手前のスペースに直播。 これでうまくいけば時間差の群れができるはず。 左端に見える1株は前回植え付け時の唯一の生き残り。なんと [続きを読む]
  • ミニトマトが変な色
  • ウチのミニトマトです。 傾いてるけど、生きています。 果実がね、果実が・・・・。 変な色なんです。 今までこんな色の果実見たことないし。 なんだか熟成しながら腐敗して行ってる感じ。 一応、次の花も咲いてるけど、 今年のミニトマトはなんとなく期待薄って感じです。 [続きを読む]
  • パプリカがイマイチどころか最悪
  • 背丈だけは大きくなっている。 しかし、思ったほど花も咲かず、当然果実もならない。 数少ない果実も、 こげな感じで虫に食われている。 なんじゃこりゃ? 今まで割とうまくいっていたピーマン系。 ここへきてなんだかリズムが狂う。 もともとオイラのリズムが狂っているからかもしれないけどね。 一昨日の朝。娘が事故を起こして車が大破。 おかげで買い替えることになってしまった。 しかも一日保険に入っていやがらね [続きを読む]
  • 大根の間引きとノベル第三弾公開
  • 辛味大根が発芽しました。 今回の予定は3株です。 あんまり置いておくと、徒長してしまうので、早めに間引きします。 今回ははさみでチョッキン方式で行いました。 絵ズラ的には淋しいもんです。 後は不織布をかけるかかけないか、芋虫のことを思えばかけたほうがいいし、ナメクジやアブラムシのことを思えばかけない方がいいし。 そうだ、忌避剤方式にチャレンジしてみよう。 何にするはまた今度。 さて、ノベル第三 [続きを読む]
  • わさわさのサラダ菜は間引きします
  • 気温が上がり、一気にワサワサしてきたサラダ菜。 隣同士が狭いので、間引きします。やっぱり7株は多過ぎ。 間を抜いたつもり。 なんだかいい奴だけ抜いたみたい。 残り4株になったんだけど、見た目からしてマズソウ。 さて、この後はどうなるでしょうか。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろしく。 [続きを読む]
  • ミニトマト脇芽・根出し・植えつけ
  • ミニトマトがイマイチ不振。 なかなか赤くならないので、次の画像に進めない。 そこで脇芽をカットし、根出ししてみた。 一週間も水につけていれば、こんな風に根が出てくる。 これを、プランターの空いた場所に植え付ける。 あとはたっぷり水をやって、 待っていれば、根ははびこるでしょう。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろしく。 [続きを読む]
  • 葡萄の散髪は2回目だったかな
  • こんな感じで生い茂る葡萄。 あっちこっちに触手が伸びていく。 これを防ぐために散髪をするのだ。 こんな感じで。 すっきりしすぎたかな。 でも心配ない。きっとまた同じように生えてくるから。 人生もこうやってやり直しができればいいのにね。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろしく。 肌はヴァニラの香に匂いける も公開中 [続きを読む]
  • ごぼうの種はこんなのだった
  • 茎ごぼうでーす。 花は抹茶色になりました。 もうこれ以上は進展しないでしょう。 そう思ったので、この中を穿り出してみました。 間違いなく種です。 これだけあれば、次回の実験に必要十分な数量になりますので、これをもちまして茎ごぼうは撤収ということになります。 さて、この種まきはいつになることやら。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろしく。 [続きを読む]
  • 大根の生命力とは
  • 見るからにぼろぼろの大根。 しかし、ボクは信じていた。彼らが底力を見せつけてくれることを。 すると、真中の株に変化が。 新しい葉っぱが出てきている。 そして左端の最も行けなかった株も。 新しい葉っぱを出してきた。 最後まであきらめずに、頑張る姿ともいえる。 世の中で落ち込んでる人、ブルーな人、そんな人たちに感じて欲しい。 って、ボクのことか。 さあ、前を向いて歩こう。 ござるな偏り凝り食い記 [続きを読む]
  • 白姫二十日大根は2回に分けて収穫
  • 白姫二十日大根 帽子をかぶせていたのに、意外と葉っぱがやられている。 根っこを見てみると、結構な太さになっているので、3株のうち2株を収穫。 まずはこんな感じ。 冬に収穫したものより薄汚い。なぜだろう。 1週間遅れで収穫した残りの1株がこれ。 丸々と太っている。 これを大根おろしにして、そうめんに仕立ててみた。 こんな感じ。 茗荷は市販のものなのが残念だ。我が農園産の茗荷はあとひと月はかか [続きを読む]
  • 水菜もまだまだ発展途上
  • 間引き後、帽子をかぶせて育成中の水菜。 ご覧のとおり、まだまだ幼い感じです。 何となく水菜らしい葉っぱになってきました。 後は大きくなるのを待つだけです。 どんな肥料を与えれば大きくなるのでしょう。 虫に食われる前に自分で食べたいと思います。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろしく。 [続きを読む]
  • サラダ菜がここにきて急成長
  • 6月に入ってすぐに種まきをしたサラダ菜。 無事に間引きも終わり、後は成長するのを待つだけ。 気が付けば、こんなにざわざわしている。 もっとズームインしてみよう。 珍しく虫もいない。 これはハモグリバエというのが入りやすいのだが。 今のところ大丈夫。 このペースで行くと、来月には収穫できそうだ。 こんなに早く収穫できるものだったっけ? 早いに越したことはないけど。 ござるな偏り凝り食い記録帖 もよろ [続きを読む]